トルネオロボの機能や性能の違いを比較

東芝トルネオロボの最新と古い機種との違いを比較してまとめました

トルネオロボが溜まったゴミを専用のゴミステーション綺麗にする画像

 

 

東芝が販売しているロボット掃除機、トルネオロボの機能を厳しく評価していきます

 

トルネオロボの特徴としては、ゴミを自動でダストカップに入れてくれるので、自分でロボット掃除機の中に溜まったゴミを片付ける回数は劇的に減ります!

 

メーカーホームページでは、約1ヶ月間も溜まったゴミを片付ける必要は無いと書かれているので、面倒くさがり屋さんにオススメ

 

トルネオロボは5機種あります

 

トルネオロボ

・VC-RVS2   (発売日:2016年2月)
・VC-RV2    (発売日:2016年2月)
・VC-RVD1   (発売日:2014年11月)
・VC-RCX1   (発売日:2014年9月)
・VC-RV1    (発売日:2014年9月)

 

この5機種は何が違うのか?

 

違うは、4つ

 

  • 運転時間
  • ダストステーション
  • スマートフォン・カメラ
  • 本体の色

 

目次(クリックすると目的の記事に飛べます)

・運転時間が長いトルネオロボ
・ゴミ捨ての回数が少ないトルネオロボ
・スマートフォン操作が出来るトルネオロボ
・本体の色が選べるトルネオロボ

 

1つ1つ説明していきます

 

運転時間が違う

 

運転時間が長いトルネオロボを紹介している電気屋の店員

 

トルネオロボは機種によって、運転時間が違います

 

VC-RVS2 運転:60分 充電:5時間
VC-RV2 運転:60分 充電:5時間
VC-RVD1 運転:70分 充電:5時間
VC-RCX1 運転:70分 充電:5時間
VC-RV1 運転:70分 充電:5時間

 

こうして比べると、最大で約10分の違いがあります

 

トルネオロボには、自動再開モードが無いので、バッテリーが切れたらそこで掃除も終わってしまうので、広い部屋・部屋数が多い場合はできるだけ運転時間が長い機種がオススメ

 

値段が安いトルネオロボはコチラ

 

ダストステーションの有無

 

自動でトルネオロボのゴミを掃除してくれるダストステーションがある機種を紹介している電気屋の店員

 

トルネオロボの機種には、ダストステーションが無い機種があります

 

ダストステーションがある事で、トルネオロボの本体に溜まったゴミを自動で吸い込んで綺麗にしてくれます

 

トルネオロボ本体よりも、ダストステーションの方がゴミを溜める容量が大きいので、約1ヶ月もあなたがゴミを捨てる必要はありません

 

つまり、ダストステーションがある機種は、1ヶ月ゴミ捨てをする必要はない

 

ゴミ捨ては1ヶ月に1回で済みます!

 

そのため、ゴミ捨てが嫌だ・・・という人はダストステーションが搭載されているトルネオロボを選んでいますね

 

実際に動画で見てみましょう

 

ダストステーションがゴミを吸い込む

 

充電する時に、ダストステーションがトルネオロボ本体に溜まったゴミを吸い込んでくれますよ

 

大きなゴミ収納ボックスに、ゴミを溜めるので約1ヶ月はゴミ捨ては必要ありません

 

ダストステーションに溜まったゴミを捨てるのも簡単です

 

動画で見てください

 

ダストステーションのゴミ捨て

 

蓋をパカッ!と開けて、ゴミ箱に捨てるだけなので簡単ですね

 

この作業は、1ヶ月に1回すればいいだけです

 

注意!

 

同じダストステーション付きの機種でも、「バーティカルトルネードクリア」が有るのと無い機種があります

 

そこで、バーティカルトルネードクリアが搭載されているかどうか簡単にわかる見分け方を紹介

 

バーティカルトルネードクリアの見分け方

 

見かけ方は凄く簡単です

 

バーティカルトルネードクリアがある機種

トルネオロボのバーティカルトルネードクリアを搭載している機種の見分け方

 

バーティカルトルネードクリアが無い機種

トルネオロボのバーティカルトルネードクリアが無い機種の見分け方

 

ひと目で違いがわかりますよね、バーティカルトルネードクリアが搭載されているのは大きな機械が後ろに付いていますが

 

無い機種の場合は、大きな機械は無い!

