ルーロMC-RS800とルンバ980の違いを比較

ルーロMC-RS800とルンバ980の違いを比較、どっちがいい?

ルーロmcrs200とルンバ980の性能機能比較対決画像

 

 

パナソニックが販売しているルーロとルンバの性能の違いを比較していきます

 

比較する機能は、この4つ

 

  • 「掃除能力」
  • 「センサー感度」
  • 「段差を超える力」
  • 「スマートフォン操作」

 

今のロボット掃除機には色々な機能がありますが、この4つがしっかりしているモノを買いましょう

 

それでは比較していきます

 

比較に使う機種は、どちらも「最上位モデル」になります

 

RULO(ルーロ)

・MC-RS800   (最新)
・MC-RS300
・MC-RS200
・MC-RS20
・MC-RS1

 

ルンバ900モデル

・ルンバ980   (最新)
・ルンバ960

800モデル

・ルンバ890
・ルンバ885
・ルンバ880
・ルンバ876
・ルンバ875
・ルンバ871
・ルンバ870

700モデル

・ルンバ780
・ルンバ770
・ルンバ760

600モデル

・ルンバ690
・ルンバ680
・ルンバ654
・ルンバ622

500モデル

・ルンバ537J
・ルンバ527J

 

最新モデルを比較

ルーロ MC-RS800

ルンバ980

 

 

掃除能力が高いのはどっち?

 

ルーロMC-RS800ルンバ980の掃除性能を説明している電気屋の店員

 

まず、2つの構造を説明していきます

 

構造によって、掃除能力も違ってきますから重要です

 

ルーロMC-RS800の構造

 

パナソニックルーロ800の掃除機能

 

ルーロMC-RS800の裏側 特徴

ルーロMC-RS800の掃除構造

・サイドブラシの数:2個

 

・マイナスイオンプレートからマイナスイオンを放出し、静電気の発生を防ぎカーペット等のゴミを吸い込みやすくします

 

・ハウスダスト発見センサーが搭載されているので、目に見えないゴミも発見し吸い込むので、アレルギー対策も可能

 

・形が三角なので部屋の角の掃除が得意

 

 

ルンバ980の構造

 

ルンバ980の掃除機能

 

ルンバ980の裏側 特徴

ルンバ980の掃除構造

・サイドブラシの数:1個

 

・ハイパワーモーターG3が搭載され700・600モデルに比べ吸引力が10倍!

 

・カーペットブーストが搭載され、じゅうたん・カーペットの上では自動で吸引力が古いモデルに比べて10倍にパワーアップして掃除します

 

・特許を取得しているエアロフォースクリーニングシステムを搭載し、内部に真空状態を作り出し、ゴミを逃さず吸い込む

 

ルーロMC-RS800とルンバ980との違い

 

ルーロとルンバの違いは、5つ

 

  • サイドブラシの数
  • エアロフォースクリーニングシステム
  • マイナスイオンプレート
  • ハウスダスト発見センサー

 

1つ1つ説明していきます

 

ルーロMC-RS800の形は角掃除に適している

 

ルーロとルンバでは形が違います

 

2つの形を比べてみましょう

 

ルーロMC-RS800 ルンバ980

ルーロMC-RS800の形

ルンバ980の形

 

こうして並べると違いが一目瞭然ですね

 

ルンバは丸い形ですが、ルーロは三角の形をしているので部屋の角(スミ)の部分に深く入る事ができるので部屋のスミ掃除が得意!

 

三角形だからこそ、部屋の角やスミにピッタリと接近する事ができ、サイドブラシで髪の毛・ゴミを掻き出し吸い込む事ができるので、取り残しが少ないという特徴がありますね

 

ルーロmcrs200の三角形の角が部屋の角・スミにピッタリと密着して掃除している画層

 

この丸く囲った部分が部屋の角にピッタリと密着する事で溜まったゴミを吸い込む事ができます

 

例えば、三角定規と丸い形の定規では、どちらが、角に近づける事が出来ると思いますか?

 

当然、三角定規の方が部屋の角にもっとも近づけ、効率良くスミのゴミを取る事が可能

 

実際に動画で見てください

 

ルーロのスミ掃除

 

このように、ルーロは三角形の形で部屋のスミに密着し、吸引口がサイドブラシに近いので集めたゴミが散らかる前に吸い込む事ができるので角掃除に強い!

 

角の奥の部分までブラシが届いているのがわかると思います

 

これによりゴミを掻き出し綺麗にするので、ルーロは部屋の角に強い!といわれる理由です

 

ルンバ980はどうなの?

