スマートフォン対応のロボット掃除機おすすめ

スマートフォン操作できるロボット掃除機をまとめました

スマートフォンでロボット掃除機を操作できる機種をまとめました

 

 

スマートフォン操作ができるロボット掃除機を機種別にまとめてみました

 

以下の機種がスマートフォン操作できます

 

スマートフォン操作が出来るロボット掃除機一覧

 

ルンバ

・ルンバ980
・ルンバ960
・ルンバ890
・ルンバ690

シャープ ココロボ

・RX-V200
・RX-V100

ダイソン ・ダイソン360
東芝 トルネオロボ ・VC-RCX1
パナソニック ルーロ ・MC-RS800
DEEBOT

・SLIM2
・N79T
・OZMO 930
・OZMO 610
・DEEBOT 900
・M88
・R98
・R95
・M81Pro
・MINI2
・83
・M80 Pro
・N79

日立 ミニマル ・RV-EX20

 

1つ1つ詳しく、スマートフォンで何が出来るのか?を紹介していきますので最後まで見てください

 

ルンバ

 

ルンバ980の本体画像

 

ルンバ

・ルンバ980
・ルンバ960
・ルンバ890
・ルンバ690

 

 

スマートフォンで出来る機能一覧
  • 本体遠隔操作
  • スケジュール設定・管理
  • 掃除結果表示
  • 掃除した場所を表示

 

上記の機能が使えます

 

その他の機能

 

ルンバのスマートフォン操作以外の機能を説明している電気屋の店員

 

ルンバの機能を簡単に説明していきます

 

説明する機能は、7つ

 

  • 吸引力
  • 空間認識能力
  • バーチャルウォール
  • 自動充電
  • 自動再開
  • 排気フィルター
  • 運転時間

 

この7つを説明していきます

 

吸引力が高いのは、コレ

 

吸引力が高いのはどれなのか?

 

まず、吸引力の機能を比較してみましょう

 

ルンバ980

・ハイパワーモーターG3がある
・カーペットブーストがある

ルンバ960 無い
ルンバ890 無い
ルンバ690 無い

 

ルンバ980だけが、ハイパワーモーターG3、カーペットブーストがあります

 

そのため、他の機種に比べて吸引力が強い!

 

ハイパワーモーターG3

 

ルンバ980のハイパワーモーターユニットG3の力で従来品のルンバより10倍も吸引力が高い画像

 

ルンバ980には、ハイパワーモーターG3が搭載されているので他のモデルに比べて約10倍も吸引力が高くなってます

 

ハイパワーモーターユニットG3がある事で、カーペット・じゅうたんの奥のゴミ・ダニの死骸をしっかりと吸い込む事出来る

 

そのため、目に見えない細かいハウスダストが気になる人は吸引力が高いルンバ980を選ぶと良いでしょう

 

ルンバ980がオススメな人
  • アレルギー体質の人
  • カーペット・絨毯を敷いている人
  • ペットを飼っている人

 

これが、ハイパワーモーターG3の特徴です

 

カーペットブースト

 

ルンバ980のカーペットブーストの性能を説明している

 

ルンバ980は、カーペット・じゅうたんを掃除する時は自動で吸引力がパワーアップする、カーペットブーストが搭載されています

 

センサーがカーペットを検知すると自動で吸引力が上がりますので、あなたがスイッチを入れる必要は無い

 

実際に動画で見てみましょう

 

カーペットから降りると吸引力が自動で弱くなる

 

長さ2センチのラグも掃除できる

 

カーペットを掃除する時はセンサーが反応してカーペットブーストを作動させているので運転音が大きくなります

 

しかし、カーペットから床に移動するとカーペットブーストが停止して運転音も静かになる

 

また、長さ2センチのラグの上も問題なく移動できるので、毛が長いラグの奥のゴミもしっかりと吸い上げる!

 

吸引力が弱いと、毛の長いラグの奥に細かいゴミが残ります・・・・

 

そのため、ラグ・カーペット・じゅうたんが多い場合はカーペットブーストがある、ルンバ980がオススメ

 

吸引力に関してはこのような違いがあります

 

空間認識能力が高いのはコレ!

 

部屋の移動がスムーズなのはどれなのか?

 

空間認識をする機能を比較してみました

 

ルンバ980 iAdaptR(アイアダプト)ビジュアルローカリゼーション
ルンバ960 iAdaptR(アイアダプト)ビジュアルローカリゼーション
ルンバ890 iAdaptR(アイアダプト)
ルンバ690 iAdaptR(アイアダプト)

 

この2つの違いは、本体カメラの有無です

 

ルンバ980・960には本体カメラが付いてますが、他の機種な無いという事です

 

ルンバ900シリーズにある本体カメラ

 

そのため、空間全体の認識能力はルンバ980・960の方が高い

 

iAdapt®(アイアダプト)ビジュアルローカリゼーション 本体カメラとセンサーの2つので空間認識をする
iAdapt®(アイアダプト) 本体カメラ無し、センサーだけで家具の位置を把握する

 

動画で見てください

 

iAdapt®(アイアダプト)ビジュアルローカリゼーション

 

iAdapt®(アイアダプト)

 

このような機能の違いがありますので、部屋が広かったり、部屋数が多い場合はルンバ980・960を選ぶと良いでしょう

 

バーチャルウォール

 

スマートフォン操作が出来るルンバには、バーチャルウォール、ヘイローモードの2つが使えます

 

ルンバのバーチャルウォールモード

 

ルンバのヘイローモード

 

動画で見てみましょう

 

バーチャルウォールモード・ヘイローモード

 

このような機能があります

 

ルンバ980

・バーチャルウォールモード
・ヘイローモード

ルンバ960

・バーチャルウォールモード
・ヘイローモード

ルンバ890

・バーチャルウォールモード
・ヘイローモード

ルンバ690

・バーチャルウォールモード
・ヘイローモード

 

上記の機種全てに搭載されています

 

自動充電があるのはコレ

 

自動充電する機能があると、あなたはルンバを充電させる手間が無くなります

 

ルンバの自動充電の機能

 

動画で見てください

 

ルンバの自動充電

 

掃除が終わったり、途中でバッテリーの残量が少なくなると自動で充電台に戻って充電を開始します

 

そのため、あなたが充電する必要は無いので、充電を忘れる心配が無い

 

ルンバ980 自動充電がある
ルンバ960 自動充電がある
ルンバ890 自動充電がある
ルンバ690 自動充電がある

 

自動再開

 

自動再開の機能がある事で、掃除を最後までやり遂げる事ができます

 

ルンバ960の自動再開機能の説明

 

自動再開機能の説明
  • 掃除中にバッテリーが少なくなると自動で充電台に戻る→充電が終わったら掃除が終わった場所から再開

 

説明を読むとわかると思いますが、途中でバッテリーが無くなった場所から掃除を再開するので効率よく部屋を綺麗にする事ができますよ

 

ルンバ980 自動再開がある
ルンバ960 自動再開がある
ルンバ890 無い
ルンバ690 無い

 

自動再開の機能があるのは、ルンバ980・960の2つだけです

 

排気フィルターの性能

 

排気フィルターの性能が高いと、綺麗な空気が排気から出てくるのでアレルギー体質の人は気をつけておくポイントです

 

ルンバには、2種類の排気フィルターがあります

 

HEPAフィルター 粒径が0.3 μmの粒子を99.97%以上もフィルターで外に出るのを防ぐ
簡易フィルター 性能は不明 (粒径が0.3 μmの粒子は通過して外に出てしまう)

 

機種によってフィルターの種類が違うので注意!

