ECOVACS DEEBOTとルンバの違いを比較

ECOVACS DEEBOTとルンバの違いを比較していきます

ルンバとECOVACSDEEBOTの機能の違いを比較している電気屋の店員

 

 

ロボット掃除機のECOVACS DEEBOT(エコバックス ディーボット)とルンバの性能や機能の違いを比較していきます

 

比較する機種は以下の通り

 

ルンバシリーズ
eモデル

・ルンバe5 (発売日:2018年10月)

900モデル

・ルンバ980 (発売日:2015年10月)
・ルンバ961 (発売日:2018年2月)
・ルンバ960 (発売日:2016年8月)

800モデル

・ルンバ891 (発売日:2018年2月)
・ルンバ890 (発売日:2017年8月)
・ルンバ885 (発売日:2015年6月)
・ルンバ880 (発売日:2014年3月)
・ルンバ876 (発売日:2016年5月)
・ルンバ875 (発売日:2015年6月)
・ルンバ871 (発売日:2014年)
・ルンバ870 (発売日:2014年3月)

700モデル

・ルンバ780 (発売日:2011年10月)
・ルンバ770 (発売日:2011年10月)
・ルンバ760 (発売日:2011年10月)

600モデル

・ルンバ691 (発売日:2018年2月)
・ルンバ690 (発売日:2017年8月)
・ルンバ680 (発売日:2016年9月)
・ルンバ654 (発売日:2015年10月)
・ルンバ643 (発売日:2018年8月)
・ルンバ642 (発売日:2018年2月)
・ルンバ641 (発売日:2017年11月)
・ルンバ622 (発売日:2014年9月)

500モデル

・ルンバ537J (発売日:2012年)
・ルンバ527J (発売日:2012年)

 

ECOVACS DEEBOT(エコバックス ディーボット)
DEEBOT

・OZMO SLIM15 (発売日:2018年12月)
・OZMO Slim11 (発売日:2018年12月)
・OZMO Slim10 (発売日:2018年10月)
・901 (発売日:2018年9月)
・900 (発売日:2018年6月)
・SLIM2
・N79T (Amazon限定、発売日2018年6月)
・OZMO 930 (発売日:2018年4月)
・OZMO 610 (発売日:2018年4月)
・M88 (発売日:2017年2月)
・R98 (発売日:2017年6月)
・M81Pro (発売日2017年)
・MINI2 (発売日:2017年11月)
・N79 (発売日2017年)
・N78 (発売日2017年)
・M85 (発売日:2016年3月)
・R95 (発売日:2016年11月)
・MINI (発売日:2016年 9月)
・SLIM DA60 (発売日2016年)
・DM82 (発売日:2016年5月)
・D79 (発売日:2014年7月)
・35 (発売日2014年)
・83
・M80 Pro

 

DEEBOTとルンバの違いは何?

 

違いは、11

 

  • 運転時間
  • 自動再開・自動充電
  • 吸引力
  • 水拭き
  • 家具にぶつからない機能
  • スマートフォン
  • 掃除エリア指定(バーチャルウォール)
  • 排気フィルター
  • 段差を超える性能
  • ダストボックス容量
  • サイズ

 

 

目次

・ルンバとDEEBOTの運転時間を比較
・自動再開があるルンバとDEEBOTは紹介
・ルンバとDEEBOTの吸引力を比較
・水拭き・乾拭きが出来る機種を紹介
・ルンバとDEEBOTの家具を検知するセンサーを比較
・スマートフォン操作が出来る機種を紹介
・ルンバとDEEBOTの掃除エリア設定を比較
・ルンバとDEEBOTの排気フィルターを比較
・ルンバとDEEBOTの越えられる段差の高さを比較
・ルンバとDEEBOTのダストボックス容量を比較
・ルンバとDEEBOTの本体サイズを比較

 

1つ1つ説明していきます

 

運転時間が違う

 

ルンバとECOVACSDEEBOTの運転時間を比較している電気屋の店員

 

ルンバとDEEBOT(ディーボット)では運転時間が違います

 

部屋数が多い、掃除する面積が広い場合は運転時間が長い機種がオススメ

 

ルンバシリーズ
ルンバ 運転時間 充電時間
e5 90分 3時間
980 120分 3時間
961 75分 3時間
960 75分 3時間
891 60分 3時間
890 60分 3時間
885 60分 3時間
880 60分 3時間
876 60分 3時間
875Lite 60分 3時間
871 60分 3時間
870 60分 3時間
780 60分 3時間
770 60分 3時間
760 60分 3時間
691 60分 3時間
690 60分 3時間
680 60分 3時間
654 60分 3時間
643 60分 3時間
642 60分 3時間
641 60分 3時間
622 60分 3時間
537J 60分 3時間
527J 60分 3時間

 

ECOVACS DEEBOT(エコバックス ディーボット)
機種名 運転時間 充電時間
OZMO SLIM15 100分 4時間
OZMO Slim11 100分 4時間
OZMO Slim10 100分 4時間
DEEBOT 901 100分 4時間
DEEBOT 900 100分 4時間
SLIM 2 110分 3時間~4時間
N79T 120分 3時間~4時間
OZMO 930 110分 3時間~4時間
OZMO 610 110分 3時間~4時間
M88 90分 4時間~5時間
R98 90分 4時間
R95 90分 4時間
M81Pro 110分 4時間
M85 90分 4時間~5時間
MINI2 90分 4時間
MINI 90分 4時間
SLIM DA60 90分 4時間
DM82 150分 4時間~5時間
83 120分 3時間~4時間
M80 Pro 110分 3時間~4時間
D79 120分 4時間~5時間
35 90分 4時間
N79 100分 3時間~4時間
N78 110分 3時間~4時間

 

比較すると機種によって運転時間が違いますが、平均で60分~100分が多いですね

 

普通の広さの家であれば、1時間もあれば掃除が終わります

 

ただ、ゴミが多かったり、念入りに掃除させたい場合は100分~120分の機種を選んだ方がいいでしょう

 

バッテリーの種類が違います

 

ルンバとDEEBOT(ディーボット)では使われている、バッテリーの種類が違う

 

バッテリーの種類が違うと、劣化(寿命)の長さが違うので要チェック!

 

使われているバッテリーは、2つ

 

リチウムイオン電池

・長く使ってもバッテリーの劣化が少ないので寿命が長い
・自然放電が少ないのでバッテリーの残量が減りにくい

ニッケル水素電池

・バッテリーの劣化するスピードが、リチウムイオンに比べて早い
・自然放電する割合が大きいので、使ってないのに残量が大きく減る

 

比較すると、リチウムイオン電池の方が寿命が長いので長く使えます

 

ニッケル水素電池はリチウム電池に比べると劣化するスピードが早いので、約2年前後でフル充電しても運転時間が短くなる・・・・

 

バッテリーは自分で交換できる

 

ルンバとDEEBOT(ディーボット)はバッテリーが劣化してきたら自分で交換できるので長く使えるのがメリット

 

内蔵型だとメーカーに送る手間・工賃費用がかかりますが、自分で交換できればバッテリー費用だけでOK

 

バッテリーはアマゾン・楽天などに売っていますので、買った時と比べて運転時間が短くなったら交換してください

 

交換も慣れれば簡単にできます、やり方は動画で見てください

 

ルンバのバッテリー交換

 

DEEBOTのバッテリー交換

動画を探しましたがありませんでした

 

説明書を見ると、裏側のネジを外せばバッテリーが交換できます

 

苦手な人は、ネジを外したりするのが怖いと感じるかもしれませんが慣れれば簡単に交換できます

 

ルンバシリーズ
ルンバ 自分でバッテリー交換 バッテリー種類
e5 出来る リチウムイオン電池
980 出来る リチウムイオン電池
961 出来る リチウムイオン電池
960 出来る リチウムイオン電池
891 出来る リチウムイオン電池
890 出来る リチウムイオン電池
885 出来る リチウムイオン電池
880 出来る ニッケル水素電池
876 出来る リチウムイオン電池
875Lite 出来る リチウムイオン電池
871 出来る ニッケル水素電池
870 出来る ニッケル水素電池
780 出来る ニッケル水素電池
770 出来る ニッケル水素電池
760 出来る ニッケル水素電池
691 出来る リチウムイオン電池
690 出来る リチウムイオン電池
680 出来る リチウムイオン電池
654 出来る ニッケル水素電池
643 出来る リチウムイオン電池
642 出来る リチウムイオン電池
641 出来る リチウムイオン電池
622 出来る ニッケル水素電池
537J 出来る ニッケル水素電池
527J 出来る ニッケル水素電池

 

ECOVACS DEEBOT(エコバックス ディーボット)
機種名 バッテリーの種類 自分でバッテリー交換
OZMO SLIM15 リチウムイオン電池 交換できます
OZMO Slim11 リチウムイオン電池 交換できます
OZMO Slim10 リチウムイオン電池 交換できます
DEEBOT 901 ニッケル水素電池 交換できます
DEEBOT 900 ニッケル水素電池 交換できます
SLIM 2 リチウムイオン電池 交換できます
N79T リチウムイオン電池 交換できます
OZMO 930 リチウムイオン電池 交換できます
OZMO 610 リチウムイオン電池 交換できます
M88 ニッケル水素電池 交換できます
R98 リチウムイオン電池 交換できます
R95 リチウムイオン電池 交換できます
M81Pro ニッケル水素電池 交換できます
M85 リチウムイオン電池 交換できます
MINI2 ニッケル水素電池 交換できます
MINI ニッケル水素電池 交換できます
SLIM DA60 リチウムイオン電池 交換できます
DM82 リチウムイオン電池 交換できます
83 ニッケル水素電池 交換できます
M80 Pro ニッケル水素電池 交換できます
D79 ニッケル水素電池 交換できます
35 ニッケル水素電池 交換できます
N79 リチウムイオン電池 交換できます
N78 不明 不明

 

比較すると、機種によってリチウムイオン電池とニッケル水素電池の2つが使われてますね

 

バッテリー寿命が長いのは「リチウムイオン電池」になりますが、そのぶん本体の値段が若干高くなる

 

そのため、値段と相談して選ぶ方法もいいでしょう

 

バッテリーは自分で交換できますから、そこは割り切るのも良いかもしれません

 

選ぶ時の参考にしてください

 

値段が安い、ルンバとDEEBOTはコチラ

 

自動再開・自動充電

 

ルンバとECOVACSDEEBOTの自動再開を説明している電気屋の店員

 

ルンバとDEEBOT(ディーボット)は「自動再開」の機能があり

 

自動再開の機能がある事で、掃除の途中でバッテリーが無くなっても最後まで掃除をやり遂げます!

