音声操作が出来るロボット掃除機のココロボの違いを比較

シャープのココロボは喋って音声操作が出来る!性能の違いを比較してまとめてます

子供がココロボに音声操作で掃除させている画像

 

 

シャープが販売しているロボット掃除機、「ココロボ」は会話や音声操作もできるので、女性に人気ですね

 

ココロボが話しながら部屋を掃除するので、一人暮らしの部屋も明るくなり、寂しいとココロボの電源を押したくなるのではないでしょうか?

 

今現在、ココロボは8種類あります

 

ココロボ

・RX-V95A  (発売日:2015年4月)
・RX-V70A  (発売日:2015年4月
・RX-V50   (発売日:2014年6月)
・RX-V200   (発売日:2013年12月)
・RX-V90   (発売日:2013年6月)
・RX-V60   (発売日:2012年12月)
・RX-V100   (発売日:2012年6月)
・RX-V80    (発売日:2012年6月)

 

この8つの違いは何?

 

違いは、20個

 

  • 運転時間
  • 稼働面積
  • ダストボックス容量
  • 縦横無じんシステム
  • エアーすみブラシ
  • ゴミセンサー
  • 床面検知センサー
  • 超音波センサー
  • 障害物検知
  • 部屋の広さ検知
  • 段差乗り越え
  • 潜り込める高さ(本体の高さで決まる
  • センサーフェンス
  • 予約運転の設定方法
  • 夜間充電
  • バッテリーの種類
  • 自分でバッテリー交換
  • ボイスコミュニケーション
  • スマートフォン・カメラ連動
  • プラズマクラスター

 

目次(クリックすると目的の記事に飛べます)

・運転時間が長いココロボ
・掃除する範囲が広いココロボ
・ゴミを多く溜められるココロボ
・掃除能力が高いココロボ
・部屋のスミ掃除が得意なココロボ
・ゴミを多く見つけるココロボ
・じゅうたん・カーペット掃除が得意なココロボ
・ガラスにぶつからないココロボ
・家具にぶつからないココロボ
・部屋の隅々まで掃除できるココロボ
・段差を越えられるココロボ
・低い場所に入れるココロボ
・侵入禁止エリアを設定できるココロボ
・予約運転が出来るココロボ
・夜間充電が出来るココロボ
・バッテリーが長持ちのココロボ
・自分でバッテリー交換が出来るココロボ
・音声操作が出来るココロボ
・スマートフォン操作が出来るココロボ
・プラズマクラスターが使えるココロボ

 

1つ1つ説明していきます

 

運転時間が違う

 

運転時間が長いココロボを紹介している電気屋の店員

 

ココロボは機種によって運転時間が違います

 

RX-V95A 掃除運転時間:約100分

稼働時間:約120分

充電:3時間
RX-V200 掃除運転時間:約100分

稼働時間:約120分

充電:4時間
RX-V70A 掃除運転時間:約100分

稼働時間:約120分

充電:3時間
RX-V50 掃除運転時間:約60分 充電:5時間
RX-V90 掃除運転時間:100分 充電:4時間
RX-V60 掃除運転時間:約40分

稼働時間:約50分(LOWモード運転時)
約30分(HIGHモード運転時)

充電:2時間
RX-V100 掃除運転時間:60分 充電:4時間
RX-V80 掃除運転時間:60分 充電:4時間

 

掃除運転時間 掃除できる時間
稼働時間 掃除以外の時間も合わせた時間 (充電に戻る移動・会話・設定など)

 

ココロボの機種によって運転時間・充電時間が変わりますので、部屋数が多い場合は運転時間が長い機種を選んだ方が良いでしょう

 

値段が安いココロボはコチラ

 

稼働面積が違う

 

稼働面積が広いココロボを紹介している電気屋の店員

 

ココロボが掃除できる範囲(稼働面積)が機種によって違います

 

稼働面積が大きい方が、広い部屋を掃除する事ができますよ

 

面積は「畳」で表します、1畳の場合は1畳の面積を掃除できるという意味です

 

例えば、1階に6畳の部屋が2つある場合は、12畳の稼働面積があれば問題ないという事になります

 

RX-V95A 40畳
RX-V200 40畳
RX-V70A 40畳
RX-V50 20畳
RX-V90 40畳
RX-V60

約16畳(LOWモード運転時)
約10畳(HIGHモード運転時)

RX-V100 25畳
RX-V80 25畳

 

上記のように機種によって、稼働面積が違いますので部屋の広さに合わせて選んでください

 

値段が安いココロボはコチラ

 

ダストボックスの容量が違う

 

ゴミを多く溜められるココロボを紹介している電気屋の店員

 

ココロボの機種によって、ダストボックスの容量が違います

 

ダストボックスとは、ゴミを溜めておく場所です

 

  • 容量が大きいと、ゴミ捨ての回数は少ない
  •  

  • 容量が小さいと、ゴミ捨ての回数は多い

 

このような違いが出るので、ダストボックスの容量が多い方がゴミを捨てる頻度が少なくなるので楽ですよ

 