 

一番性能が高いのが、HEPAフィルターになります

 

非常に細かい粒子を排気から出さないようにしてくれるので、アレルギーがある人にオススメですよ

 

HEPAフィルターの実験

 

簡易フィルターは粒子の煙が出てますが、HEPAフィルターに交換すると煙が出なくなりました

 

このように、フィルターの性能は大事なんです!

 

ルンバ980 HEPAフィルター
ルンバ960 HEPAフィルター
ルンバ890 HEPAフィルター
ルンバ690 簡易フィルター

 

ルンバ690だけが、簡易フィルターになってます

 

運転時間が違う

 

ルンバは機種によって運転時間が違ってきます

 

ルンバ980 運転時間:120分
ルンバ960 運転時間:75分
ルンバ890 運転時間:60分
ルンバ690 運転時間:60分

 

このように、機種によって運転時間が違います

 

ただ、自動再開があれば運転時間に関係なく最後まで掃除をしてくれますよ

 

以上がルンバの特徴でした

 

もっと詳しく他の特徴も知りたい場合は、ルンバモデルの機能の比較はコチラを読んでください

 

スマートフォン操作が出来る、ルンバ

 

画像 商品名 自動再開 自動充電 リモコン スマホ操作
ルンバ980

ルンバ980

 

運転時間:120分

 

幅353mm×高さ92mm

 

ルンバ980の口コミ

 

楽天でルンバ980の口コミを見る

 

×
ルンバ960

ルンバ960

 

運転時間:75分

 

幅353mm×高さ92mm

 

アマゾンでルンバ960の口コミを見る

 

楽天でルンバ960の口コミを見る

 

×
ルンバ890の機能や性能

ルンバ890

 

運転時間:75分

 

幅353mm×高さ92mm

 

ルンバ890をアマゾンで見る

 

ルンバ890を楽天で見る

 

× ×
ルンバ690の性能や機能

ルンバ690

 

運転時間:60分

 

幅340mm×高さ92mm

 

ルンバ690をアマゾンで見る

 

ルンバ690を楽天で見る

 

× ×

 

ココロボ

 

ココロボrxv200の本体画像

 

シャープ ココロボ

・RX-V200
・RX-V100

 

スマートフォンで出来る機能一覧
  • 本体を遠隔操作
  • ココロボからエアコンやテレビの電源を入れる事ができる
  • ココロボに搭載したカメラで部屋の様子を見る事ができる
  • ココロボに内蔵された温度計・湿度計の数値を確認できる
  • スマートフォンに話しかけると、ココロボに内蔵されたマイクで声が聞こえる
  • エラーメッセージが見れる

 

 

スマートフォンで登録している家電の電源を入れたり消したりする事ができます

 

ココロボrxv200の遠隔家電コントロール機能をグラフで説明している画像

 

スマートフォンでココロボに内蔵されたカメラで部屋の様子を見る事ができます

 

ココロボrxv200の遠隔操作機能をグラフで説明している画像

 

このような機能があるので、共働きで家にいる時間が少ない夫婦に人気です

 

カメラで子供の様子を確認できたり、ココロボに内蔵されているマイクで子供に話しかける事ができるのも人気の1つ

 

動画で見てみましょう

 

スマートフォンで部屋の様子を見たりできる

 

専用のアプリを入れれば、スマートフォン、iPadでも使えますよ

 

ココロボに搭載されているカメラで部屋の中が綺麗に見れますね、これなら仕事中、外出先からでもペットの様子や子供の遊ぶ姿も見れますよ

 

もちろん、ココロボにはマイクが搭載されているので、スマートフォンに話しかければ、その声がココロボから聞こえるので犬や猫に話しかけたりできますので楽しいです

 

そのため、ペットを飼っていたり、子供がいる人に人気なのがココロボです!

 

その他の機能

 

ココロボのスマートフォン操作以外の機能を説明している電気屋の店員

 

ココロボのその他の機能を説明します

 

説明する機能は、10つ

 

  • ゴミセンサー
  • 床検知センサー
  • 超音波センサー
  • 障害物センサー
  • 広さ検知センサー
  • センサーフェンス
  • 自動充電
  • 段差
  • 運転時間
  • 排気フィルター

 

簡単に説明していきます

 

ゴミセンサー

 

ココロボには、ゴミを発見すると吸引力を上げる「ゴミセンサー」が付いてます

 

ココロボのゴミセンサーがゴミを見つけると八の字走行で綺麗にする

 

動画で見てみましょう

 

ゴミセンサー

 

ゴミセンサーが反応すると、「ゴミ発見!」と言いながら吸引力をアップさせて掃除します

 

RX-V200 ゴミセンサーがある
RX-V100 無い

 

床検知センサー

 

床面検知センサーとは、掃除する場所に合わせて吸引力を変化させる機能です

 

ココロボの床面検知センサーがゴミを見つけると吸引力をパワーアップ

 

  • じゅうたん・カーペットの上では、吸引力をパワーアップ!
  •  

  • フローリング・畳の上では、吸引力は普通のまま掃除

 

このように、吸引力を自動で変化させるのが床面検知センサーです

 

RX-V200 床検知センサーある
RX-V100 無い

 

超音波センサー

 

超音波センサーとはガラスを検知して、ぶつからないようにしてくれるセンサーです

 

ココロボの超音波センサーでガラスにぶつからない

 

これが無いと、窓ガラスにぶつかる回数が多くなりますので注意!

 

動画で見てください

 

超音波センサー

 

このように、超音波センサーでガラスを検知するので窓ガラス等にぶつからないようにしてくれますよ

 

RX-V200 超音波センサーある
RX-V100 不明(メーカーサイトに書かれていない)

 

障害物検知センサー

 

障害物検知センサーがあると家具にぶつかりにくくなります

 

実際に動画で見てください

 

障害物検知センサー

 

家具にぶつかる事もありますが、当たりにくくなります

 

RX-V200 障害物検知センサーある
RX-V100 不明(メーカーサイトに書かれていない)

 

広さ検知センサー

 

広さ検知センサーとは部屋の広さを測定するので、広い部屋でも隅から隅まで移動する事ができますよ

 

そのため、部屋が広い場合は、広さ検知センサーがある機種を選びましょう

 

ココロボの部屋の広さ検知センサーで隅から隅まで移動できる

 

RX-V200 広さ検知センサーある
RX-V100 無い

 

センサーフェンス

 

センサーフェンスとは、入ってほしくない場所に置くとココロボが入ってこれないようにできます

 

ココロボのセンサーフェンスの機能

 

動画で見てみましょう

 

 

動画は、他社のロボット掃除機ですが、ココロボもセンサーフェンスを使えば同じように部屋への侵入を防いでくれます

 

ココロボのセンサーフェンスの範囲

センサーフェンス

・本体から直線距離で、2メートル~4メートルの壁を作る

 

・本気から半径50センチにも壁を作る

 

このような性能があります

 

半径50センチにも壁を作るので、センサーフェンスを犬・猫のエサ容器の所に置いておけば、ココロボが容器に突っ込む事を防ぎます

 

実際に動画で見てください

 

 

動画のは他社のロボット掃除機ですが、ココロボも同じように容器を避けるように移動してくれますよ

 

RX-V200 センサーフェンスある
RX-V100 無い

 

センサーフェンスは別売りで買う必要があります

 

通販なら定価よりも安く買えますよ

 

センサーフェンス

シャープ センサーフェンス COCOROBO用 RX-SF1

新品価格

¥6,145から
(2017/12/13 15:59時点)

 

ココロボのセンサーフェンスをアマゾンで見る

 

ココロボのセンサーフェンスを楽天で見る

 

 

自動充電

 

ココロボには自動充電する機能があります

 

自動充電

 

自動で充電するので便利です

 

RX-V200 自動充電ある
RX-V100 自動充電ある

 

2つとも、自動充電の機能がありますよ

 

段差を超える高さ

 

