ルーロとルンバの違いを比較

パナソニックのルーロとルンバの違いを比較、どっちがいい?

ロボット掃除機のルンバとRULO(ルーロ)の違いを比較している電気屋の店員

 

 

ロボット掃除機のRULO(ルーロ)とルンバの性能や機能の違いを比較していきます

 

比較する機種は以下の通り

 

ルンバシリーズ
eモデル

・ルンバe5 (発売日:2018年10月)

900モデル

・ルンバ980 (発売日:2015年10月)
・ルンバ961 (発売日:2018年2月)
・ルンバ960 (発売日:2016年8月)

800モデル

・ルンバ891 (発売日:2018年2月)
・ルンバ890 (発売日:2017年8月)
・ルンバ885 (発売日:2015年6月)
・ルンバ880 (発売日:2014年3月)
・ルンバ876 (発売日:2016年5月)
・ルンバ875 (発売日:2015年6月)
・ルンバ871 (発売日:2014年)
・ルンバ870 (発売日:2014年3月)

700モデル

・ルンバ780 (発売日:2011年10月)
・ルンバ770 (発売日:2011年10月)
・ルンバ760 (発売日:2011年10月)

600モデル

・ルンバ691 (発売日:2018年2月)
・ルンバ690 (発売日:2017年8月)
・ルンバ680 (発売日:2016年9月)
・ルンバ654 (発売日:2015年10月)
・ルンバ643 (発売日:2018年8月)
・ルンバ642 (発売日:2018年2月)
・ルンバ641 (発売日:2017年11月)
・ルンバ622 (発売日:2014年9月)

500モデル

・ルンバ537J (発売日:2012年)
・ルンバ527J (発売日:2012年)

 

ルーロシリーズ
RULO(ルーロ)

・MC-RS810 (発売日:2018年10月)
・MC-RS310 (発売日:2018年10月)
・MC-RS800 (発売日:2017年10月)
・MC-RS300 (発売日:2017年10月)
・MC-RS200 (発売日:2016年4月)
・MC-RS20 (発売日:2016年7月)
・MC-RS1 (発売日:2015年3月)

 

違いは何?

 

違いは、10個

 

  • 運転時間
  • 自動再開・自動充電
  • 吸引力
  • 家具にぶつからない機能
  • スマートフォン
  • 掃除エリア指定(バーチャルウォール)
  • 排気フィルター
  • 段差を超える性能
  • ダストボックス容量
  • サイズ

 

 

目次

・ルーロとルンバの運転時間を比較
・自動再開、自動充電がある機種
・ルーロとルンバの吸引力を比較
・ルーロとルンバ、家具に当たらないのはどっち?
・スマートフォン操作が出来る機種
・ルーロとルンバの掃除エリア設定を比較
・ルーロとルンバの排気フィルターを比較
・ルーロとルンバの段差を超える性能を比較
・ルーロとルンバのダストボックス容量を比較
・ルーロとルンバのサイズを比較

 

1つ1つ説明していきます

 

運転時間が違う

 

ロボット掃除機のルンバとRULO(ルーロ)の運転時間を比較している電気屋の店員

 

RULO(ルーロ)とルンバでは運転時間が違います

 

部屋が多かったり広い場合は運転時間が長い機種がオススメ

 

ルンバシリーズ
ルンバ 運転時間 充電時間
e5 90分 3時間
980 120分 3時間
961 75分 3時間
960 75分 3時間
891 60分 3時間
890 60分 3時間
885 60分 3時間
880 60分 3時間
876 60分 3時間
875Lite 60分 3時間
871 60分 3時間
870 60分 3時間
780 60分 3時間
770 60分 3時間
760 60分 3時間
691 60分 3時間
690 60分 3時間
680 60分 3時間
654 60分 3時間
643 60分 3時間
642 60分 3時間
641 60分 3時間
622 60分 3時間
537J 60分 3時間
527J 60分 3時間

 

ルーロシリーズ
機種名 連続使用時間 充電時間
MC-RS810 約100分 3時間
MC-RS310 約100分 3時間
MC-RS800 約100分 3時間
MC-RS300 約100分 3時間
MC-RS200 約100分 3時間
MC-RS20 約70分 2時間
MC-RS20 約100分 3時間

 

比較すると一番運転時間が長いのがルンバ980の120分(2時間)

 

それ以外の機種であれば、ルーロの方が運転時間が100分(1時間40分)なので長く掃除が出来る!

 

普通の家であれば、十分な長さですよね?

 

バッテリーの種類が違います

 

ルーロとルンバでは内蔵されている「バッテリーの種類」が違います

 

そのため、バッテリー寿命(使用回数)の長さも変わってくるので重要な選ぶポイント

 

簡単に使われているバッテリーを説明します

 

リチウムイオン電池

・長く使ってもバッテリーの劣化が少ないので寿命が長い
・自然放電が少ないのでバッテリーの残量が減りにくい

ニッケル水素電池

・バッテリーの劣化するスピードが、リチウムイオンに比べて早い
・自然放電する割合が大きいので、使ってないのに残量が大きく減る

 

リチウムイオン電池の方が寿命が長いので、バッテリーを交換するまでの時間が長いのが特徴

 

自分でバッテリー交換が出来る

 

ルーロとルンバはバッテリーが劣化してきても自分で交換できます

 

内蔵型だとメーカーに送る手間・費用がかかりますが、自分で交換できれば維持が楽!

 

バッテリーはアマゾン・楽天などに売っていますので、運転時間が短くなったら新しいバッテリーに交換してください

 

実際に動画で見てみましょう

 

ルンバのバッテリー交換

 

 

 

ルーロのバッテリー交換手順

パナソニックのルーロのバッテリー交換方法

 

ルーロとルンバとも慣れれば簡単に出来ますよ

 

ルンバシリーズ
ルンバ 自分でバッテリー交換 バッテリー種類
e5 出来る リチウムイオン電池

 

「寿命は3年以上」

980 出来る リチウムイオン電池

 

「寿命は3年以上」

961 出来る リチウムイオン電池

 

「寿命は3年以上」

960 出来る リチウムイオン電池

 

「寿命は3年以上」

891 出来る リチウムイオン電池

 

「寿命は3年以上」

890 出来る リチウムイオン電池

 

「寿命は3年以上」

885 出来る リチウムイオン電池

 

「寿命は3年以上」

880 出来る ニッケル水素電池

 

「寿命は約3年」

876 出来る リチウムイオン電池

 

「寿命は3年以上」

875Lite 出来る リチウムイオン電池

 

「寿命は3年以上」

871 出来る ニッケル水素電池

 

「寿命は約3年」

870 出来る ニッケル水素電池

 

「寿命は約3年」

780 出来る ニッケル水素電池

 

「寿命は約3年」

770 出来る ニッケル水素電池

 

「寿命は約3年」

760 出来る ニッケル水素電池

 

「寿命は約3年」

691 出来る リチウムイオン電池

 

「寿命は3年以上」

690 出来る リチウムイオン電池

 

「寿命は3年以上」

680 出来る リチウムイオン電池
654 出来る ニッケル水素電池

 

「寿命は約3年」

643 出来る リチウムイオン電池

 

「寿命は3年以上」

642 出来る リチウムイオン電池

 

「寿命は3年以上」

641 出来る リチウムイオン電池

 

「寿命は3年以上」

622 出来る ニッケル水素電池

 

「寿命は約3年」

537J 出来る ニッケル水素電池

 

「寿命は約3年」

527J 出来る ニッケル水素電池

 

「寿命は約3年」

(ルンバのメーカーに確認済み)

 

ルーロシリーズ
機種名 自分でバッテリー交換 バッテリー種類
MC-RS810 出来る リチウムイオン電池

 

「寿命は約1500回」

MC-RS310 出来る リチウムイオン電池

 

「寿命は約1500回」

MC-RS800 出来る リチウムイオン電池

 

「寿命は約1500回」

MC-RS300 出来る リチウムイオン電池

 

「寿命は約1500回」

MC-RS200 出来る リチウムイオン電池

 

「寿命は約1500回」

MC-RS20 出来る リチウムイオン電池

 

「寿命は約1100回」

MC-RS20 出来る リチウムイオン電池

 

「寿命は約1500回」

(メーカーサイトで確認済み)

 

ルンバのバッテリー寿命をメーカーに問い合わせた所、普通に使っていれば

 

リチウムイオン電池なら「3年以上」

 

ニッケル水素電池なら「3年」は大丈夫という回答でした

 

2018年12月の回答

 

ルンバのバッテリー回数を計算すると恐らく、以下のような数値になる

 

リチウムイオン:約1300回
(1日1回充電すると、約3年6ヶ月)

 

ニッケル水素電池:約1000回
(1日1回充電すると、約3年)

 

比較するとバッテリー寿命(使用回数)に関しては、ルーロの方が長い(約1500回)ですね

 

年数で計算
1500回 1日1回充電すると約4年
1300回 1日1回充電すると約3年6ヶ月
1100回 1日1回充電すると約3年
1000回 1日1回充電すると約3年

 

計算上では上記のようになりますが、使用する部屋の環境(温度・湿度)でも寿命が変わってくるので参考程度に考えてください

 

値段が安い、ルーロとルンバはコチラ

 

自動再開・自動充電

 

ロボット掃除機のルンバとRULO(ルーロ)の自動再開を説明している電気屋の店員

 

ルーロとルンバでは、自動再開の有無が違います

 

自動再開がある事で、途中でバッテリーが無くなってもゴミが綺麗になるまで掃除してくれる

 

自動再開の流れ
  1. 掃除開始
  2. 掃除の途中でバッテリーの残量が少なくなると、自動で充電台に戻り充電
  3. 充電が終わると、掃除を中断した場所に戻り掃除を再開

 

自動再開があれば、運転時間とか気にしなくていいです

 

