ルンバの全種類の違いを比較

最新のルンバi7・e5・900・800・700・600・500モデルの違いを比較

ルンバロボット掃除機の機能や性能の違いを比較している主婦

 

 

ロボット掃除機で人気ナンバーワンのiRobot(アイロボット)が販売している、ルンバを最安値で購入したいけど

 

種類が多くありすぎて、違いがわからない・・・

 

どれを買えば良いのか?という悩みが多くあります、私も最初ルンバを調べた時に、ルンバi7+とか980とかあって、ロボット掃除機ってこんなに種類があるの?と驚いた記憶があります

 

しかし、今では1つ1つのの違いが理解できますので、それを今からルンバを買おうと思っている初心者の方にもわかりやすく説明していきます

 

今現在、販売されているルンバは以下の7クラス・27種類があります

 

ルンバの全種類一覧
iモデル

・ルンバi7+ (発売日:2019年3月)
・ルンバi7 (発売日:2019年2月)

eモデル

・ルンバe5 (発売日:2018年10月)

900モデル

・ルンバ980 (発売日:2015年10月)
・ルンバ961 (発売日:2018年2月)
・ルンバ960 (発売日:2016年8月)

800モデル

・ルンバ891 (発売日:2018年2月)
・ルンバ890 (発売日:2017年8月)
・ルンバ885 (発売日:2015年6月)
・ルンバ880 (発売日:2014年3月)
・ルンバ876 (発売日:2016年5月)
・ルンバ875 (発売日:2015年6月)
・ルンバ871 (発売日:2014年)
・ルンバ870 (発売日:2014年3月)

700モデル

・ルンバ780 (発売日:2011年10月)
・ルンバ770 (発売日:2011年10月)
・ルンバ760 (発売日:2011年10月)

600モデル

・ルンバ691 (発売日:2018年2月)
・ルンバ690 (発売日:2017年8月)
・ルンバ680 (発売日:2016年9月)
・ルンバ654 (発売日:2015年10月)
・ルンバ643 (発売日:2018年8月)
・ルンバ642 (発売日:2018年2月)
・ルンバ641 (発売日:2017年11月)
・ルンバ622 (発売日:2014年9月)

500モデル

・ルンバ537J (発売日:2012年)
・ルンバ527J (発売日:2012年)

 

Amazon.co.jp限定モデルと公式ルンバの違い

 

Amazon.co.jp限定モデルは、4つあります

 

  • ルンバ961
  • ルンバ891
  • ルンバ691
  • ルンバ642

 

上記の4つがAmazon限定モデル、公式モデルとの違いは「色」が違うだけです

 

機能や性能、付属品は全て同じです

 

(メーカーに確認済み)

 

では、どの機種と同じなのか説明します

 

961 960と同じです
891 890と同じです
691 690と同じです
642 641と同じです

 

色が違うだけで、機能や性能は同じになります

 

色(カラー)の違いを説明

 

961 (ライトシルバー)
960 (メッドシルバー)

891 (シャンパン)薄いゴールドのような色合いです
890 (ピューター)色の説明が難しいです、ごめんなさい

691 (チャコール)
690 (ライトシルバー)

642 (チャコール)
641 (ブルーシルバー)

 

上記のように、カラーリングが違いますので好みで選ぶと良いでしょう

 

Amazon.co.jp限定モデルを買うメリット

 

機能や性能が同じなのに、Amazon.co.jp限定モデルを買うメリット何?

 

メリットは、2つ

 

色が選べる 公式のルンバとは別の色が選べるので、他の人と差別化できます
値引き率が高い アマゾンはタイムセール等をしているので、公式モデルよりも値引率が高くなりやすい

 

Amazon.co.jp限定モデルの最大のメリットはコレ

 

Amazonは定期的に「タイムセール」「プライムデー」「サイバーマンデー」などを開催しています

 

このようなイベントの時は、「Amazon.co.jp限定モデル」の方が値引率が高くなるので、そのような時に買うと安く手に入れられますよ

 

今現在のセール情報

 

2019年6月は「数量限定の人気商品」や「時間制限ありの話題の商品」の特選タイムセールを開催中です!

 

人気商品が多い、タイムセール会場はコチラ

 

早めにタイムセールで、ルンバが売ってないかチェックした方が良いですよ

 

Amazon.co.jp限定モデルにデメリットは特にありません、公式モデルと機能や性能、付属品は同じですから

 

買う時の参考にしてください

 

ルンバ875に関する疑問

 

ルンバ875には、3種類あります

 

  1. 875
  2. 875A
  3. 875Lite

 

この3つの違いは何なのか?、簡単に説明します

 

875

生産終了

 

・オートバーチャルウォール2台
・リモナビ(リモコン)
・10ヶ月後メンテナンス無料

875A

Amazon専用モデル

 

・オートバーチャルウォール1台
・リモナビ(リモコン)

875Lite

通販モデルで値段が安い

 

このサイトでは、Liteを紹介しています

 

・オートバーチャルウォール1個

 

ルンバ875にはこのような種類があるので、ちょっと気をつけないと間違って選んでしまう人も多いです

 

では、ルンバの詳しい比較をしていきます

 

ルンバi7・e5・900・800・700・600・500モデルの違いは何?

 

違いは、19つ

 

  • 吸引力
  • 空間認識能力・稼働面積
  • エリア設定
  • 自動再開モード
  • 運転時間
  • バッテリーの種類
  • お部屋ナビ(ライトハウスモード)
  • スマートフォン操作
  • スマートスピーカー対応
  • リモナビ(リモコン)
  • 10ヶ月後メンテナンスサービス
  • オートバーチャルウォール
  • ヘイローモード
  • ダートディテクトモード
  • ゴミセンサー
  • ゴミフルサイン・ダストボックス容量
  • クリーンベース
  • スケジュール
  • HEPAフィルター

 

 

目次(クリックすると目的の記事に飛べます)

・吸引力が強いルンバ
・家具にぶつからない、稼働面積が広いルンバ
・エリア設定が出来るルンバ
・自動再開モードがあるルンバ
・運転時間が長いルンバ
・バッテリーが長持ちするルンバ
・お部屋ナビ(ライトハウスモード)があるルンバ
・スマートフォン操作が出来るルンバ
・リモナビ(リモコン)があるルンバ
・スマートスピーカー対応のルンバ
・10ヶ月後メンテナンスサービスがあるルンバ
・オートバーチャルウォールがあるルンバ
・ヘイローモードがあるルンバ
・ダートディテクトモードがあるルンバ
・ゴミセンサー(ダブル)があるルンバ
・ゴミフルサイン・ダストボックス容量のサイズ
・クリーンベースがあるルンバ
・スケジュール機能があるルンバ
・HEPAフィルター搭載のルンバ

 

1つ1つ説明していきます

 

吸引力が強いのはどれ?

 

ルンバで吸引力が1番強い機種を説明している電気屋の店員

 

  • ルンバi7
  • ルンバe5
  • ルンバ900
  • ルンバ800
  • ルンバ700
  • ルンバ600
  • ルンバ500

 

この中で、吸引力が強いのはどれなのか?

 

結論から言いますと「ルンバ980」「ルンバi7」が一番吸引力が強い!

 

強力な吸引力で、じゅうたん・カーペットのハウスダスト(ダニ・花粉)をしっかりと綺麗にしてくれます

 

その理由は、内蔵モーターと掃除システムが違う!

 

モデル ハイパワーモーターG3 カーペットブースト
ルンバi7

名前が「パワーリフト吸引」に変わっただけ

 

性能はハイパワーモーターG3と同じ

 

(メーカーに確認済み)

無い

(メーカーに確認済み)

ルンバe5 無い

(メーカーに確認済み)

無い

(メーカーに確認済み)

900モデル ・ハイパワーモーターG3がある ・カーペットブーストがある
800モデル 無い 無い
700モデル 無い 無い
600モデル 無い 無い
500モデル 無い 無い

 

このように、内蔵されているモーターが違ってきます

 

注意

 

同じ、900モデルでも機種によって搭載されているモーターが違います

 

900モデルのモーター
980

・ハイパワーモーターG3がある

 

・カーペットブーストがある

961

・ハイパワーモーターG3が無い

 

・カーペットブーストが無い

960

・ハイパワーモーターG3が無い

 

・カーペットブーストが無い

 

このように、ハイパワーモーターG3、カーペットブーストがあるのは「最上級モデルのルンバ980」だけ搭載されています

 

ルンバi7のパワーリフト吸引力は、980と同じ

 

i7に搭載されている「パワーリフト吸引力」は「ハイパワーモーターG3」と性能は同じになります

 

メーカーに問い合わせたところ

 

パワーリフト吸引はハイパワーモーターG3と同等の吸引力がありますとの回答

 

2019年3月の回答

 

簡単な話が、モーターの名前を変えただけという見方もできますね

 

ホームページをよく見るとわかりますが

 

メーカーホームページの表記
  • 980のハイパワーモーターG3は600モデルと比較すると、10倍の吸引力!
  •  

  • i7のパワーリフト吸引は600モデルと比較すると、10倍の吸引力!

 

同じでしょ?

 

ただ、i7には「カーペットブースト」がありません

 

通常の吸引力はルンバ980と同等なんですが、カーペットの上を掃除する時は「ブーストがある」980の方が吸引力が強くなる

 

i7

・パワーリフト吸引
(ハイパワーモーターG3と性能は同じ)

 

・カーペットブーストが無い

980

・ハイパワーモーターG3
(パワーリフト吸引と性能は同じ)

 

・カーペットブーストがある

(メーカーに確認済み)

 

比較すると、カーペットブーストの有無が違うだけですね

 

部屋にカーペット、じゅうたんがある場合は、カーペットブーストがある980の方がゴミを多く吸い込んでくれます

 

ルンバ961と960は、800モデルと同じ吸引モーターを使っているので、吸引力は同じになります

 

それでは

 

  • ハイパワーモーターG3
  • パワーリフト吸引
  • カーペットブースト

 

この2つの機能を詳しく説明していきます

 

ハイパワーモーターG3

 

ルンバ980のハイパワーモーターユニットG3の力で従来品のルンバより10倍も吸引力が高い画像

 

ルンバ980には、ハイパワーモーターG3が搭載されているのでルンバ700・600シリーズに比べて約10倍も吸引力が高くなってます

 

それ以外のモデルには、ハイパワーモーターG3が無い

 

i7

パワーリフト吸引がある

 

(ハイパワーモーターG3と同じ性能)

e5 無い
980 ハイパワーモーターG3がある
961 無い
960 無い
800モデル 無い
700モデル 無い
600モデル 無い
500モデル 無い

 

ハイパワーモーターユニットG3がある事で、カーペット・じゅうたんの奥のゴミ・ダニの死骸をしっかりと吸い込む事出来る

 

なぜなら、ハイパワーモーターユニットG3の吸引力はルンバ700・600モデルと比べて約10倍!

