運転時間が長いロボット掃除機

運転時間が長いロボット掃除機はバッテリー寿命も長い

掃除している主婦が運転時間が長いロボット掃除機を探している画像

 

 

ロボット掃除機は内蔵されたバッテリーに充電された電気で動きます

 

そのため、バッテリーが弱ったり・劣化したりすると充電してもすぐに電気が無くなりロボット掃除機が動く時間も短くなり

 

そうなると掃除が終わってもないのに、止まったりしてしまいます

 

止まるだけでなく、ロボット掃除機の吸引力も落ちます

 

懐中電灯もそうですが、電池が無くなってくると明かりも弱くなってきますよね?

 

ロボット掃除機も充電が少なくなってくるとパワーが落ちてゴミをしっかり吸い込む事ができなくなってしまい、さらに、充電が無くなるスピードも早いので、自動充電する場所に戻る前に止まる・・・

 

バッテリーが劣化すればするほど、運転時間も短くなり吸引力も落ちてしまう。。。

 

このような悪循環に陥ってしまいます

 

バッテリーが劣化すると出て来る症状

 

  • 運転時間が短くなる
  • バッテリーの充電がすぐ無くなる
  • ダニやゴミを吸い取る力が弱くなる
  • 移動する力が弱くなるので段差やカーペットで止まる
  • 自動充電場所に行く前に途中で止まる
  • 新しいバッテリーに交換する費用がかかる

 

バッテリーが劣化すると上記のような事に悩まされます

 

 

バッテリーが長持ちする、ロボット掃除機はあるのか?

 

ニッケル水素電池よりもリチウムイオン電池を内蔵しているロボット掃除機の方が運転時間が長い

 

 

バッテリーの寿命が長く劣化が少ないロボット掃除機はあります!

 

そのロボット掃除機を見分けるためには、バッテリーに少し詳しくなる必要がありますね

 

そうじゃないと、選ぶ時に「なんとなく選んでしまう」原因になるからです、ですので、バッテリーの違いを勉強しましょう

 

バッテリーがすぐ駄目になるバッテリーと、長持ちするバッテリーの違いはココをチェック!

 

ロボット掃除機に使われるバッテリーは、2種類あります

 

今現在、ロボット掃除機に使われているバッテリーは2種類

 

  • ニッケル水素電池
  • リチウムイオン電池

 

昔から色々な所に使われているニッケル水素電池は、充電が必要な家電に多く使われているバッテリーになります

 

なぜなら、値段が安いから・・・

 

値段が安いという事は、バッテリーの性能が弱いんですよね

 

ニッケル水素電池が使われているのは

 

昔の携帯電話、スマートフォン、ノートパソコン、タブレット、乾電池等

 

私達の生活の色々な所で使われているので、へ~そうなんだという感じですね

 

安いバッテリーを使えば、それだけ、スマートフォンやノートパソコンが安く買えますので、「下位モデル」に使われます

 

安くするって事はそれだけ使っている部品の性能を落とすって事はなんとなく理解できますよね

 

値段の高い「上位モデル」は、バッテリーの性能が良いリチウムイオン電池が使われるのが一般的

 

なんでもそうですが、安いのは安い理由、高いのは高い理由があるんです

 

ここで、ニッケル水素とリチウムイオンのメリット・デメリットを紹介

 

ニッケル水素電池のメリット・デメリット

 

メリット

  • リチウムイオン電池より、値段が安い

 

デメリット

  • リチウムイオン電池より、早く電気が無くなる
  • 使ってもいないのに買ってに電気が減ってしまう
  • 電圧がすぐに下がってしまいパワーが弱くなる

 

ニッケル水素電池はこのようなメリット・デメリットがあります

 

次は、リチウムイオン電池を見てみましょう

 

リチウムイオンのメリット・デメリット

 

メリット

  • ニッケル水素電池より、バッテリーが長持ち
  • 自己放電が少ないので、使わない時はバッテリーが減らない
  • サイスが小型なのに、それ以上の電気を溜める事ができる
  • 電圧が下がらないので、吸引力が落ちない
  • バッテリー寿命が長い

 

デメリット

  • リチウムイオン電池と比べて、値段が高い

 

このような、メリット・デメリットがあります

 

また、リチウムイオン電池を最初に作ったのが日本人なんですよ

 

このように、2つのバッテリーのメリット・デメリットを見てどう感じましたか?