だって、自分で充電して自分で掃除を再開するんですから

 

あなたがやる事は、溜まったゴミを捨てるだけですね

 

ルンバとIルーロの自動再開機能の説明

 

自動再開がある

自動再開があれば掃除の途中でバッテリーが少くなっても、部屋の真ん中で止まる事は無い

 

自分で充電して、掃除を中断した場所に戻り掃除を再開するのでルンバの動きを気にする必要は無い

自動再開が無い

自動再開が無いと、あたながルンバを持って部屋に移動させなければならない

 

しかも、どこまで掃除したかわからないと同じ所を2度も掃除させる事になり効率が悪い

 

自動再開があれば、部屋数が多くても、部屋が広くても最後までゴミを綺麗にします

 

自動再開が無いと、A、B、Cの部屋がある場合は、Cの部屋だけゴミが綺麗にならない

 

いつも、Bの部屋でバッテリー切れ・・・

 

そのため、部屋数が多い人は自動再開がある機種を選んでください

 

1部屋、2部屋ぐらいな自動再開が無くても大丈夫

 

自動再開 自動で充電して、充電が終わったら中断した所に戻り掃除を再開する
自動充電 バッテリーが減ったら自動で充電台に戻り充電する

 

ルンバシリーズ
ルンバ 自動再開 自動充電
e5 無い ある
980 ある ある
961 ある ある
960 ある ある
891 無い ある
890 無い ある
885 無い ある
880 無い ある
876 無い ある
875Lite 無い ある
871 無い ある
870 無い ある
780 無い ある
770 無い ある
760 無い ある
691 無い ある
690 無い ある
680 無い ある
654 無い ある
643 無い ある
642 無い ある
641 無い ある
622 無い ある
537J 無い ある
527J 無い ある

 

ルーロシリーズ
機種名 自動再開 自動充電
MC-RS810 自動再開がある ある
MC-RS310 無い ある
MC-RS800 自動再開がある ある
MC-RS300 無い ある
MC-RS200 無い ある
MC-RS20 無い ある
MC-RS1 無い ある

 

比較すると、ルーロとルンバとも機種によって自動再開が無いのがありますね

 

そのため、部屋の数が多い・広い・倉庫の中もやってほしい人は自動再開がある機種がオススメ

 

値段が安い、ルーロとルンバはコチラ

 

吸引力

 

ロボット掃除機のルンバとRULO(ルーロ)の吸引力を比較している電気屋の店員

 

ルーロとルンバでは吸引力が違います

 

吸引力が高い方が、じゅうたん・カーペットの奥のハウスダストも綺麗に吸い込みます

 

ルンバの構造

 

ルンバの掃除機能

 

ルンバの裏側 特徴

ルンバの掃除構造

・サイドブラシの数:1個

 

・ルンバ980はハイパワーモーターG3が搭載され700・600モデルに比べ吸引力が10倍!

 

・ルンバ980はカーペットブーストが搭載され、じゅうたんの上では古いモデルに比べて吸引力が10倍!

 

・特許を取得しているエアロフォースクリーニングシステムを搭載し、内部に真空状態を作り出し、ゴミを逃さず吸い込む

 

ルーロの構造

 

パナソニックルーロ800の掃除機能

 

ルーロの裏側 特徴

ルーロの掃除構造

・サイドブラシの数:2個

 

・マイナスイオンプレートからマイナスイオンを放出し、静電気の発生を防ぎカーペット等のゴミを吸い込みやすくします

 

・ハウスダスト発見センサーが搭載されているので、目に見えないゴミも発見し吸い込む!

 

・形が三角なので部屋の角の掃除が得意

 

 

どっちが吸引力が強い?

 

ルーロとルンバの掃除機能の違いは、5つ

 

  • サイドブラシの数
  • エアロフォースクリーニングシステム
  • マイナスイオンプレート
  • ハウスダスト発見センサー

 

1つ1つ説明していきます

 

ルーロの形は角掃除に適している

 

ルーロとルンバでは形が違います

 

2つの形を比べてみましょう

 

ルーロ ルンバ

ルーロの形

ルンバの形

 

こうして並べると違いが一目瞭然ですね

 

ルンバは丸い形ですが、ルーロは三角の形をしているので部屋の角(スミ)の部分に深く入る事ができるので部屋のスミ掃除が得意!

 

三角形だからこそ、部屋の角やスミにピッタリと接近する事ができ、サイドブラシで髪の毛・ゴミを掻き出し吸い込む事ができるので、取り残しが少ないという特徴がありますね

 

ルーロの三角形の角が部屋の角・スミにピッタリと密着して掃除している画層

 

この丸く囲った部分が部屋の角にピッタリと密着する事で溜まったゴミを吸い込む事ができます

 

例えば、三角定規と丸い形の定規では、どちらが、角に近づける事が出来ると思いますか?

 

当然、三角定規の方が部屋の角にもっとも近づけ、効率良くスミのゴミを取る事が可能

 

実際に動画で見てください

 

ルーロのスミ掃除

 

このように、ルーロは三角形の形で部屋のスミに密着し、吸引口がサイドブラシに近いので集めたゴミが散らかる前に吸い込む事ができるので角掃除に強い!

 

角の奥の部分までブラシが届いているのがわかると思います

 

これによりゴミを掻き出し綺麗にするので、ルーロは部屋の角に強い!といわれる理由です

 

ルンバはどうなの?

 

ルンバは形が丸いので、部屋の角(スミ)掃除は苦手・・・

 

実際に動画を見てください

 

ルンバのスミ掃除

 

丸い形なのでブラシが奥まで届かずゴミを掻き出す事ができず、綺麗にできてないですね・・・・

 

ルンバ 角のゴミは気にならない、自分で掃除する人
ルーロ 角に溜まったゴミも綺麗に掃除して欲しい人

 

このように選んでもいいでしょう

 

サイドブラシの数が違う

 

ルーロとルンバでは、サイドブラシの数が違います

 

サイドブラシとは、クルクル回るブラシの事で、このブラシでゴミを集めます

 

サイドブラシ

 

赤い丸の部分が「サイドブラシ」になります、この数がルーロとルンバでは違う

 

ルーロ サイドブラシが2個
ルンバ サイドブラシが1個

 

ルーロ ルンバ

ルーロのサイドブラシの数

ルンバのサイドブラシの数

 

見るとわかりますが、ルーロは左右にサイドブラシが付いていますが、ルンバは1つしか付いていない

 

そのため「ゴミを集める能力」は、ルーロの方が高い

 

なぜなら、左右にサイドブラシが付いているので、ゴミが散らばっていた場合は1度にゴミを集める量はサイドブラシが2つ付いている方が多く集められますよね?

 

ルンバは片方だけなので、反対側のゴミを集める事ができないので1度に集める量は少なくなる

 

サイドブラシと吸引口の近さも違う

 

ルーロとルンバの裏側をジーっと見るとわかりますが

 

サイドブラシと吸引口との距離が違うんですよ

 

ルーロの場合、サイドブラシと吸引口が近いので、集めたゴミを素早く吸い込むので、ゴミが散らばらず、逃しません

 

ルーロmcrs200はサイドブラシと吸引口が近い位置に取り付けられている画像

 

また、ゴミを吸い込みやすくするため、ルーロの吸引口のサイズは18センチと大きい!

 

大きな吸引口と左右のサイドブラシによって、掻き出したゴミをすぐに吸い込むのでホコリが空気中に舞い上がらない

 

今度はルンバの吸引口を見てください

 

赤い線で囲った所が吸引口になります、真ん中にあるので、サイドから離れていますよね?

 

ルーロmcrs200とルンバの吸引口のサイズを比較している画像

 

これだと、サイドブラシで集めたゴミが吸引口に行くまでに周りに逃げてしまいゴミを効率良く吸い込み事はできません

 

「構造」という視点からみると、色々とわかるでしょ?

 

吸引モーターの強さだけが全てでは無いんですよ、ロボット掃除機って

 

ルンバ

サイドブラシが1つしか無いので、散らばったゴミを集めるのは苦手
チョコチョコと行ったり来たりするのを見たい人

ルーロ

サイドブラシが2つで、吸引口も大きいので一度に集めるゴミが多い
そのため、手際よく効率的に掃除したい人向け

 

このように選んでも良いでしょう

 

エアロフォースクリーニングシステムでゴミを逃さない

 

ルーロとルンバでは、ゴミを吸い込む仕組みが違う

 

ルーロ 回転ブラシでゴミを掻き出し、吸引モーターで吸い込む
ルンバ 特許を取得した、2つの回転ブラシにより真空状態を作り出しゴミを逃さず吸い込む

 

このように、ゴミを吸い込む仕組みが違う

 

ルーロに関しては、掃除機と同じように回転ブラシでゴミを掻き出し、吸引モーターで吸い込むという一般的な仕組み

 

ルンバは2つの回転ブラシによって内部に真空状態を作り出し、ゴミを逃さず吸い込む事が可能

 

ルーロとルンバの吸引口のサイズを比較している画像

 

赤く囲った部分を見るとわかりますが、ルンバは回転ブラシが2つ付いてますよね?

 

このブラシが独自の形・動きをする事によって、ルンバ内部に「真空状態」が生まれる

 

そうすると、掻き出したゴミが逃げない

 

なぜなら真空状態ではゴミが空気中に舞い上がらない

 

本当に?と思う人もいるので実際に動画で見てください

 

真空状態でドローンは飛ぶのか?

 

真空状態の中では、ドローンが飛びません

 

下に押さえつけられるような状態になるので、上にあがらないんですよね

 

ゴミも同じで、上に舞い上がらないので細かいゴミも吸い込む事ができるのが、エアロフォースクリーニングシステムなんです

 

普通なら回転ブラシで掃除すると、回転によって細かいハウスダストが舞い上がったり、散らばるんですが

 

エアロフォースクリーニングシステムの場合は、ブラックホールのように吸い込まれるんですよね

 

このシステムはルンバが特許を取得しているので、他社は真似する事ができない

 

動画で仕組みを見てください

 

エアロフォースクリーニングシステム

 

ルンバには最新の掃除システムが搭載されているので、ルーロと比較すると吸引力に関してはルンバの方が高い!