 

そのため、床・カーペット等のハウスダストが気になる人は吸引力が高いルンバ980、i7を選ぶと良いでしょう

 

ルンバ980、i7がオススメな人
  • アレル体質の人
  • カーペット・絨毯を敷いている人
  • ペットを飼っている人

 

パワーリフト吸引

 

ルンバi7のパワーリフト吸引の性能

 

パワーリフト吸引の性能はハイパワーモーターG3と同じです

 

600モデルと比較すると約10倍の吸引力がありますよ

 

(メーカーに確認済み)

 

カーペットブースト

 

ルンバ980のカーペットブーストの性能を説明している

 

ルンバ980は、カーペット・じゅうたんを掃除する時は自動でカーペットブーストが作動して奥のダニ・ゴミをしっかりと吸い込む!

 

それ以外のモデルは無い

 

i7 無い
e5 無い
980 カーペットブーストがある
961 無い
960 無い
800モデル 無い
700モデル 無い
600モデル 無い
500モデル 無い

 

センサーがカーペットを検知すると自動で吸引力がパワーアップしますので、ゴミを吸い込む力が上がります

 

実際に動画で見てみましょう

 

カーペットから降りると吸引力が自動で弱くなる

 

長さ2センチのラグも掃除できる

 

動画を見るとわかりますが、カーペットの上ではセンサーが反応してカーペットブーストを作動させているので運転音が大きい

 

しかし、カーペットから床に移動するとカーペットブーストが停止して運転音も静かになっているのがわかると思います

 

また、長さ2センチのラグの上も移動して掃除できますし、カーペットブーストで毛が長いラグの奥のゴミもしっかりと吸い上げる!

 

吸引力が弱いと、毛の長いラグの奥に細かいゴミが残ってしまいますからね・・・・

 

そのため、ラグ・カーペット・じゅうたんが多い場合はカーペットブーストがある、ルンバ980がオススメ

 

吸引システム一覧
i7

・AeroForce三段階クリーニングシステム
・パワーリフト吸引

 

i7+も同じです

e5

・AeroForce三段階クリーニングシステム
・ハイパワーモーター

 

名前が若干変わっていますが、ルンバ800モデルと同じです

 

(メーカーに確認済み)

980

・AeroForceクリーニングシステム
・ハイパワーモーターG3
・カーペットブースト

961 ・AeroForceクリーニングシステム

・ハイパワーモーター

960 ・AeroForceクリーニングシステム

・ハイパワーモーター

891 ・AeroForceクリーニングシステム

・ハイパワーモーター

890 ・AeroForceクリーニングシステム

・ハイパワーモーター

885 ・AeroForceクリーニングシステム

・ハイパワーモーター

880 ・AeroForceクリーニングシステム

・ハイパワーモーター

876 ・AeroForceクリーニングシステム

・ハイパワーモーター

875Lite ・AeroForceクリーニングシステム

・ハイパワーモーター

871 ・AeroForceクリーニングシステム

・ハイパワーモーター

870 ・AeroForceクリーニングシステム

・ハイパワーモーター

780 ・3段階クリーニングシステム
770 ・3段階クリーニングシステム
760 ・3段階クリーニングシステム
691 ・3段階クリーニングシステム
690 ・3段階クリーニングシステム
680 ・3段階クリーニングシステム
654 ・3段階クリーニングシステム
643 ・3段階クリーニングシステム
642 ・3段階クリーニングシステム
641 ・3段階クリーニングシステム
622 ・3段階クリーニングシステム
537J ・3段階クリーニングシステム
527J ・3段階クリーニングシステム

 

吸引システムを説明

 

AeroForceクリーニングシステムと3段階クリーニングシステムではどんな違いがあるのか?

 

それを説明していきます

 

AeroForceクリーニングシステム

 

AeroForceクリーニングシステムは、ルンバ内部に真空状態を作り出し、目に見えないハウスダスト(ダニ・花粉)もしっかりと吸い上げる事が可能

 

ちなみに、AeroForceクリーニングシステムは、ルンバが特許を取得している独自技術になります

 

さらに、ハイパワーモータを内蔵しているモデルの場合は、ルンバ700・600・500モデルよりも「約5倍も吸引力が強い」

 

 

パワーリフト吸引

・ルンバi7
・i7+

 

(ハイパワーモータよりも、さらに強力!)

ハイパワーモータG3

・ルンバ980

 

(ハイパワーモータよりも、さらに強力!)

ハイパワーモータ

・ルンバe5
・961
・960
・800モデル

 

(普通のモーターよりも、吸引力が約5倍強いです)

普通のモーター

・ルンバ700・600・500モデル

 

(他のメーカーと同じような吸引モーター)

 

吸引モーターに関しては上記の通り

 

ルンバ980、i7に関しては、ハイパワーモーターG3(パワーリフト吸引)を搭載しているので、ルンバ700・600・500モデルと比較すると「約10倍も吸引力が強くなってます」

 

AeroForceクリーニングシステム

 

動画のように、「AeroForceクリーニングシステム」と「ハイパワーモーター」と「3段階クリーニングシステム」の合わせ技で、ルンバ700・600・500モデルよりも吸引力がパワーアップ

 

3段階クリーニングシステム

 

3段階クリーニングシステムは、普通にブラシでゴミを集めて、ローラーで絡め取り、モーターで吸い込むという基本的な掃除方法です

 

3段階クリーニングシステム

・ブラシでゴミを集める
・ローラーで絡め取る
・モーターで吸い上げる

 

また、ルンバi7・e5・900・800モデルに搭載されている最新の掃除システム

 

AeroForceクリーニングシステムも無い、ハイパワーモーターも無いです

 

簡単な話しが、特徴が無い掃除システムという事です

 

他のメーカー(シャープ・東芝・パナソニック・日立)のロボット掃除機と同じような掃除システムになります

 

そのため、特許技術のAeroForceクリーニングシステムと比べると、10倍~5倍も吸引力が弱いのです

 

3段階クリーニングシステム

 

AeroForce クリーニングシステム 特許技術により、700・600・500モデルより吸引力が5倍~10倍も強い
3段階クリーニングシステム 900・800モデルと比べると、吸引力が5倍~10倍も弱い

 

そのため、ダニ・花粉などをしっかりと綺麗にしたい場合は、吸引力が強い「エアロフォースクリーニングシステム」を搭載したルンバを選ぶと良いですよ

 

吸引力の強さ一覧
i7 ・980モデルと同じ吸引力

 

(カーペットブーストが無いだけ)

e5 ・800モデルと同じ吸引力
980 ・ルンバの中で1番吸引力強い
961 ・800モデルと同じ吸引力
960 ・800モデルと同じ吸引力
800モデル ・ルンバ961、960と同じ吸引力
700モデル

・980、i7よりも10倍も吸引力が弱い

 

・961、960・800モデルよりも5倍も吸引力が弱い

600モデル

・980、i7よりも10倍も吸引力が弱い

 

・961、960・800モデルよりも5倍も吸引力が弱い

500モデル

・980、i7よりも10倍も吸引力が弱い

 

・961、960・800モデルよりも5倍も吸引力が弱い

 

この表からもわかる通り、ルンバシリーズの中で一番吸引力が強いのが「ルンバ980」「ルンバi7」です

 

選び方をまとめると

 

i7 ゴミがが多い家庭にオススメ

 

(カーペットが多い場合は、カーペットブーストがある980が良いでしょう)

980 じゅうたん・カーペット・ラグが多い家庭にオススメ

e5
961
960
800モデル

フローリング・畳が多い家庭にオススメ

700モデル
600モデル
500モデル

アレルギー体質の家族がいない、フローリング・畳が多い家庭にオススメ

 

ルンバi7・e5・980・961・960・800モデルは吸引力が強いので、ハウスダストもしっかりと吸い込んで綺麗にしてくれます

 

そのため、アレルギー対策の効果も期待できるので、家族にハウスダストに反応する人がいる場合は吸引力が強いモデルを選んでください

 

700・600・500モデルに関しては、吸引力が他のモデルに比べると弱いのでハウスダストを吸い込む量が少ないですね

 

選ぶ時の参考にしてください

 

値段が安いルンバはコチラ

 

空間認識能力が高いのはどれ?

 

ルンバで空間認識力が高く家具に当たらずスムーズに掃除できる機種を説明している電気屋の店員

 

  • ルンバi7
  • ルンバe5
  • ルンバ900
  • ルンバ800
  • ルンバ700
  • ルンバ600
  • ルンバ500

 

この中で、空間を認識する能力が高いのはどれなのか?

 

結論から言いますと、「ルンバ900モデル」「i7モデル」が一番高い!

 

ルンバe5・800・700・600・500モデルの空間認識力は同じになります

 

その理由は、空間を把握するシステムが違っています

 

i7モデル iAdapt3.0ビジュアルローカリゼーション
e5モデル iAdapt
900モデル iAdapt2.0ビジュアルローカリゼーション
800モデル iAdapt
700モデル iAdapt
600モデル iAdapt
500モデル iAdapt

 

このように、空間を認識する機能(システム)が違うんですよ

 

この2つのシステムを比べると、ルンバ900・i7モデルの方が部屋の家具の位置などの把握能力が高いです

 

動画で2つの空間認識システムを見てください

 

ルンバ900モデル

 

ルンバe5・800・700・600・500モデル

 

2つの動画を見て、違いがわかりましたか?