 

リチウムイオン電池のデメリットは1つだけなんですが、ニッケル水素電池に比べて値段が高いんですよね

 

値段が高いですが、充電が凄く長持ち!

 

なぜなら、ニッケル水素電池と比べて自己放電が非常に少ないので電池の減りが少なくなります

 

簡単に説明すると

 

  • ニッケル水素電池は、充電満タン(100%)にしても1週間経つと80%まで減りますが
  •  

  • リチウムイオン電池は、充電満タン(100%)にしても1週間経っても100%のまま

 

自己放電が少ないので、このような違いが出る

 

もちろん、バッテリーが劣化すれば、もっと充電が無くなるスピードが早くなり、使ってもいないのに1週間で充電が50%まで減る事も・・・

 

古いスマートフォンぐらいすぐにバッテリーが無くなります(笑)

 

また、リチウムイオン電池は寿命が長いのでロボット掃除機が長持ちしますよ

 

それだけでなく、サイズもコンパクト!

 

リチウムイオン電池はサイズは小さいのに、大容量の電気を貯める事ができますからね

 

ニッケル水素電池のように勝手に電圧が下がらないので、パワーが落ちないですから吸引力も弱くならない!

 

そのため、「上位モデル」のロボット掃除機には、リチウムイオン電池が使われます

 

運転時間が長いロボット掃除機を選ぶ時は、リチウムイオン電池を選ぼう!

 

リチウムイオン電池のバッテリーを搭載しているロボット掃除機を買う事を決めた男性

 

 

ここまで読んでもらえれば、運転時間が長いロボット掃除機を探しているのであれば、リチウムイオン電池のバッテリーを内蔵している物を選ぶのが一番

 

ただ、リチウムイオン電池は値段が高いので、「上位モデル」のロボット掃除機に搭載されていて、値段の安い「下位モデル」にはニッケル水素電池が使われています

 

値段が安い方に惹かれてしまいますが、将来の事を考えるとリチウムイオン電池のロボット掃除機を選ぶのが良いでしょう

 

なぜなら、バッテリー交換があるからです

 

ニッケル水素電池はバッテリー交換の頻度が高い!

 

交換頻度が高いと、メーカーに送る手間が増えます・・・

 

ロボット掃除機はバッテリーに充電した電気で動きますから、バッテリーが劣化すると「まとにも動きません」

 

そうなると、バッテリー交換になりますが、その費用や手間を考えると最初から、寿命が長いリチウムイオン電池にしたほうがコスパは良いです

 

ニッケル水素電池 寿命が短いので、バッテリー交換の頻度が多くなる
リチウムイオン電池 寿命が長いので、バッテリー交換の頻度は少ない

 

リチウムイオン電池は大容量の電気を溜める事ができるので、運転時間は長く、バッテリーの寿命が長いのでオススメです

 

実際に運転時間を見てみましょう

 

運転時間

 

機種名 運転時間 バッテリー種類
ルンバ 最大:120分

(機種による)

リチウムイオン電池
ダイソン 最大:75分 リチウムイオン電池
ココロボ 最大:100分

(機種による)

リチウムイオン電池
ルーロ 最大:100分

(機種による)

リチウムイオン電池
マキタ ロボプロ 最大:4時間

 

(バッテリー2個同時使用)

リチウムイオン電池
ILIFE 最大:160分

(機種による)

リチウムイオン電池
DEEBOT 最大:150分

(機種による)

リチウムイオン電池
ツカモトエイム ミニネオ 最大:50分 ニッケル水素電池
日立ミニマル 最大:60分 リチウムイオン電池
トルネオロボ 最大:70分

(機種による)

リチウムイオン電池

 

同じリチウムイオン電池でも、運転時間が長かったり、短かったりしますね

 

その理由は、容量の問題ですね

 

機種によって使っているリチウムイオン電池の大きさが違うので運転時間にも差が出てきます

 

大きければそれだけ多くの電気を溜める事ができますから

 