RX-V95A 0.25L
RX-V200 0.1L
RX-V70A 0.25L
RX-V50 0.15L
RX-V90 0.1L
RX-V60 0.1L
RX-V100 0.2L
RX-V80 0.2L

 

ダストカップの容量が大きく違っていますのでゴミ捨ての回数を少なくしたい場合は、容量が大きい機種を選んでください

 

ゴミ捨ても簡単です

 

ゴミ捨て動画

 

また、ダストボックス・掃除ブラシ・フィルターは水洗いできるので衛生的です

 

選ぶ時の参考にしてください

 

値段が安いココロボはコチラ

 

縦横無じんシステムの有無

 

掃除能力が高いココロボを紹介している電気屋の店員

 

ココロボの機種によって、縦横無じんシステムが無い機種があります

 

縦横無じんシステムとは、縦横を規則正しく動いて掃除するシステムです

 

例えるなら、雑巾がけのように、行ったり来たりして掃除するのでゴミの取り残しが少なくなる特徴がある

 

ココロボの縦横無じんシステムでゴミを逃さず吸い込む

 

画像のように、縦横に動いて隙間なく掃除する感じです

 

実際に動画で見てください

 

縦横無じんシステム

 

青いのがココロボが移動した所です、こうして見ると部屋全体をくまなく動いているのがわかりますね

 

この動きが「縦横無じんシステム」になります

 

ランダムに動くよりも、より確実にゴミを綺麗に出来るのが特徴ですね

 

RX-V95A 縦横無じんシステムがある
RX-V200 無い
RX-V70A 縦横無じんシステムがある
RX-V50 無い
RX-V90 無い
RX-V60 無い
RX-V100 無い
RX-V80 無い

 

縦横無じんシステムがある機種は、2つだけなので確実に多くのゴミを綺麗にしたい場合は、RX-V95AとRX-V70Aを選んでください

 

値段が安いココロボはコチラ

 

エアーすみブラシの有無

 

隅・壁際の掃除が得意なココロボを紹介している電気屋の店員

 

ココロボには、エアーすみブラシが無い機種があります

 

「エアーすみブラシ」は部屋の角の部分にあるホコリやゴミを、エアーブラシの風の力で飛ばして吸い込んで綺麗にする仕組みの事

 

この仕組がある事で、部屋の角の隅に溜まっているゴミも綺麗に出来る!

 

ロボット掃除機は丸い形なので、角の部分の掃除が苦手なんですよ、そこで開発されたのが、エアーすみブラシ

 

ココロボrxv95のエアーすみブラシ機能をグラフで説明している画像

 

画像のように、ココロボから勢い良く風が噴き出して角のゴミを移動させて吸い込みます

 

これにより、回転ブラシが届かなかった場所も綺麗に出来る!

 

実際に動画で見てみましょう

 

エアーすみブラシで掃除

 

 

動画で見るとわかりやすいですね~

 

ゴミが風で移動しているのがわかる、その移動したゴミを素早く吸い込んでくれますよ

 

部屋の角のゴミが気になるなら、エアーすみブラシを搭載した機種を選んだ方が良いでしょう

 

RX-V95A エアーすみブラシがある
RX-V200 無し
RX-V70A エアーすみブラシがある
RX-V50 無い
RX-V90 無い
RX-V60 無い
RX-V100 無い
RX-V80 無い

 

エアーすみブラシがあるのは、RX-V95AとRX-V70Aになります

 

部屋の角のゴミが気になる人はエアーすみブラシがある機種がオススメ

 

値段が安いココロボはコチラ

 

ゴミセンサーの有無

 

ゴミを多く見つけるゴミセンサーがあるココロボを紹介している電気屋の店員

 

ココロボには、ゴミセンサーが無い機種があります

 

ゴミセンサーがある事で、ゴミが多い場所を「八の字走行」でその場所を集中的に掃除するので早く綺麗にできます

 

ココロボのゴミセンサーがゴミを見つけると八の字走行で綺麗にする

 

動画で見てみましょう

 

ゴミセンサーでゴミを見つけた後の動き

 

ゴミセンサーでゴミを見つけると、「ゴミ発見!」と言いながら吸引力をアップさせて、八の字走行でその場所を徹底的にゴミが無くなるまで掃除します

 

これにより、子供がこぼしたお菓子も綺麗にしてくれますよ

 

RX-V95A ゴミセンサーがある (パワーアップ+8の字走行)
RX-V200 ゴミセンサーがある (パワーアップのみ)
RX-V70A 無い
RX-V50 無い
RX-V90 ゴミセンサーがある (パワーアップのみ)
RX-V60 無い
RX-V100 無い
RX-V80 無い

 

ゴミセンサーがあるのが、3機種ですが、機能が少し違いますね

 

RX-V95A

・パワーアップ
・8の字走行

RX-V200 ・パワーアップ
RX-V90 ・パワーアップ

 

このように、ゴミセンサーでゴミを見つけた後の機能が違います

 