 

違いは、本体カメラの有無

 

ルンバ900・i7シリーズにある本体カメラ

 

  • ルンバe5・800・700・600・500モデルには、本体カメラが無いです
  •  

  • ルンバ900、i7モデルには、本体カメラがあります

 

そのため、空間全体の認識能力はルンバ900、i7モデルの方が高い

 

・i7モデル 本体カメラがある カメラがあるので、移動がスムーズ
・900モデル 本体カメラがある カメラで空間全体を把握するので移動がスムーズ

・e5
・800
・700
・600
・500

本体カメラが無い

センサーで家具を感知して進むので、少し移動が遅くなる

 

 

900、i7モデルは本体カメラによって、家具に近づく前に位置を把握出来るので、家具にぶつかる回数も少なく、移動もスムーズです

 

ルンバ900とi7シリーズにある本体カメラがある事で部屋の空間認識能力が高くなる

 

本体カメラが無いルンバe5・800・700・600・500モデルの場合は、センサーで家具を避けながら移動するので、ぶつかる回数も多く、移動もちょっとギコチナイ・・・

 

・i7モデル カメラで家具を認識するので、ぶつかる回数は少ない
・900モデル カメラで家具に近づかなくても認識出来るので、ぶつかる回数は少ない

・e5
・800
・700
・600
・500

センサーで家具を認識して進むので、ぶつかる回数は多くなる

 

そのため、家具が多い・部屋が広い場合は本体カメラがあるルンバ900、i7モデルを選んだ方が良いでしょう

 

稼働面積も違います

 

稼働面積はモデルで統一されています

 

例えば、600モデルなら690、680、654でも同じ稼働面積になります

 

i7

i7の稼働面積は「111畳以上」

 

(メーカーに確認済み)

e5

e5の稼働面積は「25畳」

 

(メーカーに確認済み)

900

900の稼働面積は「112畳」

 

(メーカーサイトで確認済み)

・800
・700
・600
・500

4つのモデルは全て、稼働面積が「25畳」です

 

800・700・600モデルはメーカーの資料で確認済み、資料はコチラ

 

500モデルはアマゾンの商品ページに稼働面積が記載されていました、商品ページはコチラ

 

 

段差を超える高さは同じです

 

部屋には段差がありますので、ルンバは何cmまで対応しているのか?

 

気になる人も多いので調べました

 

ルンバ 越えられる段差
i7モデル

2cm

 

(メーカーに確認済み)

e5モデル 2cm
900モデル 2cm
800モデル 2cm
700モデル 2cm
600モデル 2cm
500モデル 2cm

 

比較すると、全ての機種で約2cmの段差を越えて移動できます

 

実際に2cmの段差を越えている動画を紹介

 

ルンバ段差を超える

 

楽々と移動しているのがわかりますね

 

部屋の段差の高さを測ってから選んでください

 

もし、段差が2cm以上ある場合は室内用の段差スロープを使うといいですよ

 

サイズも色々あるので高さに合わせて選びましょう

 

お店 部屋用の段差スロープ
アマゾン アマゾンの口コミはコチラ
ラクテン 楽天の口コミはコチラ

 

エリア設定出来る、ルンバ

 

ルンバi7には特定の場所・部屋を掃除できる機能、エリア設定が搭載されました!

 

エリア設定が出来る機種が一目でわかるポイントを紹介

 

実は、900とi7モデルの空間システムは微妙に違っています

 

i7モデル iAdapt3.0ビジュアルローカリゼーション
900モデル iAdapt2.0ビジュアルローカリゼーション

 

比較するとわかりますが、iAdapt3.0とiAdapt2.0の数字が違ってます

 

メーカーに問い合わせたところ

 

エリア設定が出来る機種は、iAdapt3.0

 

エリア設定が出来ない機種は、iAdapt2.0

 

という回答でした

 

2019年3月の回答

 

わかりやすくまとめます

 

i7モデル

・部屋のマッピング
(間取りの記憶が出来る)

 

・部屋のどの部分を掃除するか決められる
(エリア設定)

 

・掃除した(移動)した場所を確認できる

900モデル

・部屋のマッピング
(間取りの記憶が出来る)

 

・エリア設定は無い

 

・掃除した(移動)した場所を確認できる

 

900モデルには「エリア設定」が無いです

 

エリア設定を簡単に説明すると、スマートフォンで部屋の特定の場所だけを掃除させる事が可能

 

例えば、部屋のカーペットの部分だけ掃除させるという事が出来る

 

動画で見たほうがわかりやすいので、見てください

 

エリア設定

 

部屋を自由に区切ったり、部屋ごとに掃除させる事も可能です

 

エリアに「名前」を付ける事が出来るので、管理しやすのも嬉しいですね

 

例えば、犬の散歩に行った時に「ワンちゃんエリア」だけを掃除させる事も可能です

 

エリア設定の数は、何個まで出来る?

 

メーカーに問い合わせたところ

 

110畳の部屋でもエリア設定が出来る

 

部屋の数はいくつでも設定できる

 

との回答でした

 

2019年3月の回答

 

つまり、10個でも20個でもエリア設定をして名前を付けて管理する事が出来るという事ですね

 

使い方
  • 子供がお菓子を食べる所を「お菓子エリア」に設定すれば、落ちたお菓子を綺麗に出来る
  •  

  • ペットがいつも寝ている所を「ワンちゃんエリア」に設定すれば、抜け毛も綺麗に出来る
  •  

  • 髪の毛を乾かす場所を「抜け毛エリア」に設定すれば、ドライヤーで吹き飛んだ髪の毛を綺麗に出来る
  •  

  • お父さんがタバコを吸う場所を「煙エリア」に設定すれば、落ちたタバコの灰を綺麗に出来る

 

人間も動物も決まった場所で寝たり、食べたりするのでその場所だけを掃除すれば効率がいいですよね?

 

便利な使い方としては、料理中に小麦粉を床に落とした!って時は掃除機ではなく、スマートフォンで小麦粉がある場所を「エリア設定」すればルンバが直行して、小麦粉を吸い込んでくれる

 

エリア設定が無いと、ルンバを小麦粉の所に持ってきて掃除させる必要がありましたからね

 

そう考えるとエリア設定って意外と便利かも?

 

スマートフォンにアプリをダウロードすれば、エリア設定が使えますよ

 

値段が気になるので調べてみました

 

値段チェック
i7モデル

i7:10万7000円
i7+:17万円

900モデル

980:11万円
960:7万円
961:7万5000円

2019年3月18日の時点の価格です

 

こうして比較すると、i7+の値段の高さにビックリですね

 

後で説明しますが、i7+は自動でゴミ捨てが出来る「クリーンベース」があるので高いんですよ

 

エリア設定がいらない人は、安い960が良いかも?

 

迷う人も多いですが、他の機能や性能も比較して選んでくださいね

 

空間認識システム一覧
iAdapt

ビジュアルローカリゼーション

本体カメラとセンサーの2つので空間認識をする
iAdapt 本体カメラ無し、センサーだけで家具の位置を把握する
エリア設定 特定の場所・部屋を掃除させる事ができる

 

i7モデル

iAdapt3.0ビジュアルローカリゼーション

 

(エリア設定が出来る)

 

i7+も同じです

e5 iAdapt
980 iAdapt2.0ビジュアルローカリゼーション
961 iAdapt2.0ビジュアルローカリゼーション
960 iAdapt2.0ビジュアルローカリゼーション
891 iAdapt
890 iAdapt
885 iAdapt
880 iAdapt
876 iAdapt
875Lite iAdapt
871 iAdapt
870 iAdapt
780 iAdapt
770 iAdapt
760 iAdapt
691 iAdapt
690 iAdapt
680 iAdapt
654 iAdapt
643 iAdapt
642 iAdapt
641 iAdapt
622 iAdapt
537J iAdapt
527J iAdapt

 

上記の表のように、空間を認識するシステムが機種によって違います

 

スムーズに移動できるルンバが欲しいのなら900、i7モデルを選ぶといいでしょう

 

エリア設定もしたいなら、i7モデルですね

 

値段が安いルンバはコチラ

 

自動再開モードがある

 

自動再開モードがあるルンバを説明している電気屋の店員

 

ルンバ900、i7モデルには、自動再開モードがありますが、e5・800・700・600・500モデルには無い

 

・i7モデル 自動再開モードがある
・900モデル 自動再開モードがある

・e5
・800
・700
・600
・500

自動再開モードが無い

 

自動再開機能を説明しますと、充電後に途中で掃除が終わった場所から掃除を再開する機能になります

 

自動再開までの流れを簡単に説明すると

 

  1. 掃除開始
  2. 掃除の途中でバッテリーの残量が少なくなると、自動で充電台に戻り充電
  3. 充電が終わると、掃除を中断した場所に戻り掃除を再開

 

自動再開モードがあると、効率よく掃除する事ができますよ

 

例えば、A部屋・B部屋があったとします

 

A部屋の掃除が終わった所で充電が切れてしまった場合、充電後はB部屋から掃除を再開してくれます

 

自動再開が無いと、また、同じA部屋を最初に掃除する事になるので効率が悪い

 

自動再開モードがある事で、掃除が終わったA部屋を2回も掃除する事なく最初からB部屋に直行してゴミを吸い込みます

 

ルンバ960とi7の自動再開機能の説明

 

自動再開の機能がある、ルンバ900、i7モデルの方が効率よく掃除できますよ

 

自動再開 自動で充電して、充電が終わったら中断した所に戻り掃除を再開する
自動充電 バッテリーが減ったら自動で充電台に戻り充電する

 

機種名 自動再開 自動充電
i7+ ある ある
i7 ある ある
e5 無い ある
980 ある ある
961 ある ある
960 ある ある
891 無い ある
890 無い ある
885 無い ある
880 無い ある
876 無い ある
875Lite 無い ある
871 無い ある
870 無い ある
780 無い ある
770 無い ある
760 無い ある
691 無い ある
690 無い ある
680 無い ある
654 無い ある
643 無い ある
642 無い ある
641 無い ある
622 無い ある
537J 無い ある
527J 無い ある

 

表のように、自動再開モードはルンバ900、i7モデルしかありません

 

そのため自動再開モードが欲しいのなら、900、i7モデルを選びましょう

 

自動充電は全ての機種にあります

 

値段が安いルンバはコチラ

 

運転時間が違う

 

運転時間が一番長いルンバを紹介している電気屋の店員

 

ルンバは機種によって運転時間が違います

 

i7+ 運転時間:75分 充電:3時間
i7 運転時間:75分 充電:3時間
e5 運転時間:90分 充電:3時間
980 運転時間:120分 充電:3時間
961 運転時間:75分 充電:3時間
960 運転時間:75分 充電:3時間
891 運転時間:60分 充電:3時間
890 運転時間:60分 充電:3時間
885 運転時間:60分 充電:3時間
880 運転時間:60分 充電:3時間
876 運転時間:60分 充電:3時間
875Lite 運転時間:60分 充電:3時間
871 運転時間:60分 充電:3時間
870 運転時間:60分 充電:3時間
780 運転時間:60分 充電:3時間
770 運転時間:60分 充電:3時間
760 運転時間:60分 充電:3時間
691 運転時間:60分 充電:3時間
690 運転時間:60分 充電:3時間
680 運転時間:60分 充電:3時間
654 運転時間:60分 充電:3時間
643 運転時間:60分 充電:3時間
642 運転時間:60分 充電:3時間
641 運転時間:60分 充電:3時間
622 運転時間:60分 充電:3時間
537J 運転時間:60分 充電:3時間
527J 運転時間:60分 充電:3時間

 

上記を見るとわかりますが、一番運転時間が長いのが980の120分ですね

 

充電時間は全て同じです

 

ただ、900モデルの3つに関しては運転時間が違います

 

980 運転時間:120分
961 運転時間:75分
960 運転時間:75分

 

900モデルでは、980が一番運転時間が長いです

 

他のモデルと比べても、900モデルの方が運転時間は長い

 

運転時間より、自動再開モードが有無が重要

 

私が考えるに、運転時間よりも、自動再開モードの方が大事です

 

なぜなら、自動再開モードがあれば途中でバッテリーが無くなっても、自動で充電し自動で掃除を再開しますので部屋全てを掃除する事が可能

 

ルンバe5・800・700・600・500モデルは、自動再開が無いので充電が終わっても、自動で掃除を再開できません

 

そのため、自動再開モードが無いルンバを部屋に持っていって電源ボタンを押して掃除をさせる手間があるんですよ

 

900、i7モデルには自動再開モードがあります

 

以上の事から運転時間よりも、自動再開機能がある方が重要ですね

 

私は、どれをを買おうか迷っているのならルンバ900、i7モデルをオススメしています

 

値段が安いルンバはコチラ

 

バッテリーの種類が違う

 

長持ちするバッテリーを搭載しているルンバを説明している電気屋の店員

 

ルンバは機種によって搭載されているバッテリーの種類が違います

 

同じモデルの中でも、バッテリー種類がバラバラなので注意!