後は、吸収力などに電気を多く使うかどうかですね、それによっても運転時間が変わります

 

それでは、リチウムイオン電池を搭載して、なおかつ、自分でバッテリー交換が出来る機種を紹介します

 

自分でバッテリー交換が出来る、ロボット掃除機を紹介

 

ロボット掃除機のリチウムイオン電池バッテリーを自分で交換できると説明する社員

 

ロボット掃除機の電池の種類とバッテリー交換を比較してみました

 

ルンバ(全ての機種) リチウムイオン電池 自分で交換できる
ダイソン360 リチウムイオン電池 自分で交換できる

ココロボ

 

・RX-V95A
・RX-V70A

リチウムイオン電池 自分で交換できる
ルーロ(全ての機種) リチウムイオン電池 自分で交換できる
マキタ ロボプロ リチウムイオン電池 自分で交換できる
ILIFE(全ての機種) リチウムイオン電池 自分で交換できる

DEEBOT

 

・R98
・R95
・M85
・SLIM DA60
・SLIM DA60
・N79

リチウムイオン電池 自分で交換出来ない

 

2019年4月から交換用のバッテリーは販売終了になりました

ツカモトエイム ミニネオ ニッケル水素電池 自分で交換できる
日立ミニマル リチウムイオン電池 自分で交換出来ない
東芝トルネオロボ リチウムイオン電池 自分で交換出来ない

 

多くがリチウムイオン電池で、しかも、自分でバッテリーを交換できる機種が多いですね

 

自分でバッテリーを交換できれば、劣化した時に通販でバッテリーを購入して簡単に交換できますよ

 

メーカーに送る手間が無いので、長く使う事ができます

 

多くの人は、メーカーに送る手間が面倒くさくて劣化したバッテリーのまま使っているケースが多いですから

 

自分でバッテリー交換なんて出来るの?難しくない?

 

機械が苦手な女性だと自分で交換出来るか心配する人もいると思いますのでバッテリー交換している動画を見てください

 

ルンバ

 

ダイソン

 

どうです?意外と簡単にバッテリーを自分で交換する事ができますね

 

他の機種も、同じように交換するので安心してください

 

バッテリーの寿命はどのくらい?

 

実際、どのくらい持つのか?

 

バッテリー寿命を調べました

 

機種名 バッテリー寿命 バッテリー名
ルンバ

・リチウムイオン電池は:3年以上
・ニッケル水素電池は:約3年

 

(メーカーに確認済み)

リチウムイオン電池
ダイソン360

・不明

 

おそらく、ダイソンコードレス掃除機と同じバッテリーを使っていると思うので、1日1回充電して約2年の寿命だと思います

リチウムイオン電池
ココロボ 1日1回充電して約3年の寿命 リチウムイオン電池
ルーロ 1日1回充電して約4年の寿命 リチウムイオン電池
マキタ ロボプロ ・不明 リチウムイオン電池
ILIFE

・不明

 

他のサイトには2年と書かれていましたが、メーカーサイトを確認しても見つかりませんでした

リチウムイオン電池
DEEBOT ・不明 リチウムイオン電池
ツカモトエイム ミニネオ ・不明 ニッケル水素電池
日立ミニマル 1日1回充電して約3年の寿命 リチウムイオン電池
トルネオロボ 1日1回充電して約3年の寿命 リチウムイオン電池

 

このように同じリチウムイオン電池を使っても、バッテリー寿命に違いがあります

 

バッテリー寿命が長ければ、バッテリーを新しく買う費用を節約できますよ

 

バッテリーの値段は機種によっても違いますが、1万円前後ですね

 

この事を参考に選んでください

 

自動再開の機能が便利!

 

ここまで、運転時間、バッテリーの種類や交換に関する情報を書いてきましたが

 

結局は、長く多くの部屋を掃除して欲しいから運転時間を気にしているんですよね?

 

そうであれば、便利な機能があります

 

それが、自動再開です

 

自動再開とは?

 

自動再開とは、掃除を中断した場所から掃除を始める機能です

 

ロボット掃除機の自動再開機能

 

例えて説明すると

 

  1. A部屋の掃除が終わった頃にバッテリーが切れて自動で充電
  2. 充電が終わったら自動で、B部屋の掃除を開始する

 

自動再開がある事で掃除の途中でバッテリーが切れたとしても、自動で充電して自動で掃除を再開するので最後までやり切る事ができる!