 

バーティカルトルネードクリアが有る・無いの違い

 

では、バーティカルトルネードクリアが有るのと無いのとでは、何が違うのか?

 

違いは、4つ

 

  • ゴミを溜める量
  • ゴミを吸い込む力
  • 横から吸い込む機能
  • ダストカップ抗菌仕様

 

1つ1つ説明していきます

 

ゴミを多く溜められる、容量が違う

 

ゴミを溜める容量が違います

 

バーティカルトルネードクリア有る ゴミ容量:0.8L デュアルトルネードでゴミを5分の1に圧縮
バーティカルトルネードクリア無し ゴミ容量:0.7L ゴミ圧縮無し

 

このように、0.1Lもバーティカルトルネードクリアの方が容量が大きい

 

さらに、バーティカルトルネードクリア搭載の機種は、ゴミを5分の1に圧縮しながら溜めるので、ゴミ容量以上にゴミを溜める事が可能!

 

そのため、無い機種に比べてゴミを捨てるまでの期間が長くなります

 

数日でもゴミを捨てる期間を延ばしたい場合は、バーティカルトルネードクリア搭載の機種を選ぶと良いでしょう

 

本体から、ゴミを吸い込む力は強い

 

トルネオロボ本体からゴミを吸い込む力が違います

 

バーティカルトルネードクリア有り ミクロトルネード分離で、吸引力が99%持続し吸引力が弱くならない
バーティカルトルネードクリア無し 吸引力が弱くなる事がある、そのため本体にゴミが残る事がある

 

トルネオロボのバーティカルトルネードクリアがある機種の特徴を画像で紹介

 

このように、バーティカルトルネードクリアが有る方が、トルネオロボ本体から確実にゴミ吸い込んでくれるので本体にゴミが残りにくいのが特徴

 

そのため、しっかりとトルネオロボ本体からゴミを綺麗に吸い込んで欲しい場合は、バーティカルトルネードクリアが有る機種を選んだ方がいいでしょう

 

横からもゴミ吸い込む

 

バーティカルトルネードクリアは、トルネオロボ本体からゴミを吸い込む機能の他に、機械の横からもゴミを吸い込んでくれます!

 

トルネオロボVC-RVS2のゴミステーションの横からゴミを吸い取ってくれる機能の画像

 

そのため、ホウキで集めたゴミも吸引してくれるので凄く便利ですよ

 

実際に動画で見てください

 

バーティカルトルネードクリアの横からゴミを吸い込む

 

 

 

かなり大き目のゴミも吸い込んでいるのがわかりますね

 

ホウキで集めたゴミを、チリトリで片付けるのが面倒な時はバーティカルトルネードクリアに吸い込ませる事で掃除が楽になります

 

この横から吸い込む機能は、バーティカルトルネードクリアが無い機種には無い

 

バーティカルトルネードクリア有る 横からもゴミを吸い込む
バーティカルトルネードクリア無し 横からゴミを吸い込む機能は無し

 

このような違いがあります

 

ダストカップが抗菌仕様で臭いの発生を防ぐ

 

ゴミを溜める部分が、抗菌仕様かどうかが違います

 

バーティカルトルネードクリア有り ダストカップ抗菌仕様 フィルター抗菌仕様
バーティカルトルネードクリア無し 普通のダストカップ フィルター抗菌仕様

 

どちらも、排気フィルターは抗菌仕様なので、雑菌が繁殖して嫌な臭いを発生させるのを防いでくれます

 

しかし、ゴミを溜めるダストカップについては、バーティカルトルネードクリアが有る方が抗菌仕様になっているので、より嫌な臭いの発生を防ぎます

 

ダストカップの実験結果
  • 試験機関:(一財)日本食品分析センター
  • 試験方法:JIS Z 2801
  • 試験結果:99%以上

 

排気フィルターの実験結果
  • 試験機関:(一財)日本食品分析センター
  • 試験方法:JIS L 1902
  • 試験結果:99%以上

 

第三者機関の結果でも、排気フィルター・ダストカップが抗菌仕様なのが証明されています

 

しかも、雑菌の繁殖を99%も抑えますので衛生的!