 

自動再開の流れ
  1. 掃除開始
  2. 掃除の途中でバッテリーの残量が少なくなると、自動で充電台に戻り充電
  3. 充電が終わると、掃除を中断した場所に戻り掃除を再開

 

つまり、自動再開があれば「あなたの手間が非常に少くなる」

 

やる事は、溜まったゴミを捨てるだけになるでしょうね

 

だって自動再開があれば、自分で充電して掃除を再開、掃除が終わったら充電台に戻るんですから

 

ルンバとECOVACS DEEBOT(エコバックス ディーボット)の自動再開機能の説明

 

自動再開がある

自動再開があれば掃除の途中でバッテリーが切れたらどうしよう・・・という心配がいらない

 

自分で充電して、掃除を中断した場所に戻り掃除を再開するのでロボット掃除機のバッテリーを気にする必要は無い

自動再開が無い

自動再開が無いと、あたながルンバを持って掃除を中断した場所に移動させなければならない

 

しかも、どこまで掃除したかわからないと同じ所を2度も掃除させる事になり効率が悪い

 

自動再開の機能があれば、部屋数が多くても、部屋が広くても最後までゴミを綺麗にします

 

自動再開が無いと、バッテリーが切れた所で掃除は終了です

 

例えば、A、B、Cの部屋があってBの部屋でバッテリーが切れたら、Cの部屋だけゴミが綺麗にならない

 

そのため、部屋数が多い人は自動再開がある機種を選んでください

 

1部屋、2部屋ぐらいな自動再開が無くても大丈夫

 

自動再開 自動で充電して、充電が終わったら中断した所に戻り掃除を再開する
自動充電 バッテリーが減ったら自動で充電台に戻り充電する

 

ルンバシリーズ
ルンバ 自動再開 自動充電
e5 無い ある
980 ある ある
961 ある ある
960 ある ある
891 無い ある
890 無い ある
885 無い ある
880 無い ある
876 無い ある
875Lite 無い ある
871 無い ある
870 無い ある
780 無い ある
770 無い ある
760 無い ある
691 無い ある
690 無い ある
680 無い ある
654 無い ある
643 無い ある
642 無い ある
641 無い ある
622 無い ある
537J 無い ある
527J 無い ある

 

ECOVACS DEEBOT(エコバックス ディーボット)
DEEBOT 自動再開 自動充電
OZMO SLIM15 無い ある
OZMO Slim11 無い ある
OZMO Slim10 無い ある
DEEBOT 901 ある ある
DEEBOT 900 ある ある
SLIM 2 無し ある
N79T 無し ある
OZMO 930 無し ある
OZMO 610 無し ある
M88 無し ある
R98 ある ある
R95 ある ある
M81Pro 無し ある
M85 無し ある
MINI2 無し ある
MINI 無し ある
SLIM DA60 無し ある
DM82 無し ある
83 無し ある
M80 Pro 無し ある
D79 無し ある
35 無し ある
N79 無し ある
N78 無し ある

 

比較すると、自動再開がある機種は限られていますね

 

ルンバとDEEBOTの上位機種にしか自動再開の機能は付いてきません

 

そのぶん、値段も高くなりますが、自動再開があれば運転時間を気にする必要が無いのが最大のメリット

 

ただ、1部屋~2部屋ぐらいであれば自動再開が無くても大丈夫

 

3部屋以上だと、自動再開があった方が良いでしょうね

 

選ぶ時の参考にしてください

 

値段が安い、ルンバとDEEBOTはコチラ

 

吸引力が強いのはどっち?

 

ルンバとECOVACSDEEBOTの吸引力の強さを比較している電気屋の店員

 

ルンバとDEEBOT(ディーボット)では吸引力が違います

 

吸引力が高い方が、じゅうたん・カーペットの奥のハウスダストも綺麗に吸い込みます

 

ルンバの構造

 

ルンバの掃除機能

 

ルンバの裏側 特徴

ルンバ980の掃除構造

・サイドブラシの数:1個

 

・ルンバ980はハイパワーモーターG3が搭載され700・600モデルに比べ吸引力が10倍!

 

・ルンバ980はカーペットブーストが搭載され、じゅうたんの上では古いモデルに比べて吸引力が10倍!

 

・特許を取得しているエアロフォースクリーニングシステムを搭載し、内部に真空状態を作り出し、ゴミを逃さず吸い込む

 

DEEBOT

 

ECOVACS DEEBOTの掃除機能

 

DEEBOT 特徴

DEEBOT R98の掃除機能

・サイドブラシが2個

 

・水拭き・乾拭きが出来る
(赤い丸の部分)

 

・回転ブラシを付けたり、外した状態でも掃除できる

 

DEEBOT(ディーボット)は「掃除機能を変化」させる事ができるので簡単に説明します

 

回転ブラシの切り替えが出来る

 

DEEBOTの機種の中には回転ブラシを外したり・付けたり出来る機種があります

 

下の画像を見てください

 

ECOVACS DEEBOTロボット掃除機のメインブラシを取り付けたり外したりできる

 

ECOVACS DEEBOTロボット掃除機のメインブラシを取り付けたり外したりできる部品

 

掃除する状況に合わせて、メインブラシを取り付けたり・外したりできる機種があるんですよ

 

そして、回転ブラシを外した状態でも、掃除する事ができます

 

そのため、掃除したい床の状況に合わせてブラシの付け替えが出来るのが最大の魅力

 

  • フローリング・畳のゴミを掃除する時は、回転ブラシを外す事で傷が付くのを防ぐ
  • じゅうたん・カーペットを掃除する時は、回転ブラシを付けて髪の毛・ペットの毛を絡め取る

 

このように使い分けるといいでしょう

 

回転ブラシが無くても綺麗になる?

 

ここで気になるのが、回転ブラシが無くても大丈夫なの?という事でしょう

 

フローリング・畳であれば問題なくゴミを吸い込んでくれますよ

 

実際に動画で見てください

 

回転ブラシが無い機種

 

床の小麦粉を、吸い込みながら、拭き掃除もするので1発で綺麗にできますね

 

DEEBOTは「吸い込み」「拭き掃除」を同時にするのでより綺麗!

 

また、回転ブラシが無いので、床・畳を傷つける事なく掃除できるのもメリット

 

ルンバは回転ブラシの付け替えは出来ません

 

水拭き・乾拭きも出来る

 

DEEBOTは床の水拭き・乾拭きも同時に出来ます!

 

ECOVACS DEEBOTロボット掃除機で水拭きが出来る機種

 

赤い丸で囲った部分で、水拭き・乾拭きをするので吸い込み掃除だけでは綺麗に出来なかった「こびり付き」も綺麗に落とせます

 

青い部分 水拭きシート
白い部分 乾拭きシート

 

水拭きをする場合は専用のタンクに適量の水を注水すると、シートに水分が染み込んで水拭きができます

 

白いシートの部分は、乾拭き用ですね

 

水拭きした後に乾拭きをするので、床が湿らないのでサラッとした仕上がりになりますよ

 

実際に動画で見てください

 

水拭き掃除

 

最初は、シート無しで普通にゴミを吸い込んで掃除しますが、床に張り付いたような粉は完全に吸い込めない

 

今度は、水拭きシートを装着して掃除させると、1発で粉が綺麗になるのがわかりますね

 

フローリングの場合は、拭き掃除の方が綺麗になる!

 

髪の毛などは、吸い込み掃除の方が良いんですが、ホコリ等が床にこびり付いている時は拭き掃除の方が良いですよ

 

DEEBOTは「吸い込み掃除・水拭きを同時にしてくれます」

 

そのため、フローリング・畳の掃除はルンバよりDEEBOTの方が綺麗になるのでオススメ!

 

DEEBOTは吸い込みと水拭きを同時にする

 

吸い込み掃除と水拭き掃除を同時に出来るのは、DEEBOTだけですね

 

他のロボット掃除機で中国製の「ILIFE(アイライフ)」も水拭きが出来ますが、吸い込み掃除が同時に出来ません

 

そのため、吸い込み掃除と水拭きをする時に取り替える手間がありました

 

しかし、DEEBOT(ディーボット)は水拭き・吸い込みを同時に出来るので切り替える手間が無い!

 

これは大きな特徴ですね

 

ルンバは水拭き・乾拭きは出来ません

 

どっちを選べば良いの?

 

選ぶには2つの特徴・機能を知る必要があります

 

今から、ルンバとDEEBOT(ディーボット)の吸引力の機能を比較していきます

 

  • サイドブラシの数
  • エアロフォースクリーニングシステム
  • MAXモード・ハイパワーモーターG3・カーペットブースト
  • 回転ブラシが無い機種がある

 

1つ1つ説明していきます

 

サイドブラシの数が違う

 

DEEBOTとルンバでは、サイドブラシの数が違います

 

サイドブラシとは、クルクル回るブラシの事で、このブラシでゴミを集めます

 

サイドブラシ

 

赤い丸の部分が「サイドブラシ」になります、この数がDEEBOTとルンバでは違う

 

DEEBOT サイドブラシが2個
ルンバ サイドブラシが1個

 

DEEBOT ルンバ

DEEBOTの裏側

ルンバの裏側

 

画像のように、DEEBOTはサイドブラシが2個、ルンバは1個しか付いていません

 

サイドブラシの数が多いと、どうなるの?

 

サイドブラシが左右についているDEEBOTの方が、一度に多くのゴミを集める事ができます

 

ルンバは片方にしか付いていないので、反対側のゴミを集める事ができず、掃除の時間が長くなる傾向がありますね

 

サイドブラシ1個 反対側のゴミを集める事で出来ないので、掃除が終わるのが少し遅くなる
サイドブラシ2個 左右のゴミを一緒に集めるので効率よく掃除が出来る

 

サイドブラシが2個の方が効率性が高いのですが、逆に言うと、サイドブラシによって「細かいホコリ」を吹き飛ばす事がある

 

重さがあるゴミなら集められますが、軽いゴミだとサイドブラシの回転で飛んだり、空気中に舞い上がってしまう

 

この辺をどう考えるか?ですよね

 

見えないようなゴミは気にしないなら、サイドブラシ2個付きのDEEBOT

 

効率性とゴミの拡散のバランスを重視するなら、ルンバ

 

このように選んでもいいでしょう

 

エアロフォースクリーニングシステムがある

 

DEEBOT(ディーボット)とルンバでは、ゴミを吸い込む仕組みが違います

 

DEEBOT 回転ブラシでゴミを掻き出し、吸引モーターで吸い込む一般的な仕組み
ルンバ 特許を取得した、2つの回転ブラシにより真空状態を作り出しゴミを逃さず吸い込む仕組み

 

このように、ゴミを吸い込む仕組みが違います

 

DEEBOTは、回転ブラシで床のゴミを掻き出し、吸引モーターで吸い込むという一般的な仕組み

 

ルンバは2つの回転ブラシによって内部に真空状態を作り出し、ゴミを逃さず吸い込む事が可能

 

DEEBOTとルンバの吸引口のサイズを比較している画像

 

赤く囲った部分を見るとわかりますが、ルンバは回転ブラシが2つ付いてますよね?