 

ルンバ

吸引力が強いロボット掃除機が好きな人
掃除は吸引力だぜ!というワイルド系な人

ルーロ 吸引力は普通だけど、サイドブラシ・吸引口・形を工夫して効率よくゴミを吸い込む

無駄が少ない機能美が好きな人

 

このような人にオススメです

 

カーペットブースト・ハイパワーモーターG3も搭載

 

ルンバのカーペットブーストの性能を説明している

 

ルンバには「カーペットブースト」「ハイパワーモーターG3」の2つ機能があります

 

吸引力を最大値まで高める機能なので、男性ならワクワクするような名前ですね

 

名前の通り、じゅうたん・カーペットの上では吸引力がパワーアップします

 

実際に動画で見てください

 

カーペットブースト

 

カーペットの手前でセンサーが反応して、運転音が大きくなるのがわかりますね

 

そのため、ダニの死骸やハウスダストもしっかり吸い込んでくれます

 

ハイパワーモーター3G

 

ルンバのハイパワーモーターユニットG3の力で従来品のルンバより10倍も吸引力が高い

 

下位モデルのルンバに搭載されているモーターと比較すると、約10倍も吸引力が強くなってます

 

「カーペットブースト」と「ハイパワーモーター3G」との組み合わせによって、じゅうたん・カーペットの掃除ならルンバが一番でしょうね

 

それぐらい吸引力は強力!

 

ハイパワーモーターG3

ルンバには、ハイパワーモーターG3が搭載されており
古いモデルと比べて、吸引力が10倍になります

カーペットブースト

ルンバには、カーペットブーストが搭載されており
じゅうたん・カーペットの上で古いモデルと比べて、吸引力が10倍になります

ルーロ

ルーロには吸引力が5倍とか10倍にパワーアップする機能は無いです

 

「吸引力だけ」を比較すると、ルンバの方が強いですね

 

そのため、吸引力を重視して選びたい人はルンバがオススメ

 

注意

 

ルンバの機種によって「ハイパワーモーターG3」「カーペットブースト」が無いです

 

そのため、吸引機能を確認して選んでください

 

ルンバはヒモを巻き込まない

 

ルンバの回転ブラシは逆回転が出来るのでヒモを巻き込まない

 

ルンバは回転ブラシが2つあり、独立して動くので回転ブラシに「ヒモ」が絡むと自動で逆回転して絡まりを解決します

 

ルーロには回転ブラシの逆回転が無い

 

ルンバ 回転ブラシの逆回転がある
ルーロ 回転ブラシの逆回転が無い

 

回転ブラシだと、ヒモがブラシに絡む事があるんですよ

 

実際に動画で見てください

 

回転ブラシにヒモが絡まる

 

このように回転ブラシだと、ヒモが絡まるんですよ

 

普通はブラシにヒモが絡まると、ロボット掃除機を裏返しにしてヒモを解く必要がありました

 

でも、ルンバの場合は自動でブラシを逆回転する事でヒモの絡まりを解消します

 

ルーロにはこの逆回転が無いので、もしヒモが回転ブラシに絡まった場合はブラシを取り外してヒモを取り除く必要がある

 

そのため長いヒモが部屋の中に落ちている場合は、ルンバを選ぶと良いでしょう

 

ルンバの回転ブラシは、髪の毛が絡まりにくい

 

ルンバの回転ブラシはゴム素材なので女性の長い髪の毛が絡みにくい

 

ルンバの回転ブラシは「ゴム素材」で出来ているので、髪の毛・ホコリが絡まりにくいです

 

そのため、回転ブラシを掃除する回数は非常に少ない

 

ルーロの回転ブラシは、髪の毛が絡まりやすい「毛ブラシ」です

 

実際に画像で見てください

 

ルーロ

ルーロの回転ブラシの素材

 

ルンバ

ルンバの回転ブラシの素材

 

2つを比べるとわかりますが

 

ルーロ 毛の素材を使ったブラシ
ルンバ ゴム素材を使ったブラシ

 

このように素材が違うので、髪の毛・ホコリの付き方が違います

 

当然ですが、毛の素材には髪の毛が絡まりやすいですが、ゴム素材には付きにくいですよね?

 

以上の事から、回転ブラシに髪の毛が絡まりやすいのは、ルーロになります

 

ルンバ

部屋の中に子供が遊ぶ長いヒモなどが落ちている人
おばあちゃんが編み物をして、毛糸の糸を使う人
髪の毛が長い女性

ルーロ 長いヒモを使う事が無い人

髪が短い女性や男性

 

このように選んでも良いでしょう

 

ルーロにはマイナスイオンプレートがある

 

ルーロには、床・カーペットの静電気を除去するマイナスイオンプレートが付いてます

 

ルーロはマイナスイオンを床に吹き付けて掃除する事ができる画像

 

ルーロはマイナスイオンを床に吹きかけながら掃除するので、静電気の発生を防ぎます

 

静電気の発生が防げるので、じゅうたん・カーペットのゴミを吸い込みやすい

 

静電気があるとどれだけゴミが取りにくくなるのか?、わかりやすい動画を紹介

 

静電気が発生したゴミ

 

赤い風船には静電気が発生しているのでゴミがくっついて取れませんが、静電気を除去するとゴミが簡単に取れる

 

つまり、ルーロのマイナスイオンプレートで、じゅうたん・カーペットの静電気を除去する事でゴミ(ハウスダスト)を吸い込みやすくできる!

 

ルンバには吸引力では勝てないので、静電気を除去してゴミを掃除しやすくしてるんですよね

 

ルンバには静電気を除去する機能は無し

 

ハウスダスト発見センサー

 

ルーロは、肉眼では確認する事ができないぐらい小さな「約20 μmのダニを見つける」をハウスダストセンサーがついてます

 

パナソニックのルーロのハウスダストセンサーはダニも見えつける

 

パナソニックのルーロのハウスダストセンサーが見るけるゴミの大きさ

 

画像のような約20 μmのダニの死骸・糞まで検知する高性能センサーをルーロに搭載!

 

ルンバでは見逃してしまう非常に細かいハウスダストさえも、ルーロは見つけて掃除するのが最大の特徴でしょうね

 

実際に実験画像を見てください

 

パナソニックのルーロのハウスダストセンサーで吸い込んだゴミの量
パナソニックのルーロのハウスダストセンサーで吸い込んだゴミの量の重さ

 

ハウスダストセンサーがある方が、多くのゴミを吸い込んでいるのが実験結果で明らか

 

また、子供がいる人にもオススメ

 

パナソニックのルーロのハウスダストセンサーでダニを掃除できるので子供がいる家族にオススメ

 

子供は身長が低いですから、床のハウスダスト・ダニの死骸を吸い込みやすいので注意!

 

高齢者や子供は抵抗力が弱いので、大量に吸い込んでしまうと・・・

 

ルンバとルーロの排気から出るゴミとハウスダストを大量に吸い込んだ場合

 

辛い思いをさせてしまう前にハウスダストの量を減らす対策が大事

 

高性能ハウスダストセンサーがあるルーロであれば、気持ち悪いダニの死骸・糞を子供が吸い込む量が確実に減る!

 

また、掃除の時にゴミの量によってランプの色が変化しますのでわかりやすい

 

ルーロのハウスダストセンサーのランプの色でゴミの多さを教えてくれる機能の画像

 

ランプが赤色になると、その部分にハウスダストが多く溜まっているので集中的に吸い込んでくれます

 

掃除が終わるとランプの色が緑色になり、綺麗な床になったと教えてくれるので、その部分を赤ちゃんがハイハイしたり、子供が横になっても安心ですね

 

実際に動画を見てください

 

ルーロのハウスダスト発見センサー

 

何度も同じ所を綺麗になるまで掃除するので「モレ」が非常に少ないのも嬉しい

 

いくらハウスダストを見つけても綺麗になる前に他の所に行ってしまったら意味ないですからね

 

時間はかかるけど、見えないゴミもしっかり綺麗!

 

これがルーロです

 

ルンバにはハウスダストを見つけるセンサーは無いです

 

ルンバ 見えないハウスダストは気にしない人
ルーロ ハウスダスト等に敏感な体質な人

 

このように選んでもいいでしょう

 

長くなりましたが、ルーロとルンバの掃除機能は以上です

 

わかりやすく、まとめます

 

ルンバ

・角のゴミ掃除は苦手
・サイドブラシの数が1つ
・特許取得した「掃除システムで真空状態を作り出す」
・カーペットブースト、ハイパワーモーター3Gで吸引力10倍
・回転ブラシにヒモ・髪の毛が絡みにくい

ルーロ

・角のゴミ掃除は得意
・サイドブラシの数が2つ
・静電気を除去するマイナスイオンプレートがある
・高性能ハウスダストセンサーがある

 

このようにルーロとルンバでは掃除機能が違いますね

 

注意:ルンバの機種によって、モーター性能などが違うので確認してから選んでください

 

ルンバシリーズ
ルンバ 吸引力の機能
e5

・AeroForce三段階クリーニングシステム
・ハイパワーモーター

 

(名前が若干変わっていますが、ルンバ800モデルと同じです)

980

・AeroForceクリーニングシステム
ハイパワーモーターG3
(古い機種に比べて吸引力が10倍強い)

 

カーペットブースト
(カーペットの上では吸引力が10倍になります)

 