特に、RX-V95Aはパワーアップと八の字走行の2つがあるので効率よく掃除できますね

 

そのためゴミを素早く綺麗にしたい人はゴミセンサーがある機種がオススメ

 

値段が安いココロボはコチラ

 

床面検知センサーの有無

 

カーペットやじゅうたんの上で吸引力をパワーアップするココロボを紹介している電気屋の店員

 

ココロボには、床面検知センサーが無い機種があります

 

床面検知センサーとは、床の種類に合わせて吸引力を変化させる機能です

 

ココロボの床面検知センサーがゴミを見つけると吸引力をパワーアップ

 

  • じゅうたん・カーペットの上では、吸引力をパワーアップ!
  •  

  • フローリング・畳の上では、吸引力は普通のまま掃除

 

このように、吸引力を自動で変化させるのが床面検知センサーだと思ってください

 

ココロボの床面検知センサーでゴミを見つけると吸収率をパワーアップ

 

RX-V95A 床面検知センサーがある
RX-V200 床面検知センサーがある
RX-V70A 床面検知センサーがある
RX-V50 無い
RX-V90 無い
RX-V60 無い
RX-V100 無い
RX-V80 無い

 

床面検知センサーがあるのは、3機種のみ

 

そのため、家の中にカーペット・じゅうたん・畳の部屋がある場合は床面検知センサーがある方が効率よくゴミを掃除できるのでオススメ

 

値段が安いココロボはコチラ

 

超音波センサーの有無

 

ガラスにぶつからない超音波センサーがあるココロボを紹介している電気屋の店員

 

ココロボには超音波センサーが無い機種があります

 

超音波センサーでガラスを検知して、ぶつからないようにしてくれる重要なセンサーです

 

ココロボの超音波センサーでガラスにぶつからない

 

これが無いと、窓ガラスにぶつかる回数が非常に多くなりますので注意!

 

超音波センサーの特徴を動画で見てください

 

超音波センサー

 

このように、超音波センサーでガラスを検知するので窓ガラス等にぶつからないようにしてくれますよ

 

普通のセンサーだと、透明なガラスを検知する事は難しいのですが、超音波センサーなら透明なガラスにも反応するので勢い良くぶつかる回数は少なくなるでしょう

 

ただ、絶対にガラスにぶつからないというわけではないので注意してくださいね、当たりにくくなるという感じ

 

超音波センサーがある場合 センサーでガラスを感知して避ける
超音波センサーが無い場合 バンパー(本体)がガラスに接触して感知する

 

超音波センサーがあっても、たまに当たる事があるので、超音波センサーが無いと頻繁にぶつかるので人によってはストレスが溜まるかも?

 

超音波センサーが無いと、バンパー(本体)にぶつかってガラスを感知するので、ぶつかりながら移動するという感じですね

 

できるだけガラスにぶつかってほしく無い人は、超音波センサーがある機種を選びましょう

 

RX-V95A 超音波センサーがある
RX-V200 超音波センサーがある
RX-V70A 超音波センサーがある
RX-V50 無い
RX-V90 超音波センサーがある
RX-V60 超音波センサーがある
RX-V100 不明
RX-V80 不明

 

ココロボで超音波センサーがあるのは、5機種だけになります

 

窓やガラスが付いている家具がある場合は超音波センサーが付いている機種がオススメ

 

値段が安いココロボはコチラ

 

障害物検知センサーの有無

 

家具にぶつからない障害物センサーがあるココロボを紹介している電気屋の店員

 

ココロボの機種の中には、障害物検知センサーが無い機種があります

 

障害物検知センサーがあると家具にぶつかりにくくなる

 

実際に動画で見てください

 

障害物検知がある機種

 

 

 

障害物検知センサーで家具の位置を把握するので、ぶつかりにくくなってます

 

ただ動画を見るとわかりますが、完全に1回も当たらないという事ではなく、当たる回数が減るという感じですね

 

これは他社の機種でも同じで、1回も家具に当たらず動くロボット掃除機は無いです

 

もちろん、障害物検知センサーが無い機種と比べると家具に当たる回数が劇的に少なくなりますよ

 

RX-V95A 障害物検知センサーがある
RX-V200 障害物検知センサーがある
RX-V70A 障害物検知センサーがある
RX-V50 無い
RX-V90 障害物検知センサーがある
RX-V60 障害物検知センサーがある
RX-V100 不明 
RX-V80 不明

 

障害物検知センサーがあるのは、5機種のみになります

 

そのため、ココロボが家具に当たる回数を減らしたい場合は、障害物検知センサーがある機種を選びましょう

 

値段が安いココロボはコチラ

 

部屋の広さ検知の有無

 

部屋の広さを検知するココロボを紹介している電気屋の店員

 

ココロボには、部屋の広さを検知するセンサーが無い機種があります

 

部屋の広さを検知するセンサーがある事で、移動がスムーズになる

 

センサーで広さを測定し、車輪の回転数でどの位置まで来たか計算して動くので、広い部屋でも隅から隅まで移動する事ができますよ

 