 

基本的に、自動再開がある機種は、自動充電の機能もありますので安心してください

 

そのため、広い部屋・部屋数が多い場合は自動再開があるロボット掃除機を選んだ方がいいでしょう

 

機種名 自動再開 自動充電
ルンバ ある(機種による) ある
ダイソン ある ある
ココロボ 無い ある
ルーロ ある(機種による) ある
マキタ ロボプロ 無い 無い
ILIFE 無い ある
DEEBOT ある(機種による) ある
ツカモトエイム ミニネオ 無い 無い
日立ミニマル 無い ある
トルネオロボ 無い ある

 

こうして比較すると、自動再開が出来る機種は少ないですね

 

自動再開がある機種を選べばバッテリーや運転時間を気にしなくても良いので楽です

 

自動再開がある機種を紹介します

 

ロボット掃除機の支払い方法を説明

 

自動再開がある、ルンバ

 

ルンバの機種の違いを比較している記事はコチラ

 

ルンバ 商品名
ルンバi7+ ルンバi7+

運転75分・充電3時間
面積111畳・集塵容量:非公開
クリーンベースある
(自動で本体のゴミを収集)
吸引力
(600モデルより10倍強い)
自動再開ある
自動充電ある
スマートフォン対応
(間取り記憶・エリア設定が出来る)
スマートスピーカー対応
エリア侵入禁止ある
(ヘイロ・バーチャルの2つ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.1cm×高さ9.2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはこちら

 

ルンバ i7 ルンバi7

運転75分・充電3時間
面積111畳・集塵容量:非公開
吸引力
(600モデルより10倍強い)
自動再開ある
自動充電ある
スマートフォン対応
(間取り記憶・エリア設定が出来る)
スマートスピーカー対応
エリア侵入禁止ある
(ヘイロ・バーチャルの2つ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.1cm×高さ9.2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

ルンバ980

ルンバ980
運転120分・充電3時間
面積112畳・集塵容量0.6L
吸引力
(600モデルより10倍強い)
カーペットブースト
(吸引力アップ)
自動再開ある
自動充電ある
スマートフォン対応
(間取りの記憶が出来る)
スマートスピーカー対応
エリア侵入禁止ある
(ヘイロ・バーチャルの2つ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.3cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

ルンバ961本体 ルンバ961

運転75分・充電3時間
面積112畳・集塵容量0.6L
吸引力
(600モデルより5倍強い)
自動再開ある
自動充電ある
スマートフォン対応
(間取りの記憶が出来る)
スマートスピーカー対応
エリア侵入禁止ある
(ヘイロ・バーチャルの2つ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.3cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天には売ってません

 

ルンバ960

ルンバ960
運転75分・充電3時間
面積112畳・集塵容量0.6L
吸引力
(600モデルより5倍強い)
自動再開ある
自動充電ある
スマートフォン対応
(間取りの記憶が出来る)
スマートスピーカー対応
エリア侵入禁止ある
(ヘイロ・バーチャルの2つ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.3cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

 

自動再開がある、ダイソン

 

ダイソンロボット掃除機の機能や性能の違いを比較している記事はコチラ

 

ダイソン

商品名

ダイソン360Heurist

360Heurist
運転75分・充電2.75時間
面積:運転時間に比例
集塵容量0.3L
空間認識力
(360eyeよりも物に当たらない)
自動再開ある
自動充電ある
スマートフォン対応
(間取り記録・エリア設定)
ポストモーターフィルター
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
高さ12cm×幅23cm×奥行き24cm
段差越え:1.5cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

ダイソンロボット掃除機360

360eye
運転45分・充電2.45時間
面積:運転時間に比例
集塵容量0.3L
自動再開ある
自動充電ある
スマートフォン対応
(間取り記録)
ポストモーターフィルター
(0.5μmの粒子を99%以上もカット)
高さ12cm×幅23cm×奥行き24cm
段差越え:2cm
色はピンク・ブルーから選べます

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

 

自動再開がある、ルーロ

 