ココロボは機種によって段差を越えられる高さが違います

 

RX-V200 約1.5センチ
RX-V100 約1センチ

 

動画で見てみましょう

 

RX-V100

 

RX-V100は1センチの段差しか越えられませんね・・・・

 

RX-V200であれば、1.5センチの段差も超える事ができます

 

運転時間

 

機種によって運転時間が違います

 

RX-V200 掃除運転時間:約100分
RX-V100 掃除運転時間:60分

 

排気フィルターの性能

 

ココロボの排気フィルターは全て、HEPAフィルターになります

 

HEPAフィルター 粒径が0.3 μmの粒子を99.97%以上もフィルターで外に出るのを防ぐ

 

RX-V200 HEPAフィルター
RX-V100 HEPAフィルター

 

2つとも綺麗な空気を出してくれますよ

 

以上がココロボの説明でした

 

もっと詳しい機能が知りたい人は、ココロボの機能を比較している記事はコチラを読んでください

 

スマートフォン操作が出来る、ココロボ

 

画像 機種名 自動再開 自動充電 リモコン スマホ操作
ココロボRX-V200の機能や性能

RX-V200

 

運転時間:100分

 

幅31cm× 高さ9cm

 

RX-V200をアマゾンで見る

 

RX-V200を楽天で見る

 

×
ココロボRX-V100の機能や性能

RX-V100

 

運転時間:60分

 

幅34.6cm×高さ9.6cm

 

RX-V100をアマゾンで見る

 

RX-V100を楽天で見る

 

×

 

ダイソン360eye

 

ダイソン360eyeの本体画像

 

ダイソン360eyeで出来るスマートフォン操作はどのような機能があるのでしょうか?

 

スマートフォン機能を説明している動画

 

 

スマートフォンで出来る機能一覧

 

  • ダイソン360eyeを遠隔操作
  • 掃除スケジュール予約管理
  • 掃除した場所を把握できる
  • エラー診断

 

このような機能をスマートフォンで操作する事ができます

 

その他の機能

 

ダイソン360のスマートフォン操作以外の機能を説明している電気屋の店員

 

ダイソン360のその他の機能を説明します

 

説明する機能は、7つ

 

  • 吸引力
  • サイドブラシが無い
  • 自動充電
  • 自動再開
  • 空間認識性能
  • 排気フィルター
  • 段差

 

簡単に説明していきます

 

吸引力

 

ロボット掃除機の中で、ダイソン360eyeの吸引力が一番強いです!

 

他社と比べてみましょう

 

  • シャープのココロボ、16000回転
  • 東芝のトルネオ、14000回転
  • ダイソン、78000回転

 

こうして数値で見ると、数倍も回転数が違います

 

ダイソンロボット掃除機は78000回転で他のロボット掃除機よりも4倍の吸引力があると事を説明している画像

 

回転数が多いという事は、吸い込む風(力)が強いという事ですから、いかにダイソン360eyeの吸引力が高いかわかると思います

 

動画でも見てみましょう

 

他社と吸引力対決

 

ダイソン360eyeの方が、カーペットの上の小麦粉を綺麗に吸い込んでいるのがわかる

 

他社の場合は、少し残っているように見えますね

 

動画を見てわかるとおり、吸引力はダイソン360が強いですよ

 

サイドブラシが無い

 

ダイソン360eyeはサイドブラシがありません

 

サイドブラシ

 

赤い丸の所がサイドブラシです

 

ダイソン360eyeにはサイドブラシが無い

 

ダイソンの裏側を見るとサイドブラシが無いですよね?

 

サイドブラシが無いので、壁際・部屋の角(スミ)掃除は苦手です

 

ダイソン360の壁際掃除

 

 

サイドブラシが無いので、やはりゴミが残ってしまいますね

 

ただ、メリットもあって、それは「サイドブラシでゴミを撒き散らさない」という事です

 

そのため、少しでもホコリを舞い上がるのが嫌な人にオススメ

 

自動充電

 

ダイソン360eyeは自動で充電台に戻る機能があります

 

ダイソンの自動充電

 

自動再開

 

ダイソン360eyeは、充電が終わったら掃除を中断した場所まで戻って掃除を再開してくれます

 

ダイソン360eyeの自動再開

 

空間認識性能

 

ダイソン360Eyeにはカメラが搭載されているので、そのカメラ画像を解析しながら移動します

 

最新技術の360度を撮影できるライブビジョンカメラを搭載

 

その性能は、1秒間に30枚の画像を撮影し解析するので空間を認識する性能が高い

 

ダイソンロボット掃除機はライブビジョンカメラを搭載しているので空間認識が高い画像

 

ライブビジョンカメラの機能を詳しく説明している動画を紹介

 

 

実際に掃除している動画を見てください

 

部屋を掃除

 

部屋全体をスムーズに移動しているのがわかりますね

 

排気フィルター

 

ダイソン360eyeには、ポストモーターフィルターが搭載されています

 

ダイソンの最新コードレス掃除機にもポストモーターフィルターが使われています

 

ポストモーターフィルター 0.5ミクロンもの微細な粒子を99%捕らえて外に排出しない

 

動画で見てみましょう

 

ポストモーターフィルター

 

ダイソンコードレス掃除機からは、粒子の煙が出てきません

 

これと同レベルのフィルターが、ダイソン360にも搭載されていると思ってください

 

段差を超える高さ

 

ダイソン360はベルト駆動で動きます

 

越えられる高さは、約2センチの段差なら問題なく登って移動できますよ

 

ダイソン360 約2センチの段差を越えられる

 

動画で見てください

 

ダイソンのベルト駆動

 

以上が、ダイソン360の特徴でした

 

もっと詳しく性能を知りたい場合は、ダイソン360の機能を比較している記事はコチラを読んでください

 

スマートフォン操作が出来る、ダイソン360

 

画像

商品名

自動再開

自動充電

リモコン

スマホ操作

ダイソンロボット掃除機360

dyson360eye

 

運転時間:75分

 

幅23cm×高さ12cm×奥行き24cm

 

色はピンク・ブルーから選べます

 

アマゾンでダイソン360Eyeの口コミを見る

 

楽天でダイソン360Eyeの口コミを見る

 

×

 

トルネオロボ

 

トルネオ VC-RCX1-Wの本体画像

 

東芝 トルネオロボ ・VC-RCX1

 

トルネオロボVC-RCX1のスマートフォン操作

 

スマートフォンで出来る機能一覧

 

  • 本体を遠隔操作
  • トルネオロボに内蔵されたカメラで部屋の様子を動画で見れる
  • トルネオロボに内蔵されたカメラで写真も撮影できる
  • トルネオロボでエアコンや洗濯機の電源を入れる事ができる
  • 節電モードが設定できる
  • 掃除の状況がわかる
  • バッテリーの残量がわかる
  • エラーメッセージの確認

 

スマートフォン画面で、360度パノラマ撮影された映像を見る事ができます

 

トルネオロボに内蔵されたカメラで360度パノラマ撮影ができる画像

 

このような綺麗な映像が見れますので、子供やペットの様子を見守る事ができますね

 

スマートフォンでトルネオロボに内蔵されたカメラで子供やペットの様子を見る事ができる

 

その他の機能

 

トルネオロボのスマートフォン操作以外の機能を説明している電気屋の店員

 

トルネオロボのその他の機能を説明します

 

説明する機能は、7つ

 

  • ダストステーション
  • フォトポインター
  • マナーモード
  • バーチャルガード
  • 自動充電
  • 段差
  • 排気フィルター

 

簡単に説明していきます

 

ダストステーション

 

トルネオロボの充電台には、ロボット本体のゴミを綺麗にしてくれるダストステーションが付いています

 

トルネオロボVC-RCX1のダストステーション性能

 