部屋の広さ検知センサーが無いと、反対側の壁にたどり着く前に移動してしまい壁際のゴミが残ってしまう可能性も・・・・

 

そのため、部屋が広い場合は、広さ検知センサーがある機種を選びましょう

 

ココロボの部屋の広さ検知センサーで隅から隅まで移動できる

 

RX-V95A 広さ検知センサーがある
RX-V200 広さ検知センサーがある
RX-V70A 広さ検知センサーがある
RX-V50 無い
RX-V90 広さ検知センサーがある
RX-V60 無い
RX-V100 無い
RX-V80 無い

 

広さ検知センサーがあるのは、4機種のみになります

 

部屋が広い・部屋数が多い場合は、広さ検知センサーがある機種がオススメ

 

値段が安いココロボはコチラ

 

段差を乗り越える性能が違う

 

高い段差を越えるココロボを紹介している電気屋の店員

 

ココロボは機種によって、段差を越える性能が違いますので注意!

 

段差を越える性能が低いと、そこで止まってしまう可能性が高いですから、できるだけ段差を越える性能が高い機種を選びましょう

 

実際に動画で見てください

 

RX-V100が段差を越える

 

動画の機種は、ココロボRX-V100(発売日:2012年6月)になります

 

1センチの段差は越えられますが、1,5センチになると越えられず止まってしまいますね・・・・

 

このように、段差を突破する性能は非常に大事ですよ!

 

段差を残り越える高さ
RX-V95A 段差:2cm
RX-V200 段差:1.5cm
RX-V70A 段差:2cm
RX-V50 段差:1cm
RX-V90 段差:1.5cm
RX-V60 段差:1.5cm
RX-V100 段差:1cm
RX-V80 段差:1cm

 

このように、乗り越えられる段差の高さは機種によって違うので、できるだけ性能が高いココロボを選んだ方が良いですよ

 

段差を越えられないと掃除の途中で段差に引っかかって止まっていた・・・という悲しいココロボを見る事になるので少しでも高い段差を登れる機種がオススメ

 

値段が安いココロボはコチラ

 

潜り込める高さが違う

 

低い場所に入って掃除するココロボを紹介している電気屋の店員

 

ココロボは機種によって、高さが違うので、ソファーの下に入れる高さが違います

 

ココロボが入っていける高さが違う

 

ココロボの高さが、ソファーよりも高いと赤い丸の部分に入っていけません

 

そのため、部屋にあるソファーの床との間の高さを測って、ココロボを選んでください

 

そうしないと、ココロボがソファーの下に入っていけないので、ゴミを綺麗にできませんから

 

動画で見てください

 

ソファーの下に入り込んで掃除

 

ソファー・ベットの下はゴミが溜まりやすい場所なのですが、掃除しにくいですよね?

 

ココロボに中に入ってもらって掃除すれば、綺麗になりますよ

 

入れる高さ一覧
RX-V95A 入れる高さ:9cm
RX-V200 入れる高さ:10cm
RX-V70A 入れる高さ:9cm
RX-V50 入れる高さ:7.5cm
RX-V90 入れる高さ:10cm
RX-V60 入れる高さ:10cm
RX-V100 入れる高さ:10cm
RX-V80 入れる高さ:10cm

 

こうして見ると、ココロボRX-V50が一番低く、7.5cmの高さがあれば入って行ける事がわかりますね

 

他の機種は9センチ~10センチが多い

 

ソファーやベットの床との間を測って、それで選ぶと良いでしょう

 

値段が安いココロボはコチラ

 

センサーフェンスの有無

 

センサーフェンスがあるココロボを紹介している電気屋の店員

 

ココロボは機種によって、センサーフェンスが無い機種があります

 

センサーフェンスとは、入ってほしくない場所に置くと、センサーで壁を作りココロボが入ってこれないようにするシステム

 

ココロボのセンサーフェンスの機能

 

動画で見てみましょう

 

 

動画は、他社のロボット掃除機ですが、ココロボもセンサーフェンスを使えば同じように部屋への侵入を防いでくれます

 

入ってほしくない場所の入り口に置いておけば、ココロボは入ってこれませんよ

 

ココロボのセンサーフェンスの範囲

センサーフェンス

・本体から直線距離で、2メートル~4メートルの壁を作る

 

・本体から半径50センチにも壁を作る

 

このような性能があります

 

半径50センチにも壁を作るので、センサーフェンスを犬・猫のエサ容器の所に置いておけば、ココロボが容器に突っ込む事を防ぎます

 

実際に動画で見てください

 

 

動画のは他社のロボット掃除機ですが、ココロボも同じように容器を避けるように移動してくれますよ

 

そのため、ココロボに入ってほしくない場所がある、ペットの容器を床に置いている家庭だと、センサーフェンスがある機種を選んだ方が良いでしょう

 

対応機種
RX-V95A 無い
RX-V200 センサーフェンスに対応
RX-V70A 無い
RX-V50 無い
RX-V90 センサーフェンスに対応
RX-V60 無い
RX-V100 無い
RX-V80 無い