 

ルンバは形が丸いので、部屋の角(スミ)掃除は苦手・・・

 

実際に動画を見てください

 

ルンバのスミ掃除

 

丸い形なのでブラシが奥まで届かずゴミを掻き出す事ができず、綺麗にできてないですね・・・・

 

そのため、角(スミ)掃除をしたい場合はルーロを選ぶと良いでしょう

 

サイドブラシの数が違う

 

ルーロとルンバでは、サイドブラシの数が違います

 

サイドブラシとは、クルクル回るブラシの事で、このブラシでゴミを集めます

 

サイドブラシ

 

赤い丸の部分が「サイドブラシ」になります、この数がルーロとルンバでは違う

 

ルーロ サイドブラシが2個
ルンバ サイドブラシが1個

 

ルーロ ルンバ

ルーロのサイドブラシの数

ルンバのサイドブラシの数

 

見るとわかりますが、ルーロは左右にサイドブラシが付いていますが、ルンバは1つしか付いていない

 

そのため「ゴミを集める能力」は、ルーロの方が高い

 

なぜなら、左右にサイドブラシが付いているので、ゴミが散らばっていた場合は1度にゴミを集める量はサイドブラシが2つ付いている方が多く集められますよね?

 

ルーロは片方だけなので、反対側のゴミを集める事ができないので1度に集める量は少なくなる

 

以上の頃からも、より早くゴミを綺麗に出来るのは、ルーロだと思います

 

サイドブラシと吸引口の近さも違う

 

ルーロとルンバの裏側をジーっと見るとわかりますが

 

サイドブラシと吸引口との距離が違うんですよ

 

ルーロの場合、サイドブラシと吸引口が近いので、集めたゴミを素早く吸い込むので、ゴミが散らばらず、逃しません

 

ルーロmcrs200はサイドブラシと吸引口が近い位置に取り付けられている画像

 

また、ゴミを吸い込みやすくするため、ルーロの吸引口のサイズは18センチと大きい!

 

大きな吸引口と左右のサイドブラシによって、掻き出したゴミをすぐに吸い込むのでホコリが空気中に舞い上がらない

 

今度はルンバの吸引口を見てください

 

赤い線で囲った所が吸引口になります、真ん中にあるので、サイドから離れていますよね?

 

ルーロmcrs200とルンバの吸引口のサイズを比較している画像

 

これだと、サイドブラシで集めたゴミが吸引口に行くまでに周りに逃げてしまいゴミを効率良く吸い込み事はできません

 

こういう構造から見ても、ルーロは部屋の角(スミ)掃除がメチャ得意!

 

ルンバ980にはエアロフォースクリーニングシステムがある

 

ルーロとルンバでは、ゴミを吸い込む仕組みが違う

 

ルーロ 回転ブラシでゴミを掻き出し、吸引モーターで吸い込む
ルンバ 特許を取得した、2つの回転ブラシにより真空状態を作り出しゴミを逃さず吸い込む

 

このように、ゴミを吸い込む仕組みが違う

 

ルーロに関しては、掃除機と同じように回転ブラシでゴミを掻き出し、吸引モーターで吸い込むという一般的な仕組み

 

ルンバは2つの回転ブラシによって内部に真空状態を作り出し、ゴミを逃さず吸い込む事が可能

 

ルーロmcrs200とルンバの吸引口のサイズを比較している画像

 

赤く囲った部分を見るとわかりますが、ルンバは回転ブラシが2つ付いてますよね?

 

このブラシが独自の形・動きをする事によって、ルンバ内部に真空状態が生まれる

 

そうすると、掻き出したゴミが逃げない

 

なぜなら真空状態ではゴミが空気中に舞い上がらない

 

本当に?と思う人もいるので実際に動画で見てください

 

真空状態でドローンは飛ぶのか?

 

真空状態の中では、ドローンが飛びません

 

下に押さえつけられるような状態になるので、上にあがらないんですよね

 

ゴミも同じで、上に舞い上がらないので細かいゴミも吸い込む事ができるのが、エアロフォースクリーニングシステムなんです

 

エアロフォースクリーニングシステムはルンバが特許を取得しているので、他社は真似する事ができない

 

回転ブラシでカーペット・じゅうたんを掃除すると、ハウスダストが舞い上がりますが、エアロフォースクリーニングシステムだとハウスダストが舞い上がりにくい

 

動画で仕組みを見てください

 

エアロフォースクリーニングシステム

 

ルンバ980には最新の掃除システムが搭載されているので、吸引力に関してはルンバ980の方が高い!