トルネオロボ VC-RCX1 ダストステーションがある

 

ダストステーションが付いているので、ロボット本体のゴミを捨てる手間が無くなります

 

また、ダストステーションに溜まったゴミは、約1ヶ月間は捨てる必要は無い

 

つまり、ゴミ捨ての手間が劇的に減ると思ってください

 

動画で見てみましょう

 

ダストステーション

 

充電とゴミ捨てが同時に出来るのが、ダストステーションのメリット

 

ゴミをなるべく見たくない、手間を少なくしたい人に人気

 

フォトポインター

 

フォトポインターで決まった場所を撮影可能

 

トルネオロボにはカメラが内蔵されているので、スマートフォンでそのカメラ映像を見る事ができます

 

しかし、トルネオロボがいない場所は見る事ができません

 

そこで、フォトポインターを使う事で別の場所もスマートフォンで見る事ができます

 

トルネオロボの付属品でついてくるフォトポインター

 

この機械を置いた場所の、写真をスマートフォンで見れます

 

トルネオロボの付属品でついてくるフォトポインターで撮影した写真

 

上記がフォトポインターで撮影した写真になります

 

フォトポインターで撮影した画像は、自動でつなぎ合わされるので1枚のパノラマ写真として見れますよ

 

360度を1枚のパノラマ写真で見る事ができます

 

フォトポインターがオススメな人
  • ゲージに入っているペットの様子が見たい人
  • おじいちゃん・おばあちゃんの様子が見たい人
  • 子供・赤ちゃんの様子が見たい人
  • 部屋の様子を見たい人

 

フォトポインターを決まった場所に置いておけば、その場所を撮影してスマートフォンで見れます

 

マナーモード

 

トルネオロボには、音を静かにする「マナーモード」が搭載されています

 

トルネオロボVC-RCX1 マナーモードある

 

マナーモードで掃除する事で、音を静かにできるので夜でも動かす事ができますよ

 

バーチャルガード

 

バーチャルガードを入ってほしくない場所に置いておく事でロボット掃除機の侵入を防ぎます

 

トルネオロボVC-RCX1のバーチャルガード

 

ただ、バーチャルガードを利用したい場合は、別売りで購入する必要があります

 

実際に動画で見てみましょう

 

バーチャルガードで侵入を防ぐ

 

バーチャルガードが置いてある場所からは、トルネオロボは進めないので方向転換して戻っていきます

 

これを利用すれば、料理中に台所、、赤ちゃんが寝ている部屋に入ってこないようにしたりできます

 

使い方は色々あるので、1つぐらい購入しておくと便利ですよ

 

バーチャルガード

東芝 バーチャルガードTOSHIBA TORNEO ROBO(トルネオ ロボ)専用 VJ-RBG3

新品価格

¥3,200から
(2017/12/13 17:33時点)

 

トルネオロボのバーチャルガードをアマゾンで見る

 

トルネオロボのバーチャルガードを楽天で見る

 

 

付属品では付いてこないので、別売りで購入する必要がありますので注意してくださいね

 

自動充電

 

トルネオロボは掃除が終わったり、バッテリーが少なくなると自動で充電台に戻ります

 

自動充電

 

段差を超える高さ

 

トルネオロボが越えられる高さは、約2センチになります

 

トルネオロボ VC-RCX1 約2センチの段差を越えられる

 

2センチの段差を超えるトルネオロボ

 

排気フィルター

 

トルネオロボの排気フィルターには、プリーツフィルター(HEPA)が使われています

 

プリーツフィルター(HEPA) 0.3マイクロメートルの粒子を99%以上もカットしてくれる

 

動画で見てみましょう

 

HEPAフィルターの実験

 

HEPAフィルターの方は粒子の煙が出てきません、トルネオロボも動画と同じ性能のフィルターになります

 

以上が、トルネオロボの機能でした

 

もっと詳しく知りたい人は、トルネオロボの機能を比較している記事はコチラを読んでください

 

スマートフォン操作が出来る、トルネオロボ

 

画像 機種名 自動再開 自動充電 リモコン スマホ操作
トルネオロボVC-RCX1の機能や性能

VC-RCX1

 

運転時間:70分

 

幅35cm×高さ8.7cm

 

トルネオロボVC-RCX1をアマゾンで見る

 

トルネオロボVC-RCX1を楽天で見る

 

×

 

パナソニック ルーロ

 

スマートフォン操作が出来るルーロ

 

パナソニック ルーロ ・MC-RS800

 

ルーロをスマートフォン操作している

 

スマートフォンで出来る機能一覧
  • 電源のオン・オフ
  • スケジュール予約
  • 掃除エリア設定
  • お掃除結果レポート

 

上記の機能が使えます

 

その他の機能

 

ルーロのスマートフォン操作以外の機能を説明している電気屋の店員

 

ルーロの機能を簡単に説明していきます

 

説明する機能は、8つ

 

  • レーザーセンサー
  • 侵入禁止設定
  • ハウスダスト発見センサー
  • マイナスイオンプレート
  • 自動充電
  • 自動再開
  • 段差
  • 排気フィルター

 

この6つを説明していきます

 

レーザーセンサー

 

ルーロMC-RS800にはレーザーセンサーが搭載されているので、今まで検知できなかった約2センチの細い物まで感知できます

 

ルーロの障害物検知センサーの性能

 

各種センサーの説明
レーザーセンサー

約110度範囲内にある今まで検知できなかった幅が約2 cmの物まで認識できます

超音波センサー 感知しにくい鏡や黒色や透明な障害物も検知できます
赤外線センサー 壁から数cm単位の走行が可能になり壁際のゴミを綺麗に出来る

 

ルーロMC-RS800にはこのようなセンサーが取り付けられています

 

特に注目したいのが、レーザーセンサーですね

 

私の記憶ではレーザーセンサーは他のロボット掃除機には搭載されていないので、恐らくロボット掃除機の中で一番家具に当たりにくい!

 

そのため、高級家具を置いている人はルーロMC-RS800がオススメ

 

レーザーセンサー

 

非常に細い棒でも検知しますので当たらずに移動できますよ

 

侵入禁止設定

 

ルーロMC-RS800には「人工知能「RULO AI 8.0」と「本体カメラ」が搭載されているので

 

部屋の間取りを作成できるので、スマートフォンで掃除エリアを設定する事が可能です

 

部屋の間取り作成

 

動画を見ると、3つの機能があると事がわかりますね

 

  • 部屋の間取り作成
  • ゴミが多い場所を検知
  • 掃除エリアを設定

 

この3つをスマートフォンで見たり設定できますよ

 

特に便利なのが、掃除エリアを設定ですね

 

ルーロをスマートフォンで掃除エリアを設定している

 

スマートフォンを指でなぞるように動かすだけで、掃除エリアを設定する事ができるので

 

料理中の台所に入ってこないようにしたり、ペットのエサ容器がある場所に行かないようにしたり出来るので便利な機能です

 

ルーロの掃除エリアを設定している

 

解除する時もスマートフォンを押せば良いので楽です

 

もちろん、外出先・仕事場からでも掃除エリアを設定できますよ

 

ハウスダスト発見センサー

 

ルーロには、目に見えないゴミ(ハウスダスト)を見つけてくれるセンサーが搭載されています

 

ハウスダストセンサーが反応した場所は、念入りに掃除してくれるのでアレルギー体質の人にオススメの機能です

 

ルーロのハウスダストセンサーで検知できるダニ花粉

 

ダニの糞・花粉にもしっかり反応しますのでアレルギー対策が出来る!