 

99%の抗菌効果がわかりやすい動画を紹介

 

99%抗菌

 

抗菌ガラスに置いた米は雑菌が繁殖しないので綺麗なままですが、普通のガラスは雑菌が繁殖して腐ってますね・・・

 

このように、抗菌仕様の方が雑菌が繁殖しないので臭いの発生を防ぐんですよ

 

掃除ブラシも抗菌仕様!

 

ちなみに、トルネオロボの掃除ブラシは全て「抗菌仕様」です

 

掃除ブラシが抗菌仕様なので、トルネオロボで掃除した床は雑菌が繁殖しないので素足で歩いても安心!

 

赤ちゃん・子供がいる家庭だと、抗菌ブラシで掃除した方が良いですよ

 

掃除ブラシの実験結果
  • 試験機関:(一財)カケンテストセンター
  • 試験方法:JIS L 1902
  • 試験結果:99%以上

 

掃除ブラシも第三者機関でしっかりと検査しているので、抗菌効果は証明されています

 

ダストカップ・掃除ブラシには細かいゴミが付着し残るので、そこから嫌な臭いが発生する事もありますからね~

 

そのため、臭いに敏感な人は、フィルターとダストカップの両方が抗菌仕様のバーティカルトルネードクリア搭載の機種を選ぶと良いでしょう

 

掃除ブラシは、全ての機種が抗菌仕様なので安心してください

 

機種名 ダストステーション バーティカルトルネードクリア
VC-RVS2 ある ある
VC-RV2 無し(容量0.2L) 無し
VC-RVD1 ある 無し
VC-RCX1 ある 無し
VC-RV1 無し(容量0.2L) 無し

 

表を見ると、「ダストステーション」と「バーティカルトルネードクリア」の2つが搭載されているのは、1機種だけ

 

この事を参考に選んでください

 

値段が安いトルネオロボはコチラ

 

スマートフォン・カメラの有無

 

スマートフォンでトルネオロボの操作が出来る機種を紹介している電気屋の店員

 

トルネオロボの機種には、スマートフォン操作が出来る機種があります

 

スマートフォン操作が出来る事で、外出先からでもトルネオロボを操作したり、本体に内蔵されているカメラで部屋の様子を見る事が出来ますよ

 

トルネオロボのスマートフォン操作が出来る機種を説明

 

スマートフォンで出来る事
スマートフォン操作

・電源のオン・オフ
・本体カメラで部屋の写真撮影
・節電設定
・マナーモード設定
・家電(エアコン・洗濯機)の電源のオン・オフ
・レポート情報(充電残量・掃除状況・エラー情報)

 

スマートフォン対応の機種であれば、上記の機能が使えます

 

特に人気の機能を紹介します

 

スマートフォンで部屋の写真が見れる

 

スマートフォン対応のトルネオロボには、カメラが内蔵されています

 

スマートフォンでそのカメラを操作出来るので、部屋の様子を写真で教えてくれます

 

赤ちゃんやペットの様子を知りたい場合に便利!