 

独特の形の2つのブラシが同時に回転する事で、ルンバ内部に真空状態が生まれる

 

真空状態ではゴミが空気中に舞い上がらないので、ゴミを効率よく吸い込む!

 

実際に動画で見てください

 

真空状態でドローンは飛ぶのか?

 

真空状態の中では、ドローンが飛びません

 

AeroForceクリーニングシステムは真空状態を作り出し、ゴミを横に逃さず確実に吸い込む

 

AeroForceクリーニングシステムはルンバが特許を取得しているので、他社は真似する事ができない

 

これが、ルンバの最大の特徴といえるでしょう

 

ルンバ AeroForceクリーニングシステムで真空状態を作り出すので、細かいハウスダストも確実に吸い込む
DEEBOT

他のロボット掃除機と同じなので、細かいハウスダストは取り残しが出る

 

(目に見えるゴミは綺麗になるので安心してください)

 

実際に動画で見てください

 

ルンバの掃除

 

DEEBOTの掃除

 

動画を比較するとわかりますが「目に見えるゴミ」であれば2つとも綺麗に出来ます

 

目に見えないような細かいハウスダストだと、AeroForceクリーニングシステムがあるルンバの方が綺麗に出来るでしょうね

 

そのため、目に見えないハウスダストをどこまで綺麗にしたいか?によって選ぶしかないです

 

MAXモード・ハイパワーモーターG3・カーペットブースト

 

ルンバとDEEBOT(ディーボット)には「ハイパワーモーターG3」「カーペットブースト」「MAXモード」があります

 

ハイパワーモーターG3

ルンバには、ハイパワーモーターG3が搭載されており
古いモデルと比べて、吸引力が10倍になります

カーペットブースト

ルンバには、カーペットブーストが搭載されており
じゅうたん・カーペットの上で古いモデルと比べて、吸引力が10倍になります

MAXモード

DEEBOTには強モードがあり
通常モードよりも、吸引力がパワーアップ!

 

吸引力の機能を比較すると、ルンバの方が吸引力が強い

 

そのため、吸引力を重視して選びたい人はルンバがオススメ

 

注意

 

機種によって「ハイパワーモーターG3」「カーペットブースト」「MAXモード」が無いです

 

そのため、吸引機能を確認して選んでください

 

ルンバは、回転ブラシに髪の毛が絡まりにくい

 

ルンバとECOVACSDEEBOTの回転ブラシに髪の毛が絡む

 

ルンバに装着されている回転ブラシは「ゴム素材」なので髪の毛が絡まりにくいのが特徴です

 

DEEBOT ゴム素材と毛ブラシの回転ブラシ
ルンバ ゴム素材の回転ブラシ

 

文字ではイメージしにくいと思うので画像で紹介します

 

DEEBOT

DEEBOTの掃除ブラシの素材

 

ルンバ

ルンバ980の回転ブラシの素材

 

他のロボット掃除機のブラシ

ロボット掃除機の回転ブラシの素材

 

他のロボット掃除機のブラシは毛がフサフサして髪の毛・ゴミが絡まりやすい

 

しかし、ルンバの回転ブラシは「ゴム素材」なので、髪の毛・ゴミが絡まない!

 

髪の毛が長い女性、抜け毛が多いペットを飼っている人は、ゴム素材のブラシのメンテナンスが楽

 

DEEBOT(ディーボット)は、ゴム素材と毛ブラシの2つなので髪の毛が絡みやすい

 

ブラシのメンテナンスを考えると、ルンバでしょうね

 

DEEBOTは、ハンディ掃除機が付いている

 

DEEBOTには、ハンディ掃除機が付いてきます

 

ECOVACS DEEBOTロボット掃除機のハンディ掃除機が付いてくる

 

DEEBOT ハンディ掃除機が付いてくる機種がある
ルンバ ハンディ掃除機は付いて無い

 

さらに凄いのが

 

ハンディ掃除機はロボット掃除機に溜まったゴミを綺麗に吸い込んでくれるので、ロボット掃除機のゴミを捨てる必要は無い

 

ECOVACS DEEBOTロボット掃除機のハンディ掃除機がロボット掃除機のゴミを自動で吸い込む

 

赤い矢印の部分がハンディ掃除機になります

 

この部分がロボット掃除機に溜まったゴミを吸い込んでくれるので、ロボット掃除機のゴミは捨てる手間がなくなります

 

ロボット掃除機とハンディ掃除機のゴミ容量を比べてみましょう

 

DEEBOT 本体のゴミ容量:0.4L
ハンディ掃除機 本体のゴミ容量:0.45L

 

それほど容量に関しては変わりないですね

 

さらに、取り外して使えば、ハンディ掃除機として色々な場所が掃除できるという仕組み

 

実際に動画で見てください

 

ハンディ掃除機も使える

 

動画を見るとわかりますが、ハンディ掃除機としても使えますし、そのハンディ掃除機がロボット掃除機に溜まったゴミまで綺麗にしてくれる

 

よく考えられた仕組みだと驚きました!

 

そのため、ハンディ掃除機を持っていない人にオススメですね

 

ただ、ハンディ掃除機がいらない人もいると思いますので、その場合は付いてこない機種を選びましょう

 

以上が、ルンバとDEEBOTの掃除の特徴でした

 

ルンバシリーズ
ルンバ 吸引力の機能
e5

・AeroForce三段階クリーニングシステム
・ハイパワーモーター

 

(名前が若干変わっていますが、ルンバ800モデルと同じです)

980

・AeroForceクリーニングシステム
ハイパワーモーターG3
(古い機種に比べて吸引力が10倍強い)

 

カーペットブースト
(カーペットの上では吸引力が10倍になります)

 

961

・AeroForceクリーニングシステム
・ハイパワーモーター

960

・AeroForceクリーニングシステム
・ハイパワーモーター

891

・AeroForceクリーニングシステム
・ハイパワーモーター

890

・AeroForceクリーニングシステム
・ハイパワーモーター

885

・AeroForceクリーニングシステム
・ハイパワーモーター

880

・AeroForceクリーニングシステム
・ハイパワーモーター

876

・AeroForceクリーニングシステム
・ハイパワーモーター

875Lite

・AeroForceクリーニングシステム
・ハイパワーモーター

871

・AeroForceクリーニングシステム
・ハイパワーモーター

870

・AeroForceクリーニングシステム
・ハイパワーモーター

780 ・3段階クリーニングシステム
770 ・3段階クリーニングシステム
760 ・3段階クリーニングシステム
691 ・3段階クリーニングシステム
690 ・3段階クリーニングシステム
680 ・3段階クリーニングシステム
654 ・3段階クリーニングシステム
643 ・3段階クリーニングシステム
642 ・3段階クリーニングシステム
641 ・3段階クリーニングシステム
622 ・3段階クリーニングシステム
537J ・3段階クリーニングシステム
527J ・3段階クリーニングシステム

 

機種によって、掃除力(仕組み)が違います

 

ここで詳しく書くと長くなるので別ページに書きましたので知りたい人は読んでください

 

ルンバの吸引システムの説明はコチラをクリック

 

 

ECOVACS DEEBOT(エコバックス ディーボット)
DEEBOT 回転ブラシ ブラシの切り替え
OZMO SLIM15 無し

 

「強モードがある」
「水拭きが出来る」

切り替えが出来ない
OZMO Slim11 無し

 

「強モードがある」
「水拭きが出来る」

切り替えが出来ない
OZMO Slim10 無し

 

「強モードがある」
「水拭きが出来る」

切り替えが出来ない
DEEBOT 901 回転ブラシ有り

 

「強モードがある」

ブラシの切り替えが出来る
DEEBOT 900 回転ブラシ有り

 

「強モードがある」

ブラシの切り替えが出来る
SLIM 2 無し

 

「乾拭きが出来る」

切り替えが出来ない
N79T 回転ブラシ有り

 

「強モードがある」

切り替えが出来ない
OZMO 930 回転ブラシ有り

 

「強モードがある」
「水拭きが出来る」

ブラシの切り替えが出来る
OZMO 610 回転ブラシ有り

 

「強モードがある」
「水拭きが出来る」

ブラシの切り替えが出来る
M88 回転ブラシ有り

 

「強モードがある」
「水拭き・乾拭きが出来る」

ブラシの切り替えが出来る
R98 回転ブラシ有り

 

「ハンディ掃除機が付いてくる」
「水拭き・乾拭きが出来る」

切り替えが出来ない
R95 回転ブラシ有り

 

「水拭き・乾拭きが出来る」

ブラシの切り替えが出来る
M81Pro 回転ブラシ有り

 

「水拭き・乾拭きが出来る」

ブラシの切り替えが出来る
M85 回転ブラシ有り

 

「水拭き・乾拭きが出来る」

ブラシの切り替えが出来る
MINI2 無し

 

「乾拭きが出来る」

切り替え出来ない
MINI 無し

 

「乾拭きが出来る」

切り替え出来ない
SLIM DA60 無し

 

「乾拭きが出来る」

切り替え出来ない
DM82 回転ブラシ有り

 

「水拭きが出来る」

切り替え出来ない
83 回転ブラシ有り

 

「乾拭きが出来る」

ブラシの切り替えが出来る
M80 Pro 回転ブラシ有り

 

「強モードがある」
「水拭き・乾拭きが出来る」

切り替え出来ない
D79 回転ブラシ有り

 

「ハンディ掃除機が付いてくる」

切り替え出来ない
35 無し 切り替え出来ない
N79 回転ブラシ有り 切り替え出来ない
N78 無し 切り替え出来ない

 

比較すると、機種によって掃除機能が違いますね

 

そのためしっかりと確認してから選ぶようにしてくださいね

 

DEEBOT(ディーボット)の「水拭き・乾拭き機能」をさらに詳しく紹介します

 

水拭き・乾拭きが出来る

 

ルンバとECOVACSDEEBOTの水拭きと乾拭きが出来る機種を紹介している電気屋の店員

 

DEEBOT(ディーボット)のロボット掃除機には水拭きできる機種があります

 

ECOVACS DEEBOTロボット掃除機で水拭きが出来る機種

 

赤い丸で囲った部分で、水拭き・乾拭きをしてくれます

 

青い部分 水拭きシート
白い部分 乾拭きシート

 

専用のタンクに水を入れるとそこから水がシートに染み込んで水拭き、白いシートで乾拭きが出来ます

 

実際に動画で見てください

 

水拭き掃除

 

水拭きが出来る方が、床の汚れを綺麗にしているのがわかりますね

 

特に、粉状のゴミを掃除する時は水拭き出来る機種の方が良いでしょう

 

最新機種は、水拭き機能がパワーアップ!