ルーロの機種の違いを比較している記事はコチラ

 

画像 商品名
パナソニックルーロMC-RS810

MC-RS810
運転100分・充電3時間
面積120畳・集塵容量:0.25L
自動再開ある
自動充電ある
スマートフォン対応
(間取り記録・侵入禁止ある)
ゴミセンサー
(約20μmのダニ・花粉も見つける)
幅33cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

ルーロMC-RS800の機能や性能

MC-RS800
運転100分・充電3時間
面積120畳・集塵容量:0.25L
自動再開ある
自動充電ある
スマートフォン対応
(間取り記録・侵入禁止ある)
ゴミセンサー
(約20μmのダニ・花粉も見つける)
幅33cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

 

自動再開がある、DEEBOT

 

DEEBOTロボット掃除機の機種・機能の違いを比較している記事はコチラ

 

DEEBOT 商品名
DEEBOT901

DEEBOT 901
運転100分・充電4時間
面積80~100畳・集塵容量0.35L
回転ブラシある
(ブラシの切り換え可能、ブラシを外しても掃除できる)
自動再開がある
自動充電がある
スマートフォン対応
(間取り記録・侵入禁止ある)
幅33.7cm×9.5cm
段差越え:1.8cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

deebot900hontai

DEEBOT 900
運転100分・充電4時間
面積80~100畳・集塵容量0.35L
回転ブラシある
(ブラシの切り換え可能、ブラシを外しても掃除できる)
自動再開がある
自動充電がある
スマートフォン対応
(間取り記録・侵入禁止ある)
幅33.7cm×9.5cm
段差越え:1.8cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

deebotOZMO 930

OZMO 930
運転110分・充電4時間
面積80~100畳・集塵容量0.47L
回転ブラシある
(ブラシの切り換え可能、ブラシを外しても掃除できる)
自動再開ある
自動充電ある
スマートフォン対応
(間取り記録・侵入禁止ある)
水拭きが出来る
幅35.4cm×高さ10.2cm
段差越え:1.6cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

DEEBOT R98の機能や性能

R98
運転90分・充電4時間
面積80~100畳・集塵容量0.4L
回転ブラシある
自動再開がある
自動充電がある
スマートフォン対応
(間取り記録・侵入禁止ある)
水拭き・乾拭きが出来る
ハンディ掃除機もある
幅35.4cm×高さ10.2cm
段差越え:1.8cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

DEEBOT R95の機能や性能

R95
運転90分・充電4時間
面積80~100畳・集塵容量0.52L
回転ブラシある
(ブラシの切り換え可能、ブラシを外しても掃除できる)
自動再開がある
自動充電がある
スマートフォン対応
(間取り記録・侵入禁止ある)
水拭き・乾拭きが出来る
幅35.4cm×高さ10.2cm
段差越え:1.8cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

 

 

 

メーカー別ロボット掃除機


各種メーカーの主力ロボット掃除機を紹介しています
ルンバの違いを比較 ダイソンロボット掃除機の違いを比較 シャープ ココロボの違いを比較

ルンバ

人気ナンバーワンのルンバの機能や性能を比較しています

ダイソンロボット掃除機の違いを比較

圧倒的な吸収力のダイソンロボット掃除機の特徴を紹介

ココロボ

音声操作など独自の技術が特徴のシャープのココロボを紹介
東芝 トルネオロボの違いを比較 パナソニック ルーロの違いを比較 日立 ミニマルの違いを比較

トルネオロボ

ゴミ回収があるダストステーション搭載のトルネオロボの特徴を紹介

ルーロ

日本メーカーでは一番人気のルーロの特徴を紹介

狭い部屋に最適な小型のミニマルの特徴を紹介

ILIFEの違いを比較 DEEBOTの違いを比較 ツカモトエイム ミニネオの違いを比較

ILIFEの特徴

水拭き・乾拭きも出来るILIFEの特徴を紹介

DEEBOTの特徴

水拭き・乾拭きも出来るDEEBOTの特徴を紹介

ミニネオの特徴

ミニネオの特徴を紹介

マキタ ロボプロの機能や性能

マキタ ロボプロの特徴

業務用のロボプロの特徴を紹介


ルンバと対決!