 

ルンバ980はヒモを巻き込まない

 

ルンバ980には、回転ブラシに「ヒモ」が絡むと自動で逆回転して絡まりを解決します

 

ルーロには回転ブラシの逆回転が無い

 

ルンバ980 回転ブラシの逆回転がある
ルーロMC-RS800 回転ブラシの逆回転が無い

 

回転ブラシだと、ヒモがブラシに絡む事があるんですよ

 

実際に動画で見てください

 

回転ブラシにヒモが絡まる

 

このように回転ブラシだと、ヒモが絡まるんですよ

 

普通は絡まると、ブラシを取り外して外す必要がありますが、ルンバ980の場合は自動でブラシを逆回転する事でヒモの絡まりを解消します

 

ルーロにはこの逆回転が無いので、もしヒモが回転ブラシに絡まった場合はブラシを取り外してヒモを取り除く必要がある

 

そのため長いヒモが部屋の中に落ちている場合は、ルンバを選ぶと良いでしょう

 

カーペットブーストも搭載

 

また、エアロフォースクリーニングシステムの他にも、「カーペットブースト」が搭載されているので

 

じゅうたん・カーペットの上では吸引力が古いルンバよりも10倍にパワーアップします

 

ルンバ980のカーペットの性能を説明している

 

実際に動画で見てください

 

カーペットブースト

 

カーペットの手前でセンサーが反応して、運転音が大きくなるのがわかりますね

 

そのため、ダニの死骸やハウスダストもしっかり吸い込んでくれます

 

ルーロ カーペットブーストが無い
ルンバ980 カーペットブーストがある

 

この結果からもわかる通り

 

部屋の角(スミ) ルーロの方が綺麗になる
じゅうたん・カーペット ルンバ980の方が綺麗になる

 

このような結果になります

 

あなたの部屋の状況を考えて選ぶといいでしょう

 

ルーロMC-RS800にはマイナスイオンプレートがある

 

ルーロMC-RS800には、マイナスイオンプレートが付いてます

 

ルーロ マイナスイオンプレートがある
ルンバ980 マイナスイオンプレートが無い

 

ルーロmcrs200はマイナスイオンを床に吹き付けて掃除する事ができる画像

 

除菌効果があるとされる、マイナスイオンプレートを搭載しているので、マイナスイオンを床に吹きかけながら掃除するので、ホコリが巻き上がるのを防ぎながら吸い込む事ができますし

 

また、マイナスイオンには除菌効果もあります、なぜなら、イオン化した酸素は雑菌を殺してくれる酸化力が強い為です

 

ルーロMC-RS800はゴミ掃除だけでなく、除菌効果も期待できます

 

もちろん、フローリングの床だけでなく、カーペット、畳にもマイナスイオンプレートが効果を発揮します

 

ルーロはマイナスイオンを床に吹きかけながら掃除するので、静電気の発生を防ぎます

 

静電気の発生が防げるので、じゅうたん・カーペットのゴミを吸い込みやすい

 

静電気があるとどれだけゴミが取りにくくなるのか、わかりやすい動画を紹介

 

静電気が発生したゴミ

 

赤い風船には静電気が発生しているのでゴミがくっついて取れませんが、静電気を除去するとゴミが簡単に取れる

 

つまり、ルーロのマイナスイオンプレートで、じゅうたん・カーペットの静電気を除去する事でゴミ(ハウスダスト)を吸い込みやすくできる!

 

ルンバには静電気を除去する機能は無し

 

また、マイナスイオンで床の汚れを落ちやすくします

 

マイナスイオンって汚れを落ちやすくする効果があるって知ってましたか?

 

実際にマイナスイオンで汚れが落ちるのか実験している動画を紹介

 

マイナスイオンで汚れ掃除

 

マイナスイオン水を吹きかけてから拭くと汚れが簡単に落ちますね

 

という事は、ルーロで掃除した後に床を拭けば、床の汚れが落ちやすいという事になります

 

ハウスダスト発見センサー

 

ルーロMC-RS800は、肉眼では確認する事ができないぐらい小さなゴミ、「約20 μmのハウスダスト」をセンサーが感知して集中的に掃除する機能があります

 

ルーロMC-RS800 ハウスダスト発見センサーがある
ルンバ980 ハウスダスト発見センサーが無い

 

ルーロmcrs200のハウスダストセンサーを説明している画像

 

この丸く囲った所のランプの色でハウスダストの有無を教えてくれます

 

ルーロmcrs200のハウスダストセンサーのランプの色でゴミの多さを教えてくれる機能の画像

 

ランプが赤色になると、その部分にハウスダストが多く溜まっているので集中的にハウスダストを吸い込んでくれます

 

掃除が終わるとランプの色が緑色になり、ハウスダストが無い綺麗な床になったと教えてくれるので、その部分を赤ちゃんがハイハイしたり、子供が横になっても安心ですね

 

実際に動画を見てください

 

ルーロのハウスダスト発見センサー

 

この動画のように、ルーロMC-RS800はアレルギーの原因となるハウスダストを綺麗にしてくれますし、ランプで綺麗になったかどうかを知る事ができるので安心感が違います

 

ハウスダストが原因で起こる、アレルギーを紹介します

 

  • 気管支ぜんそく
  • アレルギー性鼻炎
  • アトピー性皮膚炎
  • アレルギー性結膜炎

 

このような、アレルギーが出る可能性がありますので、ハウスダストをしっかりと掃除する事が大事

 

ハウスダストが検知できる物質

ルーロのハウスダストセンサーで検知できるダニ花粉

 