 

 

ルーロのハウスダストセンサー

 

ハウスダストが多い場所ではランプが赤に光って、綺麗になったり青に変わります

 

動画で見てみましょう

 

ハウスダストセンサー

 

アレルギーとなるハウスダストをしっかりと掃除してくれます

 

マイナスイオンプレート

 

ルーロにはマイナスイオンプレートが搭載されているので、床の静電気を除去したり、床の除菌効果も期待できますよ

 

ルーロのマイナスイオンプレートの性能

 

マイナスイオンプレートの特徴
  • 床の静電気を除去するのでゴミを吸い込みやすい
  • 除菌効果もあるので清潔

 

除菌に関しては、イオン化した酸素は雑菌を殺してくれる酸化力が強いので床の雑菌を減らしてくれますよ

 

マイナスイオンを床に噴出しながら掃除するので、静電気が発生しにくくゴミを吸い込みやすい

 

動画で見てみましょう

 

静電気とゴミの関係

 

静電気があるとゴミがくっついて離れないので掃除が大変です

 

しかし、静電気を除去すればゴミは簡単に取れる事がわかりますね、ルーロはマイナスイオンを放出しながら掃除するので静電気の発生を防ぎます

 

自動充電

 

ルーロには、自動で充電台に戻る機能があります

 

動画で見てください

 

自動充電

 

掃除が終わったり、バッテリーが少なくなったら自動で充電しますよ

 

自動再開

 

ルーロMC-RS800には、掃除を中断した場所から掃除を再開する自動再開の機能が搭載されています

 

ルーロの自動再開機能

 

 

段差

 

ルーロは、約2センチの段差を超える事ができます

 

ルーロ 約2センチの段差を超える事ができる

 

動画で見てみましょう

 

ルーロが段差を超える

 

2センチの段差であれば問題なく移動できます

 

排気フィルターの性能

 

ルーロの排気フィルターの性能は、メーカーサイトを確認しましたが書いていませんでした

 

そのため、性能は不明です

 

ルーロ 排気フィルターの性能は、不明

 

以上が、ルーロの特徴でした

 

もっと詳しく知りたい人は、ルーロの機能・性能の違いを比較している記事はコチラを読んでください

 

スマートフォン操作が出来る、ルーロ

 

画像 商品名 自動再開 自動充電 リモコン スマホ操作
ルーロMC-RS800の機能や性能

MC-RS800

 

運転時間:100分

 

幅33cm×高さ9.2cm

 

MC-RS800をアマゾンで見る

 

MC-RS800を楽天で見る

 

×

 

日立ミニマル

 

日立ミニマルのスマートフォン操作

 

日立ミニマルのスマートフォン操作の画面

 

スマートフォンで出来る操作一覧
電源のオン・オフ 外出先からでも、ミニマルの電源を入れたりする事が出来る
掃除モードの設定 ゴミの状況に合わせて、掃除モードが選べます
スケジュール予約 曜日に合わせて時間や掃除モードが選べます
掃除履歴 掃除時間と走行距離などを見る事ができます
説明書が見れる スマフォでWeb説明書が見れます
手動で動かせる スマートフォンでミニマルを動かす事が出来ます

 

上記の機能が使えます

 

その他の機能

 

ミニマルのスマートフォン操作以外の機能を説明している電気屋の店員

 

ミニマルの機能を簡単に説明していきます

 

説明する機能は、5つ

 

  • 自動充電
  • ダブルかきとりブラシ
  • ブラシ自動掃除
  • 段差
  • 排気フィルター

 

1つ1つ説明していきます

 

自動充電がある

 

ミニマルは掃除が終わったり、充電が少なくなると自動で充電台に戻ります

 

実際に動画で見てみましょう

 

ミニマルの自動充電

 

自動で充電しますので便利です

 

ダブルかきとりブラシ

 

ミニマルには、カーペットのゴミを綺麗にするための専用のブラシが付いています

 

日立ロボット掃除機のミニマルのダブルかきとりブラシで絨毯の髪の毛が取れる

 

赤いローラーの部分が、カーペット等に絡んだ髪の毛やゴミを綺麗にするブラシです

 

回転ブラシ、かきとりブラシの2つのブラシの連携によって、カーペットやじゅうたんのゴミを綺麗にします

 

実際に動画で見てください

 

ダブルかきとりブラシで掃除

 

カーペットの毛が綺麗に取れているのがわかりますね

 

赤いローラーが回転してカーペットに絡んだ髪の毛・ペットの毛もしっかり取れる!

 

赤いローラーが回転している動画

 

グルグル回転して毛やゴミを絡め取りますよ

 

カーペット、じゅうたんのゴミを綺麗にしたい人にオススメ

 

ブラシ自動掃除

 

ミニマルには、回転ブラシの自動掃除する機能があります

 

自動清掃がある事で、お手入れ回数が大幅に減ります

 

日立ロボット掃除機のミニマルのブラシ自動お掃除機能

 

毎日掃除していると回転ブラシに、髪の毛やゴミが絡まってしまいます、そのため定期的に回転ブラシを掃除する必要がありましたが

 

ミニマルにブラシ自動掃除機能が付いた事で、この定期的なメンテナンスの回数が減ります

 

ミニマルは充電する時に自動でブラシのゴミを掃除してくれます

 

動画で見てください

 

ブラシ自動掃除

 

充電台に戻ると、ブラシを逆回転させて、付着したゴミを綺麗になってますね

 

お手入れが面倒くさい人にオススメの機能です

 

段差

 

ミニマルが越えられる段差の高さを紹介します

 

RV-EX20 1.5センチの段差を越えられます

 

動画でも見てみましょう

 

ミニマルが段差を超える

 

1.5センチの段差なら問題なく超えて移動できます

 

排気フィルター

 

ミニマルの排気フィルター性能は、不明です

 

メーカーホームページに書かれていませんでした

 

RV-EX20 排気フィルターの性能は不明(メーカーサイトに書かれていない)

 

以上がミニマルの特徴でした

 

もっと詳しく知りたい人は、日立ミニマルの機能の違いを比較している記事はコチラを読んでください

 

スマートフォン操作が出来る、ミニマル

 

画像 機種名 自動再開 自動充電 リモコン スマホ操作
日立ミニマルRV-EX20

RV-EX20

 

運転時間:60分

 

幅25cm×高さ9.2cm

 

日立ミニマルRV-EX20をAmazonで見る

 

日立ミニマルRV-EX20を楽天で見る

 

× ×

 

DEEBOT

 

スマートフォン操作が出来るDEEBOT

 

DEEBOT

・SLIM2
・N79T
・OZMO 930
・OZMO 610
・DEEBOT 900
・M88
・R98
・R95
・M81Pro
・MINI2
・83
・M80 Pro
・N79

 

DEEBOTをスマートフォン操作している

 

スマートフォンで操作できる機能一覧
  • 電源のオン・オフ
  • スケジュール予約
  • 掃除エリア設定
  • 掃除モードの設定
  • お掃除結果レポート

 

上記の機能が使えます

 

その他の機能

 

DEEBOTのスマートフォン操作以外の機能を説明している電気屋の店員

 

DEEBOTの機能を簡単に説明していきます

 

説明する機能は、12つ

 

  • 水拭き・乾拭き
  • 吸引力の調整
  • マッピング機能
  • 自動充電
  • 自動再開
  • リモコン
  • 回転ブラシの有無
  • ハンディ掃除機
  • 運転時間
  • バッテリーの種類
  • 段差
  • 排気フィルター

 

簡単に説明していきます

 

水拭き・乾拭きが出来る機種

 

DEEBOTには、水拭きと乾拭きが出来る機種があります

 

DEEBOTの水拭き・乾拭きの機能

 

DEEBOTの水を入れるタンク

 

専用のタンクに水を入れれば、そこからシートに水が染み込んで水拭きが出来る仕組みです

 

動画で見てみましょう

 

水拭き

 

水拭きがある方が一発で細かい小麦粉も綺麗になってますね

 

ただ、機種によっては、水拭きが出来ないのもあるので選ぶ時は注意してください

 

SLIM2

・乾拭き

N79T

拭き掃除は出来ない

OZMO 930

・水拭き
(スマートフォンで水量を調節できる)
(水拭きモードの時はじゅうたんを検知して上がらない機能がある)

OZMO 610

・水拭き
(スマートフォンで水量を調節できる)

DEEBOT 900 ・拭き掃除は出来ない
M88

・水拭き
・乾拭き

R98

・水拭き
・乾拭き

R95

・水拭き
・乾拭き

M81Pro

・水拭き
・乾拭き

MINI2 ・乾拭き
83 ・乾拭き
M80 Pro

・水拭き
・乾拭き

N79 拭き掃除は出来ない

 

機種によって、水拭き・乾拭きの2つとも出来ないので注意!