 

トルネオロボで撮影した写真をスマートフォンで見れる

 

トルネオロボが撮影した写真を、スマートフォンですぐに見れるので部屋の状況を確認しやすい

 

フォトポインターで決まった場所を撮影可能

 

トルネオロボのカメラで撮影する時に不便なのが、トルネオロボがいる場所しか撮影ができません

 

つまり、赤ちゃんの様子を見たいのに、トルネオロボが他の部屋にいた場合は赤ちゃんの写真を撮る事ができません

 

そこで、フォトポインターを赤ちゃんがいる部屋に置いておけば、フォトポインターで撮影した写真をスマートフォンで見る事ができます

 

トルネオロボの付属品でついてくるフォトポインター

 

このフォトポインターで撮影した画像は、自動でつなぎ合わされるので1枚のパノラマ写真として見れます

 

トルネオロボの付属品でついてくるフォトポインターで撮影した写真

 

画像のように、写真をつなぎ合わせるので、360度の1枚の綺麗なパノラマ写真で赤ちゃん・ペット・部屋の様子を確認できるのが特徴

 

フォトポインターがオススメな人
  • ゲージに入っているペットの様子が見たい人
  • おじいちゃん・おばあちゃんの様子が見たい人
  • 子供・赤ちゃんの様子が見たい人
  • 部屋の様子を見たい人

 

フォトポインターを決まった場所に置いておけば、その場所を撮影する事ができますよ

 

使い方は色々あるので、かなり便利です

 

フォトポインターは、スマートフォン対応のトルネオロボにしか使えません

 

トルネオロボで家電を操作できる

 

スマートフォン対応のトルネオロボで、家電(エアコン・洗濯機)の電源を入れたりする事が可能です

 

トルネオロボで家電の操作が出来る

 

対応している家電なら、トルネオロボが家電に電波を飛ばして、電源を入れたり切ったりする事が出来るようになりますよ

 

  • トルネオロボで洗濯機の電源を入れて仕事から帰ってきたらちょうど洗濯が終わっていたり
  •  

  • 仕事から帰る前に、トルネオロボでエアコンの電源を入れて快適な温度にしたり

 

このような使い方も出来ます

 

家電を操作するには、スマートフォン対応のトルネオロボしか使えません

 

スマートフォン対応一覧
VC-RVS2 無し
VC-RV2 無し
VC-RVD1 無し
VC-RCX1 スマートフォン操作が出来る
VC-RV1 無し

 

このように、スマートフォン操作・カメラ撮影が出来るのは、1機種だけ

 

そのため、スマートフォンで操作したりカメラ撮影したい場合は、VC-RCX1を選びましょう

 

値段が安いトルネオロボはコチラ

 

本体の色が違う

 

本体の色が選べるトルネオロボを紹介している電気屋の店員

 

トルネオロボは機種によって、本体の色を選べます

 

トルネオロボの本体カラーが選べる

 

VC-RVS2

・ホワイト
・レッド

VC-RV2 ・ホワイト
VC-RVD1

・ホワイト
・レッド
・グレー (この色は売ってません)

VC-RCX1 ・ホワイト
VC-RV1 ・グレー

 

このように、機種によって本体の色を選べますので好みの色を選んでください

 

値段が安いトルネオロボはコチラ

 

以上が、トルネオロボの性能・機能の違いでした

 

共通機能

 

全てのトルネオロボに共通してある機能を紹介

 

自動充電 バッテリーが少なくなると自動で充電台に戻ります
段差 2センチまでの段差なら乗り越えられます
タイマー予約 設定した曜日・時間に掃除させる事ができます
ゴミ残しまセンサー ゴミセンサーでゴミを発見して、効率よく掃除できます
マナーモード 吸引力を下げて、音を静かにして掃除します
バーチャルガード 部屋の入り口に置くと、トルネオロボが侵入するのを防ぎます
抗菌ブラシ 掃除ブラシが抗菌仕様なので、床の雑菌の繁殖を抑えてくれます
プリーツフィルター(HEPA) 0.3マイクロメートルの粒子を99%以上もカットしてくれます
バッテリーの種類 リチウムイオン電池
リモコン操作

・電源のオン・オフ
・モード切り替え
・タイマー予約
・充電台に戻す

 

上記が全ての、トルネオロボに共通してある機能です

 

選ぶ時の参考にしてください

 

バーチャルガードは別売りです

 

バーチャルガードを利用したい場合は、別売りで購入する必要があります

 