ダニの糞・花粉もしっかりとセンサーで見つけてくれますので安心です

 

ルンバにはハウスダスト発見センサーが無いので、目に見えないゴミも綺麗にしたかどうか知りたいなら、ルーロの方が良いかもしれません

 

ルンバ980の回転ブラシは、髪の毛が絡まりにくい

 

ルンバ980の回転ブラシは、「ゴム素材」で出来ているので、髪の毛・ホコリが絡まりにくいです

 

そのため、回転ブラシを掃除する回数は非常に少ない

 

ルーロMC-RS800の回転ブラシは、髪の毛が絡まりやすい「毛ブラシ」です

 

実際に画像で見てください

 

ルーロMC-RS800

ルーロMC-RS800の回転ブラシの素材

 

ルンバ980

ルンバ980の回転ブラシの素材

 

2つを比べるとわかりますが

 

ルーロMC-RS800 毛の素材を使ったブラシ
ルンバ980 ゴム素材を使ったブラシ

 

このように素材が違うので、髪の毛・ホコリの付き方が違います

 

当然ですが、毛の素材には髪の毛が絡まりやすいですが、ゴム素材には付きにくいですよね?

 

以上の事から、回転ブラシに髪の毛が絡まりやすいのは、ルーロMC-RS800になります

 

そのため、回転ブラシの掃除をしたくない人は、ルンバ980がオススメ

 

その他
運転時間

・ルーロMC-RS800:100分

 

・ルンバ980:120分

稼働面積

・ルーロMC-RS800:120畳

 

・ルンバ980:112畳

ダストボックス容量

・ルーロMC-RS800:0.25L

 

・ルンバ980:不明

自動充電

・ルーロMC-RS800:ある

 

・ルンバ980:ある

自動再開

・ルーロMC-RS800:ある

 

・ルンバ980:ある

お手入れ

・ルーロMC-RS800:回転ブラシを取り外して水洗い可能

 

・ルンバ980:回転ブラシを取り外して水洗い可能

 

以上が、ルーロMC-RS800とルンバ980の掃除能力の違いでした

 

掃除能力の結論

 

ここまで、ルーロとルンバの掃除能力を説明しましたが、どれを選べばいいのかわかりましたか?

 

多くの人はどれを選んでいいか迷う・・・という状態でしょう

 

そこで、選ぶポイントを紹介

 

部屋の角(スミ) ・ルーロ
じゅうたん・カーペット ・ルンバ980
フローリング・畳

・ルーロ
・ルンバ

アレルギー体質の人 ・ルーロ

 

上記を参考に選ぶといいでしょう

 

センサー感度が高いのはどっち?

 

ルーロMC-RS800ルンバ980のセンサー性能によって家具に当たらないか決まります

 

ルーロMC-RS800とルンバ980のどっちが、センサー感度が良いのでしょうか?

 

センサー感度がいいと、家具に当たりにくくなります

 

ルーロとルンバのセンサーを紹介

 

ルーロMC-RS800

 

ルーロMC-RS800のセンサー機能

 

ルーロの障害物検知センサーの性能

 

レーザーセンサー

前面に取り付けられ、約110度範囲内にある障害物を検知可能になり
今まで検知できなかった幅が約2 cmの物まで認識できます

超音波センサー 前面に取り付けられ、音波を出すことでセンサーが感知しにくい鏡や黒色や透明な障害物も検知できます
赤外線センサー 左右に取り付けられているので、壁から数cm単位の走行が可能になり壁際のゴミを綺麗に出来る
人工知能・本体カメラ 本体カメラと人工知能で場所を把握して動く

 

各種センサーの説明は上記の通りです

 

ルーロMC-RS800には、レーザーセンサーが搭載されているので家具に当たる回数は減ります

 

レーザーセンサーによって今までは当たっていた、幅2センチの障害物に当たらずに掃除する事が可能

 

実際に動画で見てみましょう

 

レーザーセンサー性能

 

細い棒も、レーザーセンサーが感知して当たらずにギリギリまで棒に近づいてゴミを掃除してくれていますね

 

壁にぶつからない

 

ガラスにぶつからない

 

色々なセンサーによって、壁・家具・ガラスに当たりにくくなってます

 

ルーロMC-RS800には、人工知能と本体カメラを搭載

 

MC-RS800 人工知能「RULO AI 8.0」 本体カメラがある

 

ルーロMC-RS800には人工知能と本体カメラがあるので

 

画像で部屋・家具の位置や間取りを把握してスムーズに家具にぶつからずに移動する事が出来ます

 

実際に動画で見てください

 

自己位置認識する機能

 

動画を見るとわかりますが、本体カメラによって部屋の間取り・家具の位置を把握する事ができる!