961

・AeroForceクリーニングシステム
・ハイパワーモーター

960

・AeroForceクリーニングシステム
・ハイパワーモーター

891

・AeroForceクリーニングシステム
・ハイパワーモーター

890

・AeroForceクリーニングシステム
・ハイパワーモーター

885

・AeroForceクリーニングシステム
・ハイパワーモーター

880

・AeroForceクリーニングシステム
・ハイパワーモーター

876

・AeroForceクリーニングシステム
・ハイパワーモーター

875Lite

・AeroForceクリーニングシステム
・ハイパワーモーター

871

・AeroForceクリーニングシステム
・ハイパワーモーター

870

・AeroForceクリーニングシステム
・ハイパワーモーター

780 ・3段階クリーニングシステム
770 ・3段階クリーニングシステム
760 ・3段階クリーニングシステム
691 ・3段階クリーニングシステム
690 ・3段階クリーニングシステム
680 ・3段階クリーニングシステム
654 ・3段階クリーニングシステム
643 ・3段階クリーニングシステム
642 ・3段階クリーニングシステム
641 ・3段階クリーニングシステム
622 ・3段階クリーニングシステム
537J ・3段階クリーニングシステム
527J ・3段階クリーニングシステム

 

機種によって、掃除力(仕組み)が違います

 

ここで詳しく書くと長くなるので別ページに書きましたので知りたい人は読んでください

 

ルンバの吸引システムの説明はコチラをクリック

 

ルーロシリーズ
MC-RS810

ブラシの毛の量が3倍多い改良型
(掃除力が10%アップ)

 

「マイナスイオンも出る」
「ハウスダストセンサーがある」

MC-RS310

ブラシの毛の量が3倍多い改良型
(掃除力が10%アップ)

 

「マイナスイオンも出る」
「ハウスダストセンサーがある」

MC-RS800

普通のブラシ

 

「マイナスイオンも出る」
「ハウスダストセンサーがある」

MC-RS300

普通のブラシ

 

「マイナスイオンも出る」
「ハウスダストセンサーがある」

MC-RS200

普通のブラシ

 

「マイナスイオンも出る」
「ハウスダストセンサーがある」

MC-RS20

普通のブラシ

 

「マイナスイオンも出る」
「ハウスダストセンサーがある」

MC-RS1

普通のブラシ

 

「マイナスイオンも出る」
「ハウスダストセンサーがある」

 

吸引力が気になる人も多いので、よ~く確認して選んでくださいね

 

値段が安い、ルーロとルンバはコチラ

 

家具にぶつからない機能

 

ロボット掃除機のルンバとRULO(ルーロ)の家具に当たる回数を比較している電気屋の店員

 

ルンバとルーロでは、家具などを検知する「センサー、カメラ」が違います

 

障害物を検知するセンサーやカメラの性能が高ければ、家具に当たる回数は減ります

 

そのため、家具にパコパコと当たる音が気になる人はセンサーの性能が高い機種がオススメ

 

ルンバ

 

ルンバのセンサー機能

 

iAdaptR

ビジュアルローカリゼーション

本体カメラによって部屋の間取り・家具の位置を把握して移動する
各種センサー 様々なセンサーが搭載されているので、ガラス・家具・電化製品に当たりにくい

 

ルンバには、高性能な障害物を見つける「カメラ」が搭載されています

 

このカメラの名前は「iAdaptR(アイアダプト)ビジュアルローカリゼーション」

 

カメラによって障害物を認識し、当たる回数を少くできる

 

ルンバシリーズにある本体カメラ

 

ルンバシリーズにある本体カメラがある事で部屋の空間認識能力が高くなる

 

家具に近づく前に検知して、ぶつかりにくくなるのが最大の特徴

 

実際に動画で見てください

 

iAdaptR(アイアダプト)ビジュアルローカリゼーション

 

空間をカメラで認識できるので、移動もスムーズになります

 

カメラの他にもセンサーが搭載されているので、ガラスなどに当たる回数は減るでしょう

 

カメラがあるとどのくらい違うの?

 

では、本体カメラ(iAdaptR(アイアダプト)ビジュアルローカリゼーション)がある機種と無い機種ではどの程度の違いがあるのか?

 

違いを見てみましょう

 

ルンバ980 iAdaptR(アイアダプト)ビジュアルローカリゼーション
ルンバ595 無い(センサーだけ)

 

本体カメラがある980、カメラが無い595の違い

 

iAdaptR(アイアダプト)ビジュアルローカリゼーションがあるルンバ980の方が、移動がスムーズ

 

本体カメラがないルンバ595は、ランダムに動いているだけなので、掃除漏れが発生してしまう

 

そのため、効率良く掃除できるのは、ルンバ980の方ですね

 

しかし、本体カメラがあるルンバ980も家具・ぬいぐるみに当たりますので、全然当たらないという事では無いですね

 

ただ、本体カメラがあるので部屋の中の移動は滑らに移動して掃除してくれます

 

ルーロ

 

ルーロのセンサー機能

 

ルーロの障害物検知センサーの性能

レーザーセンサー

前面に取り付けられ、約110度範囲内にある障害物を検知可能になり
今まで検知できなかった幅が約2 cmの物まで認識できます

超音波センサー 前面に取り付けられ、音波を出すことでセンサーが感知しにくい鏡や黒色や透明な障害物も検知できます
赤外線センサー 左右に取り付けられているので、壁から数cm単位の走行が可能になり壁際のゴミを綺麗に出来る
人工知能・本体カメラ 本体カメラと人工知能で場所を把握して動く

 

ルーロに搭載されているセンサーの説明は上記の通りです

 

ルーロには、高性能レーザーセンサーが搭載されているので家具に当たる回数は減ります

 

レーザーセンサーによって今までは当たっていた、「幅2センチ」の障害物に当たらずに掃除する事が可能

 

実際に動画で見てみましょう

 

レーザーセンサー性能

 

細い棒も、レーザーセンサーが感知して当たらずにギリギリまで棒に近づいてゴミを掃除してくれていますね

 

レーザーセンサーは検知力が高いので、他のロボット掃除機が検知できない「幅2センチ」の細い障害物も避ける事が可能

 

他のセンサーも併用して使うので、壁・ガラス窓にも当たりにくい

 

壁にぶつからない

 

ガラスにぶつからない

 

ルーロは壁・家具・ガラスに当たりにくくなってます

 

本体カメラも搭載

 

ルーロもルンバと同じく、本体カメラがありますので部屋の画像で家具や空間を認識しながら進むので移動がスムーズ

 

ルーロは本体カメラ映像で家具を見つけて動く

 

そのため、幅2センチの物に当たらないだけでなく、部屋と部屋の移動も楽々です

 

ルーロとルンバどっちが家具に当たりにくい?

 

ルーロとルンバのどちらが家具に当たりにくいか悩んでいる女性

 

ルーロとルンバの各種センサーを説明しましたが、結論としてどっちが家具・家電に当たらないのか?

 

性能で言えば、高性能レーザーセンサーがあるルーロになります

 

ルンバ

幅2センチの物に当たります
(テーブルの脚、椅子の脚、室内干しに使う干し台の脚)

ルーロ 幅2センチの物を検知して当たらない

 

(ペットのゲージにも当たりにくいので、犬も驚きません)

 

選ぶポイントは「幅2センチ」の物に当たると困るかどうかでしょうね

 

例えば、カメラの脚立に当たってほしくない、室内に置いている干し台に当たってほしくない等があればルーロがオススメ

 

テーブルや椅子の脚にも当たらないのでポカポカ音が出ないのもルーロの特徴

 

ルンバはテーブルの脚などに当たりますので、この辺を考えて選んでください

 

ルンバシリーズ

iAdapt®
ビジュアルローカリゼーション

・本体カメラがある
・センサーがある

 

(カメラがあるので移動がスムーズです)

iAdapt®(アイアダプト)

・本体カメラが無い
・センサーがある

 

(カメラが無いので動きがランダムで、掃除モレが発生しやすい)

 

ルンバ 家具検知システム
e5 iAdapt®(アイアダプト)
980 iAdapt®(アイアダプト)ビジュアルローカリゼーション

 

(本体カメラがあります)

961 iAdapt®(アイアダプト)ビジュアルローカリゼーション

 

(本体カメラがあります)

960 iAdapt®(アイアダプト)ビジュアルローカリゼーション

 

(本体カメラがあります)

891 iAdapt®(アイアダプト)
890 iAdapt®(アイアダプト)
885 iAdapt®(アイアダプト)
880 iAdapt®(アイアダプト)
876 iAdapt®(アイアダプト)
875Lite iAdapt®(アイアダプト)
871 iAdapt®(アイアダプト)
870 iAdapt®(アイアダプト)
780 iAdapt®(アイアダプト)
770 iAdapt®(アイアダプト)
760 iAdapt®(アイアダプト)
691 iAdapt®(アイアダプト)
690 iAdapt®(アイアダプト)
680 iAdapt®(アイアダプト)
654 iAdapt®(アイアダプト)
643 iAdapt®(アイアダプト)
642 iAdapt®(アイアダプト)
641 iAdapt®(アイアダプト)
622 iAdapt®(アイアダプト)
537J iAdapt®(アイアダプト)
527J iAdapt®(アイアダプト)

 

ルーロシリーズ
MC-RS810

レーザーセンサー
・赤外線センサー
・超音波センサー
「本体カメラがある」

MC-RS310

レーザーセンサー
・赤外線センサー
・超音波センサー

MC-RS800

レーザーセンサー
・赤外線センサー
・超音波センサー
「本体カメラがある」

MC-RS300

レーザーセンサー
・赤外線センサー
・超音波センサー

MC-RS200

・赤外線センサー
・超音波センサー

MC-RS20

・赤外線センサー
・超音波センサー

MC-RS1

・赤外線センサー
・超音波センサー

 

比較するとルーロとルンバ、どちらも機種によって「本体カメラ」が無いのがありますね

 