バーチャルガードを入ってほしくない場所・部屋の所に置いておけば、トルネオロボが侵入できません

 

実際に動画で見てみましょう

 

バーチャルガードで侵入を防ぐ

 

バーチャルガードが置いてある場所からは、トルネオロボは進めないので方向転換して戻っていきますね

 

これを利用すれば、料理中に台所に入ってこないようにしたり、赤ちゃんが寝ている時は部屋に入ってこないようにしたりできます

 

使い方は色々あるので、1つぐらい購入しておくと便利ですよ

 

バーチャルガード

東芝 バーチャルガードTOSHIBA TORNEO ROBO(トルネオ ロボ)専用 VJ-RBG3

新品価格

¥3,200から
(2017/12/13 17:33時点)

 

トルネオロボのバーチャルガードをアマゾンで見る

 

トルネオロボのバーチャルガードを楽天で見る

 

 

付属品では付いてこないので、別売りで購入する必要がありますので注意してくださいね

 

トルネオロボ一覧

 

画像 機種名 自動再開 自動充電 リモコン スマホ操作
東芝トルネオロボVC-RVS2の機能や性能

VC-RVS2

 

運転時間:60分

 

幅35cm×高さ8.7cm

 

色は白・赤が選べる

 

トルネオロボVC-RVS2をアマゾンで見る

 

トルネオロボVC-RVS2を楽天で見る

 

× ×
トルネオロボVC-RV2の機能や性能

VC-RV2

 

運転時間:60分

 

幅35cm×高さ8.7cm

 

トルネオロボVC-RV2をアマゾンで見る

 

トルネオロボVC-RV2を楽天で見る

 

× ×
トルネオロボVC-RVD1の機能や性能

 

VC-RVD1

 

運転時間:70分

 

幅35cm×高さ8.7cm

 

色は白・赤・グレイが選べる

 

トルネオロボVC-RVD1をアマゾンで見る

 

楽天では売ってません

 

× ×
トルネオロボVC-RCX1の機能や性能

VC-RCX1

 

運転時間:70分

 

幅35cm×高さ8.7cm

 

トルネオロボVC-RCX1をアマゾンで見る

 

トルネオロボVC-RCX1を楽天で見る

 

×
トルネオロボVC-RV1の機能や性能

VC-RV1

 

運転時間:70分

 

幅35cm×高さ8.7cm

 

トルネオロボVC-RV1をアマゾンで見る

 

楽天では売ってません

 

× ×

 

 

 

メーカー別ロボット掃除機


各種メーカーの主力ロボット掃除機を紹介しています
ルンバの違いを比較 ダイソン360eyeの性能・機能 シャープ ココロボの違いを比較

ルンバ

人気ナンバーワンのルンバの機能や性能を比較しています

ダイソン360eye

圧倒的な吸収力のダイソンロボット掃除機の特徴を紹介

ココロボ

音声操作など独自の技術が特徴のシャープのココロボを紹介
東芝 トルネオロボの違いを比較 パナソニック ルーロの違いを比較 日立 ミニマルの違いを比較

トルネオロボ

ゴミ回収があるダストステーション搭載のトルネオロボの特徴を紹介

ルーロ

日本メーカーでは一番人気のルーロの特徴を紹介

狭い部屋に最適な小型のミニマルの特徴を紹介

ILIFEの違いを比較 DEEBOTの違いを比較 ツカモトエイム ミニネオの違いを比較

ILIFEの特徴

水拭き・乾拭きも出来るILIFEの特徴を紹介

DEEBOTの特徴

水拭き・乾拭きも出来るDEEBOTの特徴を紹介

ミニネオの特徴

ミニネオの特徴を紹介

マキタ ロボプロの機能や性能    

マキタ ロボプロの特徴

業務用のロボプロの特徴を紹介


ルンバと対決!