 

一度部屋の間取りを記憶すれば、スマートフォンで部屋のどの場所を重点的に掃除するかを決める事ができます

 

例えば、台所の所だけを掃除したいとか、カーペットの部分だけを掃除したいとか、そのような掃除をさせる事ができるんですよ

 

その秘密は、本体カメラと人工知能の2つを組み合わせた事で可能になりました

 

人工知能が部屋の配置を記憶

ルーロは人工知能が考えて掃除するルートを決めて動く

 

人工知能が記憶したデータ(地図)を見ながら、本体カメラで位置を確認

ルーロは本体カメラ映像で位置を把握しながら動く

 

記憶した間取りを、カメラで撮影した画像で確認しながら移動するので正確に目的地に移動できる

 

家具や間取りを記憶しているので、家具・電化製品にぶつかりにくくなる

 

また、毎日掃除させていると、部屋のどの部分にゴミが多く溜まる場所も記録しているので、ゴミが多い場所に直行してすぐに綺麗にしてくれる「お手軽モード」があります

 

お手軽モードを使えば、今までのゴミ情報を参考にして動きますから効率よく綺麗にできる

 

時間が無い時に便利!

 

お手軽モード

 

人工知能「RULO AI 」はゴミのデータを分析して、その場所のゴミを集中的に吸いまくる!

 

これが、ルーロMC-RS800のセンサー機能です

 

ルンバ980

 

ルンバ980のセンサー機能

 

iAdaptR(アイアダプト)ビジュアルローカリゼーション 本体カメラによって部屋の場取り・家具の位置を把握して移動する
各種センサー 様々なセンサーが搭載されているので、ガラス・家具・電化製品に当たりにくい

 

ルンバ980のセンサーの説明は上記の通りです

 

各種センサーの名前はメーカーの企業秘密なのか詳しく書かれていません

 

ルンバ980の特徴は、iAdaptR(アイアダプト)ビジュアルローカリゼーションでしょうね

 

ルンバ980は本体カメラによって、家具に近づく前に位置を把握出来るので、家具にぶつかる回数も少なく、移動もスムーズです

 

ルンバ900シリーズにある本体カメラ

 

ルンバ900シリーズにある本体カメラがある事で部屋の空間認識能力が高くなる

 

実際に動画で見てください

 

iAdaptR(アイアダプト)ビジュアルローカリゼーション

 

では、本体カメラが無い機種とルンバ980ではどの程度の違いがあるのか?

 

違いを見てみましょう

 

 

ルンバ980 iAdaptR(アイアダプト)ビジュアルローカリゼーション
ルンバ595 無い(センサーだけ)

 

iAdaptR(アイアダプト)ビジュアルローカリゼーションがあるルンバ980の方が、本体カメラで部屋の間取りを把握しながら動くので、動きが滑らか

 

本体カメラがないルンバ595は、ランダムに動いているだけ

 

効率・スムーズさで言えば、ルンバ980の方が上ですね

 

しかし、よ~く見ると、ルンバ980は家具・ぬいぐるみに当たる回数が多いな・・・という気がしますね

 

センサー性能が少し低いのかも?

 

本体カメラがあるので、動きは滑らかですが、家具に当たる回数はルーロに比べて多いという印象

 

別な動画を見てみましょう

 

ルンバ980が椅子・テーブルの下を掃除

 

やっぱり、当たる回数が多い・・・

 

以上が、ルーロMC-RS800とルンバ980のセンサー性能の違いでした

 

センサー性能のまとめ

 

人工知能

・ルーロMC-RS800:ある

 

・ルンバ980:ある

本体カメラ

・ルーロMC-RS800:ある

 

・ルンバ980:ある

部屋の間取り把握

・ルーロMC-RS800:ある

 

・ルンバ980:ある

レーザーセンサー

・ルーロMC-RS800:ある

 

・ルンバ980:不明

超音波センサー

・ルーロMC-RS800:ある

 

・ルンバ980:不明

赤外線センサー

・ルーロMC-RS800:ある

 

・ルンバ980:不明

 

ルーロMC-RS800とルンバ980の搭載されているセンサーは上記の通り

 

今までの動画・説明からすると

 

ルーロMC-RS800の方が、家具に当たる回数は少ないと感じました

 

そのため、家具に当たる回数を減らしたい場合は、ルーロMC-RS800を選ぶと良いでしょう

 

移動に関しては、どちらも本体カメラ・人工知能を搭載しているので滑らかに移動できますよ

 

段差を超える力はどっちがいい?

 

ルーロMC-RS800ルンバ980の段差を越える性能を電気屋の店員が説明している

 

ルーロMC-RS800とルンバ980はどっちが、段差を越える性能が高いのか?

 

部屋には多くの段差がありますから、それを乗り越えられないと進めないので重要なチェックポイント!