 

センサーフェンスに対応しているのが、2機種

 

RX-V200とRX-V90だけが使えるので、選ぶ時の参考にしてください

 

センサーフェンスは別売りで買う必要があります

 

通販なら定価よりも安く買えますよ

 

センサーフェンス

シャープ センサーフェンス COCOROBO用 RX-SF1

新品価格

¥6,145から
(2017/12/13 15:59時点)

 

ココロボのセンサーフェンスをアマゾンで見る

 

ココロボのセンサーフェンスを楽天で見る

 

 

センサーフェンスの機能を使いたい場合は通販で購入してください

 

値段が安いココロボはコチラ

 

予約運転の設定方法が違う

 

予約運転が出来るココロボを紹介している電気屋の店員

 

ココロボには予約運転の設定が違う機種があります

 

予約機能を使う人は、細かく設定出来る機種を選んだ方が良いですよ

 

ココロボの予約運転の設定方法

 

RX-V95A 曜日・時刻を細かく設定できる
RX-V200 曜日・時刻を細かく設定できる
RX-V70A

・1時間後
・4時間後

 

しか設定できない

RX-V50

・1時間後
・2時間後
・4時間後
・8時間後

 

しか設定できない

RX-V90

・1時間後
・2時間後
・4時間後
・8時間後

 

しか設定できない

RX-V60

・1時間後
・2時間後
・4時間後
・8時間後

 

しか設定できない

RX-V100 不明
RX-V80 不明

 

曜日・時刻を細かく設定できるのは、2機種のみ

 

他の機種は、今の時刻から4時間後にスタート!とかそういう設定しか出来ません

 

そのため、曜日や時刻を細かく設定して使いたい場合は、RX-V95AとRX-V200を選んだ方が良いでしょう

 

値段が安いココロボはコチラ

 

夜間充電の有無

 

夜間充電が出来るココロボを紹介している電気屋の店員

 

夜間充電とは、電気代が安くなる深夜の時間帯に、ココロボが自動で充電する機能です

 

夜間電力料金プランを契約している家庭だと、夜間充電がある機種の方が充電する時の電気代が安くなりますよ

 

ココロボの夜間充電

 

RX-V95A 夜間充電の機能がある
RX-V200 夜間充電の機能がある
RX-V70A 無い
RX-V50 無い
RX-V90 無い
RX-V60 無い
RX-V100 不明
RX-V80 不明

 

夜間充電する機能があるのは、2機種しかありません

 

そのため、節電のために深夜に充電して欲しい場合は、RX-V95AとRX-V200を選びましょう

 

値段が安いココロボはコチラ

 

バッテリーの種類が違う

 

バッテリーが長持ちのココロボを紹介している電気屋の店員

 

ココロボに搭載されているバッテリーの種類は機種によって、違います

 

RX-V95A リチウムイオン電池 バッテリー寿命:約1100回
RX-V200 リチウムイオン電池 バッテリー寿命:約1100回
RX-V70A リチウムイオン電池 バッテリー寿命:約1100回
RX-V50 ニッケル水素電池 バッテリー寿命:約400回
RX-V90 リチウムイオン電池 バッテリー寿命:約1100回
RX-V60 リチウムイオン電池 バッテリー寿命:約1100回
RX-V100 リチウムイオン電池 バッテリー寿命:約1100回
RX-V80 リチウムイオン電池 バッテリー寿命:約1100回

 

表を見るとわかりますが、ココロボRX-V50だけがニッケル水素電池になってます

 

他の機種は全てリチウムイオン電池ですね

 

リチウムイオン電池とニッケル水素電池の違い

 

リチウムイオン電池 バッテリーの寿命が長く、自然放電が少ないので充電が減るスピードが少ない
ニッケル水素電池 バッテリーの寿命が短い、自然放電が多いので使ってないのに充電が減る

 

バッテリー寿命 バッテリーは充電回数で寿命が決まります

 

このことから、リチウムイオン電池の方がバッテリー寿命も長く、充電の減りも少ないのでオススメです

 

値段が安いココロボはコチラ

 

自分でバッテリー交換の有無

 

自分でバッテリー交換が出来るココロボを紹介している電気屋の店員

 

ココロボには、自分でバッテリー交換が出来る機種があります

 

そのため、バッテリー交換が出来るココロボを探しているのなら要チェック!

 

RX-V95A 自分で交換出来る
RX-V200 出来ない
RX-V70A 自分で交換出来る
RX-V50 出来ない
RX-V90 出来ない
RX-V60 出来ない
RX-V100 不明
RX-V80 不明

 

バッテリーを自分で交換出来る機種は、2つ

 

女性でも簡単に交換できますよ

 

実際に動画を見てください

 

バッテリー交換

 

凄く簡単でしょ?