 

「OZMO」と書かれている機種は水拭きの時のパットに染み込ませる水の量をスマートフォンで調節できます

 

そのため、汚れが酷い時は水量を多くすると落ちやすくなりますね

 

逆に汚れが少ない場合は水量を少なくすれば、拭き掃除が終わった時に床が水でベチャベチャしません

 

床の汚れ具合によって水拭きの水量を調節する事が出来るのでより便利!

 

ポイント

 

OZMO 930はさらに進化して、水拭きモードの時はじゅうたん・カーペットに登らないようになります

 

じゅうたん・カーペットを検知して登らないので、じゅうたんが濡れる心配はありません

 

ルンバには水拭き・乾拭きする機能は無い

 

DEEBOT(ディーボット)
OZMO SLIM15 ・水拭き

 

(スマートフォンで水量を調節できる)

OZMO Slim11 ・水拭き

 

(スマートフォンで水量を調節できる)

OZMO Slim10 ・水拭き

 

(スマートフォンで水量を調節できる)

DEEBOT 901 ・2つとも無い
DEEBOT 900 ・2つとも無し
SLIM 2 ・乾拭き
N79T ・2つとも無し
OZMO 930 ・水拭き

 

(スマートフォンで水量を調節できる)
(水拭きモードの時はじゅうたんを検知して上がらない)

OZMO 610 ・水拭き

 

(スマートフォンで水量を調節できる)

M88

・水拭き
・乾拭き

R98

・水拭き
・乾拭き

R95

・水拭き
・乾拭き

M81Pro

・水拭き
・乾拭き

M85

・水拭き
・乾拭き

MINI2 ・乾拭き
MINI ・乾拭き
SLIM DA60 ・乾拭き
DM82 ・水拭き
83 ・乾拭き
M80 Pro

・水拭き
・乾拭き

D79 ・2つとも無し
35 ・2つとも無し
N79 ・2つとも無し
N78 ・2つとも無し

 

機種によって、水拭きだけ、乾拭きだけという機種がありますね

 

乾拭きが無いというのはどういう事かと言うと

 

ECOVACS DEEBOTロボット掃除機で水拭きが出来る機種

 

赤い丸の所の「白い部分がパットに無い」んですよ

 

水拭き・乾拭きの2つがある機種は、水拭き用と乾拭き用の2つが付いているパットという事ですね

 

水拭きと乾拭きの選び方

 

水拭き・乾拭きのどっちの機種を選べばいいのか?迷っている人は以下に当てはまるかどうかで決めるといいです

 

  • 床の油汚れが気になる人は=水拭きできる機種
  • ペットの毛が気になる人は=乾拭きできる機種

 

このように選ぶといいでしょう

 

床の油汚れが気になる人は、水を入れるウオーターボックスに洗剤を少し入れる事で床の油もスッキリ!

 

ペットの毛が気になる人は乾拭きでも十分に毛を絡め取ってくれますよ

 

選ぶ時の参考にしてください

 

値段が安い、ルンバとDEEBOTはコチラ

 

家具にぶつからない機能

 

ルンバとECOVACSDEEBOTの家具に当たらない障害物センサーを比較している電気屋の店員

 

ルンバとDEEBOT(ディーボット)では、障害物を検知する「センサー、カメラ」が違います

 

障害物を検知するセンサーやカメラの性能が高ければ、家具に当たる回数は減ります

 

そのため、家具や家電に当たるのが嫌な人はセンサー機能は重要!

 

ルンバ

 

ルンバのセンサー機能

 

iAdaptR

ビジュアルローカリゼーション

本体カメラによって部屋の間取り・家具の位置を把握して移動する
各種センサー 様々なセンサーが搭載されているので、ガラス・家具・電化製品に当たりにくい

 

ルンバには、高性能な障害物を見つける「カメラ」が搭載されています

 

このカメラの名前は「iAdaptR(アイアダプト)ビジュアルローカリゼーション」

 

カメラによって障害物を認識し、当たる回数を少くできる

 

ルンバシリーズにある本体カメラ

 

ルンバシリーズにある本体カメラがある事で部屋の空間認識能力が高くなる

 

家具に近づく前に検知して、ぶつかりにくくなるのが最大の特徴

 

実際に動画で見てください

 

iAdaptR(アイアダプト)ビジュアルローカリゼーション

 

空間をカメラで認識できるので、移動もスムーズになります

 

カメラの他にもセンサーが搭載されているので、ガラスなどに当たる回数は減るでしょう

 

カメラがあるとどのくらい違うの?

 

では、本体カメラ(iAdaptR(アイアダプト)ビジュアルローカリゼーション)がある機種と無い機種ではどの程度の違いがあるのか?

 

違いを見てみましょう

 

ルンバ980 iAdaptR(アイアダプト)ビジュアルローカリゼーション
ルンバ595 無い(センサーだけ)

 

本体カメラがある980、カメラが無い595の違い

 

iAdaptR(アイアダプト)ビジュアルローカリゼーションがあるルンバ980の方が、移動がスムーズ

 

本体カメラがないルンバ595は、ランダムに動いているだけなので、掃除漏れが発生してしまう

 

そのため、効率良く掃除できるのは、ルンバ980の方ですね

 

しかし、本体カメラがあるルンバ980も家具・ぬいぐるみに当たりますので、全然当たらないという事では無いですね

 

ただ、本体カメラがあるので部屋の中の移動は滑らに移動して掃除してくれます

 

DEEBOT(ディーボット)

 

ECOVACS DEEBOTの障害物検知センサー

 

各種センサー 家具・壁を検知してぶつかりにくくする

 

「カメラは無い」

部屋のマッピング レーザースキャンで部屋の場取り・家具の位置を把握して移動する

 

メーカーサイトを調べましたが、DEEBOTのセンサーの名前は書かれていませんでした

 

そのため、どんなセンサーを使っているか不明

 

実際に動画で見てみましょう

 

椅子の周りを掃除している

 

早送りの動画なのでスピードが早いですが、これよりも遅く移動しますので安心してください

 

センサー感度に関しては、椅子の足には当たりますね

 

ただ、壁・部屋のドアはセンサーが感知して当たらない

 

椅子の足は細いのでセンサーが感知しにくいので、ぶつかるのはしょうがないです

 

DEEBOTはレーザースキャンで部屋の間取りを把握して掃除する

 

DEEBOTには「カメラが無い」のですが、高性能レーザースキャンが搭載されているので部屋の間取りを記憶しながら移動するのでスムーズ

 

同じ場所を何度も掃除しないので、効率よく動けます

 

DEEBOTがレーザースキャンで部屋の間取りをマッピング

 

レーザースキャンで記憶した部屋の間取りは、スマートフォンで確認できます

 

しかも、リアルタイムでスマートフォンでDEEBOTが移動している様子も見る事ができる

 

実際に動画で見てみましょう

 

スマートフォンで確認

 

スマートフォンでDEEBOTが移動しているのがわかりますね

 

掃除した場所は白くなるので、どの部分を掃除したのかがわかりやすい

 

部屋の間取りを記録できるので、移動は滑らか

 

ルンバも「本体カメラがある機種」は部屋の間取りを記録できるので移動が滑らかです

 

どっちが家具に当たらない?

 

ECOVACS DEEBOTとルンバはどっちが家具に当たらないのか?

 

部屋の移動は、ルンバもDEEBOTも同じくらいスムーズに動きます

 

家具に当たる回数については、ルンバの方が少ないでしょうね

 

なぜなら、ルンバはカメラの映像も解析しながら動くので家具に当たりにくい

 

DEEBOTはカメラが無いので、センサー等で検知しながら動くのでセンサーが感知しにくい場合は当たります

 

車に例えてみましょう

 

  • ルンバは自動ブレーキと人間の目がある
  • DEEBOTは自動ブレーキだけ

 

こうして比較するとわかりやすいと思います

 

そのため、家具に当たる回数で言えば、ルンバの方が少ないといえますね

 

ルンバシリーズ

iAdapt®
ビジュアルローカリゼーション

・本体カメラがある
・センサーがある

 

(カメラがあるので移動がスムーズです)

iAdapt®(アイアダプト)

・本体カメラが無い
・センサーがある

 

(カメラが無いので動きがランダムで、掃除モレが発生しやすい)

 

ルンバ 家具検知システム
e5 iAdapt®(アイアダプト)
980 iAdapt®(アイアダプト)ビジュアルローカリゼーション

 

(本体カメラがあります)

961 iAdapt®(アイアダプト)ビジュアルローカリゼーション

 

(本体カメラがあります)

960 iAdapt®(アイアダプト)ビジュアルローカリゼーション

 

(本体カメラがあります)

891 iAdapt®(アイアダプト)
890 iAdapt®(アイアダプト)
885 iAdapt®(アイアダプト)
880 iAdapt®(アイアダプト)
876 iAdapt®(アイアダプト)
875Lite iAdapt®(アイアダプト)
871 iAdapt®(アイアダプト)
870 iAdapt®(アイアダプト)
780 iAdapt®(アイアダプト)
770 iAdapt®(アイアダプト)
760 iAdapt®(アイアダプト)
691 iAdapt®(アイアダプト)
690 iAdapt®(アイアダプト)
680 iAdapt®(アイアダプト)
654 iAdapt®(アイアダプト)
643 iAdapt®(アイアダプト)
642 iAdapt®(アイアダプト)
641 iAdapt®(アイアダプト)
622 iAdapt®(アイアダプト)
537J iAdapt®(アイアダプト)
527J iAdapt®(アイアダプト)

 

ECOVACS DEEBOT(エコバックス ディーボット)
OZMO SLIM15 衝突防止センサー
OZMO Slim11 衝突防止センサー
OZMO Slim10 衝突防止センサー
DEEBOT 901

衝突防止センサー
レーザースキャン

DEEBOT 900

衝突防止センサー
レーザースキャン

SLIM 2 衝突防止センサー
N79T 衝突防止センサー
OZMO 930

衝突防止センサー
レーザースキャン

OZMO 610

衝突防止センサー
レーザースキャン

M88 衝突防止センサー
R98

衝突防止センサー
レーザースキャン

R95

衝突防止センサー
レーザースキャン

M81Pro 衝突防止センサー
M85 衝突防止センサー
MINI2 衝突防止センサー
MINI 衝突防止センサー
SLIM DA60 衝突防止センサー
DM82 衝突防止センサー
83 衝突防止センサー
M80 Pro 衝突防止センサー
D79 衝突防止センサー
35 衝突防止センサー
N79 衝突防止センサー
N78 衝突防止センサー

 

比較すると機種によって、センサーの種類が違いますね

 

家具に当たる回数が少ないロボット掃除機を選びたい場合は以下の機種がオススメ

 

ルンバ 本体カメラがあるルンバ
DEEBOT レーザースキャンがあるDEEBOT

 

上記の機種であれば、家具に当たりにくく移動もスムーズですよ

 

選ぶ時の参考にしてください

 

値段が安い、ルンバとDEEBOTはコチラ

 

スマートフォン操作が出来る

 

ルンバとECOVACSDEEBOTのスマートフォン操作が出来る機種を紹介している電気屋の店員

 

ルンバとDEEBOT(ディーボット)は機種によってスマートフォン操作が出来ます

 

スマートフォン操作が出来る事で、外出先でもロボット掃除機を操作出来るので便利!