 

それでは、動画で見てみましょう

 

ルーロの段差越え

 

ルンバの段差越え

 

ルーロMC-RS800 2センチ
ルンバ980 2センチ

 

メーカー発表では、どちらも2センチの段差なら乗り越えられると発表しています

 

動画でも、2センチなら問題なく乗り越えているのがわかりますね

 

そのため、段差に関してはどちらを選んでも問題無いでしょう

 

段差が3センチの場合はどうする?

 

家の段差を調べたら、段差が3センチの所があった場合は、室内用の段差スロープを買うといいでしょう

 

段差スロープを付ければ、ロボット掃除機が移動できますよ

 

通販で売ってます

 

やわらか段差解消スロープ 痛くないぞL 高さ30mm 室内用【カーボーイ】(段差 バリアフリー スロープ 介護) DIY

価格:1,008円
(2017/12/26 10:18時点)
感想(8件)

 

このような商品を利用すれば、快適にロボット掃除機を使う事ができます

 

スマートフォン操作

 

ルーロMC-RS800ルンバ980のスマートフォン操作を電気屋の店員が説明している

 

ルーロMC-RS800とルンバ980のどちらも、スマートフォン操作ができます

 

ルーロMC-RS800 スマートフォン操作が出来る
ルンバ980 スマートフォン操作が出来る

 

このように、どちらもスマートフォン操作が出来ますが、スマートフォンで出来る操作が違う

 

ルーロMC-RS800

 

ルーロMC-RS800のスマートフォン操作

 

ルーロにはIoT機能(スマートフォン)が出来る機種がある

 

スマートフォン操作で出来る操作一覧
電源のオン・オフ 電波が入る場所ならどこからでも、ルーロを動かす事ができる
スケジュール設定 曜日・時間を設定する事でその設定時刻になると、ルンバが掃除を開始します
掃除モードの選択 ゴミの状況に合わせて掃除モードが変えられます
掃除した場所を見れる ルーロが部屋のどの場所を掃除したか、スマートフォンで見れます
侵入禁止エリア設定

部屋のどの部分を掃除しないか決める事ができる

 

例えば、ペット容器がある場所、赤ちゃんが寝ている場所を禁止エリアに設定できます

 

ルーロMC-RS800はスマートフォンでこのような設定が可能

 

動画でも説明されています

 

ルーロのスマートフォン操作

 

特に便利なのが、侵入禁止エリアですね

 

ルーロMC-RS800は部屋の間取りをマッピング(記録)できるので、スマートフォンから部屋のどの部分を掃除するか・しないかが決められる

 

ルーロMC-RS800はスマートフォンで侵入禁止エリアを設定できる

 

使い方としては、ペット容器がある場所・風呂場・赤ちゃんが寝ている部屋など

 

ロボット掃除機が入ってほしくない、ぶつかってほしくない場所を設定するとその場所には入っていきません

 

ルンバ980はスマートフォンで侵入禁止エリアは設定できない

 

ルーロMC-RS800 スマートフォンで侵入禁止エリアを設定できる
ルンバ980

スマートフォンでエリアを設定できない

 

機械を使って、侵入を防ぐ

 

ルンバ980に関しては、スマートフォンでは侵入禁止エリアを設定できない

 

専用の機械を置く事で、ルンバの侵入を防ぐ

 

バーチャルウォールという機械を使います

 

ルンバ980のデュアルバーチャルウォール

 

画像がその機械ですね

 

これを、部屋の入り口などに置く事でルンバが入ってこれないようにします

 

ルンバ980のデュアルバーチャルウォールでルンバの行動を制限

 

動画でも見てみましょう

 

ルンバのバーチャルウォール

 

このように、機械を置く事でルンバの行動を制限します

 

しかし、ルーロMC-RS800は専用の機械は必要ない

 

ルーロはスマートフォンで部屋のどこでも、侵入禁止エリアを設定できるので機械を買ったり・置く手間が無い!

 

ルーロMC-RS800 専用の機械は必要無い
ルンバ980 専用の機械が必要

 

ルンバは入ってほしくない場所ごとに機械を置く必要があるので、機械を買ったりしなければならないのがデメリット

 

ルーロMC-RS800はスマートフォンで設定できるので、後から買う必要は無いのがメリット

 

ルンバ980には「ヘイローモードがある」

 

ルンバ980には、ヘイローモードがありますが、ルーロMC-RS800には無い

 

ルーロMC-RS800 ヘイローモードが無い
ルンバ980 ヘイローモードがある

 

ヘイローモードとは、機械を置いた場所から半径60センチの中に入ってこれないようにする機能です

 

ヘイローモードが活躍するのは、床にペットのエサ容器を置いている時に便利

 

容器の所に置いておけば、ロボット掃除機が容器に突っ込みません

 

ルンバ980のヘイローモード

 

動画でも見てみましょう

 

 

容器の手前で方向を変えていますね

 

このような機能が、ルーロMC-RS800には無い

 

以上がルーロMC-RS800のスマートフォン操作でした

 

ルンバ980

 

ルンバ980のスマートフォン操作

 