 

i7+ リチウムイオン電池
i7 リチウムイオン電池
e5 リチウムイオン電池
980 リチウムイオン電池
961 リチウムイオン電池
960 リチウムイオン電池
891 リチウムイオン電池
890 リチウムイオン電池
885 リチウムイオン電池
880 ニッケル水素電池
876 リチウムイオン電池
875Lite リチウムイオン電池
871 ニッケル水素電池
870 ニッケル水素電池
780 ニッケル水素電池
770 ニッケル水素電池
760 ニッケル水素電池
691 リチウムイオン電池
690 リチウムイオン電池
680 リチウムイオン電池
654 ニッケル水素電池
643 リチウムイオン電池
642 リチウムイオン電池
641 リチウムイオン電池
622 ニッケル水素電池
537J ニッケル水素電池
527J ニッケル水素電池

 

このように、同じモデルでも内蔵されているバッテリーの種類が違います

 

バッテリーの種類が違うと何が変わるのか?

 

バッテリーの種類が違うだけで、劣化するスピード・自然放電する割合の大きさが違います

 

リチウムイオン電池

・バッテリーの劣化が少ないので寿命が長い
・自然放電が少ないのでバッテリーの残量が減りにくい

ニッケル水素電池

・バッテリーが劣化するスピードが、リチウムイオンに比べて早い
・自然放電する割合が大きいので、使ってないのに残量が大きく減る

 

簡単に説明するとこのような違いがあるんですよ

 

リチウムイオン電池は、劣化しにくく自然放電でバッテリーが減りにくいという特徴があります

 

そのため、スマートフォン・パソコン・車などに使われています

 

ニッケル水素電池の場合、1年~2年も使っているとフル充電しても早く充電が無くなりロボット掃除機が止まってしまう

 

携帯もバッテリーが劣化すると、すぐに充電が切れてしまいますよね?あれと同じ事が起こります

 

リチウムイオン電池に関しては、自然放電も少なく、劣化しにくいのでロボット掃除機がしっかりと部屋を長く掃除してくれます

 

バッテリー寿命も違います

 

メーカーに確認した所、リチウムイオンとニッケル水素電池では耐久年数が違います

 

リチウムイオン電池 ・3年以上は使える
ニッケル水素電池 ・約3年

(メーカーに確認済み)

 

メーカーにバッテリー寿命を問い合わせた所、普通に使っていれば

 

リチウムイオン電池なら「3年以上」

 

ニッケル水素電池なら「3年」は大丈夫という回答でした

 

2018年12月の回答

 

回数に計算すると恐らく、以下のような数値になる

 

リチウムイオン:約1300回
(1日1回充電すると、約3年6ヶ月)

 

ニッケル水素電池:約1000回
(1日1回充電すると、約3年)

 

もちろん、使用環境(温度・湿気)などによっても長くなったり短くなったりするので参考程度に考えてください

 

バッテリーは後から購入して交換できます

 

バッテリーが劣化してきたら別売りで購入して交換できますよ

 

お店 バッテリ「純正品」 バッテリ「互換品」
アマゾン アマゾンの口コミはコチラ アマゾンの口コミはコチラ

楽天 楽天の口コミはコチラ 楽天の口コミはコチラ

 

バッテリーは後から購入して簡単に交換できます

 

バッテリー交換動画

 

簡単に交換する事ができるので、女性でもできますよ

 

以上の事を参考にして選んでください

 

値段が安いルンバはコチラ

 

お部屋ナビ(ライトハウスモード)の有無

 

お部屋ナビ(ライトハウスモード)があるルンバを紹介している電気屋の店員

 

お部屋ナビ(ライトハウスモード)を使う事で、3部屋のゴミを綺麗に掃除してくれるので3つの部屋がある家に住んでいる人におすすめ

 

ルンバのお部屋ナビ機能

 

お部屋ナビ(ライトハウスモード)

お部屋ナビを使う事で、3部屋を効率よく確実に掃除する事が可能です

 

お部屋ナビはロボット掃除機を案内するナビゲーションだと思ってください、迷子にならずに3部屋をスムーズに移動してくれますよ

 

ルンバのモデルには、お部屋ナビ(ライトハウスモード)が有る機種と無い機種があります

 

そのため、ライトハウスモードを使いたい場合は注意して選んでください

 

お部屋ナビ(ライトハウスモード)がある機種
i7+ 無い
i7 無い
e5 無い
980 無い
961 無い
960 無い
891 無い
890 無い
885 お部屋ナビ(ライトハウスモード)がある
880 お部屋ナビ(ライトハウスモード)がある
876 無い
875Lite 無い
871 無い
870 無い
780 お部屋ナビ(ライトハウスモード)がある
770 無い
760 無い
691 無い
690 無い
680 無い
654 無い
643 無い
642 無い
641 無い
622 無い
537J 無い
527J 無い

 

表を見ると885、880、780の3つしかお部屋ナビ(ライトハウスモード)の機能がありません

 

そのため、3部屋を効率よく掃除させたい場合は、885、880、780を選ぶと良いでしょう

 

また、他の機種にお部屋ナビを使おうとしても対応していませんので、ライトハウスモードは使えないので注意

 

例えば、ルンバ980にお部屋ナビでライトハウスモードは使えないです

 

お部屋ナビ(ライトハウスモード)がある事で、3部屋を順番に掃除させる事が可能です

 

例えば、A・B・Cの部屋を順番に移動させる事ができます

 

お部屋ナビ(ライトハウスモード)が無いと、道に迷ってしまい、3つの部屋を正確に移動できない

 

つまり、お部屋ナビ(ライトハウスモード)は道を教えてくれる、車のカーナビと同じだと思ってください

 

カーナビがあると知らない道でも迷わず目的地に着けますよね?

 

実際に動画で見てください

 

お部屋ナビ(ライトハウスモード)

 

お部屋ナビがルンバを正確に、部屋に案内してくれるので、3つの部屋があっても掃除漏れが発生しません

 

そのため、3つ部屋がある場合はルンバ885、880、780を選んだ方がいいでしょう

 

お部屋ナビはバーチャルウォール機能もあります

 

お部屋ナビ

・バーチャルウォール
・ライトハウスモード

 

お部屋ナビを切り替える事で、この2つのモードが使えます

 

バーチャルウォールは、見えない壁を作ってルンバが侵入出来ないようにしてくれます

 

ルンバのバーチャルウォール機能
ルンバのバーチャルウォールの適応範囲

 

部屋のドアの所に置いておけば、その部屋に入る事は出来なくなるので、赤ちゃんが寝ている部屋に入ってほしくない場合はバーチャルウォールを利用するといいでしょう

 

動画で確認してください

 

バーチャルウォール

 

バーチャルウォールは全てのルンバにある機能です

 

i7 バーチャルウォールがある
e5 バーチャルウォールがある
900モデル バーチャルウォールがある
800モデル バーチャルウォールがある
700モデル バーチャルウォールがある
600モデル バーチャルウォールがある
500モデル バーチャルウォールがある

 

バーチャルウォールに関しては、ルンバの全てのモデルで使える機能です

 

ライトハウスモードは、このような機能があるので生活環境に合わせて選んでください

 

もっと詳しく、ライトハウスモードを説明して、3部屋だけでなく4・5部屋も掃除できる方法を紹介しています

 

4部屋、5部屋も掃除したい人の使い方はコチラをクリック

 

3部屋以上も効率よく掃除したい人は上記の記事を読んでください

 

値段が安いルンバはコチラ

 

スマートフォン・スマートスピーカーの有無

 

スマートフォン操作が出来るルンバを紹介している電気屋の店員

 

 

ルンバのスマートフォン操作機能

 

  1. スマートフォン操作
  2. スマートスピーカー

 

この2つを順番に説明していきます

 

スマートフォン操作が出来る事で、仕事中・旅行中でもルンバを動かす事が可能になります

 

実際にスマートフォン操作している動画を見てください

 

ルンバをスマートフォンで操作

 

電波がある所では、日本全国どこにいてもルンバを動かす事が出来ますよ

 

そのため、家にいる時間が少ない一人暮らしの人、旅行が好きな人はスマートフォン操作が出来る機種を選びましょう

 

家にいない時でも、ルンバが部屋のゴミを綺麗にしてくれますよ

 

若い人は特に、スマートフォン操作が出来るルンバを選ぶ事が多いです

 

スマートスピーカーにも対応してます

 

スマートフォンに対応しているルンバであれば、別売りの「スマートスピーカー」を買う事で、言葉で「ルンバ掃除して」と言うだけで掃除を開始してくれます

 

実際に動画で見てください

 

ルンバの音声操作

 

 

「スマートスピーカー」にルンバを登録しておけば、動画のように言葉で操作できます

 

動画で使われていたのが「アマゾンのAlexa」というスマートスピーカーです

 

Echo Spot (エコースポット) - スクリーン付きスマートスピーカー with Alexa、ブラック

新品価格
¥14,980から
(2019/1/6 15:13時点)

 

Echo 第2世代 - スマートスピーカー with Alexa、チャコール

新品価格
¥11,980から
(2019/1/6 15:13時点)

 

液晶付きから、普通のスピーカータイプまであるので好みに合わせて選んでください

 

注意

 

ルンバのメーカーにスマートスピーカーの事を問い合わせたら

 