ロボット掃除機で売上1位のルンバと他のロボット掃除機との違いを比較しているので、購入する時の参考になりますよ
ココロボとルンバの違いを比較 ダイソンとルンバの違いを比較 トルネオロボとルンバの違いを比較

ココロボとルンバ比較 ココロボとルンバの機能を比較しています

ダイソン360eyeとルンバ980比較

ダイソン360eyeとルンバ980の機能を比較

トルネオロボとルンバを比較

トルネオロボとルンバの機能を比較
ルーロとルンバの違いを比較 ブラーバとルンバの違いを比較 ミニマルとルンバの違いを比較

ルーロとルンバを比較

ルーロとルンバの機能比較

拭き掃除ロボットブラーバとお掃除ロボットルンバ比較

拭き掃除ロボットのブラーバとルンバの機能比較

ミニマルとルンバの性能対決

ミニマルとルンバの性能を比較

ILIFEとルンバの違いを比較 DEEBOTとルンバの違いを比較

ILIFEとルンバの性能対決

ILIFEとルンバの機能比較

DEEBOTとルンバの性能対決

DEEBOTとルンバの機能比較


拭き掃除ロボット


音が静かで排気が出ない、拭き掃除ロボットを詳しく説明しています
ブラーバとブラーバジェットの違い ブラーバとルンバの違いを比較 拭き掃除ロボットの種類一覧

ブラーバ、ブラーバジェット

ブラーバ380j、371j・ブラーバジェット240の違いを比較しています

ブラーバとルンバ比較

ブラーバとルンバの違いを比較しています

拭き掃除ロボット一覧

拭き掃除が出来るロボットを集めました

ローラン
パナソニック床拭きロボット掃除機ローラン

パナソニックの床拭き掃除ロボット ローランの特徴を紹介します

悩みを解消してくれる、ロボット掃除機


ロボット掃除機が欲しいけど迷っている・・・という人のために、ロボット掃除機で解決できる悩みを紹介しています
犬・猫のオシッコも綺麗にする拭き掃除ロボット 排気が臭くないロボット掃除機 ダニを吸い込むロボット掃除機

犬や猫のオシッコを拭いてくれる拭き掃除ロボット

ペットのオシッコを拭いてくれる拭き掃除ロボット

排気が臭くなりロボット掃除機

ロボット掃除機から出てくる排気が臭くない、臭わない機種を紹介

じゅうたん、カーペットのダニを吸い込むロボット掃除機

じゅうたん・カーペットのダニを吸い込んでくれるロボット掃除機を紹介
音が静かなロボット掃除機 バッテリー時間が長いロボット掃除機 サイズが小さいロボット掃除機

運転音が静かなロボット掃除機

運転音が静かなロボット掃除機を紹介

バッテリーが長持ちで運転時間が長いロボット掃除機

バッテリーが長持ちな、ロボット掃除機を紹介

大きさが小さいロボット掃除機

サイズが小さいロボット掃除機を紹介
スマートフォン操作が出来るロボット掃除機 花粉・PM2.5を吸い込むロボット掃除機 猫砂を吸い込むロボット掃除機

スマートフォンで操作出来るロボット掃除機

スマートフォンで操作できる、ロボット掃除機を紹介

花粉・PM2.5を吸い込むロボット掃除機

花粉やPM2.5を綺麗にしてくれる、ロボット掃除機

猫砂を吸い込むロボット掃除機

猫砂を吸い込むロボット掃除機を紹介
ペット容器に当たらないロボット掃除機 3部屋以上に使えるロボット掃除機 壁際・隅を綺麗するロボット掃除機

ペットの餌容器に当たらないロボット掃除機

エサ容器に当たらない、ロボット掃除機を紹介

3部屋以上ある家に使えるロボット掃除機

3部屋以上を掃除できる、ロボット掃除機を紹介

壁際や部屋の隅のゴミを綺麗にするロボット掃除機

壁際や隅のゴミを綺麗にする、ロボット掃除機
共働き夫婦にオススメなロボット掃除機

共働き夫婦におすすめのロボット掃除機

共働き夫婦にオススメのロボット掃除機 (子供がいる、いない別に紹介)