ルンバ980のスマートフォン操作

 

スマートフォンで出来る操作一覧
電源のオン・オフ 外からルンバを操作できます
スケジュール設定 曜日・時間を設定すれば、その時刻に掃除を開始します
掃除モードの選択 ゴミの状況に合わせて掃除モードが変えられます
掃除した場所を見れる 部屋のどの場所を掃除したか確認できます

 

ルンバ980のスマートフォンで出来る操作が上記の通りです

 

ルーロMC-RS800と違う点は、スマートフォンで侵入禁止エリアを設定できない事でしょう

 

その部分も考えて、選んでください

 

排気フィルター性能は、ルンバ980が高い

 

ルーロMC-RS800ルンバ980の排気フィルターの性能を電気屋の店員が説明している

 

排気フィルターに関してはルーロMC-RS800よりも、ルンバ980の方が性能が高いです

 

使われている排気フィルターの種類を見てみましょう

 

ルーロMC-RS800 不織布フィルター
ルンバ980 HEPAフィルター

 

ルーロMC-RS800は一般的な不織布フィルターが使われていますが

 

ルンバ980には高性能なHEPAフィルターが搭載されています

 

性能を説明すると

 

HEPAフィルター 粒径が0.3 μmの粒子を99.97%以上もフィルターで外に出るのを防ぐ
不織布フィルター 性能は不明

 

このように、HEPAフィルターは「粒径が0.3 μmの粒子を99.97%以上」もフィルターが防いでくれるので、綺麗な空気が出てきます

 

では、HEPAフィルターと普通のフィルターではどれくらい違うのか?

 

実際に動画で見てください

 

HEPAフィルター性能

 

普通のフィルターは細かい粒子の煙が出ていますが、HEPAフィルターに交換すると煙が出なくなりました

 

このように、フィルターが違うだけで空気の綺麗さが違います

 

そのため、アレルギー体質の人はHEPAフィルターが搭載されたルンバ980が良いと思います

 

共通機能

 

ルーロMC-RS800とルンバ980に共通してある機能を紹介

 

自動充電 バッテリーが少なくなると自動で充電する
自動再開 掃除と中断した場所から掃除を始めます
タイマー予約 曜日・時間を設定すると、その時間に掃除を開始します
バッテリーの種類 リチウムイオン電池
バッテリー交換 自分でバッテリーを交換できます
落下防止センサー 高い所から落ちるのを防いでくれます
水洗い ダストカップ・掃除ブラシ・フィルター等を水洗いできます

 

ルーロMC-RS800とルンバ980に共通してある機能です

 

最終まとめ

 

ルーロMC-RS800ルンバ980の選び方を説明している電気屋の店員

 

ルーロMC-RS800とルンバ980を選ぶ時のポイントを紹介します

 

掃除で選ぶ場合
部屋の角(スミ) ・ルーロ
じゅうたん・カーペット ・ルンバ980
フローリング・畳

・ルーロ
・ルンバ

アレルギー体質の人 ・ルーロ

 

センサー性能で選ぶ場合
家具に当たりにくいのは ルーロMC-RS800

 

段差を越える性能
ルーロMC-RS800 2センチの段差を越える
ルンバ980 2センチの段差を越える

 

スマートフォン操作で選ぶ場合
ルーロMC-RS800 スマートフォンで侵入禁止エリアを設定できる

 

排気が綺麗で選ぶ場合
ルンバ980 HEPAフィルターを搭載しているので綺麗な空気が出てきます

 

 

ルーロ

 

ルーロの機種の違いを比較している記事はコチラ←を読んでください

 

画像 商品名 自動再開 自動充電 リモコン スマホ操作
ルーロMC-RS800の機能や性能

MC-RS800

 

運転時間:100分

 

幅33cm×高さ9.2cm

 

MC-RS800をアマゾンで見る

 

MC-RS800を楽天で見る

 

×

 

 

ルンバ

 

ルンバの機種の違いを比較している記事はコチラ←を読んでください

 

画像 商品名 自動再開 自動充電 リモコン スマホ操作
ルンバ980

ルンバ980

 

運転時間:120分

 

幅353mm×高さ92mm

 

ルンバ980の口コミ

 

楽天でルンバ980の口コミを見る

 

×

 

 

 

メーカー別ロボット掃除機


各種メーカーの主力ロボット掃除機を紹介しています
ルンバの違いを比較 ダイソン360eyeの性能・機能 シャープ ココロボの違いを比較

ルンバ

人気ナンバーワンのルンバの機能や性能を比較しています

ダイソン360eye

圧倒的な吸収力のダイソンロボット掃除機の特徴を紹介

ココロボ

音声操作など独自の技術が特徴のシャープのココロボを紹介
東芝 トルネオロボの違いを比較 パナソニック ルーロの違いを比較 日立 ミニマルの違いを比較

トルネオロボ

ゴミ回収があるダストステーション搭載のトルネオロボの特徴を紹介

ルーロ

日本メーカーでは一番人気のルーロの特徴を紹介

狭い部屋に最適な小型のミニマルの特徴を紹介

ILIFEの違いを比較 DEEBOTの違いを比較 ツカモトエイム ミニネオの違いを比較

ILIFEの特徴

水拭き・乾拭きも出来るILIFEの特徴を紹介

DEEBOTの特徴

水拭き・乾拭きも出来るDEEBOTの特徴を紹介

ミニネオの特徴

ミニネオの特徴を紹介

マキタ ロボプロの機能や性能    

マキタ ロボプロの特徴

業務用のロボプロの特徴を紹介


ルンバと対決!