 

スマートフォン操作のメリット
スマートフォン操作

・友達が急に家に遊びに来る時に、スマートフォンで掃除させる事ができる

 

・仕事中、旅行中でも掃除した場所を確認できる

 

・設定を忘れても外から操作が出来る

 

ルンバ

 

ルンバのスマートフォン操作

 

ルンバのスマートフォン操作

 

スマートフォンで出来る操作一覧
電源のオン・オフ 外からルンバを操作できます
スケジュール設定 曜日・時間を設定すれば、その時刻に掃除を開始します
掃除モードの選択 ゴミの状況に合わせて掃除モードが変えられます
掃除した場所を見れる 部屋のどの場所を掃除したか確認できます

 

ルンバのスマートフォンで出来る操作が上記の通りです

 

特に便利なのが、掃除した場所を確認出来る事でしょう

 

ルンバが掃除した場所をスマートフォンで確認

 

画像のように、スマートフォンでルンバが部屋のどの部分を掃除したのかが確認できますよ

 

リモコン操作も出来る

 

ルンバはスマートフォン操作が出来ない機種は、リモコンが付いてくるので家の中なら操作可能

 

リモコンの機能

・離れた所から、ルンバを右左前に操作できる
・電源ON/OFFができる

 

ルンバをリモコン操作

 

DEEBOT(ディーボット)

 

ECOVACS DEEBOTはスマートフォン操作が出来る

 

DEEBOTのスマートフォン操作で動かしている

 

スマートフォンで出来る操作一覧
電源のオン・オフ 外からDEEBOT R98を操作できます
スケジュール設定 曜日・時間を設定すれば、その時刻に掃除を開始します
掃除モードの選択 ゴミの状況に合わせて掃除モードが変えられます
掃除した場所を見れる 部屋のどの場所を掃除したか確認できます
侵入禁止エリアを設定できる 指で画面を触るだけで、行動を制限できるバーチャルボーダーが使える

 

実際に動画で見てみましょう

 

スマートフォン画面

 

スマートフォンで色々な設定が簡単に出来ますね

 

DEEBOT(ディーボット)もリモコン操作が出来ます

 

ECOVACS DEEBOTロボット掃除機のリモコンがある機種

 

DEEBOTロボット掃除機にはリモコンがある機種があります

 

リモコンがある事で手元で、ロボット掃除機を操作する事ができるのであると便利ですよ

 

リモコンで操作できる機能
リモコン

・電源のオン・オフ
・ロボット掃除機の移動
・掃除モード
・充電させる

 

実際に動画で見てください

 

リモコン操作

 

スマートフォンが無くてもリモコンで操作が出来るので、椅子から立ち上がって電源を入れたりする必要が無いです

 

機種によって、ルンバもDEEBOTもスマートフォン・リモコンがありますので確認してください

 

予約機能があれば、スマートフォン操作がいらないかも?

 

DEEBOTとルンバには運転予約(スケジュール機能)があります

 

スケジュール機能の設定で、掃除する時間を設定すればその時刻に自動で掃除を開始してくれます

 

ただ、DEEBOTは機種によって「曜日」が設定できないのがあります

 

時間しか設定できないので、月~日まで同じ時間で掃除を開始します

 

曜日が設定出来る機種の方が使い勝手はいいですよ

 

例えば、平日は朝の8時から掃除、日曜日はゆっくり寝ていたいので11時から掃除というように設定できます

 

スケジュール設定があれば、外から操作しなくても決められた時間に掃除をしてくれるので、人によってはスマートフォン操作が無くても困らない

 

この点をよく考えてください

 

ルンバシリーズ
ルンバ スマートフォン操作 リモコン
e5 出来る 無い
980 出来る 無い
961 出来る 無い
960 出来る 無い
891 出来る 無い
890 出来る 無い
885 出来ない ある
880 出来ない ある
876 出来ない 無い
875Lite 出来ない 無い
871 出来ない ある
870 出来ない ある
780 出来ない ある
770 出来ない ある
760 出来ない ある
691 出来る 無い
690 出来る 無い
680 出来ない 無い
654 出来ない 無い
643 出来ない

 

(スケジュール機能が無い)

無い
642 出来ない

 

(スケジュール機能が無い)

無い
641 出来ない

 

(スケジュール機能が無い)

無い
622 出来ない

 

(スケジュール機能が無い)

ある
537J 出来ない

 

(スケジュール機能が無い)

ある
527J 出来ない

 

(スケジュール機能が無い)

ある

 

ECOVACS DEEBOT(エコバックス ディーボット)
機種名 リモコン有無 スマートフォン操作
OZMO SLIM15 ある

 

「スケジュールは時間・曜日」

出来る
OZMO Slim11 ある

 

「スケジュールは時間・曜日」

出来る
OZMO Slim10 ある

 

「スケジュールは時間・曜日」

出来る
DEEBOT 901 無い

 

「スケジュールは時間・曜日」

出来る
DEEBOT 900 無い

 

「スケジュールは時間・曜日」

出来る
SLIM 2 ある

 

「スケジュールは時間・曜日」

出来る
N79T ある

 

「スケジュールは時間・曜日」

出来る
OZMO 930 無い

 

「スケジュールは時間・曜日」

出来る
OZMO 610 ある

 

「スケジュールは時間・曜日」

出来る
M88 ある

 

「スケジュールは時間・曜日」

出来る
R98 無い

 

「スケジュールは時間・曜日」

出来る
R95 無い

 

「スケジュールは時間・曜日」

出来る
M81Pro 無い

 

「スケジュールは時間・曜日」

出来る
M85 ある

 

「スケジュールは時間・曜日」

出来ない
MINI2 ある

 

「スケジュールは時間だけ」

出来る
MINI ある

 

「スケジュールは時間だけ」

出来ない
SLIM DA60 ある

 

「スケジュールは時間だけ」

出来ない
DM82 ある

 

「スケジュールは時間だけ」

出来ない
83 ある

 

「スケジュールは時間・曜日」

出来る
M80 Pro ある

 

「スケジュールは時間・曜日」

出来る
D79 ある

 

「スケジュールは時間だけ」

出来ない
35 無い

 

「スケジュールは時間だけ」

出来ない
N79 ある

 

「スケジュールは不明」

出来る
N78 ある

 

「スケジュールは時間だけ」

出来ない

 

比較すると機種によって、スマートフォン、リモコン、スケジュール設定が違いますね

 

自分の生活スタイルを考えて選んでください

 

値段が安い、ルンバとDEEBOTはコチラ

 

掃除エリア指定(バーチャルウォール)

 

ルンバとECOVACSDEEBOTの掃除エリアを設定できる機種を紹介している電気屋の店員

 

ルンバとDEEBOT(ディーボット)には掃除エリアを設定出来る機能があります

 

掃除エリアを設定する事で、特定の部屋に入らない、大事な物がある所に近づかない等が使えます

 

ルンバ

 

ロボット掃除機ルンバの掃除エリア設定方法

 

機械の名前

機能

デュアルバーチャルウォール

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードがある

オートバーチャルウォール

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードが無い

お部屋ナビ

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードが無い
・3部屋案内機能がある

 

詳しく知りたい人はコチラをクリック

 

 

このように、ルンバの機種(機械)によって掃除エリア設定が違ってきます

 

バーチャルウォール

ロボット掃除機ルンバのバーチャルウォール

ドアの所に置く事で、部屋の中に入らないようにしてくれます

 

ヘイローモード

ロボット掃除機ルンバのヘイローモード

 

ペットの容器の所に置く事で、容器に当たらないようにしてくれます

 

実際に動画で見てください

 

バーチャルウォール・ヘイローモード

 

3部屋案内機能

ロボット掃除機ルンバの3部屋案内機能

 

3部屋の部屋を迷子にならずに移動して掃除してくれます

 

道案内する、カーナビと同じだと考えてください

 

実際に動画で見てください

 

 

ルンバには上記のように、掃除エリアを設定する機械があります

 

DEEBOT(ディーボット)

 

ECOVACSの掃除エリア設定

 

DEEBOTロボット掃除機は内蔵されたレーザースキャンで部屋を間取りを記憶し、スマートフォンで掃除エリアを設定できる

 

ECOVACS DEEBOTロボット掃除機のマッピング機能

 

スマートフォンでその間取りのどの部分を掃除したのかを確認できますし

 

部屋の中で掃除させたくない場所・入ってほしくない場所を設定する事も可能

 

ECOVACS DEEBOTロボット掃除機のバーチャルボーダー機能

 

スマートフォンで設定するだけなので、機械を部屋の入り口に置く必要は無い

 

実際に動画で見てください

 

マッピング機能

 

掃除エリア設定後の動き

 

赤い線の所が「侵入禁止エリア」を設定した場所です

 

スマートフォンで簡単に侵入禁止エリアを設定できるので、外出先からでも設定・解除が簡単にできます

 

また、機械を置く必要が無いので電池切れの心配、機械が倒れてしまいロボット掃除機が部屋の中に入る心配も無いですね

 

エリア設定の使い方

 

DEEBOT(ディーボット)の掃除エリア設定を使えば、どんな掃除が可能になるのか?