本体カメラがある方が、部屋の移動がスムーズだと考えてください

 

家具に当たる回数については、高性能レーザーセンサーがあるルーロの方が家具・家電に当たりにくいです

 

ルンバ 椅子の脚など細い棒などに当たりやすいです
ルーロ テーブルの脚に当たりにくく、ペットのゲージの細い編み目も検知するので当たりにくい

 

選ぶ時の参考にしてください

 

値段が安い、ルーロとルンバはコチラ

 

スマートフォン操作

 

ロボット掃除機のルンバとRULO(ルーロ)のスマートフォン操作を説明している電気屋の店員

 

ルンバとルーロはスマートフォン操作が出来るので、仕事中や旅行中でも操作出来たり、掃除情報を見る事が可能

 

スマートフォン操作

・友達が急に家に遊びに来る時に、スマートフォンで急いで掃除させる事ができる

 

・仕事中、旅行中でも掃除した場所を確認できる

 

・設定を忘れても外から操作が出来る

 

ルンバ

 

ルンバのスマートフォン操作

 

ルンバのスマートフォン操作

 

スマートフォンで出来る操作一覧
電源のオン・オフ 外からルンバを操作できます
スケジュール設定 曜日・時間を設定すれば、その時刻に掃除を開始します
掃除モードの選択 ゴミの状況に合わせて掃除モードが変えられます
掃除した場所を見れる 部屋のどの場所を掃除したか確認できます

 

ルンバのスマートフォンで出来る操作が上記の通りです

 

特に便利なのが、掃除した場所を確認出来る事でしょう

 

ルンバが掃除した場所をスマートフォンで確認

 

画像のように、スマートフォンでルンバが部屋のどの部分を掃除したのかが確認できますよ

 

リモコン操作も出来る

 

ルンバはスマートフォン操作が出来ない機種は、リモコンが付いてくるので家の中なら操作可能

 

リモコンの機能

・離れた所から、ルンバを右左前に操作できる
・電源ON/OFFができる

 

ルンバをリモコン操作

 

ルーロ

 

ルーロのセンサー機能

 

ルーロにはIoT機能(スマートフォン)が出来る機種がある

 

ルーロもIoT機能(RULOナビ アプリ)を使う事で、スマートフォンで操作する事が出来ます

 

実際に動画で見てください

 

ルーロをスマートフォンで操作

 

スマートフォンを使えば、外からでもルーロを操作でき、また、ゴミマップで掃除した場所も見れる

 

ルーロはスマートフォンで掃除した場所を確認できる

 

掃除した場所、ゴミが多くあった場所を確認できるので部屋のどこにゴミが溜まりやすいか把握できます

 

また、掃除モードを選び、掃除するエリアも決める事もできますよ

 

スマートフォンを使うのに慣れている若い人は、スマートフォン操作が出来る機種を選ぶ傾向がありますね

 

スマートフォンで出来る事
スマートフォン

・電源のオン・オフ
・ゴミマップ確認
・掃除エリア設定
・運転モード設定
・スケジュール設定

 

リモコン操作も出来る

 

リモコンで操作できるルーロ

 

ルーロの機種の中には、リモコンで操作できる機種があります

 

リモコン操作が出来る事で、家の中で座りながらルーロの電源を入れたり、掃除モードを変更したりできます

 

リモコンで出来ること
リモコン

・電源のオン・オフ
・スケジュール予約
・掃除エリア設定
・お掃除結果レポート

 

リモコン操作している動画

 

スマートフォン機能が無いルーロは、リモコンが付属品でついてくるので家の中であれば離れた場所から操作可能

 

しかも、リモコンで出来る機能が多い!

 

リモコンの機能を見てください

 

掃除エリア設定

ルーロのリモコンで操作できる掃除エリア設定

 

リモコンで掃除する3部屋を設定する事ができますので、設定した部屋だけを掃除します

 

スケジュール予約

ルーロのリモコンで操作できるスケジュール設定

 

リモコンで1週間分のスケジュールを設定できるので、設定した時間・曜日にルーロが掃除を始めます

 

お掃除結果レポート

ルーロのリモコンわかるお掃除レポート

声で掃除した時間、運転モードなどを教えてくれます

 

リモコン1つあれば、これだけの機能を設定する事が可能になります

 

ルンバのリモコン操作と比較してみましょう

 

ルンバのリモコン機能
リモコンの機能

・離れた所から、ルンバを右左前に操作できる
・電源ON/OFFができる

 

ルーロのリモコン機能
リモコン

・電源のオン・オフ
・スケジュール予約
・掃除エリア設定
・お掃除結果レポート

 

こうして見ると違いが一目瞭然

 

ルーロのリモコンの方が機能が多いので使いやすいです

 

予約機能があれば、スマートフォン操作がいらないかも?

 

ルーロとルンバはスケジュール設定が出来るので自動でロボット掃除機が掃除する

 

ルーロとルンバには運転予約(スケジュール機能)があります

 

スケジュール設置 曜日に合わせて掃除する時間を設定できます

 

スケジュール機能で掃除する時間を設定すればその時刻に自動で掃除を開始してくれます

 

例えば、仕事が午前9時の人はその時間に設定すれば毎日、あなたが仕事中にロボット掃除機が掃除してくれますから

 

そのため、人によってはスマートフォン操作が無くても困らない

 

この点をよく考えてください

 

ルンバシリーズ
ルンバ スマートフォン操作 リモコン
e5 出来る 無い
980 出来る 無い
961 出来る 無い
960 出来る 無い
891 出来る 無い
890 出来る 無い
885 出来ない ある
880 出来ない ある
876 出来ない 無い
875Lite 出来ない 無い
871 出来ない ある
870 出来ない ある
780 出来ない ある
770 出来ない ある
760 出来ない ある
691 出来る 無い
690 出来る 無い
680 出来ない 無い
654 出来ない 無い
643 出来ない

 

(スケジュール機能が無い)

無い
642 出来ない

 

(スケジュール機能が無い)

無い
641 出来ない

 

(スケジュール機能が無い)

無い
622 出来ない

 

(スケジュール機能が無い)

ある
537J 出来ない

 

(スケジュール機能が無い)

ある
527J 出来ない

 

(スケジュール機能が無い)

ある

 

ルーロシリーズ
機種名 リモコン スマートフォン
MC-RS810 無い

 

「スケジュール設定がある」

ある
MC-RS310 ある

 

「スケジュール設定がある」

無い
MC-RS800 無い

 

「スケジュール設定がある」

ある
MC-RS300 ある

 

「スケジュール設定がある」

無い
MC-RS200 ある

 

「スケジュール設定がある」

無い
MC-RS20 無い

 

「スケジュール設定がある」

無い
MC-RS1 ある

 

「スケジュール設定がある」

無い

 

比較すると、ルンバには「スケジュール設定」が出来ない機種があるので注意!

 

選ぶポイントは、スマートフォン、リモコンが必要かどうかでしょうね

 

自分の生活スタイルに合わせて選んでください

 

値段が安い、ルーロとルンバはコチラ

 

掃除エリア指定(バーチャルウォール)

 

ロボット掃除機のルンバとRULO(ルーロ)の掃除エリア(バーチャルウォール)の違いを比較している電気屋の店員

 

ルンバとルーロでは、掃除エリアを設定方法が違います

 

ルンバ

 

ルンバの掃除エリア設定、バーチャルウォール

 

機械の名前

機能

デュアルバーチャルウォール

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードがある

オートバーチャルウォール

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードが無い

お部屋ナビ

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードが無い
・3部屋案内機能がある

 

詳しく知りたい人はコチラをクリック

 

 

このように、ルンバの機種(機械)によって掃除エリア設定が違ってきます

 

バーチャルウォール

ロボット掃除機ルンバのバーチャルウォール

ドアの所に置く事で、部屋の中に入らないようにしてくれます

 

ヘイローモード

ロボット掃除機ルンバのヘイローモード

 

ペットの容器の所に置く事で、容器に当たらないようにしてくれます

 

実際に動画で見てください

 

バーチャルウォール・ヘイローモード

 

3部屋案内機能

ロボット掃除機ルンバの3部屋案内機能

 

3部屋の部屋を迷子にならずに移動して掃除してくれます

 

道案内する、カーナビと同じだと考えてください

 

実際に動画で見てください

 

 

ルンバには上記のように、掃除エリアを設定する機械があります

 

ルーロ

 

ルーロの掃除エリア指定機能

 

ルーロはスマートフォンを使って「掃除エリア」を設定します

 

そのため、専用の機械が必要ないので機械を置いたり、移動させたりする手間が無い

 

外出中でもスマートフォンで、掃除エリアを設定できるのも便利

 

パナソニックルーロはスマートフォンで掃除しないエリアを設定できる

 

画像のようにスマートフォンの画面に部屋の間取りが表示され、その部分(エリア)を指で指定するだけで設定完了!

 

実際に動画で見てみましょう

 

スマートフォンでエリア指定

 

しかも、ルーロの掃除エリア指定は精度が高いので間違って侵入する可能性が低い

 

掃除エリア指定されたルーロの動きを動画で見てください

 

掃除する範囲を決めて掃除している

 

黒いテープの中に入らないように設定されているので、テープの外側だけ掃除しているのがわかりますね

 

ルーロのエリア設定は、精度が高いので本当に入らないか心配する必要は無いでしょう

 

ペットのゲージ・エサ容器にも突っ込まないし、子供やばあちゃんが寝ている所にも近づきません

 

エリアを2つ設定できる機種がある

 

ルーロの機種の中には、掃除エリアの設定を「2つ」同時に設定する事が出来ます

 

そのため、より使いやすく便利になりましたね~

 

例えば、1箇所だけだと本当は「台所、子供部屋」に入ってほしくないけど、どちらかを諦める必要があった

 

2箇所同時設定が出来れば、「台所・子供部屋」の2つにルーロは近づきません

 

比べてみましょう

 

2箇所同時にエリア設定

新型パナソニックルーロは掃除エリアを2箇所同時に設定する事ができる

 

1箇所しか設定できない

古いパナソニックルーロは掃除エリアを1箇所しか設定できない

 

2つ設定できるルーロは、右側の赤い部分が2箇所に増えているのがわかる

 

どっちが使いやすい?