「iRobotR HOMEアプリ」に対応しているルンバであれば、スマートスピーカーで音声操作が出来ると言われました

 

しかし、スマートスピーカーによっては「相性」などの問題で「音声操作が出来ない」事もありますので注意してくださいとの事

 

つまり、全てのスマートスピーカーに対応しているわけではないので注意

 

2019年1月の回答

 

スマートフォン操作が出来る機種と出来ない機種がありますので、紹介します

 

ルンバ スマートフォン操作 スマートスピーカー操作
i7+ 出来る 出来る
i7 出来る 出来る
e5 出来る 出来る
980 出来る 出来る
961 出来る 出来る
960 出来る 出来る
891 出来る 出来る
890 出来る 出来る
885 出来ない 出来ない
880 出来ない 出来ない
876 出来ない 出来ない
875Lite 出来ない 出来ない
871 出来ない 出来ない
870 出来ない 出来ない
780 出来ない 出来ない
770 出来ない 出来ない
760 出来ない 出来ない
691 出来る 出来る
690 出来る 出来る
680 出来ない 出来ない
654 出来ない 出来ない
643 出来ない 出来ない
642 出来ない 出来ない
641 出来ない 出来ない
622 出来ない 出来ない
537J 出来ない 出来ない
527J 出来ない 出来ない

(ルンバのメーカーに確認済み)

 

「iRobotR HOMEアプリ」が使える機種であれば「スマートスピーカー」で音声操作が可能です

 

しかし先程も言いましたが、スマートスピーカーとの「相性」の問題がありますので必ず使えると保証できないとメーカーに言われてますので注意してくださいね

 

心配な人は動画などで使われているスマートスピーカーを選ぶと良いでしょう

 

値段が安いルンバはコチラ

 

リモナビ(リモコン)の有無

 

リモナビ(リモコン)が出来るルンバを紹介している電気屋の店員

 

室内でリモコン操作が出来る、機種があります

 

ルンバのリモナビ機能

 

リモナビがある事で、家の中にいる時はリモナビ(リモコン)でルンバを操作する事が可能

 

リモコンでテレビの電源を入れるように、ルンバの電源を入れたり消したり出来ます

 

また、左右前に移動させる事もできますよ

 

スマートフォン機能が無いけど、リモナビ(リモコン)がある機種を紹介します

 

リモナビ(リモコン)で出来る事
リモナビ(リモコン)の機能

・離れた所から、ルンバを右左前に操作できる
・電源ON/OFFができる

 

実際に動画で見てみましょう

 

リモナビ(リモコン)で操作

 

リモナビがあれば、手元のリモコンだけで電源を入れたり切ったり、好きな場所に移動させたりする事ができます

 

そのため、家の中でリモコンで操作したい場合は、リモナビ(リモコン)付きのルンバを選んでください

 

リモナビ(リモコン)一覧
i7 無い

 

・スマートフォン操作は出来る

 

i7+も同じ

 

e5 無い

 

・スマートフォン操作は出来る

 

980 無い

 

・スマートフォン操作は出来る

 

961 無い

 

・スマートフォン操作は出来る

 

960 無い

 

・スマートフォン操作は出来る

 

891 無い

 

・スマートフォン操作は出来る

 

890 無い

 

・スマートフォン操作は出来る

 

885 リモナビ(リモコン)がある
880 リモナビ(リモコン)がある
876 無い
875Lite 無い
871 リモナビ(リモコン)がある
870 リモナビ(リモコン)がある
780 リモナビ(リモコン)がある
770 リモナビ(リモコン)がある
760 リモナビ(リモコン)がある
691 無い

 

・スマートフォン操作は出来る

 

690 無い

 

・スマートフォン操作は出来る

 

680 無い
654 無い
643 無い
642 無い
641 無い
622 リモナビ(リモコン)がある
537J リモナビ(リモコン)がある
527J リモナビ(リモコン)がある

 

こうして見ると、スマートフォン操作が出来ないルンバには、リモナビ(リモコン)が付いてくる機種が多いですね

 

スマートフォン操作が出来れば、リモコンは必要ないです

 

外から操作したい場合

スマートフォン操作が出来る機種

家の中で操作したい場合

リモナビ(リモコン)がある機種

 

このように選ぶといいでしょう

 

値段が安いルンバはコチラ

 

10ヶ月後メンテナンスサービスの有無

 

10ヶ月後メンテナンスサービスがあるルンバを紹介している電気屋の店員

 

ルンバには、購入後から10ヶ月でメンテナンスサービスが付いてくる機種があります

 

10ヶ月後メンテナンスがある事で、ルンバをベストな状態にする事ができます

 

本来であれば、1万8500円~2万2500円かかるメンテナンス代が無料!

 

メンテナンスの内容

・点検・清掃
・不具合箇所の修理
・消耗品の交換

 

上記のようなメンテナンスをして貰えるので、10ヶ月使ってみて気になる部分を修理してもらう事も可能です

 

送る場合も、宅急便が家まで引き取りに来てくれるので、あなたはダンボールにルンバを入れるだけ!

 

メンテナンスが苦手な人にオススメなサービスですね

 

メンテナンスサービスがある機種一覧
i7+ 無い
i7 無い
e5 無い
980 無い
961 無い
960 無い
891 無い
890 無い
885 10ヶ月後メンテナンスがある
880 無い
876 無い
875Lite 無い
871 無い
870 無い
780 無い
770 無い
760 無い
691 無い
690 無い
680 無い
654 無い
643 無い
642 無い
641 無い
622 無い
537J 無い
527J 無い

 

10ヶ月後メンテナンスサービスがあるのは、ルンバ885だけですね

 

そのため、メンテナンスサービスを受けたい人は、885を選びましょう

 

値段が安いルンバはコチラ

 

オートバーチャルウォールの有無

 

オートバーチャルウォールがあるルンバを紹介している電気屋の店員

 

「オートバーチャルウォール」がある、機種があります

 

オートバーチャルウォールとデュアルバーチャルウォールの違い
オートバーチャルウォール

・ルンバと連動して、電源が入ります

 

・ヘイローモードは無い

デュアルバーチャルウォール

・電源は入りっぱなし

 

・ヘイローモードがある

 

このように、違ってきます

 

オートバーチャルウォールは、ルンバの電源を入れると、バーチャルウォールの電源も連動してスイッチが入る仕組みです

 

これにより、バーチャルウォールの電池を節約できる

 

デュアルバーチャルウォールは、ルンバが動いてなくても電源が入りっぱなしなので電池の消耗が早い

 

これが、大きな違いですね

 

後は、ヘイローモードが有るか無いかの違いです

 

古いモデルに付いてくるのが、オートバーチャルウォールですね

 

新しいルンバはデュアルバーチャルウォールが主流です、なぜなら、ヘイローモードも使えるから便利なんですよ

 

デュアルバーチャルウォールの機能

 

動画のように、デュアルバーチャルウォールは「バーチャルウォール」と「ヘイローモード」の2つが使えます

 

オートバーチャルウォールは「ヘイローモードが使えない」ので、ペットがいる家庭だと、ルンバが容器に突っ込むので不便に感じます

 

バーチャルウォールの機種一覧
i7+ デュアルバーチャルウォール ヘイローモードが使える
i7 デュアルバーチャルウォール ヘイローモードが使える
e5 デュアルバーチャルウォール ヘイローモードが使える
980 デュアルバーチャルウォール ヘイローモードが使える
961 デュアルバーチャルウォール ヘイローモードが使える
960 デュアルバーチャルウォール ヘイローモードが使える
891 デュアルバーチャルウォール ヘイローモードが使える
890 デュアルバーチャルウォール ヘイローモードが使える
885 お部屋ナビ(バーチャルウォール機能付き) ・ヘイローモードが無い

・3部屋を案内機能がある

880 お部屋ナビ(バーチャルウォール機能付き) ・ヘイローモードが無い

・3部屋案内機能がある

876 デュアルバーチャルウォール ヘイローモードが使える
875Lite オートバーチャルウォール ヘイローモードが無い
871 オートバーチャルウォール ヘイローモードが無い
870 オートバーチャルウォール ヘイローモードが無い
780 お部屋ナビ(バーチャルウォール機能付き) ・ヘイローモードが無い

・3部屋案内機能がある

770 オートバーチャルウォール ヘイローモードが無い
760 オートバーチャルウォール ヘイローモードが無い
691 デュアルバーチャルウォール ヘイローモードが使える
690 デュアルバーチャルウォール ヘイローモードが使える
680 デュアルバーチャルウォール ヘイローモードが使える
654 オートバーチャルウォール ヘイローモードが無い
643 デュアルバーチャルウォール ヘイローモードが使える
642 デュアルバーチャルウォール ヘイローモードが使える
641 デュアルバーチャルウォール ヘイローモードが使える
622 オートバーチャルウォール ヘイローモードが無い
537J バーチャルウォール ヘイローモードが無い
527J バーチャルウォール ヘイローモードが無い

 

このように付いてくる機種が違うので、先程の説明を参考にして選んでください

 

値段が安いルンバはコチラ

 

ヘイローモードの有無

 

ヘイローモードがあるルンバを紹介している電気屋の店員

 

ペットを飼っている家庭ですと、ヘイローモードは重要な機能なので紹介します

 

ヘイローモードがある事で、犬・猫のエサ容器にルンバが当たらないようにする事ができる

 

ルンバのヘイローモードの詳しい説明
ルンバのヘイローモードの半径

 

このように、エサ容器の所に専用の機械を置いておけばその中には入ってこないので、容器にぶつかる心配はありません

 

動画で見てください

 

ヘイローモード

 

エサ容器に突っ込まないので、ペットを飼っている人はヘイローモードがあるルンバを選ぶと良いでしょう

 

i7+ ヘイローモードがある
i7 ヘイローモードがある
e5 ヘイローモードがある
980 ヘイローモードがある
961 ヘイローモードがある
960 ヘイローモードがある
891 ヘイローモードがある
890 ヘイローモードがある
885 無し
880 無し
876 ヘイローモードがある
875Lite 無し
871 無し
870 無し
780 無し
770 無し
760 無し
691 ヘイローモードがある
690 ヘイローモードがある
680 ヘイローモードがある
654 無し
643 ヘイローモードがある
642 ヘイローモードがある
641 ヘイローモードがある
622 無し
537J 無し
527J 無し

 

機種によってヘイローモードが無いので選ぶ時に気をつけてください

 

値段が安いルンバはコチラ

 

ダートディテクトモードの有無

 

ダートディテクトモードがあるルンバを紹介している電気屋の店員

 

 

ルンバのダートディテクトモードの詳しい説明

 

ルンバ500モデルには、ダートディテクトモードが無い

 