 

バッテリーは楽天で購入する事ができます、アマゾンでは売っていません

 

SHARP/シャープ ロボット家電用 バッテリー [2179320022]

価格:10,584円
(2017/12/13 16:08時点)
感想(0件)

 

自分でバッテリー交換が出来れば、充電がすぐ無くなった場合もメーカーに送る必要はなくすぐに交換できます

 

自分で交換できない機種の場合は、メーカーに送る必要があります

 

そのため、自分で交換できる機種を選ぶ人もいます

 

値段が安いココロボはコチラ

 

ボイスコミュニケーション(音声認識)の有無

 

音声操作が出来るココロボを紹介している電気屋の店員

 

ココロボは機種によって、「喋り方」が違ってきます

 

ココロボには「コミュニケーション機能」が付いているので、話しかけると、音声で返してくれたり

 

音声で電源を入れたりする機能があります

 

そのため、音声で操作したり、会話したい場合はボイスコミュケーション機能がある機種を選びましょう

 

音声操作

 

音声で会話(標準語)

 

音声差し替え

 

音楽再生

 

ココロボの独り言

 

このような機能がある機種を紹介

 

ボイスコミュニケーション一覧
機種名 音声操作 音声差し替え 会話語 音楽再生
RX-V95A 出来る 出来る

・標準語
・関西弁

出来る
RX-V200 出来る 出来る

・標準語
・関西弁
・英語
・中国語

出来る
RX-V70A 無し 無し

・標準語
・関西弁

無し
RX-V50 無し 無し

・標準語
・関西弁

無し
RX-V90 出来る 出来る

・標準語
・関西弁

出来る
RX-V60 無し 無し

・標準語
・関西弁

無し
RX-V100 出来る 出来る

・標準語
・関西弁
・英語
・中国語

不明
RX-V80 無し 無し

・標準語
・関西弁

不明

 

機能の説明
音声操作

・電源のオン・オフ
・充電させる
・プラズマクラスターイオンのオン・オフ

音声差し替え ・ココロボの声を家族や彼女・彼氏の声に変えられます
会話語

喋り方を変更できます

 

・標準語
・関西弁
・英語
・中国語

 

英語や中国語も話せるので、外国の人にプレゼントすると喜ばれます

音楽再生 SDメモリーカードに音楽を入れてココロボに入れると、音楽を流しながら掃除してくれます

 

このような機能がありますので、良く考えてから選んでください

 

値段が安いココロボはコチラ

 

スマートフォン・カメラ連動の有無

 

スマートフォン操作が出来るココロボを紹介している電気屋の店員

 

ココロボは機種によって、スマートフォン操作が出来ない機種があります

 

そのため、スマートフォン操作をしたい場合は対応しているココロボを選びましょう

 

スマートフォンで操作している動画を見てください

 

ココロボをスマートフォンで操作

 

スマートフォンで部屋の間取り・家具の配置を設定する事でその場所を掃除してくれたり、掃除エリアを決める事ができます

 

また、ココロボ本体にはカメラが内蔵されているので、スマートフォンでココロボのカメラ映像が見れたり

 

遠隔操作で、テレビ・エアコンの電源を入れる事も可能!

 

スマートフォンで出来る事
遠隔操作 ココロボの電源を入れたり、掃除する場所を設定できる
カメラ映像 ココロボに搭載されているカメラ映像を、スマートフォンで見れる
家電の電源オン・オフ テレビ・照明・エアコン等の家電の電源を入れたりする事ができる

 

スマートフォン操作が出来れば、以上の機能が使えます

 

「カメラ・スマホ連携」

 

ココロボrxv200の遠隔操作機能をグラフで説明している画像

 

「カメラ・スマホ連携」とは、スマートフォンでココロボを操作したり、内蔵されているカメラで部屋の様子を見る事ができます

 

これによって、外にいても部屋の中の様子が見れるので、ペットや子供をスマートフォンで確認する事が可能

 

仕事の休憩中に、犬ちゃん、猫ちゃんは何してるのかな?とココロボのカメラで確認できますし、共働きですと子供が家に1人でいる時間がありますから、その様子をスマートフォンで見れますし

 

また、部屋の温度や湿度も表示してくれるので、「遠隔家電コントロール」でエアコンを操作する事もできます

 

この機能は、かなり便利ですね

 

「遠隔家電コントロール」

 

ココロボrxv200の遠隔家電コントロール機能をグラフで説明している画像

 

「遠隔家電コントロール」とは、エアコン、テレビ、空気清浄機を登録する事で、外からココロボを操作すると、エアコンのスイッチを入れる事ができるのです

 

つまり、ココロボがエアコンやテレビ等のリモコンの役割をすると考えてください

 

仕事から帰る時、子供が学校から帰る時間に、スマートフォンでココロボにエアコンの電源を入れるように命令するとエアコンが作動!