ロボット掃除機で売上1位のルンバと他のロボット掃除機との違いを比較しているので、購入する時の参考になりますよ
ココロボとルンバの違いを比較 ダイソンとルンバの違いを比較 トルネオロボとルンバの違いを比較

ココロボRX-V95Aとルンバ比較 ココロボRX-V95Aとルンバ980の機能を比較しています

ダイソン360eyeとルンバ980比較

ダイソン360eyeとルンバ980の機能を比較

トルネオロボVC-RVS2とルンバ980比較

トルネオロボVC-RVS2とルンバ980の機能を比較
ルーロとルンバの違いを比較 ブラーバとルンバの違いを比較 ミニマルとルンバの違いを比較

ルーロmcrs200とルンバ980比較

ルーロとルンバの機能比較

拭き掃除ロボットブラーバとお掃除ロボットルンバ比較

拭き掃除ロボットのブラーバとルンバの機能比較

ミニマルとルンバの性能対決

ミニマルとルンバの性能を比較

ILIFEとルンバの違いを比較 DEEBOTとルンバの違いを比較  

ILIFEとルンバの性能対決

ILIFEとルンバの機能比較

DEEBOTとルンバの性能対決

DEEBOTとルンバの機能比較


拭き掃除ロボット


音が静かで排気が出ない、拭き掃除ロボットを詳しく説明しています
ブラーバとブラーバジェットの違い ブラーバとルンバの違いを比較 拭き掃除ロボットの種類一覧

ブラーバ、ブラーバジェット

ブラーバ380j、371j・ブラーバジェット240の違いを比較しています

ブラーバとルンバ比較

ブラーバとルンバの違いを比較しています

拭き掃除ロボット一覧

拭き掃除が出来るロボットを集めました


悩みを解消してくれる、ロボット掃除機


ロボット掃除機が欲しいけど迷っている・・・という人のために、ロボット掃除機で解決できる悩みを紹介しています
犬・猫のオシッコも拭いてくれる拭き掃除ロボット 排気が臭くないロボット掃除機 ダニを吸い込むロボット掃除機

犬や猫のオシッコを拭いてくれる拭き掃除ロボット

犬や猫のペットのオシッコが床に付着しても、綺麗に拭いてくれる拭き掃除ロボットを紹介

排気が臭くなりロボット掃除機

ロボット掃除機から出てくる排気が臭くない、臭わない機種を紹介

じゅうたん、カーペットのダニを吸い込むロボット掃除機

じゅうたん・カーペットのダニを吸い込んでくれるロボット掃除機を紹介
音が静かなロボット掃除機 バッテリー時間が長いロボット掃除機 サイズが小さいロボット掃除機

運転音が静かなロボット掃除機

運転音が静かなロボット掃除機を紹介

バッテリーが長持ちで運転時間が長いロボット掃除機

バッテリーが長持ちな、ロボット掃除機を紹介

大きさが小さいロボット掃除機

サイズが小さいロボット掃除機を紹介
スマートフォン操作が出来るロボット掃除機 花粉・PM2.5を吸い込むロボット掃除機 猫砂を吸い込むロボット掃除機

スマートフォンで操作出来るロボット掃除機

スマートフォンで操作できる、ロボット掃除機を紹介

花粉・PM2.5を吸い込むロボット掃除機

花粉やPM2.5を綺麗にしてくれる、ロボット掃除機

猫砂を吸い込むロボット掃除機

猫砂を吸い込むロボット掃除機を紹介
ペットの容器に当たらないロボット掃除機 3部屋以上に使えるロボット掃除機 壁際・隅を綺麗するロボット掃除機

ペットの餌容器に当たらないロボット掃除機

犬や猫のエサ容器に当たらない、ロボット掃除機を紹介

3部屋以上ある家に使えるロボット掃除機

3部屋以上を掃除できる、ロボット掃除機を紹介

壁際や部屋の隅のゴミを綺麗にするロボット掃除機

壁際や部屋の隅のゴミを綺麗にする、ロボット掃除機
共働き夫婦にオススメのロボット掃除機    

共働き夫婦におすすめのロボット掃除機

共働き夫婦にオススメのロボット掃除機 (子供がいる、いない別に紹介)