そのため、ゴミの取り残しが発生してしまう可能性が高いですね

 

実際に動画で見てみましょう

 

ダートディテクトモード

 

ゴミが多い場所を集中的にグルグル回って掃除しているのがわります

 

これにより、ゴミが溜まっている場所でも綺麗にする事が出来る

 

では、ダートディテクトモードが無い、ロボット掃除機の動きも紹介

 

動画の左側がダートディテクトモードが無いタイプ

 

ダートディテクトモードが無い

 

左側のロボット掃除機は、ゴミがあるのにそのまま進んでいますし、戻ってきてもゴミがある場所を忘れているので掃除するのに時間がかかってます

 

ダートディテクトモードがあるルンバでは、ゴミが多い場所をセンサーで感知してその場所を集中的に動いて掃除するので、終わるスピードも早いし、取り残しも少ない

 

このようなメリットがあります

 

ダートディテクトモードは、ルンバ500モデル以外は全て搭載されていますので安心してください

 

i7モデル ダートディテクトモードがある
e5 ダートディテクトモードがある
900モデル ダートディテクトモードがある
800モデル ダートディテクトモードがある
700モデル ダートディテクトモードがある
600モデル ダートディテクトモードがある
500モデル 無い

 

そのため、ゴミを早く綺麗にしたい場合はダートディテクトモードもあるモデルを選ぶと良いでしょう

 

値段が安いルンバはコチラ

 

ゴミセンサーの数の違い

 

ゴミセンサーダブルがあるルンバを紹介している電気屋の店員

 

ルンバに搭載されている、ゴミセンサーの数がモデルによって違います

 

ゴミセンサーが2つあるモデル、1つしかないモデルがあります

 

i7+ ゴミセンサー
i7 ゴミセンサー
e5 ゴミセンサー
980 ゴミセンサーダブル
961 ゴミセンサーダブル
960 ゴミセンサーダブル
891 ゴミセンサーダブル
890 ゴミセンサーダブル
885 ゴミセンサーダブル
880 ゴミセンサーダブル
876 ゴミセンサーダブル
875Lite ゴミセンサーダブル
871 ゴミセンサーダブル
870 ゴミセンサーダブル
780 ゴミセンサーダブル
770 ゴミセンサーダブル
760 ゴミセンサー
691 ゴミセンサー
690 ゴミセンサー
680 ゴミセンサー
654 ゴミセンサー
643 ゴミセンサー
642 ゴミセンサー
641 ゴミセンサー
622 ゴミセンサー

 

センサーの種類
ゴミセンサー ・ゴミセンサー(ピエゾ)
ゴミセンサーダブル

・ゴミセンサー(ピエゾ)
・高度ヒカリセンサー

 

ゴミセンサーダブルには、高度ヒカリセンサーも搭載されています

 

この、高度ヒカリセンサーは、軽いゴミでも感知できるぐらい感度が高い

 

そのため、床のゴミを検知できる能力は、ゴミセンサーダブルの機種の方がゴミを見つけやすいですよ

 

ルンバは、センサーで床のゴミを検知しながら掃除するので、ゴミセンサーは意外と重要!

 

小さいゴミでも気になる人はセンサーが2つある、ゴミセンサーダブルがある機種を選んだ方が良いでしょう

 

値段が安いルンバはコチラ

 

ゴミフルサイン・ゴミ容量・クリーンベースの有無

 

ゴミフルサインがあるルンバを紹介している電気屋の店員

 

  1. ゴミフルサイン
  2. ダストボックス容量
  3. クリーンベース

 

この3つを順番に説明していきます

 

ゴミフルサインは、ゴミが一杯になったよ!と知らせるランプになります

 

緑の矢印の所にある、赤いゴミ箱マークが、ゴミフルサインになり、ゴミが溜まったらこの部分が赤く光って教えてくれるので、そのタイミングでゴミを捨てましょう

 

ルンバのゴミフルサイン機能

 

これがないと数日に一回は確認しないといけません

 

ゴミフルサインがあれば、ランプが光ったら溜まったゴミを捨てればいいだけ、確認する手間が減ります

 

ダスト容器の水洗いが出来る機種もある

 

今までは、故障の原因となるのでルンバのダスト容器(ゴミが溜まる部分)の水洗いは出来ませんでした

 

しかし、ルンバe5、i7は水洗い出来るダスト容器を採用しているので、ゴミを捨てた後にくっついている細いゴミも綺麗に水洗いできるので衛生的だし、臭いの発生もしにくい

 

ルンバe5、i7のダスト容器は水洗い出来る

 

画像のように、水洗い出来ますのでダスト容器が汚いまま使うのに抵抗がある人に人気です

 

ダストボックスの容量も違います

 

ルンバは機種によってダストボックス容量(ゴミが溜まる場所)の大きさが違います

 

容量が大きい方がゴミを捨てる回数が少くなりますよ

 

i7+はクリーンベース(自動ゴミ収集機)がある

 

ルンバ i7+には、自動で本体のゴミを回収してくれるクリーンベースがあります

 

ルンバ i7+のクリーンベースの仕組み
ルンバ i7+のクリーンベースで本体のゴミを吸い込んで回収する

 

赤い矢印の機械が、クリーンベースになります

 

ルンバを充電しながら、本体に溜まったゴミをクリーンベースが吸い上げて回収します

 

そのため、あなたがゴミを捨てる回数が劇的に減る!

 

メーカーの説明では、約30回分のゴミをクリーンベースに溜めておく事が出来るので、単純に考えれば約30回もゴミ捨てをする必要が無くなった

 

クリーンベースは紙パック式

 

クリーンベースは紙パック式を採用しているので、30回のゴミが溜まっても簡単に捨てる事ができますよ

 

紙パックをゴミ箱に、ポイ!って捨てるだけでOK

 

ルンバ i7+のクリーンベースは紙パック式なのでゴミ捨て時にハウスダストが舞い上がらない

 

ハウスダストが舞い上がって吸い込む心配が無いのが嬉しいですね

 

実際に動画で見てください

 

クリーンベースの仕組み

 

充電とゴミ捨てを同時にするので、より自動化が進んだとも言えますね

 

交換用の紙パックの値段

 

クリーンベースの紙パックは、楽天で購入できます

 

4648034 iRobot 交換用紙パック(3枚セット) ルンバ I7 用

価格:2,130円
(2019/3/21 08:31時点)
感想(0件)

 

1枚で2ヶ月~3ヶ月持つので、3枚だと6ヶ月~9ヶ月使えます

 

そう考えれば、コスパは良いほうです

 

クリーンベース

・本体のゴミ捨てが面倒な人
・ゴミ捨ての時に、ハウスダストを吸いたくない人
・お店や倉庫など、大量のゴミがある人

 

上記に当てはまる人に、クリーンベースがオススメです

 

ルンバ 機能まとめ
i7+

・ゴミフルサイン
・ダスト容器水洗い
・本体ダスト容量:非公開
・クリーンベース
・クリーンベースダスト容量:約30回分

i7

・ゴミフルサイン
・ダスト容器水洗い
・ダスト容量:非公開

e5

・ダスト容器水洗い
・ダスト容量:非公開

980

・ゴミフルサイン
・ダスト容量:0.6L

961

・ゴミフルサイン
・ダスト容量:0.6L

960

・ゴミフルサイン
・ダスト容量:0.6L

891

・ゴミフルサイン
・ダスト容量:0.6L

890

・ゴミフルサイン
・ダスト容量:0.6L

885

・ゴミフルサイン
・ダスト容量:0.6L

880

・ゴミフルサイン
・ダスト容量:0.6L

876

・ゴミフルサイン
・ダスト容量:0.6L

875Lite

・ゴミフルサイン
・ダスト容量:0.6L

871

・ゴミフルサイン
・ダスト容量:0.6L

870

・ゴミフルサイン
・ダスト容量:0.6L

780

・ゴミフルサイン
・ダスト容量:0.26L

770

・ゴミフルサイン
・ダスト容量:0.26L

760 ・ダスト容量:0.26L
691 ・ダスト容量:0.25L
690 ・ダスト容量:0.25L
680 ・ダスト容量:0.25L
654 ・ダスト容量:0.23L
643 ・ダスト容量:0.25L
642 ・ダスト容量:0.25L
641 ・ダスト容量:0.25L
622 ・ダスト容量:0.23L
537J ・ダスト容量:不明
527J ・ダスト容量:不明

(メーカーに確認済み)

 

メーカーにダストボックス容量について確認した所、以下の回答がありました

 

i7は非公開
e5は非公開
900・800モデルは同じ容量の0.6L
700モデルは0.26L
600モデルは、古い機種は0.23L、新しい機種は構造が少し変わったので0.25L
500モデルは聞くのを忘れました・・・すいません

 

2018年12月の回答

 

機能が書かれていないのは、無いという事です

 

例えば「ゴミフルサイン」が書かれていない機種は、無いという意味です

 

表のように、機種によってゴミフルサインの有無とダスト容器の水洗いが違いますね

 

また、クリーンベースがあるのはi7+だけです

 

選ぶ時の参考にしてください

 

値段が安いルンバはコチラ

 

スケジュール機能の有無

 

スケジュールがあるルンバを紹介している電気屋の店員

 

ルンバに時刻を設定すると、その時間に自動で掃除を始める、スケジュール機能があります

 

このスケジュール機能があれば、毎回ルンバの電源を入れる手間がなくなります

 

例えば、あなたの仕事が午前9時~午後18時までなら、スケジュール機能で9時に設定すればあなたが仕事中にルンバもお掃除をしてくれる

 

スマートフォン操作が出来なくても、スケジュール機能があれば、仕事中・旅行中もルンバが決まった時間に掃除してくれますよ

 

実際にスケジュール機能を動画で見てください

 

スケジュール設定

 

スマートフォンでスケジュール設定

 

スマートフォンでも設定できますし、ルンバ本体に時刻を設定する事もできます

 

一度設定すれば、決まった時間・曜日に自動で掃除してくれますので凄く便利な機能なので購入したら是非とも使いこなしてください

 

i7

スケジュール機能がある

 

・スマートフォン操作も出来る

 

i7+も同じです

e5

スケジュール機能がある

 

・スマートフォン操作も出来る

980

スケジュール機能がある

 

・スマートフォン操作も出来る

961

スケジュール機能がある

 

・スマートフォン操作も出来る

960

スケジュール機能がある

 

・スマートフォン操作も出来る

891

スケジュール機能がある

 

・スマートフォン操作も出来る

890

スケジュール機能がある

 

・スマートフォン操作も出来る

885 スケジュール機能がある
880 スケジュール機能がある
876 スケジュール機能がある
875Lite スケジュール機能がある
871 スケジュール機能がある
870 スケジュール機能がある
780 スケジュール機能がある
770 スケジュール機能がある
760 スケジュール機能がある
691

スケジュール機能がある

 

・スマートフォン操作も出来る

690

スケジュール機能がある

 

・スマートフォン操作も出来る

680 スケジュール機能がある
654 スケジュール機能がある
643 無い
642 無い
641 無い
622 無い
537J 無い
527J 無い

 

スケジュール機能があった方が便利なので、私はある機種をオススメしています

 

値段が安いルンバはコチラ

 

フィルター性能が違う

 

ルンバロボット掃除機の排気フィルター性能が高い機種を説明している電気屋の店員

 

ルンバはモデルによって、排気フィルターの性能が違います

 

フィルターには、2つありまして

 

HEPAフィルター 粒径が0.3 μmの粒子を99.97%以上もフィルターで外に出るのを防ぐ

(ダストカットフィルター)

簡易フィルター 性能は不明 (粒径が0.3 μmの粒子は通過して外に出てしまう)

 

このように、高性能なHEPAフィルターが搭載された方が綺麗な空気を排出してくれますよ

 

では、HEPAフィルターと簡易フィルターではどのくらい違うのか?