 

ルーロとルンバの掃除エリア設定、バーチャルウォールのどっちが使いやすいのか迷っている女性

 

ルンバとルーロ、どっちが使いやすいのか?

 

それを比べるには、メリット・デメリットを知る必要がある

 

ルンバのメリット・デメリット
ルンバ

■メリット
・専用の機械を使うので、スマートフォンが無い人も大丈夫
・専用の機械は通販で売っているので、何箇所でもエリア設定が出来る
---------------------------
■デメリット
・機械の電池が切れたら、使えない
・機械を子供や犬が倒したら、使えない
・エリア設定を変更する時は、機械を移動する手間がある

 

ルーロのメリット・デメリット
ルーロ

■メリット
・スマートフォンでエリア設定をするので、機械を買う必要が無い
・機械の電池を気にする必要が無い
・子供や犬が機械を倒す事を心配する必要が無い
・簡単にエリア設定出来るので手間が少ない
----------------------
■デメリット
・エリア設定出来る数が1~2箇所しかできない

 

このように、ルーロとルンバではメリットデメリットが違うので自分のライフスタイルに合わせるしかないですね

 

ルンバシリーズ
ルンバ 掃除エリア設定
e5

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードがある
・3部屋を案内機能が無い

980

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードがある
・3部屋を案内機能が無い

961

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードがある
・3部屋を案内機能が無い

960

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードがある
・3部屋を案内機能が無い

891

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードがある
・3部屋を案内機能が無い

890

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードがある
・3部屋を案内機能が無い

885

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードが無い
・3部屋を案内機能がある

880

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードが無い
・3部屋を案内機能がある

876

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードがある
・3部屋を案内機能が無い

875Lite

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードが無い
・3部屋を案内機能が無い

871

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードが無い
・3部屋を案内機能が無い

870

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードが無い
・3部屋を案内機能が無い

780

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードが無い
・3部屋を案内機能がある

770

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードが無い
・3部屋を案内機能が無い

760

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードが無い
・3部屋を案内機能が無い

691

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードがある
・3部屋を案内機能が無い

690

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードがある
・3部屋を案内機能が無い

680

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードがある
・3部屋を案内機能が無い

654

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードが無い
・3部屋を案内機能が無い

643

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードがある
・3部屋を案内機能が無い

642

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードがある
・3部屋を案内機能が無い

641

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードがある
・3部屋を案内機能が無い

622

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードが無い
・3部屋を案内機能が無い

537J

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードが無い
・3部屋を案内機能が無い

527J

・バーチャルウォールがある
・ヘイローモードが無い
・3部屋を案内機能が無い

 

ルーロシリーズ
機種名

掃除エリア設定

MC-RS810 出来る

 

「掃除エリア:2つ設定できる」

MC-RS310 無い
MC-RS800 出来る

 

「掃除エリア:1つ設定できる」

MC-RS300 出来ない
MC-RS200 出来ない
MC-RS20 出来ない
MC-RS1 出来ない

 

ルンバは機種によって「使えるエリア設定が違う」のでわかりにくいですよね?

 

簡単にまとめたので選ぶ時の参考にしてください

 

ルンバ掃除エリア設定まとめ
バーチャルウォール ・部屋の中に入ってほしくない人
ヘイローモード ・ペットの容器に当たってほしくない人
3部屋案内 ・3つの部屋を確実に掃除したい人

 

ルンバの掃除エリア設定を詳しく知りたい人はコチラをクリック

 

ルーロに関しては、スマートフォン操作が出来れば掃除エリア設定が使えます

 

また、機種によってエリア設定が出来る数が違うので確認してくださいね

 

値段が安い、ルーロとルンバはコチラ

 

排気フィルターの性能

 

ロボット掃除機のルンバとRULO(ルーロ)の排気フィルターの性能を比較している電気屋の店員

 

ルンバとルーロの排気フィルターの性能を紹介します

 

排気フィルター 吸い込んだハウスダストを外に出ないようにしてくれるフィルターになります

 

排気フィルターの性能が低いと、床・カーペットから吸い込んだハウスダスト(ダニ等)が排気口から出てきます

 

実際に、排気フィルターの性能が低い動画で見てください

 

排気フィルター実験

 

排気フィルターの性能が低い掃除機からは、大量のハウスダストが吹き出していますね

 

部屋の中が、目に見えないハウスダストで汚れていく・・・・

 

ロボット掃除機の排気フィルターの性能が低いとハウスダストで部屋の空気が汚れる

 

しかも、ロボット掃除機は家の中を移動しますから、家中がハウスダストに包まれます

 

その中で生活すると考えると・・・

 

排気フィルターの性能が低いロボット掃除機を使っている女性

 

かなり辛いと思います

 

以上の事から、排気フィルターの性能も確認してから選んでください

 

ルンバ

 

ロボット掃除機ルンバの排気フィルター

 

ルンバはモデルによって、排気フィルターの性能が違います

 

HEPAフィルター 粒径が0.3 μmの粒子を99.97%以上もフィルターで外に出るのを防ぐ

 

性能が高いので排気口から、ハウスダストは出てきません

 

簡易フィルター 性能は不明 (粒径が0.3 μmの粒子は通過して外に出てしまう)

 

動画のように、ハウスダストが排気口から出てきてしまうでしょう

 

ルーロ

 

ルーロの排気フィルター性能

 

ルーロ

不織布フィルター

 

「メーカーに問い合わせた所、性能は評価中との事で不明とします」

(メーカーに確認済み)

 

メーカーにルーロの排気フィルターについて確認したところ、具体的な抑制率の%は言えないという回答でした

 

そのため性能は不明とさせていただきます

 

2018年12月の回答

 

比較すると、ルンバのHEPAフィルターが一番性能が高い事がわかりますね

 

HEPAフィルターってどういう物?

 

ルンバのHEPAフィルターの性能を知りたい女性

 

ルンバに搭載されている「HEPAフィルター」を詳しく説明します

 

HEPAフィルターは「粒径が0.3 μmの粒子を99.97%以上」も防いでくれる性能があります

 

空気清浄機にも使われているフィルターなので、排気から出てくる空気が綺麗!

 

では、HEPAフィルターと普通のフィルターではどれくらい違うのか?

 

実際に動画で見てください

 

HEPAフィルター性能

 

普通のフィルターは細かい粒子の煙が出ていますが、HEPAフィルターに交換すると煙が出なくなりました

 

このように、フィルターが違うだけで空気の綺麗さが違います!

 

そのため排気から出てくる空気が気になる人は、HEPAフィルター搭載のルンバがオススメ

 

ルンバシリーズ
ルンバ 排気フィルター性能
e5 HEPAフィルター
980 HEPAフィルター
961 HEPAフィルター
960 HEPAフィルター
891 HEPAフィルター
890 HEPAフィルター
885 HEPAフィルター
880 HEPAフィルター
876 HEPAフィルター
875Lite HEPAフィルター
871 HEPAフィルター
870 HEPAフィルター
780 HEPAフィルター
770 HEPAフィルター
760 HEPAフィルター
691 簡易フィルター
690 簡易フィルター
680 簡易フィルター
654 簡易フィルター
643 簡易フィルター
642 簡易フィルター
641 簡易フィルター
622 簡易フィルター
537J 簡易フィルター
527J 簡易フィルター

 

ルーロシリーズ
機種名 排気フィルター
MC-RS810 不織布フィルター
MC-RS310 不織布フィルター
MC-RS800 不織布フィルター
MC-RS300 不織布フィルター
MC-RS200 不織布フィルター
MC-RS20 不織布フィルター
MC-RS1 不織布フィルター

 

比較すると、ルーロは全て「不織布フィルター」になります

 

ルンバは機種によって、性能が高い「HEPAフィルター」になります

 

そのため、排気の空気が気になるかどうかで選ぶ機種が変わりますね

 

HEPAフィルター

・抵抗力が弱い子供・高齢者がいる人
・花粉などに敏感な人
・綺麗な空気が出ているという安心感が欲しい人
・ペットを飼っている人

普通のフィルター

・ハウスダストは気にしない人
・子供や高齢者がいない人
・少しでも値段が安い機種が欲しい人

 

このように選んでも良いでしょう

 

値段が安い、ルーロとルンバはコチラ

 

段差を超える性能

 

ロボット掃除機のルンバとRULO(ルーロ)の段差を越えられる高さを比較している電気屋の店員

 

ルーロとルンバはどっちが、段差を越える性能が高いのか?

 

部屋には多くの段差がありますから、それを乗り越えられないと進めないので重要なチェックポイント!

 

それでは、動画で見てみましょう

 

ルーロの段差越え

 

ルンバの段差越え

 

ルーロ 2センチ
ルンバ 2センチ

 

メーカー発表では、どちらも2センチの段差なら乗り越えられると発表しています

 

動画でも、2センチなら問題なく乗り越えているのがわかりますね

 

そのため、段差に関してはどちらを選んでも問題無いでしょう

 

段差が3センチの場合はどうする?