ロボット掃除機で売上1位のルンバと他のロボット掃除機との違いを比較しているので、購入する時の参考になりますよ
ココロボとルンバの違いを比較 ダイソンとルンバの違いを比較 トルネオロボとルンバの違いを比較

ココロボRX-V95Aとルンバ比較 ココロボRX-V95Aとルンバ980の機能を比較しています

ダイソン360eyeとルンバ980比較

ダイソン360eyeとルンバ980の機能を比較

トルネオロボVC-RVS2とルンバ980比較

トルネオロボVC-RVS2とルンバ980の機能を比較
ルーロとルンバの違いを比較 ブラーバとルンバの違いを比較 ミニマルとルンバの違いを比較

ルーロmcrs200とルンバ980比較

ルーロとルンバの機能比較

拭き掃除ロボットブラーバとお掃除ロボットルンバ比較

拭き掃除ロボットのブラーバとルンバの機能比較

ミニマルとルンバの性能対決

ミニマルとルンバの性能を比較

ILIFEとルンバの違いを比較 DEEBOTとルンバの違いを比較  

ILIFEとルンバの性能対決

ILIFEとルンバの機能比較

DEEBOTとルンバの性能対決

DEEBOTとルンバの機能比較


拭き掃除ロボット


音が静かで排気が出ない、拭き掃除ロボットを詳しく説明しています
ブラーバとブラーバジェットの違い ブラーバとルンバの違いを比較 拭き掃除ロボットの種類一覧

ブラーバ、ブラーバジェット

ブラーバ380j、371j・ブラーバジェット240の違いを比較しています

ブラーバとルンバ比較

ブラーバとルンバの違いを比較しています

拭き掃除ロボット一覧

拭き掃除が出来るロボットを集めました


悩みを解消してくれる、ロボット掃除機


ロボット掃除機が欲しいけど迷っている・・・という人のために、ロボット掃除機で解決できる悩みを紹介しています
犬・猫のオシッコも拭いてくれる拭き掃除ロボット 排気が臭くないロボット掃除機 ダニを吸い込むロボット掃除機

犬や猫のオシッコを拭いてくれる拭き掃除ロボット

犬や猫のペットのオシッコが床に付着しても、綺麗に拭いてくれる拭き掃除ロボットを紹介

排気が臭くなりロボット掃除機

ロボット掃除機から出てくる排気が臭くない、臭わない機種を紹介

じゅうたん、カーペットのダニを吸い込むロボット掃除機

じゅうたん・カーペットのダニを吸い込んでくれるロボット掃除機を紹介
音が静かなロボット掃除機 バッテリー時間が長いロボット掃除機 サイズが小さいロボット掃除機

運転音が静かなロボット掃除機

運転音が静かなロボット掃除機を紹介

バッテリーが長持ちで運転時間が長いロボット掃除機

バッテリーが長持ちな、ロボット掃除機を紹介

大きさが小さいロボット掃除機

サイズが小さいロボット掃除機を紹介
スマートフォン操作が出来るロボット掃除機 花粉・PM2.5を吸い込むロボット掃除機 猫砂を吸い込むロボット掃除機

スマートフォンで操作出来るロボット掃除機

スマートフォンで操作できる、ロボット掃除機を紹介

花粉・PM2.5を吸い込むロボット掃除機

花粉やPM2.5を綺麗にしてくれる、ロボット掃除機

猫砂を吸い込むロボット掃除機

猫砂を吸い込むロボット掃除機を紹介
ペットの容器に当たらないロボット掃除機 3部屋以上に使えるロボット掃除機 壁際・隅を綺麗するロボット掃除機

ペットの餌容器に当たらないロボット掃除機

犬や猫のエサ容器に当たらない、ロボット掃除機を紹介

3部屋以上ある家に使えるロボット掃除機

3部屋以上を掃除できる、ロボット掃除機を紹介

壁際や部屋の隅のゴミを綺麗にするロボット掃除機

壁際や部屋の隅のゴミを綺麗にする、ロボット掃除機
共働き夫婦にオススメのロボット掃除機    

共働き夫婦におすすめのロボット掃除機

共働き夫婦にオススメのロボット掃除機 (子供がいる、いない別に紹介)