 

動画を紹介します

 

HEPAフィルター

 

普通のフィルターでは、細かい粒子の煙が出ていますが、HEPAフィルターに交換すると煙は一切出てこなくなりました

 

このような性能の違いがあります

 

ロボット掃除機は家の中を移動して掃除しますから、フィルター性能は大事です

 

そのため、アレルギー体質の人が家族にいる人はHEPAフィルター搭載の機種を選んでください

 

i7+ HEPAフィルター
i7 HEPAフィルター
e5

HEPAフィルター

 

メーカーサイトには「e5 only」と書かれていますが
「素材や編み目」が違うだけで、i7・900・800・700モデルと性能は同じです

 

(メーカーに確認済み)

980

HEPAフィルター

961

HEPAフィルター

960

HEPAフィルター

891

HEPAフィルター

890

HEPAフィルター

885

HEPAフィルター

880

HEPAフィルター

876

HEPAフィルター

875Lite

HEPAフィルター

871

HEPAフィルター

870

HEPAフィルター

780

HEPAフィルター

770

HEPAフィルター

760

HEPAフィルター

691

簡易フィルター

690

簡易フィルター

680

簡易フィルター

654

簡易フィルター

643

簡易フィルター

642

簡易フィルター

641

簡易フィルター

622

簡易フィルター

537J

簡易フィルター

527J

簡易フィルター

 

搭載されているフィルターは上記の通りです

 

空気の汚れを気にする人はHEPAフィルターが搭載している機種を選んだ方がいいでしょう

 

値段が安いルンバはコチラ

 

以上が、全てのモデルの機能でした

 

共通機能

 

ルンバ全てのモデルに共通してある、機能を紹介

 

ゴミセンサー 床のゴミを検知するセンサーが付いてます

バーチャル
ウォールモード

機械から直線で3メートルは入れないようにできます
からまり防止機能 テレビコード等が、からまるのを防止する

ソフトタッチ
バンパー機能

家具へのショックも最小限するので、傷を付けにくい
段差 約2センチの段差を越えて移動できます

 

(i7も同じです、メーカーに確認済み)

 

上記が、ルンバの全てのモデルに共通してある機能です

 

選ぶ時の参考にしてください

 

ルンバ一覧

 

ロボット掃除機の支払い方法を説明

 

ルンバ i7+

 

ルンバ 商品名
ルンバi7+ ルンバi7+

運転75分・充電3時間
面積111畳・集塵容量:非公開
クリーンベースある
(自動で本体のゴミを収集)
吸引力
(600モデルより10倍強い)
自動再開ある
自動充電ある
スマートフォン対応
(間取り記憶・エリア設定が出来る)
スマートスピーカー対応
エリア侵入禁止ある
(ヘイロ・バーチャルの2つ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.1cm×高さ9.2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはこちら

 

 

付属品

クリーンベース
デュアルバーチャルウォール×1
交換用紙パック×1
交換用ダストカットフィルター×1

 

ルンバ i7

 

ルンバ 商品名
ルンバ i7 ルンバi7

運転75分・充電3時間
面積111畳・集塵容量:非公開
吸引力
(600モデルより10倍強い)
自動再開ある
自動充電ある
スマートフォン対応
(間取り記憶・エリア設定が出来る)
スマートスピーカー対応
エリア侵入禁止ある
(ヘイロ・バーチャルの2つ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.1cm×高さ9.2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

 

付属品

クリーンベース
デュアルバーチャルウォール×1
交換用紙パック×1
交換用ダストカットフィルター×1

 

ルンバe5

 

画像 商品名
ルンバe5本体 ルンバe5

運転90分・充電3時間
面積:25畳・集塵容量:非公開
吸引力
(600モデルより5倍強い)
自動充電ある
スマートフォン対応
スマートスピーカー対応
エリア侵入禁止ある
(ヘイロ・バーチャルの2つ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.1cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

 

付属品

デュアルバーチャルウォール×1
交換用ダストカットフィルター×1

 

ルンバ980

 

画像 商品名
ルンバ980

ルンバ980
運転120分・充電3時間
面積112畳・集塵容量0.6L
吸引力
(600モデルより10倍強い)
カーペットブースト
(吸引力アップ)
自動再開ある
自動充電ある
スマートフォン対応
(間取りの記憶が出来る)
スマートスピーカー対応
エリア侵入禁止ある
(ヘイロ・バーチャルの2つ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.3cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

 

付属品

・デュアルバーチャルウォール×2
・交換用ダストカットフィルター×2
・交換用 エッジクリーニングブラシ×2

 

ルンバ961

 

画像 商品名
ルンバ961本体 ルンバ961

運転75分・充電3時間
面積112畳・集塵容量0.6L
吸引力
(600モデルより5倍強い)
自動再開ある
自動充電ある
スマートフォン対応
(間取りの記憶が出来る)
スマートスピーカー対応
エリア侵入禁止ある
(ヘイロ・バーチャルの2つ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.3cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天には売ってません

 

 

付属品

・デュアルバーチャルウォール×1
・交換用ダストカットフィルター×1
・交換用 エッジクリーニングブラシ×1

 

ルンバ960

 

画像 商品名
ルンバ960

ルンバ960
運転75分・充電3時間
面積112畳・集塵容量0.6L
吸引力
(600モデルより5倍強い)
自動再開ある
自動充電ある
スマートフォン対応
(間取りの記憶が出来る)
スマートスピーカー対応
エリア侵入禁止ある
(ヘイロ・バーチャルの2つ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.3cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

 

付属品

・デュアルバーチャルウォール×1
・交換用ダストカットフィルター×1
・交換用 エッジクリーニングブラシ×1

 

800モデル

 

ルンバ891

 

画像 商品名
ルンバ891本体 ルンバ891

運転75分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.6L
吸引力
(600モデルより5倍強い)
自動充電ある
スマートフォン対応
スマートスピーカー対応
エリア侵入禁止ある
(ヘイロ・バーチャルの2つ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.3cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天では売ってません

 

 

付属品

・デュアルバーチャルウォール×1
・交換用ダストカットフィルター×1

 

ルンバ890

 

画像 商品名
ルンバ890の機能や性能

ルンバ890
運転75分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.6L
自動充電ある
吸引力
(600モデルより5倍強い)
スマートフォン対応
スマートスピーカー対応
エリア侵入禁止ある
(ヘイロ・バーチャルの2つ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.3cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

 

付属品

・デュアルバーチャルウォール×1
・交換用ダストカットフィルター×1

 

ルンバ885

 

画像 商品名
ルンバ885の機能や性能

ルンバ885
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.6L
吸引力
(600モデルより5倍強い)
自動充電ある
リモコンある
エリア侵入禁止ある
(バーチャル・お部屋ナビ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.3cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

 

付属品

・お部屋ナビ(バーチャルウォール機能付き)×2
・交換用ダストカットフィルター×2
・交換用エッジクリーニングブラシ×2
・リモナビ(リモコン)

 

ルンバ880

 

画像 商品名
ルンバ880の機能や性能

ルンバ880
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.6L
吸引力
(600モデルより5倍強い)
充電充電ある
リモコンある
エリア侵入禁止ある
(バーチャル・お部屋ナビ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.3cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

 

付属品

・お部屋ナビ(バーチャルウォール機能付き)×2
・交換用ダストカットフィルター×2
・交換用エッジクリーニングブラシ×2
・リモナビ(リモコン)

 

ルンバ876

 

画像 商品名
ルンバ876

ルンバ876
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.6L
吸引力
(600モデルより5倍強い)
自動充電ある
エリア侵入禁止ある
(ヘイロ・バーチャルの2つ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.3cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

 

付属品

・デュアルバーチャルウォール×2
・交換用ダストカットフィルター×2

 

ルンバ875Lite

 

画像 商品名
ルンバ875の機能や性能

ルンバ875Lite
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.6L
吸引力
(600モデルより5倍強い)
自動充電ある
エリア侵入禁止ある
(バーチャルだけ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.3cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

 

付属品

・オートバーチャルウォール×1
・交換用ダストカットフィルター×2

 

ルンバ871

 

画像 商品名
ルンバ871の機能や性能

ルンバ871
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.6L
吸引力
(600モデルより5倍強い)
自動充電ある
リモコンある
エリア侵入禁止ある
(バーチャルだけ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.3cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

 

付属品

・オートバーチャルウォール×1
・交換用ダストカットフィルター×1
・リモナビ(リモコン)

 

ルンバ870

 

画像 商品名
ルンバ870の機能や性能

ルンバ870
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.6L
吸引力
(600モデルより5倍強い)
自動充電ある
リモコンある
エリア侵入禁止ある
(バーチャルだけ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.3cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

 

付属品

・オートバーチャルウォール×2
・交換用ダストカットフィルター×2
・リモナビ(リモコン)

 

ルンバ700モデル

 

ルンバ780

 

画像 商品名
ルンバ780の機能や性能

ルンバ780
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.26L
吸引力
(600モデルと同じ)
自動充電ある
リモコンある
エリア侵入禁止ある
(バーチャル・お部屋ナビ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.3cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

 

付属品

・お部屋ナビ×2
・ダストカットフィルター×2
・交換用メインブラシ
・交換用フレキシブルブラシ
・交換用エッジクリーニングブラシ
・お手入れリング
・お手入れカッター
・リモナビ(リモコン)

 

ルンバ770

 