 

他は、乾拭きだけの機種もありますので選ぶ時の参考にしてください

 

また、OZMO 930は最新のセンサーを搭載しているので、水拭きモードの時はじゅうたん・カーペットを検知して登らないようにするので、じゅうたんが濡れる事はありません

 

そのため、水拭きモードの時に、カーペット等が濡れるのが嫌な人、カーペットにロボットが引っかかるのが嫌な人はOZMO 930がオススメですよ

 

吸引力の調整

 

DEEBOTには、吸引力を調整できる機能があります

 

DEEBOTの吸引力を調節できる機能

 

  • 静かに掃除してほしい時は、通常モード
  • 多くのゴミを吸い込んで欲しい時は、強モード

 

SLIM2

・通常モード

N79T

・通常モード
・強モード

OZMO 930

・通常モード
・強モード

OZMO 610

・通常モード
・強モード

DEEBOT 900

・通常モード
・強モード

M88

・通常モード
・強モード

R98

・通常モード

R95

・通常モード

M81Pro

・通常モード

MINI2 ・通常モード
83 ・通常モード
M80 Pro

・通常モード
・強モード

N79 ・通常モード

 

じゅうたん・カーペットが多くある場合は、強モードがあると多くのハウスダストを吸い込んでくれますよ

 

マッピング機能

 

DEEBOTには部屋の間取りを記憶する、マッピング機能があります

 

DEEBOTのマッピング機能

 

マッピング機能がある事で、部屋の間取りを正確に記録する事ができるので

 

スマートフォンで掃除エリアの設定が出来ます

 

DEEBOTがスマートフォンで掃除エリア設定

 

部屋の間取りがスマートフォンに表示されるので、ロボット掃除機に入ってほしくない場所は指で指定する事で掃除エリアを設定できます

 

赤ちゃんが寝ている部屋、お風呂場など、掃除してほしくない場所を設定しておく事ができますよ

 

動画で見てみましょう

 

掃除エリア設定

 

マッピング機能が使える機種は、このような機能が使えます

 

SLIM2

無い

N79T

無い

OZMO 930

マッピング機能がある

OZMO 610

マッピング機能がある

DEEBOT 900

マッピング機能がある

M88

無い

R98

マッピング機能がある

R95

マッピング機能がある

M81Pro

無い

MINI2 無い
83 無い
M80 Pro

無い

N79 無い

 

マッピング機能があると、侵入禁止エリアを設定できたり、掃除の範囲を決めれるので便利です

 

自動充電

 

DEEBOTは全ての機種に自動充電の機能があります

 

自動充電は、掃除が終わったり、バッテリーが少なくなったら自動で充電する機能です

 

動画で見てみましょう

 

自動充電

 

自動で充電台に戻ってくれます

 

SLIM2

自動充電がある

N79T

自動充電がある

OZMO 930

自動充電がある

OZMO 610

自動充電がある

DEEBOT 900

自動充電がある

M88

自動充電がある

R98

自動充電がある

R95

自動充電がある

M81Pro

自動充電がある

MINI2 自動充電がある
83 自動充電がある
M80 Pro

自動充電がある

N79 自動充電がある

 

全ての機種に自動充電があります

 

自動再開

 

DEEBOTには自動再開の機能がある機種があります

 

DEEBOTの自動再開の機能

 

自動再開がある事で、掃除を中断した場所から掃除を再開するので効率よく最後まで掃除をする事ができますよ

 

SLIM2

無い

N79T

無い

OZMO 930

無い

OZMO 610

無い

DEEBOT 900

無い

M88

無い

R98

自動再開がある

R95

自動再開がある

M81Pro

無い

MINI2 無い
83 無い
M80 Pro

無い

N79 無い

 

自動再開があるのは、R98、R95の2つだけですね

 

リモコンがある機種

 

DEEBOTには、リモコンが付いてくる機種があります

 

DEEBOTのリモコンが付いている機種

 

リモコンで出来る機能一覧
リモコン操作

・電源のオン・オフ
・ロボット掃除機の移動
・掃除モード
・充電させる

 

リモコンがあると上記のような機能が使えます

 

SLIM2

リモコンがある

N79T

リモコンがある

OZMO 930

無い

OZMO 610

リモコンがある

DEEBOT 900

無い

M88

リモコンがある

R98

無い

R95

無い

M81Pro

無い

MINI2 リモコンがある
83 リモコンがある
M80 Pro

リモコンがある

N79 リモコンがある

 

手軽に操作が出来るのがリモコンのメリットです

 

回転ブラシの有無

 

DEEBOTには、メインブラシが無い機種があります

 

メインブラシとは、じゅうたん・カーペットの奥のゴミを掻き出すブラシになります

 

画像を見てください

 

ECOVACS DEEBOTロボット掃除機のメインブラシ

 

これがメインブラシになり、このブラシが無い機種

 

そして、外したり取り付けたりできる機種がありますので選ぶ時に注意してください

 

ECOVACS DEEBOTロボット掃除機のメインブラシを取り付けたり外したりできる

 

ECOVACS DEEBOTロボット掃除機のメインブラシを取り付けたり外したりできる部品

 

また、掃除する状況に合わせて、メインブラシを付けたり外したりできます

 

  • フローリングのゴミを掃除する時は、メインブラシを外して使う
  • じゅうたん・カーペットを掃除する時は、メインブラシを取り付けて使う

 

このような使い方も出来ますよ

 

メインブラシは回転しているので、髪の毛が絡まりやすく定期的にブラシの掃除をする必要があるので、使い分ける事によりメインブラシの掃除の回数も減りますよ

 

 

SLIM2 無い 切り替えが出来ない
N79T メインブラシ有り 切り替えが出来ない
OZMO 930 メインブラシ有り ブラシの切り替えが出来る
OZMO 610 メインブラシ有り ブラシの切り替えが出来る
DEEBOT 900 メインブラシ有り ブラシの切り替えが出来る
M88 メインブラシ有り ブラシの切り替えが出来る
R98 メインブラシ有り 切り替えが出来ない
R95 メインブラシ有り ブラシの切り替えが出来る
M81Pro メインブラシ有り ブラシの切り替えが出来る
MINI2 無し 切り替え出来ない
83 メインブラシ有り ブラシの切り替えが出来る
M80 Pro メインブラシ有り 切り替え出来ない
N79 メインブラシ有り 切り替え出来ない

 

ハンディ掃除機が付いてくる

 

DEEBOTの機種の中には、ハンディ掃除機がセットで付いてくる機種があります

 

ECOVACS DEEBOTロボット掃除機のハンディ掃除機が付いてくる

 

さらに、ハンディ掃除機はロボット掃除機に溜まったゴミを綺麗に吸い込んでくれるので、ロボット掃除機のゴミを捨てる必要は無い

 