 

ちょっとイメージできない人もいると思うので簡単に説明します

 

一部の場所だけ掃除しない

DEEBOTロボット掃除機の掃除エリア設定で部屋の部分だけ掃除しない

犬のゲージ、エサ容器、台所などがある場所を設定すればロボット掃除機は入ってきません

 

部屋の中央だけ掃除する

DEEBOTロボット掃除機の掃除エリア設定で部屋の中央だけ掃除する

壁際に近づいてほしくない時は部屋の中央の部分だけ掃除させる事も可能

 

そうすれば、大事なテレビ・家具には当たる心配をしなくいいですね

 

部屋ごとに掃除するか決められる

DEEBOTロボット掃除機の掃除エリア設定で部屋ごとに掃除するか決められる

子供部屋、寝室、物置部屋など「部屋」で掃除するかしないか決める事ができます

 

マッピング機能がある機種は上記のような使い方が出来ますよ

 

どれが良いの?

 

ECOVACSとルンバの掃除エリアの選び方

 

ルンバとDEEBOT、どの掃除エリア設定が良いのか?

 

ちょっと迷ってしまう人も多いでしょう

 

選ぶポイントは違いを見ればいいんです

 

ルンバ

・専用の機械が必要
・機械の電池切れ、倒れなどの心配がある
・掃除エリア設定を増やすには機械を買う必要がある
・スマートフォンが無くても使える

DEEBOT

・スマートフォンが無いと使えない
・専用の機械は必要ない
・数カ所のエリアを同時に設定できる

 

上記のような違いがあります

 

DEEBOTは専用の機械が必要ないので、機械を買う費用を抑えられますし故障の心配もしなくていい

 

しかも、複数の侵入禁止エリアを同時に設定できるのが便利!

 

DEEBOTのメーカーに確認した所、最大で何箇所までという具体的な数は言えませんが

 

数箇所のエリアをスマートフォンで設定できますと言われました

 

2019年1月の回答

 

動画で確認する限り、多くのエリアを同時に設定可能です

 

ちょっと見てください

 

複数のエリアを同時に設定している

 

赤い点線の所がエリア設定した場所です、数えると6箇所

 

つまり、少なくとも「6箇所」は同時に設定できるという事になりますね

 

ただ、マッピング機能(エリア設定)が出来る上位機種のDEEBOTは値段が高めなのでそこがデメリットかも?

 

ルンバは値段が安い下位機種でも専用の機械を使えばエリア設定が使えます

 

予算を考えて選ぶのもいいでしょう

 

ルンバシリーズ
ルンバ 掃除エリア設定
e5

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードがある
・3部屋を案内機能が無い

980

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードがある
・3部屋を案内機能が無い

961

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードがある
・3部屋を案内機能が無い

960

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードがある
・3部屋を案内機能が無い

891

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードがある
・3部屋を案内機能が無い

890

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードがある
・3部屋を案内機能が無い

885

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードが無い
・3部屋を案内機能がある

880

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードが無い
・3部屋を案内機能がある

876

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードがある
・3部屋を案内機能が無い

875Lite

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードが無い
・3部屋を案内機能が無い

871

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードが無い
・3部屋を案内機能が無い

870

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードが無い
・3部屋を案内機能が無い

780

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードが無い
・3部屋を案内機能がある

770

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードが無い
・3部屋を案内機能が無い

760

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードが無い
・3部屋を案内機能が無い

691

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードがある
・3部屋を案内機能が無い

690

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードがある
・3部屋を案内機能が無い

680

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードがある
・3部屋を案内機能が無い

654

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードが無い
・3部屋を案内機能が無い

643

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードがある
・3部屋を案内機能が無い

642

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードがある
・3部屋を案内機能が無い

641

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードがある
・3部屋を案内機能が無い

622

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードが無い
・3部屋を案内機能が無い

537J

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードが無い
・3部屋を案内機能が無い

527J

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードが無い
・3部屋を案内機能が無い

 

ECOVACS DEEBOT(エコバックス ディーボット)
DEEBOT 掃除エリア設定
OZMO SLIM15 無し
OZMO Slim11 無し
OZMO Slim10 無し
DEEBOT 901 出来る
DEEBOT 900 出来る
SLIM 2 無し
N79T 無し
OZMO 930 出来る
OZMO 610 出来る
M88 無し
R98 出来る
R95 出来る
M81Pro 無し
M85 無し
MINI2 無し
MINI 無し
SLIM DA60 不明
DM82 無し
83 無し
M80 Pro 無し
D79 無し
35 無し
N79 不明
N78 不明

 

比較すると、ルンバは全ての機種でバーチャルウォールが使えます、ヘイローモードは機種によって違いますので注意

 

DEEBOTは6機種しか、掃除エリア設定が使えないです

 

どれを選ぶかは、予算や他の機能も考慮してください

 

値段が安い、ルンバとDEEBOTはコチラ

 

排気フィルターの性能

 

ルンバとECOVACSDEEBOTの排気フィルターの性能を比較している電気屋の店員

 

ルンバとDEEBOT(ディーボット)の排気フィルターの性能を紹介します

 

排気フィルター 吸い込んだハウスダストを外に出ないようにしてくれるフィルターになります

 

排気フィルターの性能が低いと吸い込んだハウスダスト(ダニ等)が排気口から出てきてしまう

 

実際に、排気フィルターの性能が低い掃除機の動画で見てください

 

排気フィルター実験

 

排気フィルターの性能が低い掃除機の排気から大量のハウスダストが出てきてしまう

 

そのため部屋の中が、目に見えないハウスダストで汚れてしまう・・・・

 

しかも、ロボット掃除機は家の中を移動しますから排気フィルターは大事!

 

空気中のハウスダストが多いと・・・

 

DEEBOTとルンバの排気フィルターの性能を体験した女性

 

かなり辛いと思います

 

以上の事から、排気フィルターの性能も確認してから選んでください

 

ルンバ

 

ロボット掃除機ルンバの排気フィルター

 

ルンバはモデルによって、排気フィルターの性能が違います

 

HEPAフィルター 粒径が0.3 μmの粒子を99.97%以上もフィルターで外に出るのを防ぐ

 

性能が高いので排気口から、ハウスダストは出てきません

 

簡易フィルター 性能は不明 (粒径が0.3 μmの粒子は通過して外に出てしまう)

 

動画のように、ハウスダストが排気口から出てきてしまうでしょう

 

DEEBOT(ディーボット)

 

ECOVACSの排気フィルター

 

高効率フィルター フィルターの性能(数値)がメーカーサイトを見ましたが、書いていません

 

そのため性能は不明とさせていただきます

 

比較すると、ルンバとDEEBOTでは機種によって排気フィルターの性能が違いますね

 

実際にルンバに搭載されている、HEPAフィルターの実験動画を見てください

 

HEPAフィルター

 

普通のフィルターでは「細かい粒子の煙」が出てきてしまい、空気を汚してしまうでしょう

 

排気フィルターの性能が低いロボット掃除機をからハウスダストが出てくる

 

しかし、HEPAフィルターに交換すると細かい粒子の煙が出なくなる

 

そのため、子供や高齢者がいる人はHEPAフィルターがある機種がオススメ

 

ハウスダストは気にしないという人はDEEBOTでも問題ないです

 

ルンバシリーズ
ルンバ 排気フィルター性能
e5 HEPAフィルター
980 HEPAフィルター
961 HEPAフィルター
960 HEPAフィルター
891 HEPAフィルター
890 HEPAフィルター
885 HEPAフィルター
880 HEPAフィルター
876 HEPAフィルター
875Lite HEPAフィルター
871 HEPAフィルター
870 HEPAフィルター
780 HEPAフィルター
770 HEPAフィルター
760 HEPAフィルター
691 簡易フィルター
690 簡易フィルター
680 簡易フィルター
654 簡易フィルター
643 簡易フィルター
642 簡易フィルター
641 簡易フィルター
622 簡易フィルター
537J 簡易フィルター
527J 簡易フィルター

 

ECOVACS DEEBOT(エコバックス ディーボット)
DEEBOT 排気フィルター
OZMO SLIM15 高効率フィルター
OZMO Slim11 高効率フィルター
OZMO Slim10 高効率フィルター
DEEBOT 901 高効率フィルター
DEEBOT 900 高効率フィルター
SLIM 2 高効率フィルター
N79T 高効率フィルター
OZMO 930 高効率フィルター
OZMO 610 高効率フィルター
M88 高効率フィルター
R98 高効率フィルター
R95 高効率フィルター
M81Pro 高効率フィルター
M85 高効率フィルター
MINI2 高効率フィルター
MINI 高効率フィルター
SLIM DA60 高効率フィルター
DM82 高効率フィルター
83 高効率フィルター
M80 Pro 高効率フィルター
D79 高効率フィルター
35 高効率フィルター
N79 高効率フィルター
N78 高効率フィルター

 

比較するとルンバは機種によって、HEPAフィルターと簡易フィルターがありますので注意

 

性能が高いのはHEPAフィルターになります

 

DEEBOTは全ての機種に、高効率フィルターを搭載

 

具体的なハウスダストの抑制率が不明なのですが、メーカーサイトには「お掃除中も綺麗な空気を出すので、二次汚れの心配がない」と書かれています

 

選ぶ時の参考にしてください

 

値段が安い、ルンバとDEEBOTはコチラ

 

段差を超える性能

 

ルンバとECOVACSDEEBOTの越えられる段差の高さを比較している電気屋の店員

 

ルンバとDEEBOT(ディーボット)では、段差を超える高さが違います

 

家の中には様々な段差がありますので、それを超える力が無いと移動できずに止まってしまうので重要な選ぶポイント

 

ルンバ

 

ロボット掃除機ルンバの段差を超える力

 

ルンバ 全ての機種で、約2センチの段差を超える事ができます

 

ルンバの段差性能

 

しっかりと段差を越えて移動できますね

 

DEEBOT(ディーボット)

 

ECOVACSの排気フィルター

 

DEEBOT 機種機種によって登れる段差の高さが違います

 

DEEBOTの段差性能

 

部屋と部屋の間にある、つなぎ目も問題なく越えて移動できますね

 

ルンバシリーズ
ルンバ 全ての機種で、約2センチの段差を超える事が出来る

 

ECOVACS DEEBOT(エコバックス ディーボット)
DEEBOT 乗り越えられる段差
OZMO SLIM15 1.3cm
OZMO Slim11 1.3cm
OZMO Slim10 1.3cm
DEEBOT 901 1.8cm
DEEBOT 900 1.8cm
SLIM 2 1cm (モップを外した状態)
N79T 1.4cm
OZMO 930 1.6cm
OZMO 610 1.4cm
M88 1.8cm
R98 1.8cm
R95 1.8cm
M81Pro 1.4cm
M85 1.7cm
MINI2 1.2cm (モップを外した状態)
MINI 1.2cm (モップを外した状態)
SLIM DA60 不明
DM82 不明
83 2cm
M80 Pro 不明
D79 不明
35 0.7cm
N79 不明
N78 不明

 

比較すると、ルンバの方が段差を超える力は強いですね

 

DEEBOTは機種によって登れる高さが違うので注意!