画像 商品名
ルンバ770の機能や性能

ルンバ770
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.26L
吸引力
(600モデルと同じ)
自動充電ある
リモコンある
エリア侵入禁止ある
(バーチャルだけ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.3cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

 

付属品

・オートバーチャルウォール×2
・ダストカットフィルター×2セット
・お手入れリング
・お手入れカッター
・リモナビ(リモコン)

 

ルンバ760

 

画像 商品名
ルンバ760の機能や性能

ルンバ760
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.26L
吸引力
(600モデルと同じ)
自動充電ある
リモコンある
エリア侵入禁止ある
(バーチャルだけ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.3cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

 

付属品

・オートバーチャルウォール×2
・ダストカットフィルター×2
・お手入れリング
・お手入れカッター
・リモナビ(リモコン)

 

備考

ルンバ760だけが、ゴミセンサーがダブルではありません

 

ゴミセンサーが1つしか付いていない

 

ゴミセンサー ・ゴミセンサー(ピエゾ)
ゴミセンサーダブル

・ゴミセンサー(ピエゾ)
・高度ヒカリセンサー

 

このように、ルンバ760にはゴミセンサーが1つしかないので、ゴミを発見する能力が低くなっています

 

600モデル

 

ルンバ691

 

画像 商品名
ルンバ691本体

ルンバ691
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.25L
吸引力
(700モデルと同じ)
自動充電ある
スマートフォン対応
スマートスピーカー対応
エリア侵入禁止ある
(ヘイロ・バーチャルの2つ)
簡易フィルター
幅34cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天では売ってません

 

 

付属品

・デュアルバーチャルウォール×1
・交換用フィルター×1
・お手入れカッター

 

ルンバ690

 

画像 商品名
ルンバ690の性能や機能

ルンバ690
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.25L
吸引力
(700モデルと同じ)
自動充電ある
スマートフォン対応
スマートスピーカー対応
エリア侵入禁止ある
(ヘイロ・バーチャルの2つ)
簡易フィルター
幅34cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

 

付属品

・デュアルバーチャルウォール×1
・交換用フィルター×1
・お手入れカッター

 

ルンバ680

 

画像 商品名
ルンバ680

ルンバ680
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.25L
吸引力
(700モデルと同じ)
自動充電ある
エリア侵入禁止ある
(ヘイロ・バーチャルの2つ)
簡易フィルター
幅34cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

 

付属品

・デュアルバーチャルウォール×1
・交換用フィルター×1
・お手入れカッター

 

ルンバ654

 

画像 商品名
ルンバ654の機能や性能

ルンバ654
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.23L
吸引力
(700モデルと同じ)
自動充電ある
エリア侵入禁止ある
(バーチャルだけ)
簡易フィルター
幅34cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

 

付属品

・オートバーチャルウォール
・お手入れカッター
・クッションラバー
・交換用フィルター×1

 

ルンバ643

 

画像 商品名
ルンバ643

ルンバ643
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.25L
吸引力
(700モデルと同じ)
自動充電ある
エリア侵入禁止ある
(ヘイロ・バーチャルの2つ)
簡易フィルター
幅34cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

 

付属品

・デュアルバーチャルウォール×1
・お手入れカッター
・交換用フィルター×1
・乾電池

 

ルンバ642

 

画像 商品名
ルンバ642本体

ルンバ642
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.25L
吸引力
(700モデルと同じ)
自動充電ある
エリア侵入禁止ある
(ヘイロ・バーチャルの2つ)
簡易フィルター
幅34cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天では売ってません

 

付属品

・デュアルバーチャルウォール×1
・お手入れカッター
・交換用フィルター×1
・乾電池

 

ルンバ641

 

画像 商品名
ルンバ641本体

ルンバ641
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.25L
吸引力
(700モデルと同じ)
自動充電ある
エリア侵入禁止ある
(ヘイロ・バーチャルの2つ)
簡易フィルター
幅34cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

 

付属品

・デュアルバーチャルウォール×1
・お手入れカッター
・交換用フィルター×1
・乾電池

 

ルンバ622

 

画像 商品名
ルンバ622の機能や性能

ルンバ622
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.23L
吸引力
(700モデルと同じ)
自動充電ある
リモコンある
エリア侵入禁止ある
(バーチャルだけ)
簡易フィルター
幅34cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

 

付属品

・オートバーチャルウォール×1
・お手入れカッター
・リモナビ(リモコン)
・クッションラバー
・交換用フィルター×1
・交換用エッジクリーニングブラシ×1

 

500モデル

 

ルンバ537J

 

画像 商品名
ルンバ537Jの機能や性能

ルンバ537J
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量:不明
吸引力
(600モデルと同じ)
自動充電ある
リモコンある
エリア侵入禁止ある
(バーチャルだけ)
簡易フィルター
幅34cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

 

付属品

・交換用フィルター
・お手入れリング
・クッションラバー・
・バーチャルウォール×2
・リモナビ(リモコン)

 

ルンバ527J

 

画像 商品名
ルンバ527Jの機能や性能

ルンバ527J
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量:不明
吸引力
(600モデルと同じ)
リモコンある
エリア侵入禁止ある
(バーチャルだけ)
簡易フィルター
幅34cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

 

付属品

・交換用フィルター
・お手入れリング
・クッションラバー
・バーチャルウォール×1
・リモナビ(リモコン)

 

 

メーカー別ロボット掃除機


各種メーカーの主力ロボット掃除機を紹介しています
ルンバの違いを比較 ダイソンロボット掃除機の違いを比較 シャープ ココロボの違いを比較

ルンバ

人気ナンバーワンのルンバの機能や性能を比較しています

ダイソンロボット掃除機の違いを比較

圧倒的な吸収力のダイソンロボット掃除機の特徴を紹介

ココロボ

音声操作など独自の技術が特徴のシャープのココロボを紹介
東芝 トルネオロボの違いを比較 パナソニック ルーロの違いを比較 日立 ミニマルの違いを比較

トルネオロボ

ゴミ回収があるダストステーション搭載のトルネオロボの特徴を紹介

ルーロ

日本メーカーでは一番人気のルーロの特徴を紹介

狭い部屋に最適な小型のミニマルの特徴を紹介

ILIFEの違いを比較 DEEBOTの違いを比較 ツカモトエイム ミニネオの違いを比較

ILIFEの特徴

水拭き・乾拭きも出来るILIFEの特徴を紹介

DEEBOTの特徴

水拭き・乾拭きも出来るDEEBOTの特徴を紹介

ミニネオの特徴

ミニネオの特徴を紹介

マキタ ロボプロの機能や性能

マキタ ロボプロの特徴

業務用のロボプロの特徴を紹介


ルンバと対決!


ロボット掃除機で売上1位のルンバと他のロボット掃除機との違いを比較しているので、購入する時の参考になりますよ
ココロボとルンバの違いを比較 ダイソンとルンバの違いを比較 トルネオロボとルンバの違いを比較

ココロボとルンバ比較 ココロボとルンバの機能を比較しています

ダイソン360eyeとルンバ980比較

ダイソン360eyeとルンバ980の機能を比較

トルネオロボとルンバを比較

トルネオロボとルンバの機能を比較
ルーロとルンバの違いを比較 ブラーバとルンバの違いを比較 ミニマルとルンバの違いを比較

ルーロとルンバを比較

ルーロとルンバの機能比較

拭き掃除ロボットブラーバとお掃除ロボットルンバ比較

拭き掃除ロボットのブラーバとルンバの機能比較

ミニマルとルンバの性能対決

ミニマルとルンバの性能を比較

ILIFEとルンバの違いを比較 DEEBOTとルンバの違いを比較

ILIFEとルンバの性能対決

ILIFEとルンバの機能比較

DEEBOTとルンバの性能対決

DEEBOTとルンバの機能比較


拭き掃除ロボット


音が静かで排気が出ない、拭き掃除ロボットを詳しく説明しています
ブラーバとブラーバジェットの違い ブラーバとルンバの違いを比較 拭き掃除ロボットの種類一覧

ブラーバ、ブラーバジェット

ブラーバ380j、371j・ブラーバジェット240の違いを比較しています

ブラーバとルンバ比較

ブラーバとルンバの違いを比較しています

拭き掃除ロボット一覧

拭き掃除が出来るロボットを集めました

ローラン
パナソニック床拭きロボット掃除機ローラン

パナソニックの床拭き掃除ロボット ローランの特徴を紹介します

悩みを解消してくれる、ロボット掃除機


ロボット掃除機が欲しいけど迷っている・・・という人のために、ロボット掃除機で解決できる悩みを紹介しています
犬・猫のオシッコも綺麗にする拭き掃除ロボット 排気が臭くないロボット掃除機 ダニを吸い込むロボット掃除機

犬や猫のオシッコを拭いてくれる拭き掃除ロボット

ペットのオシッコを拭いてくれる拭き掃除ロボット

排気が臭くなりロボット掃除機

ロボット掃除機から出てくる排気が臭くない、臭わない機種を紹介

じゅうたん、カーペットのダニを吸い込むロボット掃除機

じゅうたん・カーペットのダニを吸い込んでくれるロボット掃除機を紹介
音が静かなロボット掃除機 バッテリー時間が長いロボット掃除機 サイズが小さいロボット掃除機

運転音が静かなロボット掃除機

運転音が静かなロボット掃除機を紹介

バッテリーが長持ちで運転時間が長いロボット掃除機

バッテリーが長持ちな、ロボット掃除機を紹介

大きさが小さいロボット掃除機

サイズが小さいロボット掃除機を紹介
スマートフォン操作が出来るロボット掃除機 花粉・PM2.5を吸い込むロボット掃除機 猫砂を吸い込むロボット掃除機

スマートフォンで操作出来るロボット掃除機

スマートフォンで操作できる、ロボット掃除機を紹介

花粉・PM2.5を吸い込むロボット掃除機

花粉やPM2.5を綺麗にしてくれる、ロボット掃除機

猫砂を吸い込むロボット掃除機

猫砂を吸い込むロボット掃除機を紹介
ペット容器に当たらないロボット掃除機 3部屋以上に使えるロボット掃除機 壁際・隅を綺麗するロボット掃除機

ペットの餌容器に当たらないロボット掃除機

エサ容器に当たらない、ロボット掃除機を紹介

3部屋以上ある家に使えるロボット掃除機

3部屋以上を掃除できる、ロボット掃除機を紹介

壁際や部屋の隅のゴミを綺麗にするロボット掃除機

壁際や隅のゴミを綺麗にする、ロボット掃除機
共働き夫婦にオススメなロボット掃除機

共働き夫婦におすすめのロボット掃除機

共働き夫婦にオススメのロボット掃除機 (子供がいる、いない別に紹介)