ECOVACS DEEBOTロボット掃除機のハンディ掃除機がロボット掃除機のゴミを自動で吸い込む

 

赤い矢印の部分がハンディ掃除機になります

 

この部分を取り外せば、ハンディ掃除機として、色々な場所が掃除できるという仕組み

 

実際に動画で見てください

 

ハンディ掃除機も使える

 

取り外せばハンディ掃除機としても使えますし、充電台にセットしておけばハンディ掃除機がロボット掃除機に溜まったゴミまで綺麗にしてくれます

 

そのため、ハンディ掃除機を持っていない人にオススメですね

 

SLIM2

無い

N79T

無い

OZMO 930

無い

OZMO 610

無い

DEEBOT 900

無い

M88

無い

R98

ハンディ掃除機がある

R95

無い

M81Pro

無い

MINI2 無い
83 無い
M80 Pro

無い

N79 無い

 

ハンディ掃除機が付いてくるのは、R98だけですね

 

運転時間が違う

 

DEEBOTは機種によって、運転時間が違います

 

SLIM2

運転時間:110分

N79T

運転時間:120分

OZMO 930

運転時間:110分

OZMO 610

運転時間:110分

DEEBOT 900

運転時間:100分

M88

運転時間:90分

R98

運転時間:90分

R95

運転時間:90分

M81Pro

運転時間:110分

MINI2 運転時間:90分
83 運転時間:120分
M80 Pro

運転時間:110分

N79 運転時間:100分

 

運転時間が長い方が部屋数が多くても隅々まで掃除してくれますよ

 

バッテリーの種類が違う

 

DEEBOTは機種によってバッテリーの種類が違います

 

使われているバッテリーは、2種類

 

リチウムイオン電池 劣化が遅く、自然放電の割合が少ない
ニッケル水素電池 劣化がリチウムイオン電池に比べて早く、自然放電の割合も多い

 

リチウムイオン電池の方が高性能で、バッテリー寿命が長いのが特徴

 

ニッケル水素電池は、リチウムに比べると寿命が短いので、1年~2年ぐらい毎日使っていると最初の頃よりも運転時間が短くなるのがデメリット

 

上記のような事を頭に入れながら選んでください

 

機種名 バッテリーの種類 自分でバッテリー交換
SLIM2 リチウムイオン電池 交換できます
N79T リチウムイオン電池 交換できます
OZMO 930 リチウムイオン電池 交換できます
OZMO 610 リチウムイオン電池 交換できます
DEEBOT 900 ニッケル水素電池 交換できます
M88 ニッケル水素電池 交換できます
R98 リチウムイオン電池 交換できます
R95 リチウムイオン電池 交換できます
M81Pro ニッケル水素電池 交換できます
MINI2 ニッケル水素電池 交換できます
83 ニッケル水素電池 交換できます
M80 Pro ニッケル水素電池 交換できます
N79 リチウムイオン電池 交換できます

 

バッテリーの種類が違うので選ぶ時の参考にしてください

 

段差の高さ

 

DEEBOTは機種によって段差を超える高さが違ってきます

 

そのため、家にある段差の高さを測ってから選んだ方がいいでしょう

 

SLIM2

1cm (モップを外した状態)

N79T

1.4cm

OZMO 930

1.6cm

OZMO 610

1.4cm

DEEBOT 900

1.8cm

M88

段差:1.8cm

R98

段差:1.8cm

R95

段差:1.8cm

M81Pro

段差:1.4cm

MINI2 段差:1.2cm(モップを外した状態)
83 段差:2cm
M80 Pro

不明

N79 不明

 

このように登れる高さが違います

 

排気フィルターの性能

 

DEEBOTの排気フィルターの性能は、メーカーホームページを確認しましたが書いていません

 

そのため、性能は不明です

 

排気フィルター 性能は不明(メーカーサイトに書かれていない)

 

以上が、DEEBOTの特徴でした

 

もっと詳しく知りたい人は、DEEBOTの機能や性能の違いを比較している記事はコチラを読んでください

 

スマートフォン操作が出来る、DEEBOT

 

画像 商品名 自動再開 自動充電 リモコン スマホ操作
deebotSLIM2 SLIM2

運転時間:110分

幅31cm×高さ5.7

deebotslim2をアマゾンで見る

deebotslim2を楽天で見る
×
deebotN79T N79T
(Amazon限定商品)

運転時間:120分

幅33cm×高さ7.8cm

deebotn79tをAmazonで見る
×
deebotOZMO 930 OZMO 930

運転時間:110分

幅35.4cm×高さ10.2cm

deebotozmo930をAmazonで見る

deebotozmo930を楽天で見る
× ×
DEEBOT OZMO 610 OZMO 610

運転時間:110分

幅35cm×高さ7.9cm

deebotozmo610をAmazonで見る

deebotozmo610を楽天で見る
×
DEEBOT 900 DEEBOT 900

運転時間:100分

幅33.7cm×9.5cm

アマゾンでは売ってませんでした

deebot900を楽天で見る
× ×
DEEBOT M88の機能や性能

M88

 

運転時間:90分

 

幅34cm×高さ7.75cm

 

DEEBOT M88をアマゾンで見る

 

DEEBOT M88を楽天で見る

 

×
DEEBOT R98の機能や性能

R98

 

運転時間:90分

 

幅35.4cm×高さ10.2cm

 

DEEBOT R98をアマゾンで見る

 

DEEBOT R98を楽天で見る

 

×
DEEBOT R95の機能や性能

R95

 

運転時間:90分

 

幅35.4cm×高さ10.2cm

 

DEEBOT R95をアマゾンで見る

 

DEEBOT R95を楽天で見る

 

×
DEEBOT M81Proの機能や性能

M81Pro

 

運転時間:110分

 

幅34.8cm×高さ7.9cm

 

DEEBOT M81Proをアマゾンで見る

 

DEEBOT M81Proを楽天で見る

 

× ×
DEEBOT MINI2の機能や性能

MINI2

 

運転時間:90分

 

幅27cm×高さ8.2cm

 

DEEBOT MINI2をアマゾンで見る

 

DEEBOT MINI2を楽天で見る

 

×
beebot83の機能や性能

83

 

運転時間:120分

 

幅33.7cm×高さ8.8cm

 

売ってませんでした

 

×
deebotM80 Proの機能や性能

M80 Pro

 

運転時間:110分

 

boobot80をアマゾンで見る

 

楽天では売ってませんでした

 

×
beebotn79の機能や性能

N79

 

運転時間:100分

 

幅33cm×高さ7.8cm

 

beebotn79をアマゾンで見る

 

楽天では売ってませんでした

 

×

 

スマートフォン操作が出来る、ルンバ

 

ルンバの機種の違いを比較している記事はコチラ

 

画像 商品名 自動再開 自動充電 リモコン スマホ操作
ルンバ980

ルンバ980

 

運転時間:120分

 

幅353mm×高さ92mm

 

ルンバ980の口コミ

 

楽天でルンバ980の口コミを見る

 

×
ルンバ960

ルンバ960

 

運転時間:75分

 

幅353mm×高さ92mm

 

アマゾンでルンバ960の口コミを見る

 

楽天でルンバ960の口コミを見る

 

×
ルンバ890の機能や性能

ルンバ890

 

運転時間:75分

 

幅353mm×高さ92mm

 

ルンバ890をアマゾンで見る

 

ルンバ890を楽天で見る

 

× ×
ルンバ690の性能や機能

ルンバ690

 

運転時間:60分

 

幅340mm×高さ92mm

 

ルンバ690をアマゾンで見る

 

ルンバ690を楽天で見る

 

× ×

 

スマートフォン操作が出来る、ココロボ

 

ココロボの機能や性能の違いを比較している記事はコチラ

 