 

家の段差を調べたら、段差が3センチの所があった場合は、室内用の段差スロープを買うといいでしょう

 

段差スロープを付ければ、ロボット掃除機が移動できますよ

 

通販で売ってます

 

お店 部屋用の段差スロープ
アマゾン アマゾンの口コミはコチラ
ラクテン 楽天の口コミはコチラ

 

このような商品を利用すれば、快適にロボット掃除機を使う事ができます

 

■ルンバシリーズ

ルンバ 全てのルンバは、段差2センチを越えられます

 

■ルーロシリーズ

ルーロ 全てのルーロは、段差2センチを越えられます

 

選ぶ時の参考にしてください

 

値段が安い、ルーロとルンバはコチラ

 

ダストボックス容量

 

ロボット掃除機のルンバとRULO(ルーロ)のダストボックスの容量の大きさを比較している電気屋の店員

 

ルンバとルーロでは、ダストボックス容量(ゴミを溜める量)が違います

 

容量が大きい方が、ゴミを捨てる回数が少くなりますので楽ですね

 

ルンバ

 

ロボット掃除機ルンバのダストボックス容量

 

ルンバ ダストボックス容量
e5 メーカーに確認した所、非公開との回答
980 0.6L
961 0.6L
960 0.6L
891 0.6L
890 0.6L
885 0.6L
880 0.6L
876 0.6L
875Lite 0.6L
871 0.6L
870 0.6L
780 0.26L
770 0.26L
760 0.26L
691 0.25L
690 0.25L
680 0.25L
654 0.23L
643 0.25L
642 0.25L
641 0.25L
622 0.23L
537J 聞くのを忘れました、ごめんなさい
527J 聞くのを忘れました、ごめんなさい

(メーカーに確認済み)

 

ゴミ捨ては簡単にできます

 

ルンバのゴミ捨て方法

 

ルーロ

 

ルーロのダストボックス容量

 

ルーロはダストボックス容量に以上に「ゴミを多く溜める事ができます」

 

その秘密は「エアープレスダストボックス」を採用

 

これにより、本体寸法が同じでも約1、6倍も多くゴミを溜める事が可能になりました!

 

ルーロのエアープレスダストボックスの説明

 

空気の力でダストボックスに溜まったゴミをグッ!と押すように圧縮するので、多くのゴミを溜められる

 

例えると、ゴミ箱に溜まったにゴミを上から手でギュッ!と押すと圧縮されて、さらにゴミを溜められますよね?

 

それと同じように、ルーロは空気の力でゴミをギュッ!と押し込みながら溜めるので約1、6倍も多く溜められる

 

そのため「エアープレスダストボックス」がある機種は容量(サイズ)が同じでも多くゴミを溜められてゴミ捨て回数が少ないと考えてください

 

ルーロシリーズ
機種名 容量 エアープレスダストボックス
MC-RS810 0.25L ある
MC-RS310 0.25L ある
MC-RS800 0.25L ある
MC-RS300 0.25L ある
MC-RS200 0.15L ある
MC-RS20 0.15L ある
MC-RS1 0.1L 無い

 

ゴミ捨ても簡単です

 

ゴミ捨てもゴミに触れる事なくワンタッチで捨てる事が出来ますので衛生的です

 

ルーロのエアープレスダストボックスに溜まったゴミを捨てる

 

ゴミ捨て動画

 

こうして比較するとダストボックス容量が一番大きいのが、ルンバ900・800モデルになります

 

そのため、ゴミ捨て回数を減らしたい人はルンバ900・800モデルがオススメ

 

値段が安い、ルーロとルンバはコチラ

 

本体のサイズが違います

 

ロボット掃除機のルンバとRULO(ルーロ)の本体のサイズを比較している電気屋の店員

 

ルンバとルーロでは、サイズ(大きさ)が違います

 

ロボット掃除機のルンバとルーロのサイズ比較

 

ソファー、ベットの下も掃除して欲しい場合は、高さを測ってから選んでください

 

ルンバシリーズ
ルンバ サイズ
e5 幅35.1cm×高さ9.2cm
980 幅35.3cm×高さ9.2cm
961 幅35.3cm×高さ9.2cm
960 幅35.3cm×高さ9.2cm
891 幅35.3cm×高さ9.2cm
890 幅35.3cm×高さ9.2cm
885 幅35.3cm×高さ9.2cm
880 幅35.3cm×高さ9.2cm
876 幅35.3cm×高さ9.2cm
875Lite 幅35.3cm×高さ9.2cm
871 幅35.3cm×高さ9.2cm
870 幅35.3cm×高さ9.2cm
780 幅35.3cm×高さ9.2cm
770 幅35.3cm×高さ9.2cm
760 幅35.3cm×高さ9.2cm
691 幅34cm×高さ9.2cm
690 幅34cm×高さ9.2cm
680 幅34cm×高さ9.2cm
654 幅34cm×高さ9.2cm
643 幅34cm×高さ9.2cm
642 幅34cm×高さ9.2cm
641 幅34cm×高さ9.2cm
622 幅34cm×高さ9.2cm
537J 幅34cm×高さ9.2cm
527J 幅34cm×高さ9.2cm

 

ルーロシリーズ
機種名 サイズ
MC-RS810 幅33cm×高さ9.2cm
MC-RS310 幅33cm×高さ9.2cm
MC-RS800 幅33cm×高さ9.2cm
MC-RS300 幅33cm×高さ9.2cm
MC-RS200 幅33cm×高さ9.2cm
MC-RS20 幅33cm×高さ9.2cm
MC-RS1 幅33cm×高さ9.2cm

 

比較すると、ルーロの方が本体のサイズが小さいですね

 

部屋にあるソファー、ベットの高さを測ってから選ぶと良いでしょう

 

以上が、ルーロとルンバの違いでした

 

ルーロ全機種一覧

 

ロボット掃除機の支払い方法を説明

 

ルーロの機種の違いの説明はコチラ

 

画像 商品名
パナソニックルーロMC-RS810

MC-RS810
運転100分・充電3時間
面積120畳・集塵容量:0.25L
自動再開ある
自動充電ある
スマートフォン対応
(間取り記録・侵入禁止ある)
ゴミセンサー
(約20μmのダニ・花粉も見つける)
幅33cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

パナソニックルーロMC-RS310

MC-RS310
運転100分・充電3時間
面積30畳・集塵容量:0.25L
自動充電ある
侵入禁止設定なし
リモコンある
ゴミセンサー
(約20μmのダニ・花粉も見つける)
幅330mm×高さ92mm
段差越え:2cm
色は白・黒の2色

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

ルーロMC-RS800の機能や性能

MC-RS800
運転100分・充電3時間
面積120畳・集塵容量:0.25L
自動再開ある
自動充電ある
スマートフォン対応
(エリア設定・侵入禁止ある)
ゴミセンサー
(約20μmのダニ・花粉も見つける)
幅33cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

ルーロMC-RS300の機能や性能

MC-RS300
運転100分・充電3時間
面積30畳・集塵容量:0.25L
自動充電ある
侵入禁止設定なし
リモコンある
ゴミセンサー
(約20μmのダニ・花粉も見つける)
幅33cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm
色は白・黒が選べます

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

ルーロMC-RS200の機能や性能

MC-RS200
運転100分・充電3時間
面積30畳・集塵容量:0.15L
自動充電ある
侵入禁止設定なし
リモコンある
ゴミセンサー
(約20μmのダニ・花粉も見つける)
幅33cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm
色は白・黒が選べます

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

ルーロMC-RS20の機能や性能

MC-RS20
運転70分・充電2時間
面積20畳・集塵容量:0.15L
自動充電ある
侵入禁止設定なし
ゴミセンサー
(約20μmのダニ・花粉も見つける)
幅33cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

ルーロMC-RS1の機能や性能

MC-RS1
運転100分・充電3時間
面積30畳・集塵容量:0.1L
自動充電ある
侵入禁止設定なし
リモコンある
ゴミセンサー
(約20μmのダニ・花粉も見つける)
幅33cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

 

ルンバ一覧

 

ルンバの機種や性能の違いを比較している記事はコチラ

 

ルンバ 商品名
ルンバe5本体 ルンバe5

運転90分・充電3時間
面積:25畳・集塵容量:非公開
吸引力
(600モデルより5倍強い)
自動充電ある
スマートフォン対応
スマートスピーカー対応
エリア侵入禁止ある
(ヘイロ・バーチャルの2つ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.1cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

ルンバ980

ルンバ980
運転120分・充電3時間
面積112畳・集塵容量0.6L
吸引力
(600モデルより10倍強い)
カーペットブースト
(吸引力アップ)
自動再開ある
自動充電ある
スマートフォン対応
(間取りの記憶が出来る)
スマートスピーカー対応
エリア侵入禁止ある
(ヘイロ・バーチャルの2つ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.3cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

ルンバ961本体 ルンバ961

運転75分・充電3時間
面積112畳・集塵容量0.6L
吸引力
(600モデルより5倍強い)
自動再開ある
自動充電ある
スマートフォン対応
(間取りの記憶が出来る)
スマートスピーカー対応
エリア侵入禁止ある
(ヘイロ・バーチャルの2つ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.3cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天には売ってません

 

ルンバ960

ルンバ960
運転75分・充電3時間
面積112畳・集塵容量0.6L
吸引力
(600モデルより5倍強い)
自動再開ある
自動充電ある
スマートフォン対応
(間取りの記憶が出来る)
スマートスピーカー対応
エリア侵入禁止ある
(ヘイロ・バーチャルの2つ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.3cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

ルンバ891本体 ルンバ891

運転75分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.6L
吸引力
(600モデルより5倍強い)
自動充電ある
スマートフォン対応
スマートスピーカー対応
エリア侵入禁止ある
(ヘイロ・バーチャルの2つ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.3cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天では売ってません

 

ルンバ890の機能や性能

ルンバ890
運転75分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.6L
自動充電ある
吸引力
(600モデルより5倍強い)
スマートフォン対応
スマートスピーカー対応
エリア侵入禁止ある
(ヘイロ・バーチャルの2つ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.3cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