 

そうする事で、家に帰って来た時に快適な部屋の温度になっているのです

 

ペットや赤ちゃんがいる家庭ですと、外からエアコンを操作できるので、外出している時に部屋の温度をコントロールできるって便利という声が多くありました

 

以上の機能を使いたいのであれば、スマートフォン操作に対応しているココロボを選んでください

 

RX-V95A 無い
RX-V200 スマートフォン操作に対応
RX-V70A 無い
RX-V50 無い
RX-V90 無い
RX-V60 無い
RX-V100 スマートフォン操作に対応
RX-V80 無い

 

スマートフォン操作に対応しているのは、2機種だけ

 

RX-V200とRX-V100の2つだけなので、スマートフォン操作・カメラ映像・家電遠隔操作をしたいのであれば、先程の2機種がオススメです

 

値段が安いココロボはコチラ

 

プラズマクラスターの有無

 

プラズマクラスターがあるココロボを紹介している電気屋の店員

 

ココロボは機種によって、プラズマクラスターイオンが無い機種があります

 

プラズマクラスターイオンは、部屋・服の臭いを軽減してくれる効果があるので部屋の臭いが気になる人にオススメ!

 

ココロボのプラズマクラスターイオンで部屋・衣服の臭いを軽減

 

  • 試験機関:(一財)ボーケン品質評価機構
  • 試験成績書発行番号:202140528213
  • 試験方法:タバコ臭を付着させ、プラズマクラスターイオンシャワーモード(約90分)で運転させた試験布を、6段階臭気強度表示法に準拠して評価
  • 試験結果:90分運転後除去率約90%以上

 

第三者機関でも、プラズマクラスターイオンの消臭効果が認められました

 

プラズマクラスターイオンを出しながら、掃除しますので部屋・家具・服に付いた臭いを消臭しながらゴミを掃除します

 

RX-V95A プラズマクラスターがある
RX-V200 プラズマクラスターがある
RX-V70A プラズマクラスターがある
RX-V50 無い
RX-V90 プラズマクラスターがある
RX-V60 プラズマクラスターがある
RX-V100 プラズマクラスターがある
RX-V80 プラズマクラスターがある

 

プラズマクラスターイオンが無いのは、ココロボRX-V50だけになります

 

部屋の臭いが気になる人はプラズマクラスターイオンが出る機種がオススメ

 

値段が安いココロボはコチラ

 

以上が、ココロボの機能・性能の違いでした

 

共通機能

 

ココロボの全ての機種に共通してある機能を紹介

 

強力吸じんシステム 最速時毎分約16,000回転の高速回転・大風量ターボファンでゴミを吸い込む
HEPAフィルター 粒径が0.3 μmの粒子を99.97%以上もフィルターで外に出るのを防ぐ
落下防止センサー 階段などの高い場所から落ちるのを防ぎます
自動充電 バッテリーの残量が少なくなると自動で充電します
リモコン操作 リモコンで電源のオン・オフが出来ます

 

上記がココロボに共通してある機能です

 

ココロボ一覧

 

画像 機種名 自動再開 自動充電 リモコン スマホ操作
ココロボRX-V95Aの機能や性能

RX-V95A

 

運転時間:100分

 

幅31cm × 高さ9cm

 

RX-V95Aをアマゾンで見る

 

RX-V95Aを楽天で見る

 

×

×
ココロボRX-V200の機能や性能

RX-V200

 

運転時間:100分

 

幅31cm× 高さ9cm

 

RX-V200をアマゾンで見る

 

RX-V200を楽天で見る

 

×
ココロボRX-V70Aの機能や性能

RX-V70A

 

運転時間:100分

 

幅30.4cm×高さ9.9cm

 

RX-V70Aをアマゾンで見る

 

RX-V70Aを楽天で見る

 

× ×
ココロボRX-V50の機能や性能

RX-V50

 

運転時間:60分

 

幅32cm×高さ75cm

 

RX-V50をアマゾンで見る

 

RX-V50を楽天で見る

 

× ×
ココロボRX-V90の機能や性能

RX-V90

 

運転時間:100分

 

幅30.4cm×高さ9.9cm

 

RX-V90をアマゾンで見る

 

RX-V90を楽天で見る

 

× ×
ココロボRX-V60の機能や性能

RX-V60

 

運転時間:50分

 

幅29.9cm×高さ9.5cm

 

RX-V60をアマゾンで見る

 

RX-V60を楽天で見る

 

× ×
ココロボRX-V100の機能や性能

RX-V100

 

運転時間:60分

 

幅34.6cm×高さ9.6cm

 

RX-V100をアマゾンで見る

 

RX-V100を楽天で見る

 

×
ココロボRX-V80の機能や性能

RX-V80

 

運転時間:60分

 

幅34.6cm×高さ9.6cm

 

RX-V80をアマゾンで見る

 

RX-V80を楽天で見る

 

× ×

 

 

 