画像 機種名 自動再開 自動充電 リモコン スマホ操作
ココロボRX-V200の機能や性能

RX-V200

 

運転時間:100分

 

幅31cm× 高さ9cm

 

RX-V200をアマゾンで見る

 

RX-V200を楽天で見る

 

×
ココロボRX-V100の機能や性能

RX-V100

 

運転時間:60分

 

幅34.6cm×高さ9.6cm

 

RX-V100をアマゾンで見る

 

RX-V100を楽天で見る

 

×

 

スマートフォン操作が出来る、ダイソン360

 

ダイソン360Eyeの機能や性能の違いを比較している記事はコチラ

 

画像

商品名

自動再開

自動充電

リモコン

スマホ操作

ダイソンロボット掃除機360

dyson360eye

 

運転時間:75分

 

幅23cm×高さ12cm×奥行き24cm

 

色はピンク・ブルーから選べます

 

アマゾンでダイソン360Eyeの口コミを見る

 

楽天でダイソン360Eyeの口コミを見る

 

×

 

スマートフォン操作が出来る、トルネオロボ

 

トルネオロボの機種の違いを比較している記事はコチラ

 

画像 機種名 自動再開 自動充電 リモコン スマホ操作
トルネオロボVC-RCX1の機能や性能

VC-RCX1

 

運転時間:70分

 

幅35cm×高さ8.7cm

 

トルネオロボVC-RCX1をアマゾンで見る

 

トルネオロボVC-RCX1を楽天で見る

 

×

 

スマートフォン操作が出来る、ルーロ

 

ルーロの機種の違いを比較している記事はコチラ

 

画像 商品名 自動再開 自動充電 リモコン スマホ操作
ルーロMC-RS800の機能や性能

MC-RS800

 

運転時間:100分

 

幅33cm×高さ9.2cm

 

MC-RS800をアマゾンで見る

 

MC-RS800を楽天で見る

 

×

 

ミニマル

 

日立ミニマルの機能の違いを比較している記事はコチラ

 

画像 機種名 自動再開 自動充電 リモコン スマホ操作
日立ミニマルRV-EX20

RV-EX20

 

運転時間:60分

 

幅25cm×高さ9.2cm

 

日立ミニマルRV-EX20をAmazonで見る

 

日立ミニマルRV-EX20を楽天で見る

 

× ×

 

 

 

メーカー別ロボット掃除機


各種メーカーの主力ロボット掃除機を紹介しています
ルンバの違いを比較 ダイソン360eyeの性能・機能 シャープ ココロボの違いを比較

ルンバ

人気ナンバーワンのルンバの機能や性能を比較しています

ダイソン360eye

圧倒的な吸収力のダイソンロボット掃除機の特徴を紹介

ココロボ

音声操作など独自の技術が特徴のシャープのココロボを紹介
東芝 トルネオロボの違いを比較 パナソニック ルーロの違いを比較 日立 ミニマルの違いを比較

トルネオロボ

ゴミ回収があるダストステーション搭載のトルネオロボの特徴を紹介

ルーロ

日本メーカーでは一番人気のルーロの特徴を紹介

狭い部屋に最適な小型のミニマルの特徴を紹介

ILIFEの違いを比較 DEEBOTの違いを比較 ツカモトエイム ミニネオの違いを比較

ILIFEの特徴

水拭き・乾拭きも出来るILIFEの特徴を紹介

DEEBOTの特徴

水拭き・乾拭きも出来るDEEBOTの特徴を紹介

ミニネオの特徴

ミニネオの特徴を紹介

マキタ ロボプロの機能や性能    

マキタ ロボプロの特徴

業務用のロボプロの特徴を紹介


ルンバと対決!


ロボット掃除機で売上1位のルンバと他のロボット掃除機との違いを比較しているので、購入する時の参考になりますよ
ココロボとルンバの違いを比較 ダイソンとルンバの違いを比較 トルネオロボとルンバの違いを比較

ココロボRX-V95Aとルンバ比較 ココロボRX-V95Aとルンバ980の機能を比較しています

ダイソン360eyeとルンバ980比較

ダイソン360eyeとルンバ980の機能を比較

トルネオロボVC-RVS2とルンバ980比較

トルネオロボVC-RVS2とルンバ980の機能を比較
ルーロとルンバの違いを比較 ブラーバとルンバの違いを比較 ミニマルとルンバの違いを比較

ルーロmcrs200とルンバ980比較

ルーロとルンバの機能比較

拭き掃除ロボットブラーバとお掃除ロボットルンバ比較

拭き掃除ロボットのブラーバとルンバの機能比較

ミニマルとルンバの性能対決

ミニマルとルンバの性能を比較

ILIFEとルンバの違いを比較 DEEBOTとルンバの違いを比較  

ILIFEとルンバの性能対決

ILIFEとルンバの機能比較

DEEBOTとルンバの性能対決

DEEBOTとルンバの機能比較


拭き掃除ロボット


音が静かで排気が出ない、拭き掃除ロボットを詳しく説明しています
ブラーバとブラーバジェットの違い ブラーバとルンバの違いを比較 拭き掃除ロボットの種類一覧

ブラーバ、ブラーバジェット

ブラーバ380j、371j・ブラーバジェット240の違いを比較しています

ブラーバとルンバ比較

ブラーバとルンバの違いを比較しています

拭き掃除ロボット一覧

拭き掃除が出来るロボットを集めました


悩みを解消してくれる、ロボット掃除機


ロボット掃除機が欲しいけど迷っている・・・という人のために、ロボット掃除機で解決できる悩みを紹介しています
犬・猫のオシッコも拭いてくれる拭き掃除ロボット 排気が臭くないロボット掃除機 ダニを吸い込むロボット掃除機

犬や猫のオシッコを拭いてくれる拭き掃除ロボット

犬や猫のペットのオシッコが床に付着しても、綺麗に拭いてくれる拭き掃除ロボットを紹介

排気が臭くなりロボット掃除機

ロボット掃除機から出てくる排気が臭くない、臭わない機種を紹介

じゅうたん、カーペットのダニを吸い込むロボット掃除機

じゅうたん・カーペットのダニを吸い込んでくれるロボット掃除機を紹介
音が静かなロボット掃除機 バッテリー時間が長いロボット掃除機 サイズが小さいロボット掃除機

運転音が静かなロボット掃除機

運転音が静かなロボット掃除機を紹介

バッテリーが長持ちで運転時間が長いロボット掃除機

バッテリーが長持ちな、ロボット掃除機を紹介

大きさが小さいロボット掃除機

サイズが小さいロボット掃除機を紹介
スマートフォン操作が出来るロボット掃除機 花粉・PM2.5を吸い込むロボット掃除機 猫砂を吸い込むロボット掃除機

スマートフォンで操作出来るロボット掃除機

スマートフォンで操作できる、ロボット掃除機を紹介

花粉・PM2.5を吸い込むロボット掃除機

花粉やPM2.5を綺麗にしてくれる、ロボット掃除機

猫砂を吸い込むロボット掃除機

猫砂を吸い込むロボット掃除機を紹介
ペットの容器に当たらないロボット掃除機 3部屋以上に使えるロボット掃除機 壁際・隅を綺麗するロボット掃除機

ペットの餌容器に当たらないロボット掃除機

犬や猫のエサ容器に当たらない、ロボット掃除機を紹介

3部屋以上ある家に使えるロボット掃除機

3部屋以上を掃除できる、ロボット掃除機を紹介

壁際や部屋の隅のゴミを綺麗にするロボット掃除機

壁際や部屋の隅のゴミを綺麗にする、ロボット掃除機
共働き夫婦にオススメのロボット掃除機    

共働き夫婦におすすめのロボット掃除機

共働き夫婦にオススメのロボット掃除機 (子供がいる、いない別に紹介)