ルンバ885の機能や性能

ルンバ885
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.6L
吸引力
(600モデルより5倍強い)
自動充電ある
リモコンある
エリア侵入禁止ある
(バーチャルだけ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.3cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

ルンバ880の機能や性能

ルンバ880
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.6L
吸引力
(600モデルより5倍強い)
充電充電ある
リモコンある
エリア侵入禁止ある
(バーチャルだけ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.3cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

ルンバ876

ルンバ876
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.6L
吸引力
(600モデルより5倍強い)
自動充電ある
エリア侵入禁止ある
(ヘイロ・バーチャルの2つ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.3cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

ルンバ875の機能や性能

ルンバ875Lite
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.6L
吸引力
(600モデルより5倍強い)
自動充電ある
エリア侵入禁止ある
(バーチャルだけ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.3cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

ルンバ871の機能や性能

ルンバ871
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.6L
吸引力
(600モデルより5倍強い)
自動充電ある
リモコンある
エリア侵入禁止ある
(バーチャルだけ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.3cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

ルンバ870の機能や性能

ルンバ870
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.6L
吸引力
(600モデルより5倍強い)
自動充電ある
リモコンある
エリア侵入禁止ある
(バーチャルだけ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.3cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

ルンバ780の機能や性能

ルンバ780
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.26L
吸引力
(600モデルと同じ)
自動充電ある
リモコンある
エリア侵入禁止ある
(バーチャルだけ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.3cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

ルンバ770の機能や性能

ルンバ770
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.26L
吸引力
(600モデルと同じ)
自動充電ある
リモコンある
エリア侵入禁止ある
(バーチャルだけ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.3cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

ルンバ760の機能や性能

ルンバ760
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.26L
吸引力
(600モデルと同じ)
自動充電ある
リモコンある
エリア侵入禁止ある
(バーチャルだけ)
ダストカットフィルタ
(0.3μmの粒子を99.97%以上もカット)
幅35.3cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

ルンバ691本体

ルンバ691
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.25L
吸引力
(700モデルと同じ)
自動充電ある
スマートフォン対応
スマートスピーカー対応
エリア侵入禁止ある
(ヘイロ・バーチャルの2つ)
簡易フィルター
幅34cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天では売ってません

 

ルンバ690の性能や機能

ルンバ690
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.25L
吸引力
(700モデルと同じ)
自動充電ある
スマートフォン対応
スマートスピーカー対応
エリア侵入禁止ある
(ヘイロ・バーチャルの2つ)
簡易フィルター
幅34cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

ルンバ680

ルンバ680
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.25L
吸引力
(700モデルと同じ)
自動充電ある
エリア侵入禁止ある
(ヘイロ・バーチャルの2つ)
簡易フィルター
幅34cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

ルンバ654の機能や性能

ルンバ654
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.23L
吸引力
(700モデルと同じ)
自動充電ある
エリア侵入禁止ある
(バーチャルだけ)
簡易フィルター
幅34cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

ルンバ643

ルンバ643
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.25L
吸引力
(700モデルと同じ)
自動充電ある
エリア侵入禁止ある
(ヘイロ・バーチャルの2つ)
簡易フィルター
幅34cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

ルンバ642本体

ルンバ642
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.25L
吸引力
(700モデルと同じ)
自動充電ある
エリア侵入禁止ある
(ヘイロ・バーチャルの2つ)
簡易フィルター
幅34cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天では売ってません

ルンバ641本体

ルンバ641
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.25L
吸引力
(700モデルと同じ)
自動充電ある
エリア侵入禁止ある
(ヘイロ・バーチャルの2つ)
簡易フィルター
幅34cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

ルンバ622の機能や性能

ルンバ622
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量0.23L
吸引力
(700モデルと同じ)
自動充電ある
リモコンある
エリア侵入禁止ある
(バーチャルだけ)
簡易フィルター
幅34cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

ルンバ537Jの機能や性能

ルンバ537J
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量:不明
吸引力
(600モデルと同じ)
自動充電ある
リモコンある
エリア侵入禁止ある
(バーチャルだけ)
簡易フィルター
幅34cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

ルンバ527Jの機能や性能

ルンバ527J
運転60分・充電3時間
面積25畳・集塵容量:不明
吸引力
(600モデルと同じ)
リモコンある
エリア侵入禁止ある
(バーチャルだけ)
簡易フィルター
幅34cm×高さ9.2cm
段差越え:2cm

 

アマゾンの口コミはコチラ

 

楽天の口コミはコチラ

 

 

 

 

メーカー別ロボット掃除機


各種メーカーの主力ロボット掃除機を紹介しています
ルンバの違いを比較 ダイソンロボット掃除機の違いを比較 シャープ ココロボの違いを比較

ルンバ

人気ナンバーワンのルンバの機能や性能を比較しています

ダイソンロボット掃除機の違いを比較

圧倒的な吸収力のダイソンロボット掃除機の特徴を紹介

ココロボ

音声操作など独自の技術が特徴のシャープのココロボを紹介
東芝 トルネオロボの違いを比較 パナソニック ルーロの違いを比較 日立 ミニマルの違いを比較

トルネオロボ

ゴミ回収があるダストステーション搭載のトルネオロボの特徴を紹介

ルーロ

日本メーカーでは一番人気のルーロの特徴を紹介

狭い部屋に最適な小型のミニマルの特徴を紹介

ILIFEの違いを比較 DEEBOTの違いを比較 ツカモトエイム ミニネオの違いを比較

ILIFEの特徴

水拭き・乾拭きも出来るILIFEの特徴を紹介

DEEBOTの特徴

水拭き・乾拭きも出来るDEEBOTの特徴を紹介

ミニネオの特徴

ミニネオの特徴を紹介

マキタ ロボプロの機能や性能

マキタ ロボプロの特徴

業務用のロボプロの特徴を紹介


ルンバと対決!


ロボット掃除機で売上1位のルンバと他のロボット掃除機との違いを比較しているので、購入する時の参考になりますよ
ココロボとルンバの違いを比較 ダイソンとルンバの違いを比較 トルネオロボとルンバの違いを比較

ココロボとルンバ比較 ココロボとルンバの機能を比較しています

ダイソン360eyeとルンバ980比較

ダイソン360eyeとルンバ980の機能を比較

トルネオロボとルンバを比較

トルネオロボとルンバの機能を比較
ルーロとルンバの違いを比較 ブラーバとルンバの違いを比較 ミニマルとルンバの違いを比較

ルーロとルンバを比較

ルーロとルンバの機能比較

拭き掃除ロボットブラーバとお掃除ロボットルンバ比較

拭き掃除ロボットのブラーバとルンバの機能比較

ミニマルとルンバの性能対決

ミニマルとルンバの性能を比較

ILIFEとルンバの違いを比較 DEEBOTとルンバの違いを比較

ILIFEとルンバの性能対決

ILIFEとルンバの機能比較

DEEBOTとルンバの性能対決

DEEBOTとルンバの機能比較


拭き掃除ロボット


音が静かで排気が出ない、拭き掃除ロボットを詳しく説明しています
ブラーバとブラーバジェットの違い ブラーバとルンバの違いを比較 拭き掃除ロボットの種類一覧

ブラーバ、ブラーバジェット

ブラーバ380j、371j・ブラーバジェット240の違いを比較しています

ブラーバとルンバ比較

ブラーバとルンバの違いを比較しています

拭き掃除ロボット一覧

拭き掃除が出来るロボットを集めました

ローラン
パナソニック床拭きロボット掃除機ローラン

パナソニックの床拭き掃除ロボット ローランの特徴を紹介します

悩みを解消してくれる、ロボット掃除機


ロボット掃除機が欲しいけど迷っている・・・という人のために、ロボット掃除機で解決できる悩みを紹介しています
犬・猫のオシッコも綺麗にする拭き掃除ロボット 排気が臭くないロボット掃除機 ダニを吸い込むロボット掃除機

犬や猫のオシッコを拭いてくれる拭き掃除ロボット

ペットのオシッコを拭いてくれる拭き掃除ロボット

排気が臭くなりロボット掃除機

ロボット掃除機から出てくる排気が臭くない、臭わない機種を紹介

じゅうたん、カーペットのダニを吸い込むロボット掃除機

じゅうたん・カーペットのダニを吸い込んでくれるロボット掃除機を紹介
音が静かなロボット掃除機 バッテリー時間が長いロボット掃除機 サイズが小さいロボット掃除機

運転音が静かなロボット掃除機

運転音が静かなロボット掃除機を紹介

バッテリーが長持ちで運転時間が長いロボット掃除機

バッテリーが長持ちな、ロボット掃除機を紹介

大きさが小さいロボット掃除機

サイズが小さいロボット掃除機を紹介
スマートフォン操作が出来るロボット掃除機 花粉・PM2.5を吸い込むロボット掃除機 猫砂を吸い込むロボット掃除機

スマートフォンで操作出来るロボット掃除機

スマートフォンで操作できる、ロボット掃除機を紹介

花粉・PM2.5を吸い込むロボット掃除機

花粉やPM2.5を綺麗にしてくれる、ロボット掃除機

猫砂を吸い込むロボット掃除機

猫砂を吸い込むロボット掃除機を紹介
ペット容器に当たらないロボット掃除機 3部屋以上に使えるロボット掃除機 壁際・隅を綺麗するロボット掃除機

ペットの餌容器に当たらないロボット掃除機

エサ容器に当たらない、ロボット掃除機を紹介

3部屋以上ある家に使えるロボット掃除機

3部屋以上を掃除できる、ロボット掃除機を紹介

壁際や部屋の隅のゴミを綺麗にするロボット掃除機

壁際や隅のゴミを綺麗にする、ロボット掃除機
共働き夫婦にオススメなロボット掃除機

共働き夫婦におすすめのロボット掃除機

共働き夫婦にオススメのロボット掃除機 (子供がいる、いない別に紹介)