 

部屋の段差の高さを測ってから選んでくださいね

 

DEEBOTで、2センチの段差を越える方法

 

部屋の段差を測ったら、2センチあったんだけど・・・

 

という人は、室内用の段差スロープと取り付ける事で解決します

 

通販で売っている段差スロープを取り付ければ、DEEBOTも2センチの段差を超えて行きますよ

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

段差解消スロープ 高さ20mm 室内用
価格:906円(税込、送料別) (2017/11/29時点)

 

室内に2センチの段差がある場合は、上記の段差スロープを利用してください

 

そうすればDEEBOTでも乗り越えて行きます

 

値段が安い、ルンバとDEEBOTはコチラ

 

ダストボックス容量

 

ルンバとECOVACSDEEBOTのダストボックス容量を比較している電気屋の店員

 

ルンバとDEEBOT(ディーボット)では、ダストボックス容量(ゴミを溜める量)が違います

 

容量が大きい方が、ゴミを捨てる回数が少くなりますので楽ですね

 

ルンバ

 

ロボット掃除機ルンバのダストボックス容量

 

ルンバシリーズ
ルンバ ダストボックス容量
e5 メーカーに確認した所、非公開との回答
980 0.6L
961 0.6L
960 0.6L
891 0.6L
890 0.6L
885 0.6L
880 0.6L
876 0.6L
875Lite 0.6L
871 0.6L
870 0.6L
780 0.26L
770 0.26L
760 0.26L
691 0.25L
690 0.25L
680 0.25L
654 0.23L
643 0.25L
642 0.25L
641 0.25L
622 0.23L
537J 聞くのを忘れました、ごめんなさい
527J 聞くのを忘れました

(メーカーに確認済み)

 

ゴミ捨ては簡単にできます

 

ルンバのゴミ捨て方法

 

DEEBOT(ディーボット)

 

ECOVACSDEEBOTのダストボックス容量

 

機種名 ダストカップ容量
OZMO SLIM15 0.3L
OZMO Slim11 0.3L
OZMO Slim10 0.3L
DEEBOT 901 0.35L
DEEBOT 900 0.35L
SLIM 2 0.32L
N79T 0.3L
OZMO 930 0.47L
OZMO 610 0.45L
M88 0.38L
R98

・ロボット0.4L
・ハンディ掃除機 0.45 L

R95 0.52L
M81Pro 0.5L
M85 0.66L
MINI2 0.3L
MINI 0.3L
SLIM DA60 0.32L
DM82 0.45 L
83 0.44L
M80 Pro 0.5L
D79

・ロボット0.7L
・ハンディ掃除機1L

35 0.25L
N79 不明
項目名 不明

 

ゴミ捨ても簡単です

 

DEEBOTのゴミ捨て

 

比較すると、ルンバ900・800モデルが一番ゴミを溜める量が多いですね

 

そのためゴミを捨てる回数も少ないですよ

 

選ぶ時の参考にしてください

 

値段が安い、ルンバとDEEBOTはコチラ

 

本体のサイズ

 

ルンバとECOVACSDEEBOTのサイズを比較している電気屋の店員

 

ルンバとDEEBOT(ディーボット)では、サイズ(大きさ)が違います

 

ロボット掃除機のルンバとDEEBOTのサイズ比較

 

ソファー、ベットの下も掃除して欲しい場合は、高さを測ってから選んでください

 

ルンバシリーズ
ルンバ サイズ
e5 幅35.1cm×高さ9.2cm
980 幅35.3cm×高さ9.2cm
961 幅35.3cm×高さ9.2cm
960 幅35.3cm×高さ9.2cm
891 幅35.3cm×高さ9.2cm
890 幅35.3cm×高さ9.2cm
885 幅35.3cm×高さ9.2cm
880 幅35.3cm×高さ9.2cm
876 幅35.3cm×高さ9.2cm
875Lite 幅35.3cm×高さ9.2cm
871 幅35.3cm×高さ9.2cm
870 幅35.3cm×高さ9.2cm
780 幅35.3cm×高さ9.2cm
770 幅35.3cm×高さ9.2cm
760 幅35.3cm×高さ9.2cm
691 幅34cm×高さ9.2cm
690 幅34cm×高さ9.2cm
680 幅34cm×高さ9.2cm
654 幅34cm×高さ9.2cm
643 幅34cm×高さ9.2cm
642 幅34cm×高さ9.2cm
641 幅34cm×高さ9.2cm
622 幅34cm×高さ9.2cm
537J 幅34cm×高さ9.2cm
527J 幅34cm×高さ9.2cm

 

ECOVACS DEEBOT(エコバックス ディーボット)
DEEBOT サイズ
OZMO SLIM15 幅31cm×高さ5.7cm
OZMO Slim11 幅31cm×高さ5.7cm
OZMO Slim10 幅31cm×高さ5.7cm
DEEBOT 901 幅33.7cm×高さ9.5cm
DEEBOT 900 幅33.7cm×高さ9.5cm
SLIM 2 幅31cm×高さ5.7cm
N79T 幅33cm×高さ7.8cm
OZMO 930 幅35.4cm×高さ10.2cm
OZMO 610 幅35cm×高さ7.9cm
M88 幅34cm×高さ7.75cm
R98 幅35.4cm×高さ10.2cm
R95 幅35.4cm×高さ10.2cm
M81Pro 幅34.8cm×高さ7.9cm
M85 幅34.4cm×高さ8.8cm
MINI2 幅27cm×高さ8.2cm
MINI 幅27cm×高さ8.2cm
SLIM DA60 幅31cm×高さ5.7cm
DM82 幅31cm×7.6cm
83 幅33.7cm×高さ8.8cm
M80 Pro 不明
D79 幅33.6cm×高さ9.6cm
35 幅34.5cm×高さ14cm
N79 幅33cm×高さ7.8cm
N78 不明

 

比較すると、DEEBOTの方が高さが低い!

 

小さいサイズが欲しい人は、DEEBOTが良いかも?

 

部屋にあるソファー等の高さを測ってから選んでくださいね

 

以上が、ルンバとDEEBOT(ディーボット)の「機能」の違いでした

 

DEEBOTロボット掃除機一覧

 

ロボット掃除機の支払い方法を説明

 

DEEBOTの機種の違いはコチラ

 

DEEBOT 商品名 自動再開 自動充電 リモコン スマホ操作
DEEBOTSLIM15 OZMO SLIM15
運転時間:100分
幅31cm×高さ5.7cm

アマゾンに売って無い
楽天に売って無い
×
DEEBOTOZMO Slim11 OZMO Slim11
運転時間:100分
幅31cm×高さ5.7cm

OZMOSlim11をアマゾンで見る

OZMOSlim11を楽天で見る
×
DEEBOTOZMO Slim10 OZMO Slim10
運転時間:100分
幅31cm×高さ5.7cm

OZMOSlim10をアマゾンで見る

OZMOSlim10を楽天で見る
×
DEEBOT901 DEEBOT 901
運転時間:100分
幅33.7cm×9.5cm

DEEBOT901をアマゾンで見る

DEEBOT901を楽天で見る
×
DEEBOT 900 DEEBOT 900

運転時間:100分

幅33.7cm×9.5cm

アマゾンに売って無い

deebot900を楽天で見る
× ×
deebotSLIM2 SLIM2

運転時間:110分

幅31cm×高さ5.7

deebotslim2をアマゾンで見る

deebotslim2を楽天で見る
×
deebotN79T N79T
(Amazon限定商品)

運転時間:120分

幅33cm×高さ7.8cm

deebotn79tをAmazonで見る
×
deebotOZMO 930 OZMO 930

運転時間:110分

幅35.4cm×高さ10.2cm

deebotozmo930をAmazonで見る

deebotozmo930を楽天で見る
× ×
DEEBOT OZMO 610 OZMO 610

運転時間:110分

幅35cm×高さ7.9cm

deebotozmo610をAmazonで見る

deebotozmo610を楽天で見る
×
DEEBOT M88の機能や性能 M88

運転時間:90分

幅34cm×高さ7.75cm

DEEBOT M88をアマゾンで見る

DEEBOT M88を楽天で見る

×
DEEBOT R98の機能や性能 R98

運転時間:90分

幅35.4cm×高さ10.2cm

DEEBOT R98をアマゾンで見る

DEEBOT R98を楽天で見る

×
DEEBOT R95の機能や性能 R95

運転時間:90分

幅35.4cm×高さ10.2cm

DEEBOT R95をアマゾンで見る

DEEBOT R95を楽天で見る

×
DEEBOT M81Proの機能や性能 M81Pro

運転時間:110分

幅34.8cm×高さ7.9cm

DEEBOT M81Proをアマゾンで見る

DEEBOT M81Proを楽天で見る

× ×
DEEBOT M85の機能や性能 M85

運転時間:90分

幅34.4cm×高さ8.8cm

アマゾンでは売ってません

DEEBOT M85を楽天で見る
× ×
DEEBOT MINI2の機能や性能 MINI2

運転時間:90分

幅27cm×高さ8.2cm

DEEBOT MINI2をアマゾンで見る

DEEBOT MINI2を楽天で見る

×
DEEBOT MINIの機能や性能 MINI

運転時間:90分

幅27cm×高さ8.2cm

DEEBOT MINIをアマゾンで見る

DEEBOT MINIを楽天で見る

× ×
DEEBOT SLIM DA60の機能や性能 SLIM DA60

運転時間:90分

幅31cm×高さ5.7cm

DEEBOT SLIM DA60をアマゾンで見る

DEEBOT SLIM DA60を楽天で見る

× ×
DEEBOT DM82の機能や性能 DM82

運転時間:150分

幅31cm×7.6cm

DEEBOT DM82をアマゾンで見る

DEEBOT DM82を楽天で見る

× ×
beebot83の機能や性能 83

運転時間:120分

幅33.7cm×高さ8.8cm

売ってませんでした
×
deebotM80 Proの機能や性能 M80 Pro

運転時間:110分

boobot80をアマゾンで見る

楽天では売ってませんでした
×
beebotd79の機能や性能 D79

運転時間:120分

幅33.6cm×高さ9.6cm

beebotd79をアマゾンで見る

beebotd79を楽天で見る

× ×
beebot35の機能や性能 35

運転時間:90分

幅34.5cm×高さ14cm

beebot35をアマゾンで見る

beebot35を楽天で見る

× × ×
beebotn79の機能や性能 N79

運転時間:100分

幅33cm×高さ7.8cm

beebotn79をアマゾンで見る

楽天では売ってませんでした
×
beebotn78の機能や性能 N78

運転時間:110分

beebotn78をアマゾンで見る

楽天では売ってませんでした
× ×

 