メーカー別ロボット掃除機


各種メーカーの主力ロボット掃除機を紹介しています
ルンバの違いを比較 ダイソン360eyeの性能・機能 シャープ ココロボの違いを比較

ルンバ

人気ナンバーワンのルンバの機能や性能を比較しています

ダイソン360eye

圧倒的な吸収力のダイソンロボット掃除機の特徴を紹介

ココロボ

音声操作など独自の技術が特徴のシャープのココロボを紹介
東芝 トルネオロボの違いを比較 パナソニック ルーロの違いを比較 日立 ミニマルの違いを比較

トルネオロボ

ゴミ回収があるダストステーション搭載のトルネオロボの特徴を紹介

ルーロ

日本メーカーでは一番人気のルーロの特徴を紹介

狭い部屋に最適な小型のミニマルの特徴を紹介

ILIFEの違いを比較 DEEBOTの違いを比較 ツカモトエイム ミニネオの違いを比較

ILIFEの特徴

水拭き・乾拭きも出来るILIFEの特徴を紹介

DEEBOTの特徴

水拭き・乾拭きも出来るDEEBOTの特徴を紹介

ミニネオの特徴

ミニネオの特徴を紹介

マキタ ロボプロの機能や性能    

マキタ ロボプロの特徴

業務用のロボプロの特徴を紹介


ルンバと対決!


ロボット掃除機で売上1位のルンバと他のロボット掃除機との違いを比較しているので、購入する時の参考になりますよ
ココロボとルンバの違いを比較 ダイソンとルンバの違いを比較 トルネオロボとルンバの違いを比較

ココロボRX-V95Aとルンバ比較 ココロボRX-V95Aとルンバ980の機能を比較しています

ダイソン360eyeとルンバ980比較

ダイソン360eyeとルンバ980の機能を比較

トルネオロボVC-RVS2とルンバ980比較

トルネオロボVC-RVS2とルンバ980の機能を比較
ルーロとルンバの違いを比較 ブラーバとルンバの違いを比較 ミニマルとルンバの違いを比較

ルーロmcrs200とルンバ980比較

ルーロとルンバの機能比較

拭き掃除ロボットブラーバとお掃除ロボットルンバ比較

拭き掃除ロボットのブラーバとルンバの機能比較

ミニマルとルンバの性能対決

ミニマルとルンバの性能を比較

ILIFEとルンバの違いを比較 DEEBOTとルンバの違いを比較  

ILIFEとルンバの性能対決

ILIFEとルンバの機能比較

DEEBOTとルンバの性能対決

DEEBOTとルンバの機能比較


拭き掃除ロボット


音が静かで排気が出ない、拭き掃除ロボットを詳しく説明しています
ブラーバとブラーバジェットの違い ブラーバとルンバの違いを比較 拭き掃除ロボットの種類一覧

ブラーバ、ブラーバジェット

ブラーバ380j、371j・ブラーバジェット240の違いを比較しています

ブラーバとルンバ比較

ブラーバとルンバの違いを比較しています

拭き掃除ロボット一覧

拭き掃除が出来るロボットを集めました


悩みを解消してくれる、ロボット掃除機


ロボット掃除機が欲しいけど迷っている・・・という人のために、ロボット掃除機で解決できる悩みを紹介しています
犬・猫のオシッコも拭いてくれる拭き掃除ロボット 排気が臭くないロボット掃除機 ダニを吸い込むロボット掃除機

犬や猫のオシッコを拭いてくれる拭き掃除ロボット

犬や猫のペットのオシッコが床に付着しても、綺麗に拭いてくれる拭き掃除ロボットを紹介

排気が臭くなりロボット掃除機

ロボット掃除機から出てくる排気が臭くない、臭わない機種を紹介

じゅうたん、カーペットのダニを吸い込むロボット掃除機

じゅうたん・カーペットのダニを吸い込んでくれるロボット掃除機を紹介
音が静かなロボット掃除機 バッテリー時間が長いロボット掃除機 サイズが小さいロボット掃除機

運転音が静かなロボット掃除機

運転音が静かなロボット掃除機を紹介

バッテリーが長持ちで運転時間が長いロボット掃除機

バッテリーが長持ちな、ロボット掃除機を紹介

大きさが小さいロボット掃除機

サイズが小さいロボット掃除機を紹介
スマートフォン操作が出来るロボット掃除機 花粉・PM2.5を吸い込むロボット掃除機 猫砂を吸い込むロボット掃除機

スマートフォンで操作出来るロボット掃除機

スマートフォンで操作できる、ロボット掃除機を紹介

花粉・PM2.5を吸い込むロボット掃除機

花粉やPM2.5を綺麗にしてくれる、ロボット掃除機

猫砂を吸い込むロボット掃除機

猫砂を吸い込むロボット掃除機を紹介
ペットの容器に当たらないロボット掃除機 3部屋以上に使えるロボット掃除機 壁際・隅を綺麗するロボット掃除機

ペットの餌容器に当たらないロボット掃除機

犬や猫のエサ容器に当たらない、ロボット掃除機を紹介

3部屋以上ある家に使えるロボット掃除機

3部屋以上を掃除できる、ロボット掃除機を紹介

壁際や部屋の隅のゴミを綺麗にするロボット掃除機

壁際や部屋の隅のゴミを綺麗にする、ロボット掃除機
共働き夫婦にオススメのロボット掃除機    

共働き夫婦におすすめのロボット掃除機

共働き夫婦にオススメのロボット掃除機 (子供がいる、いない別に紹介)