ルンバ一覧

 

ルンバの機種や性能の違いを比較している記事はコチラ

 

画像 商品名 自動再開 自動充電 リモコン スマホ操作
ルンバe5本体 ルンバe5

運転時間:90分
幅35.1cm×高さ9.2cm

ルンバe5をアマゾンで見る

楽天でルンバe5を見る
× ×
ルンバ980 ルンバ980

運転時間:120分
幅353mm×高さ92mm

ルンバ980の口コミ

楽天でルンバ980の口コミを見る

×
ルンバ961本体 ルンバ961

運転時間:75分
幅353mm×高さ92mm

ルンバ961をアマゾンで見る

楽天では売っていません
×
ルンバ960 ルンバ960

運転時間:75分
幅353mm×高さ92mm

アマゾンでルンバ960の口コミを見る

楽天でルンバ960の口コミを見る

×
ルンバ891本体 ルンバ891

運転時間:75分
幅353mm×高さ92mm

ルンバ891をアマゾンで見る

楽天では売っていません
× ×
ルンバ890の機能や性能 ルンバ890

運転時間:75分
幅353mm×高さ92mm

ルンバ890をアマゾンで見る

ルンバ890を楽天で見る

× ×
ルンバ885の機能や性能 ルンバ885

運転時間:60分
幅353mm × 高さ92mm

ルンバ885をアマゾンで見る

ルンバ885を楽天で見る

× ×
ルンバ880の機能や性能 ルンバ880

運転時間:60分
幅353mm × 高さ92mm

ルンバ880をアマゾンで見る

楽天では売ってません
× ×
ルンバ876 ルンバ876

運転時間:60分
幅353mm×高さ92mm

アマゾンでルンバ876の口コミを見る

楽天でルンバ876の口コミを見る

× × ×
ルンバ875の機能や性能 ルンバ875Lite

運転時間:60分
幅353mm × 高さ92mm

ルンバ875をアマゾンで見る

ルンバ875を楽天で見る

× ×
ルンバ871の機能や性能 ルンバ871

運転時間:60分
幅353mm×高さ92mm

ルンバ871をアマゾンで見る

ルンバ871を楽天で見る

× ×
ルンバ870の機能や性能 ルンバ870

運転時間:60分
幅353mm×高さ92mm

ルンバ870をアマゾンで見る

ルンバ870を楽天で見る

× ×
ルンバ780の機能や性能 ルンバ780

運転時間:60分
幅353mm×高さ92mm

ルンバ780をアマゾンで見る

ルンバ780を楽天で見る

× ×
ルンバ770の機能や性能 ルンバ770

運転時間:60分
幅353mm×高さ92mm

ルンバ770をアマゾンで見る

楽天で売ってません
× ×
ルンバ760の機能や性能 ルンバ760

運転時間:60分
幅353mm×高さ92mm

ルンバ760をアマゾンで見る

楽天で売ってません
× ×
ルンバ691本体 ルンバ691

運転時間:60分
幅340mm×高さ92mm

ルンバ691をアマゾンで見る

楽天では売っていません
× ×
ルンバ690の性能や機能 ルンバ690

運転時間:60分
幅340mm×高さ92mm

ルンバ690をアマゾンで見る

ルンバ690を楽天で見る

× ×
ルンバ680 ルンバ680

運転時間:60分
幅34.0×高さ9.2cm

アマゾンでルンバ680の口コミを見る

楽天でルンバ680の口コミを見る

× × ×
ルンバ654の機能や性能 ルンバ654

運転時間:60分
幅340mm × 高さ92mm

ルンバ654をアマゾンで見る

ルンバ654を楽天で見る

× × ×
ルンバ643本体 ルンバ643

運転時間:60分
幅340mm × 高さ92mm

アマゾンでは売っていません

ルンバ643を楽天で見る
× × ×
ルンバ642本体 ルンバ642

運転時間:60分
幅340mm × 高さ92mm

ルンバ642をアマゾンで見る

楽天では売っていません
× × ×
ルンバ641本体 ルンバ641

運転時間:60分
幅340mm × 高さ92mm

ルンバ641をアマゾンで見る

ルンバ641を楽天で見る
× × ×
ルンバ622の機能や性能 ルンバ622

運転時間:60分
幅340mm × 高さ92mm

ルンバ622をアマゾンで見る

ルンバ622を楽天で見る

× ×
ルンバ537Jの機能や性能 ルンバ537J

運転時間:60分
幅340mm×高さ92mm

ルンバ537Jをアマゾンで見る

楽天で売ってません
× ×
ルンバ527Jの機能や性能 ルンバ527J

運転時間:60分
幅340mm×高さ92mm

ルンバ527Jをアマゾンで見る

楽天で売ってません
× × ×

 

 

 

メーカー別ロボット掃除機


各種メーカーの主力ロボット掃除機を紹介しています
ルンバの違いを比較 ダイソンロボット掃除機の違いを比較 シャープ ココロボの違いを比較

ルンバ

人気ナンバーワンのルンバの機能や性能を比較しています

ダイソンロボット掃除機の違いを比較

圧倒的な吸収力のダイソンロボット掃除機の特徴を紹介

ココロボ

音声操作など独自の技術が特徴のシャープのココロボを紹介
東芝 トルネオロボの違いを比較 パナソニック ルーロの違いを比較 日立 ミニマルの違いを比較

トルネオロボ

ゴミ回収があるダストステーション搭載のトルネオロボの特徴を紹介

ルーロ

日本メーカーでは一番人気のルーロの特徴を紹介

狭い部屋に最適な小型のミニマルの特徴を紹介

ILIFEの違いを比較 DEEBOTの違いを比較 ツカモトエイム ミニネオの違いを比較

ILIFEの特徴

水拭き・乾拭きも出来るILIFEの特徴を紹介

DEEBOTの特徴

水拭き・乾拭きも出来るDEEBOTの特徴を紹介

ミニネオの特徴

ミニネオの特徴を紹介

マキタ ロボプロの機能や性能

マキタ ロボプロの特徴

業務用のロボプロの特徴を紹介


ルンバと対決!


ロボット掃除機で売上1位のルンバと他のロボット掃除機との違いを比較しているので、購入する時の参考になりますよ
ココロボとルンバの違いを比較 ダイソンとルンバの違いを比較 トルネオロボとルンバの違いを比較

ココロボとルンバ比較 ココロボとルンバの機能を比較しています

ダイソン360eyeとルンバ980比較

ダイソン360eyeとルンバ980の機能を比較

トルネオロボとルンバを比較

トルネオロボとルンバの機能を比較
ルーロとルンバの違いを比較 ブラーバとルンバの違いを比較 ミニマルとルンバの違いを比較

ルーロとルンバを比較

ルーロとルンバの機能比較

拭き掃除ロボットブラーバとお掃除ロボットルンバ比較

拭き掃除ロボットのブラーバとルンバの機能比較

ミニマルとルンバの性能対決

ミニマルとルンバの性能を比較

ILIFEとルンバの違いを比較 DEEBOTとルンバの違いを比較

ILIFEとルンバの性能対決

ILIFEとルンバの機能比較

DEEBOTとルンバの性能対決

DEEBOTとルンバの機能比較


拭き掃除ロボット


音が静かで排気が出ない、拭き掃除ロボットを詳しく説明しています
ブラーバとブラーバジェットの違い ブラーバとルンバの違いを比較 拭き掃除ロボットの種類一覧

ブラーバ、ブラーバジェット

ブラーバ380j、371j・ブラーバジェット240の違いを比較しています

ブラーバとルンバ比較

ブラーバとルンバの違いを比較しています

拭き掃除ロボット一覧

拭き掃除が出来るロボットを集めました


悩みを解消してくれる、ロボット掃除機


ロボット掃除機が欲しいけど迷っている・・・という人のために、ロボット掃除機で解決できる悩みを紹介しています
犬・猫のオシッコも綺麗にする拭き掃除ロボット 排気が臭くないロボット掃除機 ダニを吸い込むロボット掃除機

犬や猫のオシッコを拭いてくれる拭き掃除ロボット

ペットのオシッコを拭いてくれる拭き掃除ロボット

排気が臭くなりロボット掃除機

ロボット掃除機から出てくる排気が臭くない、臭わない機種を紹介

じゅうたん、カーペットのダニを吸い込むロボット掃除機

じゅうたん・カーペットのダニを吸い込んでくれるロボット掃除機を紹介
音が静かなロボット掃除機 バッテリー時間が長いロボット掃除機 サイズが小さいロボット掃除機

運転音が静かなロボット掃除機

運転音が静かなロボット掃除機を紹介

バッテリーが長持ちで運転時間が長いロボット掃除機

バッテリーが長持ちな、ロボット掃除機を紹介

大きさが小さいロボット掃除機

サイズが小さいロボット掃除機を紹介
スマートフォン操作が出来るロボット掃除機 花粉・PM2.5を吸い込むロボット掃除機 猫砂を吸い込むロボット掃除機

スマートフォンで操作出来るロボット掃除機

スマートフォンで操作できる、ロボット掃除機を紹介

花粉・PM2.5を吸い込むロボット掃除機

花粉やPM2.5を綺麗にしてくれる、ロボット掃除機

猫砂を吸い込むロボット掃除機

猫砂を吸い込むロボット掃除機を紹介
ペット容器に当たらないロボット掃除機 3部屋以上に使えるロボット掃除機 壁際・隅を綺麗するロボット掃除機

ペットの餌容器に当たらないロボット掃除機

エサ容器に当たらない、ロボット掃除機を紹介

3部屋以上ある家に使えるロボット掃除機

3部屋以上を掃除できる、ロボット掃除機を紹介

壁際や部屋の隅のゴミを綺麗にするロボット掃除機

壁際や隅のゴミを綺麗にする、ロボット掃除機
共働き夫婦にオススメなロボット掃除機

共働き夫婦におすすめのロボット掃除機

共働き夫婦にオススメのロボット掃除機 (子供がいる、いない別に紹介)